易研ブログQ  八卦見の一分

易研ブログQ  八卦見の一分

紙と鉛筆と六十四卦
易こそ我が浪漫
祈り、叫び、光である



 


れいわ新選組と並び躍進したのがN国党こと

「NHKから国民を守る党」だ

N国党は『NHKのスクランブル化』だけの公約で

選挙を戦ってきた

 

N国党は今後も勢力を拡大するか、

周易略筮で占ってみた 

山沢損六五  伏卦風沢中孚

「或いは之を益す。十朋の龜も違う克わず。元吉」

 

本卦山沢損は損をする意だが、五爻の爻辞は元吉である。

内卦の三爻は損して他の益する立場だが、

外卦の三爻は他から益される立場にある。

 

爻辞はすべてのことにおいて吉占と判断してよいが、

協力者を得たりして、地盤を固めるのが良いとき

 

彖辞と爻辞の解釈に開きがあることを彖爻の殊別というが、

山沢損の彖辞と五爻の爻辞もそうである

その場合、私は主に爻辞で判断する

 

また伏卦風沢中孚はれいわ新選組を立筮したときも本卦で得た

意味深なシンクロである。

 

同じテーマを四遍筮で立筮する

火天大有之卦地水師 四遍筮

本卦火天大有は大いに有する意、

之卦地水師は戦う卦で「寡を以て衆を服する象」

 

本卦の一陰、之卦の一陽でN国党のワンイシュ―の

NHKのスクランブル化で結束すると解釈できる

 

結論としてN国党の勢力拡大は続くだろう。

ただ之卦の地水師から判断すると

NHKも本気になりそうだし、戦いは激化しそうだ。

また身辺は十分警戒したい。

今回の参議院選挙では山本太郎率いる

れいわ新選組が躍進した

 

ダンス甲子園を見ていた世代としては

本宮ひろ志のマンガのような感がある。

 

選挙では熱狂的に支持されたが、選挙と政治は別。

選挙は得意のようだが、政治はどうだろうか

 

れいわ新選組はさらに勢力を拡大するか、

周易略筮で占ってみた

 

風沢中孚六三  伏卦風天小畜

外卦の巽は演説、内卦の兌は熱狂する支持者

選挙運動と同じことを繰り返すようだ

 

爻辞は「敵を得る。或いは鼓し或は罷め、

或いは泣き或いは歌う」

爻辞は山本太郎の支持者の熱狂ぶりをよく示している

 

上爻が落選した山本太郎とすると

陰陽応じているところが意味が深い。

落選しても人気は衰えないようだ。

 

ただ、にわとりが羽ばたいても空が飛べないように

実現が難しいエキセントリックな政策で

支持者を煽っても限界がある

それを伏卦の風天小畜が強調している。

 

同じテーマを四遍筮で立筮する

 

天水訟之卦天山遯

本卦天水訟は訴え争う意でれいわ新選組の

攻める政治スタイルが出ている

 

之卦の天山遯は逃れる意があり、

大巽の象で弱気の卦である

 

山本太郎の落選のダメージか、政策に無理があるか、

あるいは支持者が離れるか

ブームは長く続かないことを示している

 

結論としては、れいわ新選組の勢力の維持はしばらく続くが、

年内には止まるのではないだろうか

 

易占とは関係なく言えば、毛沢東の大躍進とイメージが重なる。

レーニンは革命的熱狂のみでは大衆を導くことは

不可能だと述べているが

山本太郎は果たして不可能を可能にするだろうか

 

 

6/30の日曜、大神神社の大祓に参列するために奈良に向かう

大雨だが、令和初の大祓なので、是非とも参列したい

禊と考えて決行することにした

 

この方がイベントって感じがするし、

こーゆう困難の時こそ宗教体験とかしそうである。

「光の世界」とか「神の声」などなど

 

雨は止まず、神社の祈祷殿の中で大祓の儀式を行う

得をした気分だが、靴下が少し濡れているので申し訳なく思う

替えの靴下を用意すればよかった

 

祈祷殿で大祓の儀式が終了するとシッカリと雨が上がり、

参列者の行進が茅の輪をくぐる

 

ハタから見ると奇妙な文化であるが、

現在はオーストリア出身の神主もいる

サンマリノにはヨーロッパ初の神社本庁が承認した神社がある

近代が明治以前の古き日本を理解し、

融合するのはこれからだと思う

 

関西には大祓を執り行う伝統的な神社が多い

来年は京都の上賀茂神社の大祓に参列したいと考えている

上賀茂神社は夜の大祓なので掛け持ちを狙う

 

ただ京都では「茅の輪むしり」がブームらしい

迷惑にならぬように気をつけたい

 

「茅の輪むしり」に北野天満宮が困惑「穢れを持っていくことに」http://www.news24.jp/articles/2019/07/01/07459585.html