易研ブログQ  八卦見の一分

易研ブログQ  八卦見の一分

紙と鉛筆と六十四卦
易こそ我が浪漫
ますますもってホタテ貝



『今日の科学、因果は分かるが、 縁が分からぬ。
この縁を研究するがわれわれの 任なり。』

南方熊楠のテーゼであり、
私のライフワークでもあります。


よろしくお願いします。 
                     
八卦見✩鞍馬バラタツ堂

テーマ:

先日、日易連の研究会で六爻皆変の研究討論をしました

六爻皆変卦は24576回問筮してわずかに6回しか出ないレア卦です

 

その為に占例が少ないのが悩みですが、

私は以前ミクシーの易占研究会で六爻皆変を

公開したことがあるのでその占例をみんなで検証しました。

 

占的は「2014年4月、予定通りに消費税引き上げされるか?」

周易中筮法   2012年12月30日に立筮しました

すでに結果も出ているのでデーターとして役立つと思います

 

風山漸之卦雷澤帰妹  上爻より乾乾坤乾坤坤  

 

    ⇒  

 

本卦の風山漸の全ての爻が変じて、 裏卦の雷澤帰妹に変卦。

風山漸は漸進の卦、雷沢帰妹は挫折の卦で真逆の意味となります

 

ご存知の通り消費税増税は2回に分けて行われる予定でしたが、

1回目の増税は実施されましたが、2回目の増税は延期となりました

 

本卦が1回目の増税実施で

之卦が2回目の増税は延期という事象に素直に適合します

 

時間の推移は本卦から之卦へ推移する単純接続となります

乾坤だけなので爻卦の考察は難しいでしょう

 

ただ六爻全ての爻が変じるということはやはり強烈な

エネルギーが動くと考えられます

 

今回の占例は風山漸+雷沢帰妹というわかりやすいものでしたが、

朱子七考占法では六爻皆変すれば之卦の彖辞をもって占うとある。

 

加藤大岳先生は六爻皆変は色々と模様替えや異見などが分雑して

締めくくりが無いために埒の明かないことが多いと述べている

 

まだまだ謎が多い六爻皆変です。


テーマ:

昔から中国の古典を読むのが好きでしたが、

荘子は今も読み返すことが多い

 

荘子は優れた哲学の書ですが、

私が知る限り人相占いの故事が二つある

 

一つは道家と人相家が術のバトルをするエピソードで

古代中国では気色や血色で吉凶を占う術が

すでにあることがわかる。

 

もう一つの故事はある貧しい百姓が高名な人相見に

自分の息子の将来を見てもらうことになった。

 

人相家は

「この子は吉祥の相で将来は王様と同じ食事をする」と予言した。

すると親父は喜ぶどころか号泣し出した。

 

人相家が怪訝に思い理由を聞くと。。。(ややグロ注意)

占いの本質をついた奥の深いエピソードだと思う。

 

日本の古典では源氏物語に高麗の人相家が登場します。

主人公光源氏の名は人相家の予言が由来です

 

つるかめつるかめ


テーマ:

      トランプヤバイ!

 

トランプ大統領が仕掛ける貿易戦争で世界経済は

先の見えない不安な状況となっています

 

政治色が強い展開だけにトレンドが一瞬で変化する

可能性があり油断できません

果たして今後どうなるのでしょう

 

トランプの貿易戦争で世界経済はどうなるか、占いました。

 

火山旅之卦沢地萃 四変筮

 

      ⇒ 

 

本卦と之卦の現象は一転してます

 

本卦の火山旅は流浪の旅人の卦であり

日没の卦の意で勢いは弱く不安定で活気がないとき 

世界経済は停滞気味のようです

 

之卦の沢地萃は集まる意の卦です。

経済の占では吉卦で

お金が集まったり、人が集まる 賑やかに栄える意となります。

ただ彖伝に「大牲を用いて吉」とあり一抹の不安も感じる

二陽は米中とも考えられます。

 

まとめますと現状は不安なときで

悲観的なトレンドとなるようですが、

やがて活気を取り戻すと考えられます

時期は今年後半、遅れると来年前半でしょうか。

 

つるかめつるかめ

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス