茗荷谷美容室、オーナーのブログ

茗荷谷美容室、オーナーのブログ

茗荷谷でナンバーワンから始まり、文京区でナンバーワン、東京でナンバーワン、日本でナンバーワンの美容室を目指して!!

僕たちはていねいであること、安心であることに徹底的にこだわります。

2018,2019年度 スタッフ募集中











BEAUTISMでは現在、アシスタント募集を行っています。





新卒生


中途アシスタント


通信生


夜間生





問いません。





ただし、アシスタントに限ります。





中途のスタイリストは、一切雇いません。








1名決まり、今期5名募集予定です。








少しでも興味があれば、まずはクリック! 





詳しくはこちらをクリック その1


詳しくはこちらをクリック その2


詳しくはこちらをクリック その3














BEAUTISM オーナーより お客様へ









おかげさまで、いつも大変なご盛況をいただき、わくわくする毎日です!









そして、このたび、大変申し訳ないのですが、ご愛顧くださるお客様が非常に多くなりました関係で、









ご新規様のご予約を、















水、木曜日・・・3名様まで





金、土、日曜日・・・応相談、お電話にてご確認ください









とさせていただきます。





当日ご予約のないお客様に関しましては、お断りをさせていただくこともございます。





また、オーナーに関しましては、ご紹介者様のいらっしゃらないご新規様に関しまして、枠がいっぱいとなってしまった関係上、受付を終了させていただきました。





次回のご紹介者様のいらっしゃらないご新規様のご予約に関しましては、しばらく予定しておりません。 





大変に身勝手なお願いばかりで心苦しくはございますが、現在、ご愛顧頂いておりますお客様に、最高のサービスをご提供するためと、ご理解いただけたらと存じます。





ご了解ください。











ここからは今日の記事です!!







テーマ:

東京都文京区本郷三丁目と春日と茗荷谷にある、未来美を提供する美容室ビューティズムのオーナーのブログ。


今年から、

毎週木曜日のサロンワークを

やめました。

 

理由はシンプルに

「育児」と「社長業」

 

僕が育児という言葉を使うのは

おこがましいか。。。

「家族」の方がしっくりかな。

 

去年一年、僕のせいで

スタッフに苦しい思いを

させてしまいました。

 

当たり前ですが、

本来の社長の仕事は

「集客」と「求人」

 

僕は去年、思いっきり美容師を

楽しんでしまいました。。。

 

もちろん今年も楽しみますが、

ちょっとワークバランスを変えます。

 

木曜日にやりたいことが

いーーーーーーっぱい

あります。。。

 

 

まずは情報収集。

美容室経営者さんと

今年は色々お話ししたい!!

 

ただダラダラ話すのと、

酔っ払って話すの嫌いなので、

 

・お酒は最初の一杯程度か、無し!!

 

・時間は2時間ポッキリ!!

 

・お互い質問用意しておく!!

 

って感じで木曜日、

空いてる人を探してみようかな。。。

 

(もしご興味がある方いらっしゃったら、

masa1030.lowlayer@hotmail.co.jp

か、facebookかメッセンジャーで

コメントください、、、って居ないか)

 

 

そして教育改革。

 

詳しいことはここには書けないのですが、

教育に革命を起こします。

 

「良いアシスタント」ではなく

「良い美容師」を育てる。

 

 

今年はさらに、

 

駆け出し美容室経営者さまに向けて

裏ブログを開設予定です。

どえらい内容になると思います。

 

開設したらご案内します。

 

ひとまずブログもまたちょこちょこ

アップするようにします。

 

今日はあと9時間も社長業できる!

嬉しい!!

 

 

ひとまずいきなり

面識ない美容室経営者さんに

連絡してみます!!

 

もしこれをお読みの方で

僕から連絡があった際には、

優しくしてください、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:
東京都文京区本郷三丁目と春日と茗荷谷にある、未来美を提供する美容室ビューティズムのオーナーのブログ。


昨日のブログの続きになります。



1月5日(土)

朝起きてすぐ、スマホを確認。
どうやら夜の間は
何事も無かった模様。

早い時間に陣痛促進剤を
投与するので、

おそらくお昼過ぎから
夕方あたりの
出産になるようです。


病院からは旦那さんを
呼んでおいた方が良いとのこと。



僕はお店に到着してすぐ、
午後にご予約頂いていたお客様に
お電話をさせて頂き、

皆様からとてもありがたい
お声をかけていただき、

スムーズに予約を
変更して頂くことが出来ました。
有難くてちょっぴり涙が出ました。


スタッフに支えられ、
お客様に支えられ、
こうして出産に立ち合える。

僕は本当に幸せものだと
実感しました。

病院に到着したのは
14時過ぎ。

病室が変わっており、
出産をする分娩室の隣の
陣痛室に移動していました。




奥さんに会うと、、、
めっちゃくちゃ悶絶中、、、





思えば昨日、

「こんなに痛いと思わなかった」

と絶叫していた時の数値が
5分おきに40前後。


これ以上痛くなったら
死んじゃうと言っていた奥さんの
計器の数字を見てみると、、、

3分おきに100近い、、、


もう痛すぎて3分おきに
絶叫、、、

背中をさすってあげる
ことしか出来ない。。。

30分程すると
分娩室に移動。
いよいよ出産らしい。


ただ、切開の可能性もあるので
室内に僕は入れず。


僕から見える景色は、
こんな感じ。


分娩室に慌ただしく、
助産婦さんが出入り。

部屋の中からは数分起きに
奥さんの絶叫。

陣痛促進剤を投与してから、
ずーーーっとこの陣痛と
戦っていたみたい。


産道がまだ
開ききっていないようで
かなり長い時間が経つ、、、


15時半頃、分娩室に入り、
約1時間半。担当医の方が
分娩室内へ。


そろそろらしい。


しかしそこからは
分娩室からは奥さんの
悲鳴に混じって、、、


「バキュームでいこうか」
「ちょっと難しいね」
「少し切ろうか」


など、何やら恐ろしいワードが
聞こえてきます。


さらに助産婦さんの
出入りが激しくなり、

「もう髪の毛見えてますよ」
「これでいきましょう」
「引っ張りますよ!」

そんな会話が聞こえてすぐ、


「産まれましたよ!」
「これは、、、女の子ですよ!」


そんな声が聞こえてきました。


そう言えば最後の最後まで
性別がわからないってことを
思い出しました。

もう早く終わって欲しいとしか
考えられず、男か女かは
どうでも良くなってました。


赤ちゃんだけ部屋を移し、
呼吸を確保するようで、
僕は部屋の外から見守ります。

羊水を沢山飲んでたみたいで
管で何度も吸い出し、
呼吸器をつけます。

30分程して、
「近くに来ていいですよ」


と助産婦さんに言われ、
近づいてみると、
出産の壮絶さを感じました。




狭い産道を一生懸命、
出てきたから、身体中が
擦り切れて真っ赤。

しかもパンパンに腫れてます。

赤ちゃんを見てると、
胸の奥が熱くなるような、
とても不思議な感覚を覚えます。


1時間ほど経ってから
分娩室から担当医の方が
出てきました。

びっくりするほど、
腕や、服には血がついていました。


吸引するしかなかったことや、

10センチ近く縫う必要が
あったこと、

2リットル近い
出血があったこと、

かなりリスクがあったこと、

胎盤を手で直接
取り出すしかなかったこと、



などなど、
帝王切開ではなかったものの、
命懸けだったようです。


出産を終えてから約1時間半。
ようやく、赤ちゃんとお母さんが
対面できるようです。


分娩室に入ると、
思ったより笑顔で
元気そうな奥さん。

まずとにかく一安心。

ただ足元には大量に血が飛び散り
それを助産婦さんが
ふきとっています。


赤ちゃんと対面させようにも、
両手に点滴をして、まだ
全く起き上がれない状態。


ひとまず写真を見せて、
奥さんも一安心。


あっという間に20時30分。
面会時間は過ぎ、僕は病院を
あとにする時間。


本当は、思ったことや感じたこと、
ここにたくさん書きたいんだけど、

なんかさむーい感じに
なりそうだから、
ここには書かない。


でも一つだけ。


僕は赤ちゃんに
伝えました。



「ここは、素晴らしいところだよ」


生まれてすぐ、
そのことだけはちゃんと
伝えました。










テーマ:
東京都文京区本郷三丁目と春日と茗荷谷にある、未来美を提供する美容室ビューティズムのオーナーのブログ。

遅いですが、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

12月、僕らも驚くような
素晴らしい結果に終わり、
夢見心地に年を越しました。

31日はお休みをいただいたので、
今年は30日に納会。



今年は、
僕だけは全くお酒を飲まず。
と、言うのも、、、


今日は本当に私的なブログに
なるので、
適当にスルーしてください。


いつかまた
読む日が来るかもしれないので、
家族用に書いておきます。


出産を控えた私たち夫婦。
もう大詰めまで来ています。


31日はひとまず奥さんと病院。
予定日は29日だったのですが、
全く生まれる気配なく、、、


お腹はだいぶ大きいけど、
まだみたい。




4日になっても生まれなかったら
ひとまず入院との事で。

その日は伊勢丹に
おせちを取りに行き、
ケーキを食べて、帰宅。

2019年1月元旦。



おせちを食べてかるく初詣。
陣痛もなく、平和な一日。
ポーッと過ごす元旦。

天気も良いし、
平和だなぁ、、、



2日(水)


ついに奥さんの陣痛が始まる。

間隔は長いようで
20分に一度程度。

今まで経験したことが
ないくらい痛いみたい。

しかしなぜか僕も、
疲れが胃腸に来たらしく、
朝から動けず、、、

2人で悶絶な一日、、、
本当に何にもできず。




3日(木)

朝方。

奥さんの陣痛の間隔が
昨日は20分程度だったのが
10分程度に。

相当痛いらしく、
来る度に悶絶。。。
ほとんど眠れない状態。

かなり大きな唸り声をあげて
とてもかわいそう、、、

しかしどうしてか、

お昼間になると、
ピタッと陣痛がおさまり、
何事もないような状態。

安心していたら、
夜寝ようとしたところから、
昨日を上回る痛みと

約5〜10分おきの陣痛。。。

大悶絶、、、
当たり前に一睡もできず。

出産って、
こんなにも大変なものかと、
今更ながら思い知る。




4日(金)


朝。夜明け前。

もう痛みの間隔も痛みも
相当なようで、思わず5時ごろ
病院に電話。


ただ、陣痛の間隔が
5分以内になっていないのと、

結局病院に来ても、
病気ではないので、
家にいるのと変わらないとの事。


(奥さんこんなに辛そうなのに、
薄情なのねーー!)


なんて思ったのを、
間違いだったと気付くのは
少し後、、、



朝9時。


予約していた
陣痛タクシーを呼び、
病院へ。

これなかなか便利。

登録しておけば、
やりとりなしであっという間に
手配してくれる。


病院に着いても当たり前に
奥さんの陣痛は物凄いみたいで、
数分おきにうずくまって唸る状態。


これはかわいそうだな、、、
思ったのは、

到着してから入院の手続きが
結構やることがあり、

人もいっぱいいるので
どんなに痛くても
声を出すわけにもいかず。


エレベーターで
9階まで上がるのも
本当に一苦労。


なんとか産婦人科にたどり着いて、
まずは検査から。


担当医の方から

今の状態、今後のこと、
帝王切開や感染症、
産後の話まで、

こまかーーーく説明いただき、
一安心。

初産ということもあり、
産道が開いていないことが
遅れている原因のよう。

病室に戻り、ちょうどお昼ご飯。
うん。美味しくなさそう、、、



お部屋は快適みたい。
面会は夜8時30分まで。

今日はまだ産まれないか、
産まれたとしても夜中か、
翌日と言うことなので、

僕も一度、外に出てご飯と、
仕事。ここぞとばかりに
一気に進める!!!


夜、もう一度会いに行くと、
なにやら数値を計測してる模様。


一つは脈拍。
一つは陣痛の度合い。


どのくらいおきに、
どのくらいの痛みか
が分かるようで、


陣痛の数値は100まであるうちの
30〜40前後。
間隔は3分以内には来る感じ。


相当痛そう、、、


進展があり、
先程、破水した模様。

破水をすると子供に栄養が
全くいかないらしく、

遅くとも明日には確実に
産むとのことですが、
陣痛が弱いみたい、、、


明日の朝に陣痛促進剤を投与し、

スムーズに産道が
開くなら自然分娩。
難しいようなら帝王切開。

と、そこまで聞いて、
面会時間終了。


僕はひとまず帰宅。


5日から僕は仕事。。。
これ、、、
どうなっちゃうんだろうか、、、


長くなりすぎるので、
つづく、、、




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス