朝の連ドラ「まんぷく」も終盤ですね。
上司から、このドラマをテーマにして、特許に関して講習会を開いてほしい、と言われたので、資料を調べました。
脚本は日経新聞の「私の履歴書」を元にして書かれたようですが、都合の悪いことは自分では書きませんよね。
調べてみて、ちょっとびっくりしました。
関係者もいると思いますので、ここでは書きませんが。
日清食品という社号は、当時、皇太子の結婚が決まってミッチーブームが起こり、お妃候補の実家が創業した日清製粉にあやかったのだそうです。
古い名門企業で信用がありますからね。
「東急イン」と「東横イン」の関係と同じかな。
興味のある人はネットで調べるといいです。
雑誌でも取り上げたようです。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190305-00010007-flash-peo

 

話は変わって。

今度の競技会では、オープン戦一次予選敗退予定者の模擬競技会が開かれることになりました。
地元ダンスファンとしょぼい外国勢のための余興です。
参加させていただくことにしました。
せっかくだから一回でも多く踊りたいですしね。
開催地に住んでいる役得でしょう

予選敗退予定者として、声がかかるのもなんか複雑な心境です。
敗者復活戦ってのは聞いたことがありますが。
ちょっと違う感じです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=39oC_nHDJwQ

 

荒唐無稽な話

テーマ:

「冥界からの電話」という本を読みました。
医師に死んだ女性から電話がかかってくる、という話です。
荒唐無稽ですが、実話らしいです。

東日本大震災で多くの人が死んだあと、たくさんの幽霊目撃談があったそうです。
学術的な研究もされていて、どうも本当らしいです。
その中に死んだ人から携帯に電話がかかってきた、という話もありました。

https://ameblo.jp/ballroomdance/entry-12212971904.html

 

雑誌に青森県の恐山のイタコの話がありました。
夫の霊を呼び寄せて、浮気の証拠を見せ、怒りまくる妻や、携帯電話の暗証番号、開かない金庫の番号を聞きに来る人がいるそうです。

あの世はあると思った方がいいような気がします。
死を恐れなくなるからです。
飢え死にしたくないから、今を犠牲にして、一生懸命に働く必要はなくなります。
この世の人生はひたすら楽しめばいいのです。

話は変わって。

競技会のはがきが送られてきました。
何とか一次予選は勝ちたいなあ~。
地元のダンスファンも見るので、いいところを見せたいです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=HgW5KUyJarw

 

 

国連の関連団体が発表した「世界幸福度ランキング」で日本は58位だそうです。
昨年より順位を4つ落として、不幸になったんですね。
住んでいるとそんなに不幸だとも思いませんが、他の国は日本以上に幸せになった、ということでしょう。
昔、経済大国と言われたこともありますが、一人当たりのGDPは24位だそうです。
それほど裕福ではないです。
貧困率も高いです。
老後の不安も強くて、みんな貯金に励んでいます。
先日、スウェーデンを報じていましたが、あそこは老後の不安がないので、貯金なんかしなくていいそうです。
国民の半分がヨットかクルーザーを持っていると言っていました。
少子化が進んでいる、ということは日本に生まれてもあんまりいいことはない、と生殖年齢にある男女が思っているのかもしれません。
投資家のジム・ロジャーズが「12歳以下の日本の子供は海外に移住した方がいい。」とか言っていました。

話変わって。

今日は競技会に向けて練習しました。
なんとなく競技ダンサーっぽい動きになってきました。
自画自賛ですけどね。

今年の卒業式ではこの歌が流行ったそうです。
桜は入学式ではなく卒業式の花になったんですね。
温暖化の影響でしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=AQekYDVf3R0

 

トキメキのある人生

テーマ:

チコちゃんによると、「ときめき」がないと、時間が早く過ぎてしまうそうです。
精神科医が書いた「我慢するから老化する」という本を読みました。

50代の女性が郷ひろみさんのコンサートに行ってキャーキャー盛り上がったら、翌日、終わったはずの月経が来たそうです。
すごいですね。
ときめいたら、精神だけでなく、体まで若返ったのです。
社交ダンスでも同じような効果があると聞いたことがあります。
この精神科医は、老けたくなかったら、いくつになっても異性に興味を持つことを勧めています。

地域のダンスパーティに参加しました。
ベテランのおばさんに「オープン戦に出るよ。」と言ったら、
「その程度の歩幅ではチェックが入らない。」とウォークの練習をさせられました。
久しぶりです。
ついでに姿勢の矯正もしてもらいました。

平成も終わりですが、最近、昭和の歌を聞いています。
歌詞がなかなかいいです。

この歌は小学生の頃、父の会社の慰安旅行に連れて行ってもらったとき、バスガイドさんが歌っていました。
ガイドさんに「どんなお嫁さんがいいですか?」と聞かれた記憶があります。

 

https://www.youtube.com/watch?v=4MJvVgoqktI

 

 

来月行われるこちらの競技会のオープン戦に参加することにしました。
一度、出たかったんです。
一次予選落ちはほぼ間違いないですが、「枯れ木も山の賑わい」です。
参加することに意義があります。
跳び箱の踏み台になるのもわるくないです。
地方の野球少年が大リーグの試合に出るような気分ですかね。
外国人のジャッジが見てくれるそうで、1つでもチェックが入ると嬉しいです。

イチローさん、引退しましたね。
記者会見で、「言葉にして表現することは目標に近づく方法の一つだ。」と言っていました。
私も表現しましょうかね。
「オープン戦で一次予選を突破したいな~。」

明日は休みなので大いに飲んでいます。

昨日の日記の関連の歌です。

 

https://www.youtube.com/watch?v=Ij71-ynbVBw

 

 

田舎者の愚痴

テーマ:

「AI×人口減少」という本を読みました。

日本で人口減が続く理由は、適齢期の若者が東京に集中するからだそうです。
地方にいても職業がないし、あっても給料が安いから、暮らしていけません。
しかたなく東京に行くわけですが、東京は給料が高くても家庭を築き、子育てをするには厳しい環境です。
私も東京で一年ほど暮らしましたが、人が多くて疲れました。
(それなりに楽しい思いもしましたけど。)
特に毎朝の通勤電車がきつかったです。

リッチな人は都心の高層マンションに住めて通勤も便利なんでしょうけど、地方から出てきた若者には難しいでしょう。
オリンピックを控えて、東京はますます発展しているようです。

福岡市は独身男性100人に対して独身女性が114人いて、日本で最も女性が余っている町らしいです。
独身男性が多い中国とは真逆です。
そういえば、適齢期を迎えた頃、妙に女性からのアプローチが多かったような記憶があります。
独身男性は希少価値があったんでしょう。
先日、福岡市の焼鳥屋で飲んだ時も7.8割は若い女性でした。
たぶん、福岡市では生涯未婚の女性が多いと思います。
これが少子化に拍車をかけます。
もう少し地方に企業が来てくれるといいです。

久しぶりにカップルレッスンを受けました。
ワルツとスローフォックストロットです。
予想していたより、きれいに踊れている、とのことでした。
ちょっとうれしいです。

「木綿のハンカチーフ」や「心の旅」は福岡の若い男が恋人を残して上京する時の心境を歌ったものだそうです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=AFBPJW7wsho

 

 

相手の立場を考える

テーマ:

「妻のトリセツ」という本を読みました。
この本の著者は学生時代から社交ダンスをやっていたそうです。
旦那に若い頃、社交ダンスを勧めたけれど、当時は相手にされなかったそうです。
60歳を前にして、一年奮起して、ジルバの名手になったらしいです。
ジルバが踊れたら女性にもてるでしょう。

私は18歳の時に初めてジルバという踊りを知りましたが、女性をリードして踊れるようになるまで1.2年かかったような記憶があります。
女性がどちらの足に乗っているかわからないとリードできません。
結構、難しいです。

定年後、社交ダンスを始めた男性があまりに難しすぎて、やめていく、という日記を読みました。
そうかもしれないなあ、と思います。
ダンススポーツが主流になって、昔より難しくなった、というのもあります。
そうでなくても、ジルバやブルース(フォックストロット)などの簡単な踊りでも、女性をしっかり立たせてリードする、というのは簡単じゃないです。
ベテランの女性は、「日本には男性が女性に快楽を与えようという文化がないから、社交ダンスは難しい。」と言っていました。
一理あるのかな~と思います。

明日は休みなので大いに飲んでいます。
こんな歌があったんですね。

原曲は「ケアレスウィスパー」ですよね。

 

https://www.youtube.com/watch?v=gffG4krXPHA

 

 

 

適度な運動

親による子供の虐待が問題になっています。
子供を体罰によってしつける、という文化は明治になってキリスト教圏から入ってきたそうです。
「子供は叩かないとだめになる。」という性悪説が基本にあるらしいです。
江戸時代まで日本人は子供をかわいがり、体罰を行わないので、外国人は驚いたそうです。
性的虐待も禁欲も体罰もキリスト教が起源みたいです。
あんまりお勧めの宗教じゃないかな、って思います。
砂漠の宗教って、人間の生まれつき持っている本能を否定する傾向があります。

話は変わって。

身体活動を「メッツ」という単位で表すそうです。
65歳以上は、一週間で10メッツの運動を行えばいいそうです。
普通に歩くのは、3.0メッツ、ジョギングで7.0メッツ、マラソンで13.3メッツです。以下は
自転車、7.0メッツ、フィットネスクラブ5.5メッツ、社交ダンス5.5メッツ
野球5.0メッツ、サッカー7.0メッツ、水泳はゆっくりで5.8メッツ、ハードに泳ぐと9.8メッツ、
オフィスワーク1.5メッツ、性行動は普通にやると1.8メッツ ハードにやると2.8メッツです。

社交ダンスはサッカーと野球の中間に位置するんですね。
いい運動になります。
意外に性行動が少ないです。
確かにテクニックは使いますが、あんまり体力は使わないですね。
でも、女性は体全体を使って快感を得ているように見えます。
どうなんでしょう。
高校時代、英文の暗記で、「適度な運動をしなさい。」というのがありました。
「テイク モデラート エクササイズ」でした。
我ながらよく覚えているな、と感心します。

 

ヘルメットかLODか

テーマ:

神戸大会で、他のカップルと衝突して一次予選落ちしました。
しかたないです。
同じ会場で、衝突を避けて転倒し、意識を失って救急車で搬送された女性がいました。
交通事故と同じくらいの衝撃があったそうです。
頸椎損傷らしいです。
とっても危険です。

競技会に参加する男女にはヘルメットとプロテクターの着用を義務付けるべきかもしれません。
(アメリカンフットボールみたいになりますが。)
それが嫌なら、ダンスパーティのように、LODに沿って動くべきです。
中高年の参加者が多いスポーツはそれなりに対策を練った方がいいと思います。
競技会に参加して、下半身不随になった、では、悲しいですから

 

話は変わって。

「脳はみんな病んでいる」という本を読んでいます。
公衆の面前で平気で下ネタを話すのは、アスペルガー症候群の証拠だそうです。
まさに私のことです。
とてもおもしろい本です。

 

 

 

親の認知症がひどくなって、家族信託をやろうかな、と思って、久しぶりに帰省しました。
ついでに、福岡市内で行われたダンスパーティに参加しました。
ちょっと参加費は高かったですが(千円でした)、パーティ情報のチラシをもらいました。
とっても社交ダンスが盛んな地域みたいです。
たまたまほぼ同世代のダンスファンがいたので、踊ってもらいました。
のどが渇いたので、その後二人で飲みに行きました。

福岡は若い人がとっても多いです。
まるで東京の渋谷か原宿みたいな感じです。
そして、女性の比率が高いです。
入った焼き鳥屋でも、8割くらいが女性でした。
広島も最近は元気がありますが、今、一番、元気のある地方都市は福岡市だと思います。
今は東京一極集中が激しすぎます。
あまりいいことではないと思います。