失敗しないための美容整形の名医相談所~ブログ版

失敗しないための美容整形の名医相談所~ブログ版

1日50人を相談中!東京・大阪・名古屋・福岡など名医選び口コミ・体験談を解説しております。クーポンも発行しています。

美容整形の名医相談所



このブログは、”ずばり!美容整形における失敗患者を減らす事を目的としたブログです!”

 
日本全国(東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・横浜・神戸など)
年間2500名の美容整形をされる方が、ブログのご相談窓口を利用しています! ←応援ボタン押してください!

 

お問い合わせはこちら
mail@ba-consulting.org

090-8435-3332

カウンセラー担当 山口まで 遠慮なくご連絡ください。

 失敗しないための美容整形の口コミ相談所

相談窓口について
 失敗しないクリニック選びとは? ≪≪ まずはこちらをご覧ください

ご相談の際に読んでほしい事  ≪≪ ご一読ください

 全国のクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。※例外あり

学会情報などのアドバイスと親身なご相談を心掛けますので、お気軽にご相談ください   

矢印鼻ではなく鼻の穴は見えやすい・鼻の下が長い方が鼻中隔延長術や鼻尖3Dなどの鼻先を下げる手術を行いたいと思っても、美容外科医的にはそれは必要ないとのことで、カウンセリングで鼻中隔延長は勧められないケースがあります。

 

というのも、鼻の下が2センチある場合、鼻先を下に下げたくらいでは間延び感が取れないことがあります。

そのため、鼻の下の長さと鼻先の長さの両面で似合うデザインを考えることが大切です。

 

鼻中隔延長術は2㎜以上鼻を延長したい場合によく行われる手術ですが、鼻の下が2センチあるようなら人中短縮でないと厳しいことがあります。人中短縮の場合には、直接的に鼻の下を縮めることができます。

 

もちろん、リスクもあって、人中短縮では、

・傷跡がつく

・㎜単位で小鼻が広がることがある

・㎜単位で鼻が上向きになることがある

などは必ずではありませんが、それが起こる可能性はあります。

最終的にはメリットと比較してどちらを取るのかだと思います。

 
また、人中短縮ができないケースには、
・ケロイド体質
※傷跡目立ってしまう
・小鼻縮小(鼻翼縮小)経験者
※後戻りする
・ガミースマイル
※悪化する
のケースでは、短縮をすることで、満足度が下がる傾向があるので、手術を無理にしてはいけません。
 
この辺の塩梅も、専門医師が正確に判断することができると良いでしょう。
これから整形を考えている方は参考にしてみてください。

 

評判の良い名医紹介・ご優待紹介の希望は、下記よりご連絡下さい▼