愛媛県大島におけるビレッジサイン(手話方言)の保存及び 言語学的分析のためのデータベースの構築
http://www.fukutake.or.jp/art/josei/pdf/2015/chousa-kenkyu/ck017.pdf
愛媛県今治市大島にある宮窪地域は2010年の段階で人口の0.56%にあたる13人のろう者が生活している。彼らが使用する手話(宮窪手話)は、全国的に使用されている日本手話とは異なると言われているが、未だ宮窪手話の実態は明らかにされていない。そこで、本研究は宮窪手話の実態を明らかにすべくデータ収集および分析を行った。
(サイトから引用 情報元:@SL_world様)
--
地域で使用される手話についての、興味深い調査です!