なぜコントロールが乱れるのか?その5つの理由 | 野球が加速上達する回内動作理論

野球が加速上達する回内動作理論

故障予防。コントロールが変るグラブ、守備が上手くなる・型付け回内グローブ・グラブ・国産野球グラブ・グローブ・痛くないスパイク・インソール・お手入れ用品・高校野球・甲子園・ボーイズ・シニア・中学硬式

5つの理由

理由1)
投球動作の始まりの軸足の片足状態の時に
骨盤がしっかり前傾状態になれていない。

つまり軸足の股関節に乗っていない。


骨盤が後傾状態なら頭が後ろ側に倒れてステップ足がインステップしやすい、
もしくはリリース時にバランスが崩れやすくなります。


骨盤通常状態

骨盤前傾

 

骨盤後傾

このような状態で投げると頭の位置が安定しないです。

 

理由2)

ステップ着地時にグラブ側の肩甲骨の位置が開いている。
グラブ側の肩甲骨の位置が右投手で一塁側を向くと体がすでに

開いているので投げ腕(右腕)が遠回りをする。

 

結果リリース時がアバウトになるのでコントロールが定まりにくい

 

グラブ側の肩甲骨閉じている
軸足の股関節にタメが残りやすい

 

 

グラブ側の肩甲骨開いている
頭が突っ込みやすい、体重移動が終了してからリリースになる。

 

 

理由3)ステップの着地時にグラブ側の肩が下がる。
投球動作の片足立ちから並進運動(体重移動)する動作のなかで

軸足の骨盤が前傾状態をキープできないと右投手の場合、

体重移動時に右股関節から左股関節の体重移動が速く終了して

頭がツッコミやすくなりグラブ側の肩が下がりやすくなります。

 

これはグラブ側の肩甲骨が開きやすい投手にもよく見受けられます。

投球の回転運動は体重移動をして着地と同時ぐらいに始まりますので

この時にグラブ側の肩が下がってしまうとひざが

割れる、突っ込む、投げる腕が外側にほどけて打者から見やすく、

大回りするので故障の原因になりコントロールが定まりにくいと言われています。

 

 

着地時にグラブ側の肩が下がる

 

グラブ側の肩が下がっていない

 

理由4)

投球動作の回転運動で頭と腕に距離ができる。


投球時にグラブ腕を体に急激に巻き付け壁を創って

ボールを投げようとすると投げ腕が体の外側を回ります。

右投手の場合、グラブを左胸に巻き込んで引くと右の腕の

ひじは内側に来るのはとても窮屈になります。

1度試して見てください。だから頭からボールまでに距離が

出来リリース時がアバウトになりやすくなります。

逆に回内動作でグラブ側の肘が外にあれば右の腕やひじは中に入りやすくなります。

グラブ腕を巻き込む(回外型)
遠心力が働き腕を戻す余計な力が必要になる

 

グラブ腕の肘が外に行く(回内型)
体の近くを腕(肘)が通るので腕や肩の負担が少ない
これを可能にするのが回内グラブ側の腕やひじの使い方です。

 

理由5)

頭から腕が遠回りするとボールの回転軸の傾斜が多くなる


コントロールがいいとはボールの回転軸が真横で自転車のタイヤが

まっすぐに転がる感覚です。もし自転車の回転軸が歪むと自転車は

まっすぐ走れないです。むしろカーブで曲がりたいときは

バイクも自転車もタイヤの回転軸を横に向けます。

このように投球時もできるだけ身体の中心にひじや

リリースを持ってくることで回転軸が地面と平行になるのでコントロールが良くなります。

 

回転軸の傾斜が大きい
右投手の場合、ボールが右打者の方に流れていく
左投手の場合、ボールが左打者の方に流れていく

 

 

回転軸が地面と平行
回転数が上がりキレのある回内ストレートが投げられる!
このストレートを体得できると回内カーブや回内スライダーなど

変化度が打者の近くで発生する変化球が投げられるようになる

 

注意)上記以外にも原因はいろいろ考えられますが、私が

過去に指導してきた投手の方は、

ほとんどこれらの原因の合併症でした。

 

これらの原因のある投げ方を現状されても

結果が出ておられる投手の方を私はとてもリスぺクトしています。

 

しかし、現状コントロールで困っておられていて

それを本気で治したい保護者の方、指導者、コーチの方そして

当事者の投手自身の方は、是非これからの

解決方法の記事をお読みください

 

http://bba.co.jp/?page_id=3815

 

追伸=========

 

12月年末の恒例のヤマト回内投球動作の

講習会ご案内

 

ヤマトグラブ愛用の方は無料招待です。

他メーカーご使用の方は5000円になります。