3月20日悪天候の中、

彼岸獅子の舞を踊ってもらいました。

 

彼岸獅子がくる時間になって

運よくその時は風もやみ

晴れ間も見えたのが印象的でした。

 

 

 

 

 

彼岸獅子は会津に古くから伝わる春彼岸の伝統行事です。

由来は諸説ありますが、

疫病を追いやる、という言い伝えもあるそうです。

 

 

そしてあの、赤べこもそういった由来があり

昔疫病が流行った時体に斑点が出来

その人の身代わりに、ということで

赤べこに斑点がある、という言い伝えもあり

赤べこを近くに置いておくと疫病から

守られる、と言われている説もあるとのこと。

 

こちらでもちょっと会津らしさで赤べこを。

(テーブルウエアにて)

 

 

3.11の時は会津の伝統工芸でもある

起き上がり小法師が話題になりました。

何度転んでも起き上がる

七転び八起の精神、ということで。

 

 

昔からの言い伝え、おまじないではありますが

縁起物に気持ちを寄せる人にの願いがわかります。

この思いは今も昔も変わらないものなのではないでしょうか。

(科学的な進歩があっても、であります)

 

 

弊社には会津のそんなモチーフの器、そして箸もご用意しております。

 

 

 

 

 

 

 

 image

 

 

 

image image

 

縁起物でもありますし

とても可愛いデザインなのでぜひご覧ください。