全国優勝を目指す監督からの回内グラブの感想 | 野球道具から上達する研究ブログ

野球道具から上達する研究ブログ

コントロールが変るグラブ、守備が上手くなる・型付け回内グローブ・グラブ・純国産野球グラブ・グローブ・痛くないスパイク・インソール・お手入れ用品・高校野球・甲子園・ボーイズ・中学硬式


テーマ:

全国大会常連の奈良の田原本中学の大宮先生から

ヤマト回内グラブの熱い感想を頂きました。

 

 

左エースの投手(きっと奈良県NO1)君が

使い出してくれました。

 

2018年10月5日

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんばんは。    

 

本日は、お忙しいなか、本校でのご指導くださりありがとうございました。

早速ですが、回内グラブのレポートを書かせていただきます。


先月の9月の本校での他校も含めた投手力覚醒講習会で

梅原様が左投手の崩れる投球ラインを解説してくださいました。

 

その時、座学の最初のお話で正直「どきり」としました。

なぜなら、まさに本校の期待の左エースが

まさにその悪いパターンの投球を実演していたからです。

 

 

彼は、立ち上がり初球は、右打者のアウトハイ①にストレートが外れ、

次はインローに叩き⑨、いつも2ボールからの立ち上がりでスタートします。

 

そのゲームの初回はランナーを出しながらでもなんとかごまかせて

0点に抑えました。



しかし、レベルの高い県大会優勝して強打者の多い全国大会でベスト4以上に行こうと思うと、

その初回の不安定さが命取りだな~~と過去の経験からも不安材料でした。

 

 

球数が多くなるので、ゲームの終盤は不安ですし

県内の大会の準決勝、決勝は1日であるので、余計なボールからくる多投の

疲れ、筋肉疲労などはまさに不安要素でした。

 

 

その不安要素を消して、優勝をつかむためには、

是非とも先月の講習会で実際に手を入れさせていただいた

回内グラブが必要だと思いました。

 


実際に
回内グラブを装着してからの左エースの投手の投球は見事なぐらい変りました。

抜け球が確実になくなり、インローにいい球がピシリと決まるようになりました。

 

 

投球後に本人になぜか?と尋ねると、彼は笑顔で

「今までのグラブは、投球後は肘肩の張りがありましたが、

このグラブを使うと左手が楽に上がり、肩甲骨が楽に動かせました。

だから力を入れなくてもボールが伸びたし、抜け球がなくなったと思います。

投球後は肘肩の張りもなかったです。」と答えてくれました。

 


私はその時、練習試合だったので

たまたま主審をしてましたので、彼の言っていることは本当に理解できました。

初球から伸びのある速球がアウトローに決まり、変化球で追い込み、

インローで見逃しと、理想的な立ち上がりでした。

 

 

あとはリラックしたフォームからキレのあるボールがコントロールされて、

打者はまともなスイングができませんでした。

まさに期待が現実になり理論が確信に変わった瞬間でした。



私の見解ですが
ある程度の能力がある投手であれば、この回内グラブを装着するだけでも、

投球はかなり良くなると思います。

そうでない選手でも梅原様のご指導があれば、簡単に激変すると思います。

 

 

本校のバッテリーはヤマトのグラブとミットを使用していますので、

是非とも県大会で優勝して、静岡の全国大会でヤマトグラブの

素晴らしさを皆さんにお伝えたいと思っています。

 


今後ともご指導、よろしくお願いします。お身体ご自愛ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

有難うございます。左投手には今回、ツーシームのチェンジアップ

外角へのシュート回転するボールを投げるコツを教えましたが

たった3球でほぼ習得されました。さすがです。

 

彼の今までのグラブは

中の手は、このようになります。

回外握りです。

親指が外に向かい小指や薬指が捻っています。

グラブの捕球面が膨らむパターンです。

グリスを入れて型直ししてもすぐに

捕球面が膨らみます。

 

 

現在、使用中のヤマト回内グラブです。

彼のグラブの中の手のイメージをして頂きました。

拇指対立運動出来ています。

つまり回内運動がしっかり出来ている証拠になります。

 

このグラブの中の手の運動が簡単に自然に出来るのが

ヤマト回内Wベルトグラブです。

 

 

多くの左投手のグラブはまずしっかり立たないです。

多きさはほぼ同じです。

試着モニターサービスしていますので

またお気軽にお連絡ください!

 

BBAグラブ工房さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス