抵抗しない、判断しない、執着しない | こころの軸と自己成長力を高める成幸法則365 成長心理学プロコーチの人間力を高めるコーチング
2013年11月04日

抵抗しない、判断しない、執着しない

テーマ:考え方

こんにちは。
成長心理学のプロコーチ・アクシスエボリューション田中伸一です。



私が心掛けていることの一つに

「抵抗しない、判断しない、執着しない」

というのがあります。

(どこまでできているかは別ですが・・・^_^;)

先日、ある公的機関の窓口に申請書類を持って行った時のことです。


イレギュラーな内容だったので、

事前に電話で担当者に確認して書類を作成し、
持って行きました。

すると、

電話とは別の担当者が対応されて、

私が持って行った申請書類は、

「規定通りではないので受け付けられません」と言われ、

私が「電話で事前に確認したんですが」と言うと

イライラした感じで困っている様子でした。

その後、

「上司に相談するので」と一端奥に下がられたんですが、

担当上司が不在のようで、

「書類は一端預かりますが、多分受け付けできないと思います。

一応、明日確認して電話しますので」という返答をもらいました。

昔の私だったら、

事前に電話で確認して作成した書類なので、

受け付けられないと言われると、

「抵抗する」気持ちが起こっていたと思います。

でも、その時は、第三者的な感覚で、

「受け付けられないのか」

「明日の連絡を待とう」

「もしダメならそういうことだったんだな」

「もし大丈夫ならそういうことだったんな」

と執着心もなく、そのまま相手にゆだねる気持ちになっていました。

翌日、電話があり、「書類は受付可能でした」と。


書類の受領書をもらいに、再度窓口に行くと、

その担当者が大変申し訳なさそうに私に対応してくれました。


その時の私は「あぁ、大丈夫だったんだ~」という感覚と、

担当者の昨日とは反対の対応にありがたさを感じました。


少し成長した自分と、

「抵抗しない、判断しない、執着しない」=「ゆだねる」
ことの心地よさを実感しました。(*^_^*)


ブログを読んでいただきありがとうございます!

皆さまに、すべての良きことが向かっています!!



◆無料相談・お試しコーチング受付中◆
6つのステップで“ぶれない心”を磨きあげる!
【90日間超実践トレーニング&コーチングプログラム】


アクシスエボリューション田中伸一の人間力・コミュニケーション力・コーチングの最新版セミナー情報はこちらです。


田中伸一@魂のコーチングさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス