ENIAC MANIAC Ⅱ

ENIAC MANIAC Ⅱ

アメリカンビンテージが大好きです。

どうも。

 

たまに東京に行くと、「ICOCA」と言うめっちゃ関西弁な名前の交通系ICカードが使えるのかちょっと不安になるbelair58がお送りします。

 

勿論、ICOCAは関西だから60ヘルツ専用!なんて事は無く東京でも使えます。

 

さてここからが本題。

 

前回の投稿でベルエアのプラス側バッテリーケーブルのクランプが割れた話をしまして、もう交換自体は終わっているのですがその辺りは写真が出来てきたら改めて紹介します。

 

今回のネタはこちら。

 

 

こちら、今メイン・・・と言うか単に一番手近な所に置いてあるフェンダーストラトキャスターの1958年仕様なのですが、最近ドラムばっかりだったのでたまには弾いてみようか・・・と、劣化していた弦の交換をする事にしました。

 

ギターはやっぱりちょこちょこ弾いておかないとせっかく覚えた曲とか忘れちゃったりしますからね。

 

昔、Deep PorpleのMistreatedと言う7分以上ある長い曲を弾けるかどうかは別として一応一通り覚えてはいたのですが、長い間弾いていない間にすっかり忘れてしまっていました(泣)。

 

 

それはさておき弦の交換ですが、いつものフェンダー純正09-42のライトゲージを使います。

 

 

これ、フェンダー純正ですが作っているのは恐らくダダリオではないかと。

 

 

交換が終わったらこちらもいつものピーターソンのストロボクリップでチューニングです。

 

このストロボクリップ、今は新しいタイプが出て液晶がカラーになって見易くなったみたいですが、今使っているのでも特に使いにくくは無いので買い替える程では無いかなと。

 

とここで急に話は変わってこちら・・・

 

 

このブログでは久々登場の1959年発売、ハミルトンエレクトリックサターンです。

 

これ、長い間使っていなかったので久しぶりに使ってみようとしたんですが動かなかったんですよ。

 

 

なので顕微鏡でムーブメントを見てみると、バランスウイールの接点が汚れている様子。

 

そこで、以前このブログで紹介したように接点のクリーニングをやろうとした訳ですが、以前は時計用の精密マイナスドライバーを使ってクリーニングしていました。

 

でもあれではドライバーの横の部分って結構ツルツルしているのでカーボンが付いた程度だったら取れるのですが、酸化した金属がこびり付いたような状態だとなかなか取れなかったりするんですよね。

 

そこで何か他にもっと効率良く汚れをかき取る感じの物は無いか?と、試しに模型で使っている0.3mmのドリルをピンバイスに付けてやってみると、ドライバーの時よりは良く汚れが取れて無事に動くようになりました。

 

 

そこでもう1本、1957年発売のバンホーンも接点の汚れでちょくちょく止まるようになっていたので掃除しようとしたのですが、ドリルは先端まで太さが変わらないのでドリル自体に隠れて掃除している部分が見辛いんですよ。

 

なので何か細いスティール線か何かの先端を削って細く出来ないか・・・

 

と考えた所でこれですよ。

 

 

話がギターに戻って来ましたが「丁度ええのんあるやん!」と用意したのがギターの3弦の切れ端ですよ。

 

ギターの弦の交換をする時は長さをカットして調整しますから、毎回切れ端が残ります。

 

その中で3弦が太さ0.016インチ(約0.4mm)で丁度良い感じだったので・・・

 

 

1インチにカットして・・・

 

 

それをピンバイスに取り付けて先端をやすりでテーパー状に削ります。

やすりは先端に向かって一方向に削る感じでやすり目を縦に残すようにします。

 

それを使ってクリーニングしてみると・・・

 

 

先端を細くした分かなりクリーニングしている部分が見易くなりました。

 

と言う訳で取り合えず今までで一番使い易いのでこのまま使ってみる事にします。

 

先端の形状は今回は円錐にしましたが、四角錐にしてみるとか色々試してみると面白いかも知れません。

 

camera:Canon F-1 + Kodak Portra 400 film

どうも。

 

最近の車によく見かけるLEDのヘッドライトがまぶしすぎて全然馴染めないbelair58がお送りします。

 

ベルエアの車検が終わって奈良から大阪まで帰る時に夜に運転した訳ですが、対向車のヘッドライトがLEDだと本当にまぶしくて周りの状況が全然見えなくなるので実に怖い。

あそこまでギラギラに光らせる必要は無いと思うんですけどね・・・

 

こちとらシールドビームで何の問題もなく運転していますから。

 

LEDと比べたらシールドビームの何と目に優しい事か。

 

さてここからが本題。

 

車検前に行った他の作業を紹介します。

 

まずは先日、ガソリンを入れに行こうと走っているとチャージランプが点灯しまして、仕方ないのでそのまま走って行きガソリンスタンドでボルテージレギュレーターのカバーを叩くと消える・・・と言う事がありまして、レギュレーターを点検する事にしました。

 

 

取り合えずカバーを外してみましたがリレー本体に異常は無さそうなので・・・

 

 

ボルテージレギュレーター本体を外して各接点とターミナルをクリーンして行きます。

 

今の車はボルテージレギュレーター一体のオルタネーターになっているのでこんなレギュレーターを見る事も無いんじゃないでしょうか?

 

左からカットアウトリレー、カーレントレギュレーター、ボルテージレギュレーターになっています。

 

 

レギュレーターが終わったら配線側のターミナルも綺麗に磨いておきます。

 

これで充電電圧も上がってチャージランプが点灯する事も無くなりました。

 

今のオルタネーターの場合はチャージランプが点灯して充電しなくなったらオルタネーターアッセンブリー交換になると思いますが、D.C.ジェネレーターの場合はジェネレーター本体が壊れるって事は殆ど無く、大抵はレギュレーターの接触不良が原因になっているんではないかな?って思います。

 

因みに他のメーカーの事は分かりませんけどGM車は1980年代位まではオルタネーターも分解出来てブラシやボルテージレギュレーター、ダイオードのみで交換が出来ました。

 

なので昔はよくオルタネーターの分解修理をやった記憶があります。

 

ボルテージレギュレーターが終わったら次はこちら。

 

 

もう外しにかかっていますけどイグニッションコイルをベルエアを買ってから一度も交換した事が無かったので数年前にリプロダクション品に交換してあったのですが、そこからオイルが漏れて来ていました。

 

このままだとターミナルの接触不良でエンジンがかからなくなる可能性があるので交換する事にします。

 

 

写真では分かり辛いのですが円筒の上部カシメてある部分からオイルが漏れて来ます。

 

で、交換部品ですが・・・

 

 

一番右が今回オイルが漏れたリプロダクション品、真ん中のいかにもビンテージ感があるのが元々付いていた物、一番左がNOS(デッドストックの新品)です。

 

取り合えず元々付いていた物に戻そうかとも思いましたが、せっかくデルコレミー製の純正パーツの新品があるのでNOSパーツを使う事に。

 

 

やっぱりデルコレミーの純正品は安心感がありますね。

 

 

勿論エンジン始動も良好です。

 

リプロダクション品、作ってくれるのは有難いんですがやっぱり純正品と比べるとクオリティーがイマイチなのが多いですよね・・・

 

 

後はいつものようにドエルアングルとタイミングの点検・・・

 

 

 

排気ガスの点検をしておきました。

 

 

あと、タイヤ交換は自分でやる事にしたのでこのまま積んで持って行く事にします。

 

ここからは急遽追加したのでスマホ写真で失礼します。

 

まずはタイヤ交換。

 

 

アップトゥデイトなタイヤチェンジャーにビンテージなタイヤの組み合わせが面白いでしょ?

 

現役のメカニックの頃にこのタイヤチェンジャーは何回も使った事があるのですが、なんせ自分でタイヤ交換するなんて10年ぶりくらいなのでかなり手こずりました。

 

それにバイアスタイヤって一見柔らかそうに見えますけど、ラジアルタイヤと比べてサイドウォールが分厚くて丈夫に出来ているのでかなり固いんですよ。

 

なので何回もやり直したりしていたら手が疲れて指がつりそうになりました。

 

まぁそれでも4本も交換しているとコツも分かって来ましたが、次に交換するのはまた12年後くらい(?)なのでまた手こずるかも?

 

 

そしてホイールバランスもアップトゥデイトなバランサーにビンテージなタイヤの組み合わせです。

 

GMメカニックの時はバランスウエイトはGM純正のOZ(オンス)の物を使っていたので今回もOZで行きたかったのですが、すぐには手に入らなかったので普通にグラムの物を使いました。

大抵のバランサーはグラム、オンスどちらの表示も出来るはずです。

 

 

そして何とか交換が終わってあとはラインを待つのみの状態。

 

青い保護剤が付いたままですが、これは家に帰ってからゆっくり取る事にします。

 

 

そして無事車検も通って帰って来たよの図です。

 

いつもウインドシールド真ん中に貼っていたので左に貼るのはちょっと違和感がありますが、特に視界に支障がある訳では無いのでそのうち慣れるでしょう。

 

で、ですよ、実は車検のラインを通した直後にバッテリーのプラスターミナルのクランプが割れると言うトラブルがあったのですが、バッテリーケーブルはもうebayで落札済みで3日(月)に届く予定なのでまた交換作業が終わったらその辺りの事も記事にしようと思います。

 

camera:Canon F-1 + Kodak Portra 400 film (1)~(12)

camera:Motorola G7 (13)~(16)

 

 

どうも。

 

ベルエアの車検の方はもう終わって車は戻って来ているのですが、その辺りはまた写真が仕上がって来てからお送りするとして今回はまたドラムネタ。

 

こちら・・・

 

 

以前このブログで紹介したビンテージドラムトレーニングセットに追加した16インチのクラッシュシンバルなのですが・・・

 

 

実はもう1枚、一回り大きな18インチのクラッシュシンバルも入手していたんですよ。

 

で、これ、本来はクラッシュシンバルなのですが、ライドシンバル代わりに使えないかな?と思った訳です。

 

でもこのシンバルを置こうとしても・・・

 

 

 

コレクション品がごちゃごちゃ置いてあったり写真撮影用ライトがあったりしてスタンドを置く場所が無いんですよ。

 

なので何かスタンドの代用をする物で何とか置けないかな?と家の中を探して見付けたのがこちら。

 

 

 

1930年代~1940年代製と思われるコダック製のビンテージ三脚です。

 

これ、コンパクトで脚が細いので何とか置いてある物の隙間をぬって置けないかなと試してみると・・・

 

 

何とか置けたので・・・

 

 

取り合えずシンバルを載せてみます。

 

 

何とか置けたのですが三脚そのままではカメラ取付用のスタッドボルトだけなのでちょっと出っ張りが少なすぎます。

 

 

そこで、模型に使おうと入手してあった8mmのプラスティックパイプを使ってアダプターを作ってみる事にします。

 

 

まずこのプラスティックパイプを1インチにカットし、アメリカ車の整備には欠かせないインチサイズのタップとダイスのセットを用意します。

 

 

三脚のカメラ取付けボルトのネジ山は 1/4-20 (ボルトの直径 1/4 インチでネジ山が1インチあたり20あると言う意味)なので、そのタップでパイプの内面にネジ山を切って行きます。

 

 

これでうまく取り付けられるパイプが出来ました。

 

 

その後は三脚とシンバルの間に敷くフェルトをカットして行く訳ですが、そこでちょっと前にebayで手に入れていた12インチの定規に1インチ刻みで穴が空いていたのでこれを利用して円を描く事にします。

 

 

こんな感じでセンターの穴にピンを挿して油性ペンでくるっと回転させれば半径1インチ刻みの円が描けます。

 

あとこの定規、CENTER FINDING RULE って書いてありますが真ん中が0で左右に振り分けた目盛りがあります。

 

これ、私はいつも物の真ん中がどこか探すのに普通の30cmの定規で15cmの所を基準にして左右で同じ長さになるように1cm、2cm・・・なんてややこしい事をしていたのですが、この定規を見て

 

「何や、最初っからそれ用の目盛りが付いた定規があるやん!」

 

と感動してそれ以来ずっとこの定規を便利に使っています。

 

 

話を元に戻しまして今回の三脚の土台部分の直径が大体 1 1/2 インチだったので、フェルトを2インチの円にカットして取り付けました。

 

 

そこに、ネジを切ったプラスティックパイプの端を丸く削って黒く塗った物を取り付けてアダプターの完成です。

 

 

これで叩いているうちにずり落ちて来るなんて事は無いと思います。

 

 

それにしても改めて見直してみるとビンテージ三脚の上にシンバルが乗った姿は何ともシュール(笑)

 

 

こちらにもいつものようにエバンス製のシンバルミュートを取り付けます。

 

 

これで強引ライドシンバル追加完了です。

 

しかし本当に狭いスペースにゴチャっと置いてありますが、なんかここに座ると落ち着くんですよね。

 

で、ですよ、何で急にライドシンバルを追加したくなったのかと言いますと、ジャズドラマー

大坂昌彦さんのドラムがめちゃくちゃ格好良いのでよくYouTubeの動画を見ているのですが、その中にこちら・・・

 

 

 

ジャズドラム、基本のキという動画があり、ジャズドラムの基本パターンを解説されていたのでちょっと叩いてみたくなったんですよ。

 

今まで3連系のハネたリズムでは例えば The Who の My Generation とか Rainbow の 

Long Live Rock'n'roll などのシャッフル系の曲は高校時代から好きでよく叩いていたのですが、動画で解説されているスイング系は全く叩いた事がありませんでしたから。

 

と言う訳で試しにやってみたのですが、右手のライドシンバルと右足のベースドラム、左足のハイハットシンバルまでは何とか出来たのですが問題は左手のスネアドラムで、2拍4拍とか一定のパターンならともかく曲のメロディーや他の楽器と合わせてアドリブで叩こうとすると一気に他が崩れます(泣)。

 

まぁ、初心者がすぐに出来る訳ありませんわな。

 

それにしても大坂昌彦さんのドラム、左手のレギュラーグリップの叩き方が実に多彩で

「スゲ~!」っていつも感動しながら見ています。必死に真似しようとするのですが、

「いや、出来ないって・・・」ていつも思います。

 

で、このスイング系のリズムを叩いてみたくなったのには他にも理由がありまして、私がカラオケに行った時の定番曲・・・

 

 

 

Bobby Darin の Mack the Knife、この曲に合わせられるんとちゃう?って思ったんですよ。

 

と言う訳で今の所この Mack the Knife に合わせて取り合えず基本パターンのスネア以外の部分が無意識に出来るようになるよう練習しています。

 

これが出来るようになったらこちら・・・

 

 

 

 

こちらも非常にお気に入りの曲、As Long As I'm Singing は同じパターンでテンポを速くしたら合わせられるんとちゃう?と思っているのですがかなり道は険しそうですね。

 

この曲のドラムも本当に格好良くて聴いていてテンションが上がります。

 

同じ基本パターンでも Mack the Knife はちょっと後ノリでどっしり落ち着いた感じ、

As Long As I'm Singing は前ノリで畳みかけてくる感じで随分違うので、その辺りも何とか合わせられたら楽しそうだなって思っています。

 

camera:Canon F-1 + Kodak Portra 400 film