夏至

テーマ:

明日、6/21は夏至になります。

1年の約半分が過ぎようとしていますが

は、早いです。ガーン

 

陽の出ている時間が長いので、海や山や湖など

自然の中で過ごすのに楽しい季節ですね。

 

 

本格的な夏の暑さはこれからなのですが

中医学では6月は【夏】・・・五行でいうと【火】になります。

 

陽気が最も盛んで、火が炎上するように

熱く明るいイメージとなります。

 

ただ、火が強すぎると焦げてしまうように

日差しや暑さが過ぎると、体調を崩してしまう

ことも少なくありませんね。

 

 

夏の体調不良は暑さにより引き起こされ

症状としては「火邪」と「湿邪」を伴うことが多くなります。

 

 

「火邪」は陽の邪気なので、蒸発・炎上する特徴があり

頭部や上半身に症状が現れやすく

高熱や顔や目が赤くなる、不眠、鼻血、汗が出る

皮膚に赤みが出るなどの症状が現れます。

 

中でも汗のかきすぎは津液を消耗しやすくし

倦怠感や喉の渇きの他、心臓にも大きな負担が

かかるので注意が必要です。

 

食の養生としては、熱を取り潤いを与えるもの

スイカ、キュウリ、とまと、ゴーヤ、オクラ、冬瓜

レンコン、蕎麦など 夏が旬のものが多いですね。

 

 

もう一つは「湿邪」です。

湿度の高い季節に多く、陰の邪気なので

下半身に症状が現れやすく、むくみや倦怠感。

臓器でいうと胃と脾は湿気に弱いので

水分をコントロールする力が弱くなり

消化不良や下痢の等の症状が現れます。

 

湿度の高い時に食欲がなくなるのは

このためだったのですね!!

 

食の養生としては、湿気を取りのぞくようなもの

もやし、春雨、梅干しやしそなどがあります。

 

 

また、暑さで体力が消耗しやすくなりますが、

冷たいものをとり過ぎ無いようにして

夏でも湯船にお風呂浸かって

身体を労わってあげましょうね。

日常生活を整えることは、大切なことだと思います。

 

 

先週末、洞爺湖へ出かけてきました。

湖畔での景色も良かったのですが、

カフェ ゴーシュさんから見る洞爺湖は

本当にきれいで、きれいで、きれいで・・・感涙

 

毎日、あの景色を見ながら生活できるのって

なんて幸せなんだろう・・・って思いながら

 

私が湖畔で写した、へたっぴな写真を貼っておきます(笑)

 

AD