失敗しないための名医相談所【整形ブログ】

失敗しないための名医相談所【整形ブログ】

全国美容外科の名医選びを解説中。
①症例写真が綺麗=技術が高いは間違っている
②美容外科学会には2種類ある
③選んではいけない美容外科とは

隆鼻術の鼻フルという鼻筋と鼻先を組み合わせた手術プランで、無理なアップノーズ鼻になってしまっている症例を見かけます。
 
横顔が綺麗に見えるけれども、正面から見ると豚鼻なのです。
こうした豚鼻になってしまうアップノーズと綺麗なアップノーズとは明確な差があります。
 
「鼻柱」です。
鼻柱がひっこんだまま、鼻先を上向きに設定すると悪しきアップノーズが誕生します。
 
例えば最近はやっているアップノーズ鼻があるのですが、鼻閉状態という症状の後遺症を残す可能性があります。大きすぎる軟骨を移植した場合などにも起こりえるので注意が必要です。
 
使用する軟骨を大きくして延長量を増やすこと自体は良いですが、無理して鼻先をピノキオみたいに伸ばす必要性はありません。機能的にもガタが来てしまいます。
 
鼻曲がりの失敗も爆誕している事実
 
鼻背が曲がっている状態を斜鼻といい、鼻中隔が左右に曲がっている状態を鼻中隔湾曲症と呼びます。
しばしば斜鼻と鼻中隔湾曲症は併発していることがあります。
 
斜鼻・・鼻骨だけ曲がっている骨性斜鼻、鼻中隔軟骨まで湾曲している軟骨性斜鼻
鼻中隔湾曲症・・鼻中隔が歪んで左右に曲がっている
 
鼻フルで鼻尖部への軟骨移植をした結果、鼻曲がりが発生している症例の原因は、元々の斜鼻や鼻中隔湾曲症が改善されていないのに、鼻の整形を行ってしまっていることが挙げられます。かたむいた土台の上に軟骨をのせると傾きが更に悪化して見えてしまうためです。
 
鼻の手術で形成外科専門医を選択しなければならないのは、こうした機能的な面から治療が出来るためです。
これらを無視して鼻フルを提案している外科医がいるので注意しておきましょう。

隆鼻術+おでこ整形のデザインはカーブを意識して作っていく必要があります。

おでこだけを立体的に作ってもダメですし、鼻だけを高くしてもそれは成り立ちません。

 

横顔の美しさはおでことナジオンカーブの繋がりで判断されるからです。

おでこの形ごとに比較していきましょう。

 

〇眉骨が出っ張っているタイプの輪郭

 

男性に多いのがこのタイプでごつごつした額の印象につながります。

光が当たると眉骨の形がくっきりと出てしまうので、怖いイメージを与えかねません。

 

こうした場合には、眉骨の情報にヒアルロン酸注入やプロテーゼ挿入をして額中央の高さを出します。

ヘアラインからの繋がりで形成していくと綺麗になりやすいです。

 

〇横から見たときにおでこが斜めの崖のような輪郭

 

額の中央全体的にボリュームを出すようにして形成します。

崖のような額から立体感があるコーカソイドタイプのおでこを作ることができます。

おでこのヒアルロン酸注入でしたら3cc程度注入することが多いです。

 

以上のようなオデコ整形を行います。

その後、眉間から鼻筋までの形をつなげるために、眉間プロテーゼや鼻プロテーゼをセットで組み合わせれば横顔フルの手術が完成します。陥没した額、低い鼻、平面的な顔を改善する整形が横顔フルです。

 

眉間と鼻筋との段差を無くしてシームレスな形を作る方法には連結型のプロテーゼもあります。

これはよりクオリティの高い隆鼻術を行うには効果的です。

 

中国製や韓国製剤のフィラーは粗雑品が多いのは持続期間やFDA認可の有無をチェックすると分かりやすいでしょう。

1回当たりの値段が安くても持続しないのなら何ら意味はありません。

 

フィラーごとの持続期間まとめていきたいと思います↓

アティエル 韓国製→3か月

ニューラミス 韓国製→3か月

チェウム 韓国製→4か月

イブアール 韓国製→6か月

パーフェクタ フランス製→12か月

ベロテロ ドイツ製→12か月以上

レスチレンビタール スウェーデン製→12か月以上

ジュビダーム アメリカ製→1年半~2年

 

続いて何CC位を注入するかについてもみていきます。

額→3cc

目の下→0.5-1cc

涙袋→0.5cc

こめかみ→2-4cc

頬→2-3cc

ゴルゴライン→1cc

鼻→1cc

法令線→2cc

マリオネットライン→1cc

顎先1-2cc

フェイスライン→1cc

首のしわ→1-2cc

 

など注入量の目安として参考にしてみてください。

ヒアルロン酸注入は技術力が高く求められますが、形成外科専門医や皮膚科専門医などの免許の有無は必ずチェックしてください。症例写真で決めるのがNGでしょう。