サザエさんかるた 復刻版

テーマ:

(^ω^)僕が子供の頃に遊んだサザエさんのかるたを

今一度遊びたい。

 

僕がずっと思っているのだけど、ネットでもなかなか見つからないね。

 

2種類は復刻されているのだけど、その絵柄から、そうとう古い物の復刻のようだ。

自分が遊んだやつではないが「サザエさんかるた その弐」を買ってみた。

 

 

{DBB71BAD-0DC5-4AC7-B289-B62981A69D82}

 

 

 

やはりこれは昭和24年に販売された物の復刻の様で

終戦から4年後に初版が発売されているようである。

 

ちなみに、僕が遊んだのは昭和47年以降に販売されていただろうと推測される。

これは「み」の札に「見えたぞカンカンとランラン」というのがあり、上野動物園にパンダが送られて話題になっていただろう時期から推測してる。恐らく昭和50年頃に店頭に置かれていたはずだ。

 

今回買った昭和24年版では「は」が「はな子さんの長い鼻」という札で、戦後に日本に送られた象のはな子さんが登場する。

 その時代の話題が反映されている事がわかる。

 

{EEF66F07-DD3D-4D03-B5FE-D6F241ACF2D5}

 

 

そして、昭和24年版の「く」は「クリスマス メリークリスマス」となっており、その当時の庶民文化にクリスマスが浸透していた事が見て取れるし、「ろうそく立てて影絵あそび」は、流石に今なら懐中電灯に置き換わるだろう。

「縫もののそばでおねだり」なんて、家で縫い物してるとか、現代では見られない。

 

{995E2F11-901F-4389-8510-3EEBAADBB4BA}

 

 

 

 

「紙芝居 宿題やめて飛んで行く」や「そろばんでローラースケート」ってのはカツオのやんちゃなキャラと当時の娯楽を象徴してる。

 

{45E1572D-47B4-4E61-B8FD-4DFB64634138}

 

 

 

 

 

 

 

それに服装や食べ物なんかに庶民文化を感じとれて面白い。

 

それだけで資料的に面白いのではあるのだけど、僕が遊んだバージョンとの違いも面白い。

 

「き」の札は昭和24年版は「今日の献立 コロッケ」だが僕が遊んだのは「今日のおやつはパンケーキ」だった。

子供の頃、パンケーキという食べ物を食べてみたいと憧れたんだが今思えばパンケーキってホットケーキの事なのね。 

 

{EC3F60AB-2B6D-4D4F-8783-1387DCC5841E}

 

 

 

 

 

そして、共通の読札もある。

もちろん絵札は長谷川町子が新しく描き起こしていてそこに時代が反映されている。

 

「とんだ失礼 人違い」の絵札は24年版は見知らぬ和装のおばさんの肩をサザエさんが叩いてる絵柄だが、僕が遊んだ版の間違われてる人はパンタロンを履いた髭長髪のお兄さんだったと思う。

 

{06FAF81C-1F97-40AD-90D3-CE78ABF5DB3A}

 

 

 

 

 

 

24年版「ひらがなで年賀状」は「ひらがなの年賀状」だったかな?書いてる最中のワカメちゃんの絵は書き上げて掲げてるワカメちゃんの絵に変わっていたが、やってる事は共通だ。

「つまみ食いの鉢合わせ」は24年版はサザエさんとワカメちゃんが鉢合わせしてる絵に対し、カツオとワカメちゃんが鉢合わせしてる絵だったような気がしする。

「関取と下駄比べ」も共通の読札で新しく描き起こされているがこの辺はあまり文化が変わってない部分ではある。

 

{677A3CEE-6A2C-4062-AE5B-A37EABB20D7A}

 

 

 

そして、僕が遊んだ版は、よりサザエさんの登場人物のキャラがより色濃く出てるのが特徴だ。

 

24年版に「よい子のお手伝い」というカツオとワカメちゃんが庭掃除や木に水やりしてる描写があるのに対し、僕が遊んだ版は「おつかい嫌、勉強もっと嫌」というカツオが寝転がってる絵札がありカツオによい子感はないw

 

{04510CBC-9827-45A7-9659-D912CF11055C}

 

 

 

 

 

 

24年版の「寝言は父さん」に対し

「いびきに寝言のお父さん」という、カツオが耳を塞いでる絵になってて、お父さんの寝言がパワーアップしてる感じになってるw

 

 

{D1702415-CE7D-4F2E-8C60-3A987CFD3867}

 

 

 

 

 

 

24年版では「健康第一」という札でカツオが冷水摩擦やってる描写があるが

僕が遊んだ版には「冷水摩擦 続かない」というカツオが冷水摩擦を断念する描写がある。

 

 

{2FCA4E89-D60A-4852-B378-0B576C1C5665}

 

 

 

 

 

 

また、僕が遊んだ版は、「そそっかしいのは生まれつき」というサザエさんが偉い人の葉巻に火をつけようとして髭に火をつけてる札がある。

 

サザエさんのキャラを強烈に表してるので僕は大好き。

 

さらに、「むちゃでもヘタでもゴーゴー」という札はサザエさんがディスコでゴーゴーを踊る絵があったと思うし、「公害にうがい」とか時代を象徴してた。

「あとは綺麗にピクニック」だってゴミが社会問題になり始めた頃なんだと思う。

 

僕の子供の頃の記憶で書いてるから多少間違ってるかもしれないが、概ねそんな感じのはず。

実物見て確認したい。

 

もちろん、今回買ったバージョンもサザエさんらしい温かみがある素晴らしいかるただと思う。

よいこと遊んでみたいと思う。

 

だけどさ僕が子供の頃に遊んだアレ

手に入れる方法ないかなあ。

 

AD

お盆だから、怖いお話

テーマ:

(^ω^)今日でお盆ファイナル。

京都は今日の五山の送り火で先祖の霊をお送りしてお盆はおしまい。

 

お盆は殺生したらだめだとおばあちゃんが言ってたんだが、さっき蚊を叩いて殺したわ。

 

さて、お盆になるとみんなFacebookに怖い話しを書き出すのなんでだろう。

僕は一切霊感無い方なので、危険回避の能力が欠如している人なのだ。

 

横浜のビジネスホテルで、人の形した白いモヤみたいなんに押さえつけられて金縛りにあったのは唯一見えたソレっぽいものだ。

 

珍しいから、もっと良く見ようと思ったらスウっとフェイドアウトするように姿が消えた。

しばらく金縛りと格闘。

昔、友達が「金縛りにはフェイントが効く」って言ってたので思いきり力を入れて急に力を抜いたら…

何の効果もなかったわ。ガセかよ。

 

まあ、それはおいといて

去年8月の夕暮れ時に、近所川とU川の合流ポイントにナマズを釣りに行った時のこと。

 

ちょっと雑草が生い茂る所を突破して薄暗い川岸にたどり着いた。

その日は誰もいなくてちょっと薄気味悪い感じがした。普通ならポイントに人がいたらガッカリなんだが、誰かいた方が良かったなあって…

夏の夕暮れで心地よい涼しい風が吹いていて、誰かと一緒なら楽しい気分になっただろう。

 

とりあえず、せっかく来たのでルアーを投げる。

魚の気配はある。

 

ジッターバグに出ないけどザラに反応するわ、こいつ。

 

すると、突然生暖かい風が吹いてきた。

何これ!?

 

こんな場所でこんな風吹く?

なんか、生暖かい風吹くって、よくあるやつやん。

怖い話でさ。

 

不自然極まりねえと思ってたら

 

ポン

 

背中を叩かれた。

 

うっひゃあ!

すかさず振り向いた。

 

 

誰もいねえ!!!

 

 

これやっべえ!

 

 

絶対なんかヤベエ!

だけど、ここで帰るのムカつくからザラを投げる。

3回のバイトはコトゴトくのらず、一匹しかいないようで、後は反応がなくなった。

 

 

ビビらされた挙げ句チャンスも生かせず

「もう!ムカつくわー!」とか、一人なのに声だしてゆうて

帰ってきた。

 

ソレ以来、その場所行ってない。

 

AD

八百板画伯の展示会

テーマ:

京都の八百板先生の展示会行ってみた。

ああ、この人があの素敵なバスの絵を描くひとなんだ…

 

 

一緒に写真撮ってもらった。

 

 

ジェームズ・へドンの生前にはラッキー13は存在しなかったようだが、ジェームズさんとその息子ウィル?さんが一緒に釣りしてて、ラッキー13でビッグファイトしてるという絵。

へドンファミリーの夢のストーリーが込められている。

 

僕はへドンのルアーの中でもラッキー13が凄く好きで、へドンで一番釣れるルアーと言えば…

最強ルアーのビッグバドが不動の地位にいるとして、2番目は確実にラッキー13だと思っている。

 

友達にラッキー13でむちゃくちゃ釣るラッキー使いがいて、ラッキーの力を教えてもらった。

ああ、これはこんなにも釣れるルアーだったんだなと。

 

僕個人的にはこの絵が凄く好き。

あたかも自分がファイトしてるような構図。

 

まあ、へドンのフロッグはもちろん持ってないんだけどさw

 

八百板画伯も見てる人が釣ってる気分になるよう狙って描いてるそうで、これホント絵に心がぐっと引き込まれます。

 

絵は写真じゃ色が伝わらない。

原画と複製でやっぱり違うし、本物を生で見る機会って貴重だと思うの。

 

 

 

画伯が釣りを愛しているというのが、伝わってくる素敵な展示会でした。

 

 

AD