高橋正典オフィシャルブログ「価値組日記」
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

現場作業@炎天下

いやぁ、本当に暑いですね。

まぁ、長梅雨で晴れ間がないと

文句言っていたので、これは

本望と言わないと。。。


そんな中、今日は社の物件の

境界ブロックを入れる工事の

立ち合いを。



そうなんです、あくまで私は

立ち合いなので、作業している

わけではないのですが…

それでも暑くて汗が💦

作業して下さった業者の方!

いつも有難う御座います🙇‍♂️

頭が下がります。

コロナの影響@テナント

私の通っている歯医者さんは、
 
いわゆるオフィスビルの中にあります。
 
仕事柄、このテナント料高いだろうな…
 
と、いつも感じていました。
 

テナント料が高いのは、ビルのクオリティ
 
もさることながら、やはりそこに入っている
 
企業の方々も顧客となる可能性があることも
 
含まれているはず。
 
しかし、そこにきてこのコロナ・・・
 
恐らく出社率は相当減っていることでしょう。
 
今日もこんな感じでお盆を割引いても
 
閑散としていました。

 

 
私がすることではありませんが
 
ちょっと心配です。。

 

オンラインセミナー2本目の特徴

今月2本目のオンラインセミナーは

 

「媒介獲得強化セミナー」

 

と題してこんな感じで↓

 

 

おかげさまで、順調にお申し込みが

 

増えておりますが、今回の参加者の特徴

 

があります。

 

それは・・・

 

 

”偵察が多い”(笑)

 

 

明らかに、商売上のライバルっぽい

 

企業が参加申し込みされてました。

 

参加型のセミナーだと、直接会うので

 

探り目的で参加は難しいですが、これも

 

オンラインの手軽さでしょうかね。

 

 

さて、ライバルにどう印象付けさせようか

 

思案中です。。。

 

 

甲子園開幕に思う

コロナで中止となった春の選抜

高校野球の代わりとなる交流戦

が今日開幕しましたね。

やはり、夏に高校野球球児の姿

はよく似合います。

今日の2戦もとても良い試合でした。

個人的にはあのトランペットが

ガチャガチャ鳴り響く試合は、あまり

好きではないので、ベンチの声が

リアルに聞こえる今は、プロ野球も

含めて心地よいです。


さて、人には色々な意味で区切りと

いうものが必要かと思います。

この交流戦は、各チーム1試合だけ

という限定になり、完全ではない

けれど、それでも大事な1試合に

なったことでしょう。

もちろん、我々ビジネスにおいても

区切りというのは大事です。

先月コロナが落ちついていれば

スタッフと皆で出かける企画も

ありましたが、中止に…

そして、何も社としての区切りなく

各自バラバラに夏季休暇に入って

しまいました。

つまり、きっとバラバラに休み明け

の日々が始まる……



仕方ないとは思いますが、さらに

社として前に進むための区切り

は重要かと思います。

こんなことで悩むのも、コロナ禍

の経営の難しさなのかもしれまん。


ただ………


当たり前の世の中が、当たり前で

なくなったように、今の与えられ

ている権利を保ち続けるためには

それ相応の能力が求められます。

大事なことは、互いの役割を理解

し合うことしかありません。

自分の役目を終えれば仕事が終わる

そんな感覚の人は存在価値を失う。

ある意味、昭和回帰と表裏一体と

感じています。


使命を果たす会社

2019年フランスでは企業に関する

 

新たな法律が施行された。

 

「使命を果たす会社」がそれだ。

 

利益以外の目標を設定し達成する

 

責任を負うことになる。

 

上場企業としては第一号となった

 

のが日本でも有名なダノン社。

 

定款を変更し

 

①製品を介した健康の改善

 

②地球資源の保護

 

③将来を社員と形成する

 

④包摂的な成長

 

とESG関連のものを盛り込んだ。

 

株主の99%が賛成したという

 

のだから凄い。

 

なぜなら、これらの目標が会社の

 

目標となれば、利益追求型という

 

スタンスはとりきれない。

 

現に、CO2の排出が1トンあたり

 

35ユーロ(約4000円)かかる

 

コストとして業績に当てはめた場合

 

利益は半分になるそう。

 

これを99%賛成した株主にどう

 

説明するかという課題も出るのでは

 

なかろうか。

 

それでも、こうした企業を応援する

 

投資家がこれからは増えるのだろう。

 

実は、こうした法律は意外にも米国

 

にもあるんだそうです。

 

「ベネフィット・コーポレーション」

 

と呼ばれる「倫理的な活動」を行う

 

ことができ、それが評価される仕組み。

 

7月に上場した米オンライン住宅保険

 

のレモネード社は、保険の掛け金の

 

余った分を慈善団体に寄付することに

 

なっており、上場時の目論見書には

 

「利益が最大化しない行動をとる

 

可能性がある」と記されているそう。

 

凄くカッコいい。

 

こういうことをカッコよく言い切れる

 

会社にしたいなあ。。。

 

 

 

「環境」「社会」「企業」「統治」

 

というESG投資に世界中が動き出し

 

このコロナ禍がそれを後押ししている

 

という現実もある。

 

中小企業とはいえ、我々経営者は

 

今そして日々の足下ばかりを見て経営

 

するのではなくして、もっと視座を上げ

 

なければ。。。

 

 

 

 

唯一黒字化した取り組みとは

コロナ禍においても、全てがダメに

 

なるわけではない。

 

大手自動車メーカーが軒並み赤字に

 

陥る中、トヨタ自動車だけはこの4〜6月


の決算を黒字としました。

 

 

細かい中身はここでは省きますが

 

結論、世界中の自動車メーカーが

 

赤字となる中で、唯一黒字化した

 

理由は何か・・・

 

 

トヨタだけ販売台数が伸びた?

 

そうではない。

 

もし一言で表現するならば

 

単純に

 

「無駄な工程を減らした」

 

ということです。

 

残念ながら中小企業の経営者や

 

幹部は、この効果を計り知れない。

 

しかし、トヨタ自動車はこの取り組み

 

で、2000億円以上の低減を計った。

 

ちなみに、表を見て分かる通り

 

世界唯一のトヨタ自動車のこの四半期

 

の黒字額は1588億円。

 

 

私は、経営者として改めて自らを

 

正す。

 

そして、この意識を共有できるリーダー

 

を育てる。

 

自分の人生に、中小も大小もない。

 

 

毎日毎日、刺激的なコロナ禍です。

 

 

 

 

 

 

 

例年とは違うお盆休み

今年のお盆休みは例年と比べて少々

 

違う。。。

 

例年なら東京から人がいなくなるこの時期

 

にはこうした広告は入りませんでしたが

 

今年は、在宅率が高いからでしょう、

 

少々あり得ない折り込み広告が、今日の

 

朝刊に入っていました。

 

 

前半の売り上げ減を取り戻す。

 

そんな意気込みを感じます。

 

ただ、家の展示場というよりは

 

何を売っているのか分からない

 

集客手法ですね。。。

 

 

さて、当社も明日からはスタッフ 


それぞれが個別に夏季休暇に入り


ます。

 

休み明け、失った売り上げを取り


戻すべく、後半に備えて欲しい


と思います。

 

 

 

 

 

難題@コロナ禍

今日は、オンライン会議が2本と

 

オンラインセミナーが1本で1日が

 

終わった・・・


特に、セミナーは難しい・・・
 
相手の顔が浮かばず、リアクション
 
もない・・・
 
理解してくれているのかも微妙。
 
いやあ、コロナ禍でまた一つ難題
 
にぶち当たりました( ;  ; )
 
 
 

 

初Uber@日本

海外でUberはよく使うけれど

 

それは、配車アプリで。

 

日本で普及しているUberEatsは

 

利用したことがなかった。

 

 

今日は、水曜なので私以外皆休み。

 

当然、昼飯も一人。。。

 

そこで、初Uber@日本

 
 

 

 
便利だけど、そもそものメニューが
 
高いな・・・
 
 

 

 

 

 

 

 

令和の夏

今年もお付き合い。
 
あまり意味があるようには
 
思えないが・・・
 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>