ブルーインパルス取材ブログ *:.最新DVD情報など.:*

ブルーインパルス取材ブログ *:.最新DVD情報など.:*

ブルーインパルスのビデオを制作しています。
コックピットリアル体感
「COMPLETE MISSION(コンプリートミッション)」
9月14日よりイオンシネマ新小松で上映⭐︎

大変ご無沙汰してしまいました。まだまだ暑い日が続いていますがみなさまいかがお過ごしでしょうか?

バナプルではThe Last Phantom 301の撮影に向けて準備中です。

 

今日は計画中の埼玉県での上映会の延期のお知らせです。

10月中旬に上映会の計画を進めていましたが11月に延期する事にしました。

日程につきましては現在確認中で、決まり次第ご案内します。

 

 

 

 

2017年12月に発売しました「劇場版果てしなき追及 2枚組みSpecial Package」は

お蔭様を持ちましてDVDの在庫がなくなりました。これを期にBlu-Rayも欲しい、というお声もあり

2枚のDVDを1枚のBlu-Rayに収録し「Special Package」として2020年8月22日に発売します。

 

 

劇場版果てしなき追求 Special Package は

「劇場版果てしなき追求」と「Next Generation ~果てしなき追求はつづく~」の2作品が1枚のBlu-Rayに収録されています。 ↓メニュー画面です

 

劇場版果てしなき追求は、

T-4ブルーインパルスが創設20周年を迎えるシーズンにデビューする

パイロットにフォーカスを当て、新任パイロットが戦闘機部隊に所属する時から取材をスタート。

松島基地の11飛行隊に初めて出勤する日からデビューするまでのパイロットの訓練を描いた作品です。

またT-4ブルーインパルス創設期メンバーやOBパイロットのインタビューを通してブルーインパルス

の20年を振り返ります。

    

 

Next Generation ~果てしなき追求はつづく~では

後任パイロットに伝統の技を伝授し、ブルーインパルスを卒業して行くまでの1年間に

密着。ブルーインパルスの技、スピリッツがいかに引き継がれていくかが描かれています

2作品を通して一人のパイロットがブルーインパルスに着任してから卒業するまでの

約3年間を見ることができます。

  

収録時間:劇場版果てしなき追求 96

        Next Generation ~果てしなき追求はつづき 40

定価:4,500円+税

発売元:有限会社バナプル

 

 

 

 

ようやく梅雨が開け夏の日差しが眩しい東京ですが

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

航空祭やイベントは次々とキャンセルになり非常に寂しい状況です。

 

さて、このお知らせは「その3」になってしまいましたが、

9月初旬に計画していました上映会は1ヶ月延期して10月に実施する方向で

再計画しています。

 

詳細が決まりましたらお知らせします。

再度延期にならないといいんですけど・・・。

 

8月上旬に上映会に向けて、SKCを上映用に再編集するなど準備を進めていますが、

日程を1ヶ月程遅らせ、9月上旬で再計画しています。

詳細が決まりましたらお知らせしますので少々お待ちください。

 

 

ブルーインパルス2020サポーター's DVD スペシャルの予告編。

若干の修正を行って再度UPしたためにリンクが変更になっちゃってます。

すいません。新しいリンクはこちら

https://youtu.be/-rEW6LXiEUg

 

どこを修正したかといいますと、音楽の編集です。

違和感を持った方はいらっしゃらなかったと思いますが

修正させていただきます。お騒がせしました。

新型コロナウイルスの影響がまだまだ続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

バナプルではコロナに負けず、例年通り2020年度版のサポーター's DVDスペシャルを

7月10日に発売することになりました。

 

「もっとじっくりブルーインパルスを楽しみたい」「もっとインタビュー をたっぷり聞きたい」

という熱烈なファンに向けたブルーインパルスサポーター's DVDスペシャル、

今年もみどころ満載の84分 定2,500円+税、

予告編 

https://youtu.be/-rEW6LXiEUg

 

 

 

 

新型コロナウイルスの影響で航空祭やイベントが次々と中止になり、更にはブルーが4機運用と

悲しいお知らせが続いています。

そんな中、バナプルではブルーインパルスの上映会を計画しています。

上映内容は、ブルーインパルスの全課目が収録されている「ACRO AREA SKC」と「劇場版コンプリートミッション」が候補です。

ACRO AREA SKCは航空祭で流れているナレーションもばっちり入っていますので、航空祭気分をお楽しみただけるのではないかと思います。ロビーではグッヅ販売も行いたいとおもいます。

場所は埼玉県内の映像ホール、日程は8月初旬の週末を検討中です。

 

今後のコロナの動向をみつつ計画を進めて行きたいとおもっています。

 

こんなイベントが実現した見に来ていただけますか?

 

 

 

 

東京は激しく雨が振っています。こんな日はおうちが一番!

 

そんな中、昨日オーサリング作業は終わり検証版のチェックです。

ぽつりと一人、静かにチェック作業を行いました。

 

2020年度版は内容充実の35分。

ジャケットの表4も完成し、印刷に昨日回しました。

収録内容は下記のとおりです。

 

今日は一人作業と言うことで巣篭り型の作業。鯖味噌焼き弁当を買い込みました。

現在、平行してスペシャルバージョンの編集作業をディレクターが進めていて、

こちらは明日中には編集が完了します。現在のところ75分を越える大作

になっていてもう少し長くなるかもしれません。

5月18日からMA作業に入ります。

 

今日は一人作業と言う事で、世界のアクロバットティームを特集した

ローリングインザスカイシリーズのアジャスドポルトガルの取材のときに

買った黄色のポロシャツで登場しました。

(このシリーズのLDをお持ちの方はいらっしやいますかね・・・)

ずっとタンスの奥に眠っていた

んですが、自宅に居る事が多かったので引っ張り出してきました。

発売日など新しい情報がわかりましたらお知らせします。少々お待ちください。

 

 

 

みなさまゴールデンウイークが始まりましたがいかがお過ごしでしょうか?

以外に気温が低い日が多く、例年であればスキーに行っている時期ですが

スキー場も閉まっているところが多くおとなしくしている状態です。

 

昨日から予定通りいつもの1991のスタジオでミックス作業が始まりました。

ディレクターが2Gほどの容量のOMFと音声データーをHDに入れて持って来ましたので

まずは大き目のテレビで見てみようと試写が始まってしまいました。

ご家庭ではみなさんどれぐらいの大きさのテレビでご覧になってるんでしょうかね?

ブラウン管の時代は30インチは大きい方だったんですが・・・。

画面の大きさで映像のカットの長さの感じ方が違うので、モニターの大きさの

想定はけっこう悩ましいところです。音量も同様の悩みがあります。

 

まずは例のOMFを展開。データが2Gと小さかったのでちょっといやな予感がしましたが

開けてみたら、全カットの音が来ておらず、部分的にデーターの書き出しなおしを

ディレクターにお願いしました。

上の写真はPro Toolという音声編集ソフトの画面です。

上のほうの青とピンクが音楽のトラック。その下が状況音などの同時録音。

その下の短いものがパイロットインタビュー、と言った具合です。

 

インタビューであれば音量を揃え、ノイズをとり、微妙なタイミングを合わせをし

そのほか不要な音を切り、足りない飛行音を足したりしていきます。

 

昨日はインタビューの整理までで作業終了です。

 

平行してジャケットやレーベルのデザイン作業も進んでいます。

写真は田中克宗さんです。素敵ですね。