お隣さん

テーマ:

昨日はモヤモヤした話しにお付き合いいただき、ありがとうございました。

全国のシングル家庭の皆さん、昨日のブログを読んで気を悪くされていたらごめんなさい。

ま、ほんと、みなさん強く生きていきましょうね!

 

 

で、今は心がとってもザワザワしてます。

 

マンション住まいの我が家。

お隣に赤ちゃんを抱いた若いご夫婦が引っ越してきたのは去年の秋でした。

体育会系のがっちりとした体格で人懐っこいイメージのご主人と、若いのにしっかりものの奥さんという印象。

入居の挨拶に来られた時、赤ちゃんの夜泣きが激しいことでウチに迷惑がかかるんじゃないかと奥さんがしきりに気にしていたので、「そんなことは何も気にしないで、育児、頑張ってくださいね!」なんて会話をしたのを覚えています。

その後は特に何かで関わることもなく、会えば普通に挨拶を交わし、お子さんのことをちょっと聞くぐらいな感じで半年が過ぎました。

 

 

で、昨日。

ピンポーンとインターフォンが鳴り、出てみるとお隣の奥さん。

手には菓子折りを持って、少しだけ緊張した面持ちで、

「あの、早いんですが、もう引っ越すことになったんです」と。

 

で、私が「そうですか、残念ですね」なんて答えたら、奥さんがポツリと。

 

「あの、離婚することになりまして…」

 

内心「あらまっ!」と思いつつ、平静を装ってちょこっとだけ伺いました。

 

お子さん、まだ1歳半だそうで。

で、しばらくはご実家に帰られてご両親と一緒に暮らすそうなので、直接的な生活不安は無さそうでしたが…。

 

それにしても…。

この奥さん、とてもいいご両親に育てられたんだろうなーと思えるような、若いのにいつもきちんとしていて好感の持てる人なんですよ。育児もしっかりされていた。

もちろん、夫婦のことは夫婦にしかわからないと言うけれど。

 

それにね、そもそも私はただの元隣人だし。

何か力になれることがあるわけでもないし…。

だからかな、余計に心がザワザワするのです。

 

ざわわ。

 

 

 

★私が父子家庭に至った経緯は➡︎こちら