PITTI SNAP by BEAMS ジャケット編 | ELEMENTS OF STYLE
2016-04-21 19:26:57

PITTI SNAP by BEAMS ジャケット編

テーマ:スナップ


ファッション誌のスナップも一通り出ましたので、遅ればせながらBEAMSのプレススタッフが撮ってきた PITTI SNAP をアップします。

 

今回はジャケットスタイルにフォーカスして、今シーズンのトレンドだけでなく、次の秋冬のトレンドにも触れながら、コーディネートについてコメントしました。

題して、”PITTI SNAP by BEAMS ジャケット編” です。

 

 

 

今シーズントレンドのホワイトジャケット。

ネイビーのパンツと合わせたホワイト×ネイビーのコーディネートは、PITTIの会場でも多く見られたコーディネートです。

 

 

インディゴのプリントシャツにネイビーパンツという、誰でも取り入れやすいコーディネートですが、細部には彼のコダワリが見えます。

ダブルブレストのフロントボタンをとめないで、リラックス感を出すという着方も多く見られましたが、この人の場合はジャケットがちょっと小さ過ぎるかなと・・・

 

 

 



ネイビーのパンツは ワンプリーツ のテーパードシルエット。 

 

コットンではなく、ウールというのもポイントですね。

 

 

メッシュベルトをずらすというテクニックもイタリア人らしいです。

 

こういう小技をいつも考えているんだと思います。(笑)

ベルトの剣先を垂らすというテクニックは少し古くなってきたので、今後このような新しいテクニックが色々出てくるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

靴はALDEN のバリーラストのプレーントウ。

 

 

イタリアは今 ALDEN ブームなので、PITTIの会場でもALDENを履いている人がかなり多いです。

日本との違いはALDENのローファーを履いている人をほとんど見かけないことです。

タッセルとプレーントウが最も人気があり、とにかく履いている人をよく見かけます。

因みに、モディファイドラストはイタリアではまず見ることはありません。

理由は・・・

 

また別の機会に。

 

 

 

 

 

 

ベージュの後染めのジャケットに同素材のジレを合わせたコーディネート。

ここ数年、このようなジャケットとジレが同素材という、2ピーススタイルのコーディネートも増えています。

 

 

ジレにTシャツというコーディネートも最近よく見るコーディネートですね。

 

以前はTシャツの着丈が長かったのが気になりましたが、今回はちゃんと正しい長さになっています。

Tシャツが流行りだした頃は、とにかくフィッティングも着丈の長さも襟ぐりの開きもダメダメなイタリア人が多かったですが、最近はしっかり学習して修正されてきたと言う印象です。

パンツは今となっては細すぎるので流れとは違いますが、コレが彼のスタイルなので、これからもこのシルエットを貫くと、この時は言っていましたが、今後はどうなるでしょうか。

 

 

 

 

 

足元はグレーのスタンスミス

 

 

Rのマークが入っていますが、”RAF SIMONS” とのコラボ モデルです。

日本では4万円以上するスニーカーです。 イタリアではもう少し安いと思いますが、それでもスニーカーとしてはかなり高額なのは間違いないです。

 

白スニーカーではなく、グレーと言うのも彼のコダワリだと思います。

 

 

 

 

 

こちらもネイビー×ホワイトのコーディネート。

 

 

タキシードタイプのジャケットに JHON SMEDLEY のニットポロ、パンツは2プリーツのテーパードシルエットのパンツです。

 

プリーツパンツに レトロポロ というトレンドアイテムをしっかり押さえたコーディネートです。

 

 

 

 

 

足元は、私も愛用している ”ADIDAS CP 80’S”

http://shop.beams.co.jp/shop/beams/goods.html?gid=6928857

 

 

スニーカーもネイビー×ホワイトで完璧な2トーンコーディネート。

タキシード風のジャケットに敢えてスニーカーというコーディネートは、次の秋冬のトレンドでもある ”HYBRID” コーディネートに通じるスタイリングですので、ある意味先取りとも言えるコーディネートです。

 

 

 

 

 

 

ダブルのブレザーのフロントを敢えて開けて、パッチワークのジレを見せています。

 


パンツはやはり 2プリーツ のテーパードシルエット。

 

本人から直接聞いたのですが、やはりジャケットもパンツもタイト過ぎず、適度に余裕のあるフィッティングが今の気分だという事です。

インナーに着たジレは、デニムのパッチワーク。

 

昨年の秋冬から続くカジュアルのトレンドである、ハンドクラフト的なパッチワークのアイテムをサルトリア風のブレザーと合わせるコーディネートも、やはり ”HYBRID” なコーディネートと言えます。

このパッチワークのトレンドは、次の秋冬も ”ファブリック ブロッキング” と言われ、カジュアルなトレンドとして継続されています。


 

足元はALDENのタッセル。

 

 

このオレンジっぽいブラウンは、80年代後半BEAMSでも定番のカラ―でした。

 

”海老茶” と言われ、スタッフにも人気の色でした。

懐かしい・・・

 

 

 

 

 

因みに、私同じモノを今でも持っています。

 

 

こいつです。

昔のBEAMSのマークも懐かしい・・・

 

 

 

 

 

 

今シーズンのトレンドアイテムでもある、ダメージデニムのコーディネート。

今シーズンは画像のように、肌の見えない 穴をふさいだダメージデニム がトレンドで、既にBEAMSでも完売続出のアイテムです。

 

 

今シーズンのダメージデニムのコーディネートは、それ以外のアイテムをクリーンなアイテムでまとめ、パンツのダメージ感を中和するのが重要なポイントなので、このコーディネートは模範的なコーディネートと言えます。

個人的にはジャケットがちょっと小さ過ぎると思いますが・・・  上のホワイトジャケットも同じ人ですが、やはり小さいですね。(笑)

 

今後の流れを考えると、このようなフィッティングはアウトになる可能性が高いと思います。

ただ、ここ数年の彼のスタイリングを見ると、このバランスが彼のスタイルになっているので、今後変わっていくのか見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

足元はやはり タッセル です。

 

 

レースがメッシュになっているタッセルは EDWARD GREEN かと思いましたが、ヒールのスキンステッチはALDEN製のBROOKS BROTHESのタッセルの象徴的なディティールでもあるので、どこのブランドのタッセルかはっきりしません。

いずれにしてもイタリア製ではなく、英国製かアメリカ製であるのは間違いないです。

 

 

 

 

 

 

リラックス感のあるヘリンボーンのニットジャケットにパイル地のスキッパー。

 

 

パンツは2プリーツですが、少しゆったりとしたシルエットです。

 

次の秋冬は ”リラックス フィット” という流れもあるので、彼のスタイルはトレンドの先取りとも言えます。

因みに、前出の二人がダブルのジャケットのフロントを開けて着ていますが、最近このようにダブルのフロントボタンを止めないで着る人が増えているのもリラックス感のある着こなしが広がっていることが影響していると思われます。

 

 

 

 

 

 

肩のラインもニットジャケットということもありますが、少しドロップしたショルダーでリラックス感が感じられます。


 

過去の彼のスタイルを見ても、常にトレンドを先取りしているので、個人的にスタイリングを注目している一人です。

 

 

 

 

 

 

理想的なフィットのダブルブレストのジャケットスタイル。

 

 

 ベージュとホワイトのワントーンでまとめたコーディネートもいいですが、ジャケットのフィッティングが素晴らしい。

 

肩のライン、ウエストのフィッティング、着丈の長さ、パンツのラインとの繋がり、全てバランスがいいです。

 

意外とここまで完璧なフィッティングでダブルのジャケットを着た人はPITTIの会場でもあまり見かけません。

 

特にサルトリアテイストのジャケットを着た人以外で、このようなフィッティングで着ている人は少ないです。

 

カジュアル化が進んだ昨今のPITTIでは、ドレススタイルでフィッティングが?な人が増えていましたが、今後はクラシックなドレススタイルが戻ってくることで、もう一度正しいフィッティングが問われるようになると思います。

 

 

 

 

 

 

足元はスエードのダブルモンク。

 

 

さすがにダブルモンク一辺倒だった流れは変わりましたが、それでもまだまだダブルモンクを穿いた人は多いです。

こんな感じの英国的なフォルムのダブルモンクは、今後もオーソドックスなデザインのシューズとして残るのではないかと思います。

 

 

 

 

 

このように、ジャケットスタイルを見ても、既に次の秋冬に繋がるトレンドを取り入れている人が多いです。

 

確実に言えることは、ここ数年続いたタイトさを極めるようなシルエットは、今後少なくなっていくのは間違いないでしょう。

 

ただ、急にゆったりしたシルエットが主流になるわけではないのでご安心を。

PITTIの会場を見ても、流れに敏感な人たちが徐々にそのようなシルエットを取り入れて来ているというのが実状です。

ここ数週間、次の秋冬のトレンドの資料をまとめていますが、その流れを見ながら今のシーズンを振り返ってみると、既に次の秋冬に繋がるトレンドを取り入れている人が結構いることに気づきます。

そんな流れを見ながら、氾濫している海外のスナップサイトを見ると、かなり ”イタイ” スタイリングの人が多いのが事実です。

正直、スナップは日本のファッション誌のスナップが一番リアリティーがあります。

それについては、何かの機会で ”PITTI スナップの真実” としてお知らせしたいと思います。

色々な方面からひんしゅくを買うのは覚悟で真実をお伝えしたいと・・・・


次回はスーツ編をアップする予定です。


 

 

 

 

 

10数年ぶりにスウェットシャツを買いました。

 

 

 

 

オトナのスウェットシャツを探して、BEAMSで展開している全てのスウェットシャツから選んだのが ”B:MING LIFE STORE” のオリジナルのスウェットシャツ。

 

霜降りグレーとネイビーの2色買いしました。

シルエットも良くて、作りの薀蓄満載のMADE IN JAPAN

 

詳細はこちらをご覧ください。

http://shop.beams.co.jp/shop/bming/goods.html?gid=6797887

 

小さめなので私はMサイズでジャストでしたが、霜降りグレーは洗濯後少し伸びるので、正直Sサイズを選ぶべきだったと言うのが正直な感想です。

 

色によってサイズが違うのはダメだろ~と指導しました。(笑)

最近休日ヘビーローテーションで着ています。

 

私のお勧めのカジュアルアイテムです。






 

BEAMS 中村達也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス