伊豆高原「怪しい少年少女博物館」のブログ

伊豆高原「怪しい少年少女博物館」のブログ

レトロで可愛くて気持ち悪い。伊豆高原「怪しい少年少女博物館」の展示品などを紹介します。



 

 

怪しい少年少女博物館の2階右手奥に展示をしている荒俣宏の奇想秘物語 陰陽妖怪絵札 陽の巻の笙鬼のフィギュア。古くなった和楽器の笙が付喪神となったものです

 

頭に被った三角帽子のようなものが竹で出来た楽器の笙で、これが本体と思われますが、ずいぶん派手に化けたものですね

 

 

IMG_20200504_184846397.jpg

 

 

笙鬼の顔に向かってやや左側から見た所。顔は天狗のように鼻が高くなっています。手には浄化の力があるとされる仏具の錫杖を持っています。ボトルキャップタイプのフィギュアです

 

 

IMG_20200504_184846761.jpg

 

 

翼のはえた天狗が背高の変った頭巾を被って、でかい錫杖を持っているようなアピアランスです

 

 

IMG_20200504_184847190.jpg

 

 

背後から見た所。高さ約5.5cm、幅5cm、奥行き5cmと小さいサイズながら精緻な出来で、さすが海洋堂製です

 

 

IMG_20200504_184847988.jpg

 

 

顔の正面に向かってやや左側の下方から見た所

 

 

IMG_20200504_184848603.jpg

 

 

右側の下方から見上げた所。オーバーデコレーションで、この角度から見ると なんかコミカルに見えます。土台の底面は赤くなっており、©️KAIYODO 2002の刻印が入っています

 



 

上方から見下ろした所

 


 

 

上方の背中側から見た所

 

 

IMG_20200504_184847561.jpg

 

 

翼の造形がなかなかです

 



 


 笙鬼のフィギュアを展示している辺りの様子。この写真の中央やや左側に展示をしています

 



 

 

このフィギュアのもとになった百鬼夜行絵巻 真珠庵本に描かれた笙の付喪神。16世紀 室町時代の制作で、土佐光信の作とされています

 

こちらの体色は赤ではなく、緑色になっています。顔は天狗と言うよりバクのような動物っぽいです。上を見上げた様子で描かれていますが、何だか楽しそうですよね?


 

笙鬼 ( しょうのおに ) ってどんな妖怪?

 

百鬼夜行絵巻等に描かれた笙の付喪神で、雅楽で使われる和楽器の笙が時を経て魂が宿り化けたものです。真珠庵本に描かれたものは、金銅( こんどう ) づくりの仏具の錫杖でジャラジャラと音を立てながら歩きまわる姿で描かれています

 

このフィギュアに付けられた解説には、絵姿からもう少し解釈を広げて次のような説明がされています

 

笙鬼は、からす天狗の姿に化けることも多い。みやびな雅楽で吹かれる笙が、俗っぽい舞の伴奏に使われ続けると、ある夜突然竹の管がバラバラになり妖怪に変化する。金輪 ( こんりん ) を振ってジャラジャラ騒音を出し、眠りを妨げる妖怪となる。ゆめゆめ楽器を侮ることなかれ

 

 

今年はツツジがよく咲いたけど・・・

 

 


 

 

上と下の写真は怪しい少年少女博物館の駐車場脇に咲いたツツジ

( 令和2年4月30日撮影 )

 

今年は例年GW中に開かれる小室山公園の つつじ祭りも中止となってしまいました

 


 

 

今年は花がきれいで、いつもより良く咲く気がしませんか ?
 

自粛で大気汚染が減り、太陽光が良く当たる為でしょうか?それとも花を見る時間が増えたから、そう感じるだけでしょうか?

 

澄んだ青い空を見ても、きれいな花を見ても、今は気分は あまり上がってきません。街が活気を取り戻し、花を楽しい気持ちで眺められる日が早く訪れますよう 心から願っております

 

 

営業再開のお知らせ

 

コロナ対策の為に休館していた怪しい少年少女博物館と姉妹館のねこの博物館と まぼろし博覧会は令和2年5月23日( 土曜日 ) より対策に配慮しつつ営業を再開させて頂きます

 

 

次回も妖怪やお化けの話が続く予定です

 

次回の更新は6月9日頃の予定です