300円の幸せ! | Atsukoのポケット

Atsukoのポケット

ピアノ三昧の日々から気がついたら漆器屋の女将に・・・・。
日々の出来事、感じたことをつれづれなるままに綴っています!


テーマ:

絵画や器や伝統工芸品を鑑賞するのは

趣味、というより

普通のことで、モノを見るのが好きなのかもしれません。

 

天才のそれをみるのは

凡人にとっては発見と驚きのたまもの。

「ほ、ほーーーーー!」

凄い根気!とか、これ描いたの?とか

そんな驚きから、自分なりに解釈して観ると飽きない。

 

以前は美術館に行くとお決まりのように図録を買っていましたが

いかんせん、重い。

 

そこで、泣く泣く、さらっと図録を見て

ポストカードなど気になったものだけ買って(あれば)

おしまい。

私の絵の記憶はどんどん薄れ、無駄じゃないか?と思うこともあるのですが

その感じた瞬間が大事かも、と自分に言い聞かせ(言い訳?)

気になる展示は鑑賞出来たら、と思っています。

 

そんな時、やはり後で見たくなるのが図録

 

なぜか、なぜかそんな図録に巡り合ってしまいました。

ある骨董屋さんに図録がありびっくり!というか古書も。

(古書もたくさんあったけど、私には意味不明なので

価値があるでしょうが、見ただけ!)

正直、汚いものもあるのですが

(ホコリぐらい払って売ってほしいのですが)

ま、いいとして

お値段1冊300円!

 

大好きなモディリアーニ、気になる平山郁夫、 想い出の碌山美術館。

やだ、やだやだやだ!

 


「この本の出どころは?」と尋ねると

「美術の先生が色々回って買った本」だとか(お~~~!)

 

我が家には断捨離したい本も多数あれど

これは、これは寝る前の楽しみになるではないの!

そして自分の持っているのと被っているといけないので

まずは4冊。

買い足したい!念のためもう一度値段を聞くと

やはり300円!!!

 

重い思いをしてお江戸をふらふらすることなく

私の手許にきてくれた図録。

 

思い出いっぱいの本。

こんな本との出逢いもあり!!!

 

ちなみにそこのご主人は全く興味がないそう。

嬉しい。

 

長い冬、図録を見て楽しみたい。

絵は描けないけど、観るのは好き。

 

自分だけの喜びがあるって幸せですねビックリマーク

beansmarさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス