前回の続きです

 

・3日目後半ランニング

南岳から大キレットを越え、北穂高小屋を目指しますあし

 

8:30 南岳小屋を出発走る人

 

↓<獅子鼻の大下り①> いよいよ大キレットの始まりロケット

いきなりガンガン下りますジェットコースター

 

 

↓<獅子鼻の大下り②> 7.5m&5mの2本の長ハシゴを下りますジェットコースター

この梯子、足元丸見えで、思ったよりも高度感あってビビるアセアセあせる

 

 

↓<最低鞍部の稜線>

やっと少し平らな場所に出ましたにやり

 

 

↓<長谷川ピークの登り>

登ってる時は気づかなかったけど写真で見ると結構高い。

Hピークの印の向こうは断崖絶壁滝汗

 

↓<長谷川ピークの下り(馬の背)>

馬の背(写真左)は、最初は左を歩くけど、最後は鎖をまたいで右にチェンジリサイクル

この鎖をまたぐ時、一瞬フリーになってやや怖かったですおばけくん

 

 

↓A沢のコルに下る場面。目の前には飛騨泣きの壁が(写真左)ガーン

写真左の大グループはお隣の国の。スイスイ歩いて行くんでちょっと感嘆。

 

 

↓<A沢のコル> ここでお昼休憩おにぎりお茶

朝と同じ物なのに、腹へってて山荘弁当がとても旨いねー

 

 

↓<飛騨泣き①> 休憩後、最後の難所「飛騨泣き」の始まり。

すぐ急登が始まり、しばらく急登続きとかげ

 

 

↓<飛騨泣き②> トラバースからの岩登り。高度感のある難所叫び

ガス気味で逆に助かりました笑。

足掛け場所をまさぐる。打ってあるボルトに足が付いた時の安心感たるや。「あ、ココね!」

 

 

↓<飛騨泣き③> ステップと鎖

絵になるポイント。ガスってて下が見えないから今は余裕もぐもぐ

 

 

↓<北穂高小屋直下>

「北ホあと200m」の印からが長い急登・・・汗

今GPSを見たら小屋まで標高差120mありました。("200m"は地図上での水平距離っぽい)

 

↓13:10 北穂高小屋にゴ~ル!クラッカータコフラッグ

 

至福の一杯生ビール(または二杯)照れ

無事到着できました。結局雨はポツリもなく途中ガスっただけ。無風で良い一日でしたほっこり

 

↓北穂高小屋、よかったっすわ~ちゅー 割と快適でしたバイバイ

夕食後は、夜メニューでまた乾杯赤ワイン

台風3つ来てるけど、何か明日も晴れそうグラサン

 

 

ちなみにGPSデータによると、

槍ヶ岳山荘からの歩行距離は6.2km(キレット部分のみは2.7km)

持参した歩数計は9000歩となっていましたスマホ

 

キレットを歩いてみて感じたのは、思ったより整備されている事ですパー

 

印も鎖もボルトも沢山あります。しかもちょうど手足が届くような収まりのいい場所に。

 

・・・とまあ、何か分かったフリして余裕かましたら、翌日も難所だったのですえーん

 

4日目に続く・・・)