さつきです。

 

大阪に来ています。

 

介護ネットワーク交流会に

参加してきました。

 

どんなものか、内容はわから

ずにとりあえず来てみた。

 

仲間が参加すると聞いてね。

 

特に誘われてなかったけど(笑)

 

埼玉県で介護支援専門員協会理事の

方が講師で話をされていました。

 

そこは、市町村事務受託法人の指定を

受けていて、最近、区分変更の申請が

かなり増えているということでした。

 

埼玉県の一個の市でのはなしだけど、

この状況は、全国共通。

 

どの市町村においてもコロナで自粛を

強いられ、在宅高齢者は家に引きこもり

 

筋力低下、認知機能低下、うつ状態に

なり、区変が増えたと。

 

この状況、尊厳保持が保たれていない。

 

感染を防ぐために自粛して、そのために

別の問題が発生する。

 

そっちのほうが重大な問題かもしれない。

 

だからといって、どんどん外に出て引き

こもりを防ぐほうがいいか…

 

わからない。

 

やり直しができないから…

 

が、

 

自粛して、引きこもって、筋力低下して

認知症状が出て、鬱にもなって…

 

今は、高熱が出ても病院にもかかれない

という。

 

保健所に回されて、自宅療養してください

 

と言われる。

 

自宅療養になるのか…。

 

療養という名の放棄じゃなかろうか。

 

高齢者さんだけじゃなく、弱者といわれる

人たちは、

 

自身の生き方・日々の生活(何時に起きて

何を食べて、どこにいくか)を

 

自己決定できないでいる。

 

そのことを不満にも疑問にも思わない

のかもしれない。

 

せめて、自分の行く末、今日の夕飯は

自分で決めたい。

 

あなたが決めよう!

 

ではまた。

 

ありがとうございました。

 

さくらさつき