お風呂の後に、身体を拭く場所の確保〜なかなか大変ですよねσ(^_^;)

小さいうちは、洗濯機の上でも出来ますが、大きくなってくるとそうもいきません。

そこで、今回は洗面台を利用してみることにしました!

最初は洗面シンクを硬めのバスマットで覆うことを考えたのですが、良い物を発見♪

こんな感じでセットします(*^^*)


下に使ったのは、もう使わなくなった、ひんやりしないお風呂マット!


体の形にフィットするので、緊張でピーンとなりやすいベビーノっこも、リラックスしやすく、バスタオルで包むのが楽チンになりました(^_-)

すぐにサイズアウトしてしまうかもしれませんが、その時はまた知恵を絞って〜考えたいと思います♪

安全安楽にケアができる、良い案が浮かぶと、自画自賛して喜んでいる川口なのでした(笑)

ひんやりしないお風呂マットについては↓


手術などの影響があり、体の前側をどこかにつけることが苦手なお子さんは、結構多いです(*´-`)

うつ伏せはもってのほかだし、対面抱っこも嫌〜(>_<)

それでも、発達のためにも少しずつ慣らしていくことが大切です☆

ご機嫌な時を見計らって、少しずつ練習!

少しぐずっても、ママもベビーノっこも頑張りました(*^^*)


前回の訪問では、ピタッとくっついてまったりしていて、びっくりしました(๑˃̵ᴗ˂̵)

おもちゃに興味が出てきたので、ママの首からかけてみると、それにも釣られてくれて、対面抱っこのことを忘れているようでした(^_-)

小さなお子さんは、髪の毛やメガネはもちろんのこと、イヤリングやネックレスなど、顔まわりについている物が気になって、引っ張って遊んだりしますよね!

対面抱っこの練習には、抱っこする人が首から色々な物をぶら下げておくと楽しく練習できると思います(´∀`)

まだまだご褒美がもらえたり、褒められて嬉しいと思う年頃ではない場合は〜嫌なことは楽しさでカバーですね(^з^)-☆

保育園でミキサー食を完食することができた!!

今日はそんな嬉しいニュースを聞くことができました(*^^*)

食べてくれなくて、食べてくれなくて〜何をしても食べなくて(*_*)

なのに、保育園ではいい子に食べるσ(^_^;)

嬉しいけれど、ちょっと悲しい〜悲しいけれど、とっても嬉しい!そんな複雑な気持ち( ̄∇ ̄)

先日の他のお子さんの訪問では、

「この子本当にうちの子?!なんでこんなに泣かないの?!?」

とパパに驚かれたことがありました。

訪問中はいつもいい子で、お風呂も全く泣かず、ケア中は泣いてしまっても、すぐに泣き止んでくれます(^_^)

それが、パパとママだけだと、いつも泣いているし、いつも抱っこちゃんだと(ㆀ˘・з・˘)

他にも、リハビリスタッフが、「あのベビーノっこはこんなことが出来る」と話していたので、同じ様にやってみるけれど、全く丸無視(*´-`)

川口の前で見せる顔、リハビリスタッフの前で見せる顔、同じエプロンをつけていても、全く違うことが分かります。

子どもたちは、その人がどんな人なのか、この人の前ではどういう態度を取るべきなのか、本当によく分かっています☆

それは本能なのでしょうね!?

時に嬉しく、時に虚しくもなりますが・・(´ω`)

でも、そうやって子どもたちは色々な経験をして成長して行くのだと、この頃あらためて実感しています☆

こんなご時世で、何かと心配も多いですが・・

それでもやっぱり子どもたちには、家族以外の人とも触れ合うことが必要なのだなぁと思った川口なのでした( ˘ω˘ )
今日は七夕ですね(*^^*)

ベビーノっこのお家には折り紙の笹と七夕飾りが飾られていました♪


とってもカラフルで、可愛いですよね(*´꒳`*)

お願い事もしっかり書いてありました♪

ママが作って足したものもあるそうですが、ベースは遊びのボランティアさんから送ってきてくれたそうd(^_^o)

今は遊びに来てもらえないのが残念ですが、こうして楽しい気持ちになれるものを送ってきてくれるのは嬉しいですね!

遊びのボランティアさんは、小慢の事業のひとつです☆

以前、ブログ↓↓にも書いたので良かったら(^_-)


とはいえ、もう4年前の記事σ(^_^;)

ホームページはこちら!!

小児慢性を持っているならば、申し込まないと損ですよ〜(^з^)

天の川は見えませんが・・みんなの願い事が叶いますように☆

夏になると、かわいそうなのがカニューレバンドの下の汗も(*_*)

ちょうど、担当のベビーノっこが、吸引チューブバンドに変更してみることに♪



白いところは、女性用の下着や水着などに使われるゼットカンです。

これを使うことで、長さの調節をすることができます☆

キャミソールなどに使われるパーツですが、ゼットカンという名前だとは知りませんでしたσ(^_^;)


チューブの太さとピッタリだったので、あいている部分から外れることもなく、チューブを通す回数が減る分、交換が楽にできました♪

透明タイプもありますし、大きさにも種類があるので、お子さんに合ったものを選んでくださいね(^_-)

吸引チューブに変更すると、赤くなってブツブツしていたバンド下が、みるみるうちに綺麗になっていきました(^o^)

夏は水浴びやプールの機会も多いので、こうしたチューブにすると、交換の手間もなく便利ですよ♪

基本的にはカニューレ交換まで同じチューブを使いますが、徐々に緩んできたりするので、チェックは怠らないようにしてください。

でも、きつく締めすぎないように気をつけてくださいね!

カニューレを引っ張るお子さんや、寝返りなどで呼吸器に引っ張られやすい場合などには、カニューレが抜けやすくなります(>_<)

お子さんに合っているかどうか、主治医や訪問看護師とよく検討した上で、使ってみてくださいね☆

カニューレが抜けた際には、カニューレバンドのようにすぐに緩めることができません。

まずは落ち着いて〜カニューレをチューブごと引っ張れば、吸引チューブは伸びますので、そのまま挿入してください( ˘ω˘ )

その後に、準備を整えてから、新しいカニューレと吸引チューブに交換しましょう☆

夏用のカニューレバンドのご紹介でした(*´꒳`*)