バレエスタジオ クララ

バレエスタジオ クララ

千葉県成田、富里地域にあるバレエスタジオ クララのブログ♪

公演情報・チャリティー活動の様子からスタジオの日常まで
クララの様々な様子をお届けいたします。

右足人工股関節置き換え術後 1年6ヶ月

左足人工股関節置き換え術後 1年2か月

 

 

昨日は一時間の準備運動から始め

よし、久しぶりに踊ってみようと

勇気を出したまでは良かったのですが…

 

脳は振り付けを全部覚えているのに

足は えっ、何ですか? という感じです

脳、お願いだから足に指令を出して!

 

 

私のバレエは沖縄での経験から

「祈りのバレエ」に変わり

その人生の流れに感謝していたはずなのに

日々、足の事に囚われ

祈りの踊りを忘れかけていたのかもしれない

 

今日の練習も脳との闘いかな?

楽しく戦ってこよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

日々、精一杯

昨日より今日は…

できなかった事は今日こそできるように

それでも上手く行かない事ばかり

努力が足りないのかな?

私もここまでなのかな?

そんな事ばかり考えて

自分で自分を追い詰めては

ひと時も頭から離れなくなる

練習していないと

不安な心に支配されてしまう

だから、夜中までお稽古場に残り

一人練習していた若い頃の自分。

 

 

 

 

歳を重ねても

今の自分にできる事と考え 

気の済むまで練習して

踊り続けていた50代

 

足の異変に気がついた60代

それから7年後に

両足人工股関節置き換え術を受けた

 

今の私は自分で自分に制限を掛けてしまう

そうでもしなければ

年齢も今の体の状態も無視して

練習に励んでしまう

防衛本能なのか?

心だけは歳をとっていないのかな?

 

もう術後一年になるのだから

体力がなくなったとか

筋力がなくなったとか

やっと上がり始めた足が

また上がらなくなってしまったとか

全く踊れなかった期間があるからとか

そろそろ

そんな事を言うのはやめたい自分がいる

 

 

 

これから先

バレエとどう向き合って行きたいのか

自分が一番よく分かっているのだから

【後悔しない生き方】を

選べば良いだけだよねと思ったりする

 

 

 

日常生活では

人工股関節だという意識は全くないが

踊ろうとすると

脳が勝手にバレエに於ける不都合を

思い出してしまう。

だから心も辛くなるのかもしれない

 

術後の複雑な心理状態も人それぞれで

悩みはつきないけれど

こんな私を生徒達が見て

自分の生き方や自分の心について

何かを考えてくれたら良いなと思う今夜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生、大丈夫なの?

 

5日前に照明さんから電話!

その結果、今日は朝から

打ち合わせになりました。

この照明さんは30年来の仕事仲間です。

 

小さな教室なので

大掛かりな舞台装置などは使えません。

先ずは

作品の内容を資料にして説明します。

シーン毎のイメージや希望を伝え

其れによりスタッフの人選から吊り物まで

全ての手配をしてくれます。

 

私の世界観を

一番良く理解してくれているので

吊り物も定番に忠実にではなく

定番を基本にして

私のイメージを加えて行きますが

今回は

吊り物業者さんにも私のイメージを伝え

意見を貰ってから

候補を決める事になりました。

 

 

打ち合わせも一段落して雑談に!

そういえば

先生と始めて仕事をしたのは

いつ頃でしたかね~?

 

照明さんは私より3歳年上

お互いに歳を取りましたが

仕事への情熱は相変わらずです。

 

私の仕事をしてもお金にならないのに

いつも引き受けてくれます。

私の舞台の仕事は

ボランティアと思っているのかなと

思ってしまいます💦

 

私が企画する舞台は沖縄までも

必ず一緒に付いて来てくれます。

 

この仕事が好きなので

辞めようとか思わないですね。

お互いに生涯現役ですかね!

 

そんな話になり

笑い合う素敵な関係です!

 

 

 

 

時々雨が降り生憎のお天気でしたが

帰りは桜も見る事ができました。

ちょっとだけ、ほっとできた一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年12月 右足人工股関節置き換え術

2023年4月     左足人工股関節置き換え術

 

3ヶ月ごとの診察を経て

昨日は一年目の診察でした。

 

日常生活は何も困る事がなく、経過良好。

バレエ指導の時も

足が上がるようになってきたと喜んでいたら

急に頑張り過ぎたらしく腸腰筋が痛くて

ちょっと元気がなくなりました。

でも、主治医はどんどん踊って下さいと…。

 

今後、どれだけ対応して行けるのかな?

年齢的に何処までを望んで良いのかな?

心の中で呟いていると

 

主治医

一年前は歩けなかったので焦らないで!

でも、歩けなくなる前には戻れるし

踊っていた頃にも戻れますよ!

 

PT(理学療法士)先生

もう戻ってきたらダメですよ~

笑顔でそう言いながら、最後に

バレエに役立つストレッチや筋トレを

たくさん教えてくれました。

 

病院を紹介してくれた方や

担当医、PT先生への感謝の気持ちは

舞台復帰しかない。

頑張れ、私。