こんにちは、横浜市会議員の東みちよです。

先日は横浜市会の決算特別委員会があり

私は健康福祉局の質問に立ちました。


とくに関心を持って取り組んだのは

新型コロナ対策です!


9月26日から新型コロナ陽性者の

全数把握がなくなって

今後は軽症者は自己申告となります。

一方で、重症化リスクの高い

高齢者や基礎疾患をお持ちの方には

しっかりとした対策が必要です。


でもね、最近皆さん気づいて

いらっしゃると思うんですよ。

日本のコロナ対策、

世界と比べてあれ??なわけ、と。


冒頭、エリザベス女王の国葬で

話題となった

“世界の国々はもうマスクしとらんけ〜”

とツッコミさせて頂きました。


新型コロナ対策、

今後は冬のピーク時を想定した

ワクチン接種の先手策と

高齢者へのケア強化と

若い現役世代への情報提供による

社会経済活動の両立を

要望いたしました。


ワクチン接種は10月から前倒しして

体制強化をはかって

進められる予定です。


また、コロナ禍においては

女性や若い人の自殺者数も

増加しています。

令和3年の横浜市だけでも300人❗️


一方、新型コロナによる死者は

100%近く高齢者です。

横浜市内における

18歳未満のコロナによる

死者数はゼロです。


つまり世代間格差が起きており

いまの新型コロナ対策の

負の影響が

女性や若い人たちに

及んでいる

というわけです。


これってなんかおかしくないですか?


ちなみにデルタ株の第五波の

横浜市の陽性者数33,635人を基準にすれば

第六波は約3倍、

第七波は約7倍❗️ですが

重症者はそれぞれ、5、6、7波に

24、21、11人と減少

死者数も136、257、173人で

第七波は減っており

陽性者の分母が増えれば

重症者も増えるという予測は

オミクロン株では当てはまりません。


ちなみに共産党の議員は

陽性者が増えたら死者数も増えるはず!

と質問したら違っていたので

ややお困りの様子でした。


なおこのデータは単純集計につき

医療的分析が待たれるところですが

横浜市長の山中氏は

データサイエンティストの仕事を

一向にする気配がありません。


今やらないで、いつやる‼️

と林修先生に突っ込んで頂きたいくらいです。


政府への不満が

日増しに高まるこの頃、

その不満のタネはもしかしたら

「いつまで続けりゃいいんだ⁉️」

という新型コロナ対策への

市民の皆さんの

不満やストレスもあるのでは

ないでしょうか。


市民一人ひとりに寄り添う

新型コロナ対策の方針が

日本の未来にむかって

進められることを願ってやまない、

そんな気持ちで臨んだ

横浜市会 決算特別委員会 

健康福祉局関連質問でした。




横浜市会インターネット中継 9月30日 東みちよ



東みちよ 公式HP https://azuma.tsuru.me


プロフィールはこちら

こんにちは、横浜市会議員の東みちよです。

今日は安倍晋三元総理の国葬儀が

武道館にて執り行われました。


私は朝から、一般参列の皆さんと一緒に

九段坂公園にて献花して参りました。

皇居の周りをぐるぐるっと並んで

2時間、長蛇の列を皆さんと歩きました。


こんなにも多くの老若男女の皆さんが

安倍元総理の死を悼み、

暑い日差しの中、歩き続けて

みんな同じ気持ちでここにいるんだな

という同志の気持ちが嬉しくもあり

一方で、献花台の前では

安倍元総理のこれまでの熱意が

思い出されて心の奥から

込み上げるものがありました。





私自身は、政治家と呼ぶには

まだまだ未熟な石ころ、

みたいな存在ですが

それでもやっぱり、

安倍さんが遺してこられた

この国を守る、

みんなの未来を作る、

ということ

私たちもしっかりやっていかなければ、

そう改めて覚悟したのでした。


国葬の日、忘れがたい

祈りの一日となりました。


献花の後、靖國神社⛩を参拝して

ひと言、動画にしました。





東みちよ 公式HP https://azuma.tsuru.me


プロフィールはこちら

こんにちは、横浜市会議員の東みちよです。

昨日は健康づくりスポーツ推進

特別委員会が開かれ、

私も副委員長として臨みました。


eスポーツと健康づくりをテーマに

慶應義塾大学 環境情報学部の

加藤貴昭準教授に講義して頂きました。


eスポーツ、巷ではいろいろ

評価されており気になってますが

青葉区の高齢者施設ではすでに

元気づくりに役立てているようです。


また、サッカーのプロ選手が

ゲームで勘を養うとか

ゲームの有効活用をお話し頂きました。


これまで「スマホ脳」など

子どもの脳の発達への悪影響が

クローズアップされてきた

ゲームについて私はやや懐疑的な

ところがありましたが

高齢者の認知機能を鍛える

という活用は、

アリかもしれません。


ちなみにうちの義父は94歳まで

家で元気で過ごしていましたが

囲碁が趣味だったせいか

認知機能はある程度

しっかりしていました。


80代からは囲碁仲間が

次第に亡くなってしまって

一人で家にこもりがちに

なってしまった時に

iPadの囲碁ゲームを

ダウンロードして教えてあげると

「ふーん、機械の実力は

大したことねえな」とか

ぼやきながらも家でゲームを

楽しんでました。


海外ではチェス♟️も

eスポーツとして

楽しまれているようです。



高齢者とeスポーツ、

さまざまな可能性がありそうですね。



写真はKeio.comのインタビュー記事より




東みちよ 公式HP https://azuma.tsuru.me


プロフィールはこちら

こんにちは、横浜市会議員の東みちよです。
先日、つるみヤングケアラーラボの
メンバーと一緒に
鶴見区ヤングケアラー実態調査報告会
を開きました。
 
これは鶴見区内全小中学校の教職員に
アンケートを実施し、
ヤングケアラー実態調査を行ったもので
その分析と考察がまとまったので
地域の皆様にご報告をしました。
なお全教職員1218名のうち576名から
回答を頂きました。
(区内全教職員に対する回答率47.2%)
 
アンケートでは
ヤングケアラーに気づいたことがある
…47.6%(小中計 
うち小学校41.8%、中学校61.7%)
多くの先生たちが
気づいていることがわかりました。
 
また子どもたちが
家族のケアをすることになった
理由については、
気づいた先生の約1/4が
把握しているものの
その理由は、、、
ひとり親家庭、きょうだいがいる、
家族の病気、外国につながる子ども
親の価値観…などなど
さまざまな理由があり、
そこにヤングケアラー支援の
難しさが浮かび上がってきました。
 

 

つるみヤングケアラーラボメンバーと報告会
左から神道映利、東みちよ、勝呂ちひろ、西迫愛

image

西迫愛さん、アンケート作成には彼女が所属する

日本ケアラー連盟さんにもご協力いただきました

 



右 Omoshiroの勝呂ちひろさん、ヤングケアラーの居場所づくりを行い家族まるっとケアを実践する精神保健福祉士。左はヤングケアラー支援の政策を地域で考えてきた横浜市会議員 東みちよ 
zoomには、超党派の横浜市会議員や元ヤングケアラー弁護士の藤木和子さんもご参加頂きました。


会場には地域の皆さん、

民生委員児童委員、学校運営協議会会長

町内会長、通学見守りボランティア、

保護者、地域支援NPO

そして校長先生、区役所担当者、

横浜市の担当者など地域と行政とが集い

文字通り、輪になって

一緒にヤングケアラーのことを

話し合いました。

 

校長先生からは、

そのようなお子さんがいることは

以前から職員も把握している、

ただ児童虐待、ネグレクトとどう違うのか?

家のお手伝いと、困難な課題との違いなど

線引きが難しい部分がある。

 

また、家庭の経済的理由の場合

学校の支援の難しさもある。

行政の支援につなげることができれば。

教員としてどこまで行政に伝えていいのか?

行政の力、地域とのつながりも大切。

 

行政からは、鶴見区役所には

学校からの相談も多くある。

また精神疾患などのご家族には

精神保健福祉士を派遣している

ケースもある。

しかし外国籍につながる

お子さんのケースでは

家を手伝う慣習などもあり

文化的な難しさも感じている。

 

民生委員児童委員さんからは、

障害や生活支援、学習支援など

さまざまな行政サービスにつながるように

情報の連携が必要ではないか。

学校との連携含めて検討したい。

 

地域からは

「あの子、大丈夫?」という声が

届くこともあるが

家庭にどこまで介入していいのか?

お手伝いの範囲か、超えているのか?

私たちでは判断できない部分がある。

 

町内会長さんからは

マンション住民が増えてきたいま、

戸建てに比べて情報が取りにくい。

継続した見守りのためには、

地域に根差した我々の力が大事だ。

 

ヤングケアラーという言葉、
知らなかった。
問題点があるなら、何が必要か
地域にも教えてほしい。
 
見守りボランティアの方は
子どもたちに
「おはよう」「おかえりなさい」と
挨拶を心がけている。
子どもたちも
挨拶できるようになった。
共働き家庭の子どもたちにとって
自分が最初に「おかえり」と言える存在、
気持ちを込めて声がけしながら
子どもたちの変化を見守っている。
 
保護者からは
子ども会でみんなに
声をかけることが大切だと思う。
何かあったら「どうした~?」と
聞いてあげる。
そんな関係づくりを
地域で大切にしてきた。
 
それぞれ立場が異なる皆さんから
さまざまなご意見を伺って、
みんなが「子どもたちに寄り添いたい」
という暖かな想いをもちながらも
ヤングケアラーという家庭の問題に
どこまで立ち入ってもいいものか、
難しさも浮き彫りになりました。
 
しかしこうした「見守り」「声がけ」
という日常の習慣が根付いているのも
鶴見区という地域ならではの
あったかさ、じゃないかと。
 
そしてヤングケアラーというのは、
決してそれ自体が悪いことじゃなく、
家族のために頑張っている
子どもたちで、
ただ一人で頑張りすぎて
苦しさを抱えこむんじゃなくて
大変だったら大人たちに
助けてもらってもいいんだよ、
「どうした?」
「あのね・・・」
そんな環境づくりのために
学校、行政、地域の情報連携の
大切さを痛感した報告会でした。
 

なおこのアンケートは、

行政が主体で行ったものではなく

つるみヤングケアラーラボという

官民協働の団体が独自に行ったものです。

横浜市政策局共創推進の担当者には、

団体立ち上げから伴走いただきました。

 

私も昨年来、ヤングケアラーに関心をもち

委員会でも度々、取り上げてきましたが

横浜市では実態把握が進んでおらず

学校現場で

どのように把握されているのか?

ヤングケアラーに対する認識をどのくらい

もっていらっしゃるのか?

まずは学校への調査をやろう!

とつるみヤングケアラーラボに

政務活動の一環として

実態調査をお願いしました。

image

元気いっぱい! つるみヤングケアラーラボのメンバーと

政策局共創推進課の担当者

 

このアンケートは、

基礎自治体での

ヤングケアラーの教員調査としては

全国4番目の調査となります。

 

 

「ヤングケアラーという言葉が

社会に広まってきた後に

行われた調査として

この鶴見区の例は注目すべき。

ヤングケアラーの児童生徒への

”対応がわからない”という意見も

数件見られる」と

監修の田中悠美子助教(立教大学)

も指摘され

今後は、学校だけでなく、

多様な機関、関係者と

顔の見えるつながりや

基盤づくりが必要と評価いただきました。

 

横浜市でも令和4年度から

ヤングケアラー実態調査として

市内の市立小中学校、

県立高校の児童生徒に

アンケートを行っており

11月に公表予定です。

 

今回の報告会で得られた声は

横浜市の政策にも活かされるよう

尽力してまいります。

ご参加の皆様、ありがとうございました!

 

【取材記事はこちら】

教育新聞 教職員調査で見えた ヤングケアラー支援の次のフェーズ

 

【協力】
 
 東みちよ 公式HP https://azuma.tsuru.me


プロフィールはこちら

 

こんにちは、横浜市会議員の東みちよです。


いま、国葬の賛否を問う声が高まっています。
9月27日に執り行われる

安倍晋三元総理の国葬儀、


私はもちろん賛成ですが

市民の皆さんからは

さまざまな苦言も頂きます。


でもちょっと待って、と。


これは単に安倍さんへの感情論や
国のお財布勘定論で片づけるような

問題ではないんです。

おそらく歴史の教科書にも

載るであろう国の一大事です。


例えば。。。。
もしも、数十年後、百年後の
日本の未来人が、
過去にタイムトリップして
いま、国葬の賛否を選択するなら、
どちらを選択するか?
考えてみたらどうでしょう?

私は歴史好きなので、
難しいことは
100年単位の歴史のなかで
事象を考えるくせがあります。

安倍さんを国葬で弔うことは、

安倍さん個人への

追悼だけではもちろんなくて。

安倍さんが掲げてきた

「戦後レジームからの脱却」

戦後、日本という国が

敗戦の歴史を引きずってきたことで

国の在り方を変えようとしてきたこと、

安全保障、外交、教育で成し遂げてきたこと

この国の政治の進む道を示したこと、

それを、遺された国民が

しっかり受け継いでいくという

この国の意思表示が

国葬にほかありません。


かつて国葬を行った
吉田茂元首相が
サンフランシスコ講和条約や
日本国憲法公布によって
戦後日本の自立を成し遂げたことに対し
日本国民は、国葬によって
この国の道を進んでいく、という
意思表示をしたからこそ、
その後も、日本は自立から復興への道を
突き進んでいけたのだと思います。

安倍さんの功績を

「日本の憲政史上最長」とか

長さで捉えても伝わらない。


何を残したか、残そうともがいたか。
血を吐くような苦しみの中で
それでもあきらめずに、
国の未来を思ってやってきた意思を
私たちは振り返って、
国民一人ひとりが、

その意志を受け継ぐ覚悟をもち

前に進んでいけるように。


それが国葬の果たす役割では
ないかと思うのです。

もしも、今、私たちが国葬をしない、
という選択をしたなら、
それは未来に続く国の損失に
なるやもしれぬと危機感を感じます。

国葬中止は、わが国の分断を
世界に示すことになり、
もしも悪の枢軸みたいな国があったら
日本の弱点をここぞ、とばかり
突いてくるでしょう。
日本の分断は、わが国の崩壊さえ
招きかねない事態です。

それは勘定論を超えた

この国の危機です。


未来からきた現代人の視点で、
考えて欲しいと思うのです。
この先にいる未来人から
「あの時からこの国は、、、」
と非難されないように、
いま、冷静な歴史観が必要です。

以前、出雲大社相模の草間宮司から、
「中今(なかいま)」
という言葉を聞きました。
それは、私たちは過去~現在~未来という
時空の中にある、いまを生きており、
だから、歴史と未来を大切にせよ、
というお話で、
森をつくる植樹活動をされていました。

中今を生きる私たちは、
未来を大切に想う気持ちが
なければ。


横浜駅で三原じゅん子参院議員の応援をする安倍晋三元総理。2022/7/6 最後にグータッチしてくださいました。