短期帰国して少し新潟県の十日町 松之山温泉方面へ


蛍の飛翔が見頃で デジタル写真では比較明合成といって同じ場所で何枚も撮ったものを合わすのですがこの夜は数百匹が乱舞するので一枚でこれだけ映ってます。


過去 見た中ではトップ3に入るくらいの飛翔でした。


まだまだ撮りたいけど

要件あり日本へ短期帰国なので数日の滞在で新潟県は出ます。







キャンパーの改装をコロナ始まりに始めてもう4年

家と同じで住んでれば傷もついてくるものです


そこで

カナダといえばメープルなのでメープルの木の板を切って白く塗って仕上げてたテーブル板の修理を。


テーブルの塗装とコーティングを落とすのでこの電動ヤスリを使います。

手で紙やすりでこすると一生終わりません。


一応削られた粉は機械の集塵袋に入っていくのですが

それでも細かくて吸ったり目に入ると体に非常に悪そうなのでここで本当は使用するN95の工事用マスクに工事用メガネをして作業服を来て作業。




老眼鏡ではありません。(よく上記読んでください。)



だいぶ塗装が取れて木の模様が出てきたところ




こんな機械です。 

ヤスリの目の粗さはマジックテープでペーパー式なので張り替えると変わるのです。



そしてキャンパーに戻してみたところです。


木目がそのままだとコーヒーをこぼすとシミになるので

やっぱり何か塗り直そうか

カバーをかけようか悩み ボリビアへ初めて行った15年前に買った風呂敷き代わりに荷物をくるんでた布があったのでそれを敷いてみることに。

室内の模様と合ってないので

塗りたい色を見つけたらまた塗ります


しばらくはもう行けないボリビア風で。

















これは昨日 5月12日撮影した桜:でやっと満開

バックは黒姫山です。これが今年最後の桜になりました。


日本でも見えたと言われるオーロラは2日前に黒姫山が見える展望台スポットに行ってみましたが結果撮れず。

ホワイトホースにいたら見えたかというと現在極地は白夜で星が一つもみえないのでオーロラも見えてないと思います。

南のバンクーバーやアメリカのシアトル付近では白夜にならず暗いし北緯49度あるので(稚内より北)なので友人 知人がすごいオーロラ写真をスマホで撮ってました








































2024年9月にまた4名ずつの少人数ですが

紅葉とオーロラ撮影の旅を開催することになりましたのでお知らせです。

 

2本あります。

1本目 今まであまりなかったトゥームストン州立公園でのツンドラ紅葉とオーロラ撮影

ドーソンシティ4連泊

 

2本目 世界遺産クルアニ国立公園で日中は紅葉夜は水に映るオーロラ撮影

天候が良ければアラスカとの国境手前まで行きます。

カナダ最高峰マウントローガンを見る飛行観光オプション可能です。

クルアニ国立公園 5連泊

 

 

最近はスマホでも綺麗にオーロラが撮れるようになりましたので

スマホだけの方も参加できます

 

 

日程

9月1日 夕刻ホワイトホース集合 ホワイトホース泊

9月2日 ホワイトホースからドーソンシティへ540km陸路で移動。

夜はドーソンシティ近郊でオーロラ  ドーソンシティ泊

9月3日 夕刻よりトゥームストン州立公園へ紅葉撮影とそのままオーロラ撮影

ドーソンシティ泊

9月4日 夕刻よりトゥームストン州立公園へ紅葉撮影とそのままオーロラ撮影

ドーソンシティ泊

9月5日 トップオブザウワールドハイウェイの紅葉撮影 夜は翌日が長距離運転のためドーソンシティ近郊で

オーロラ撮影 ドーソンシティ泊

9月6日 ホワイトホースへ540km陸路で移動 ホワイトホース泊

9月7日 早朝便で帰国のためホワイトホース空港へお送り

 

 

9月8日 夕刻ホワイトホース集合 ヘインズジャンクションへ160km移動 夜は水に映るオーロラ

ヘインズジャンクション泊

9月9日 日中紅葉撮影 夜は水に映るオーロラ ヘインズジャンクション泊

9月10日 日中紅葉撮影 夜は水に映るオーロラ ヘインズジャンクション泊

9月11日 日中紅葉撮影 夜は水に映るオーロラ ヘインズジャンクション泊

9月12日 日中紅葉撮影 夜は水に映るオーロラ ヘインズジャンクション泊

9月13日 午後ホワイトホース移動

9月14日 早朝便で帰国のためホワイトホース空港へお送り

 

 

定員:各4名 程度

1本目から連続参加可能。

 

参加価格:どちらも同じ価格で毎年のカナダはインフレに関わらず2023年度から据え置き。

4,890カナダドル プラスカナダユーコン消費税5%  2人一部屋の場合の一人当たり

シングル部屋希望は1本あたり500カナダドル

 

含まれるもの:

ホワイトホース空港指定便にて到着、帰国の空港送迎からツアー中の行程内の車両、交通費代など

期間中の宿泊

期間中 谷角同行、写真と映像の質問無制限 

 

※但し全て1人で皆様の面倒を見ますため

体調不良、事故などにより当日他の日本語ガイドに交代の可能性もあります。

 

 

含まれないもの

ホワイトホースまでの航空券

各自でマイルやインターネットよりご購入ください。

 

食事:各自

 

参加にあたっての注意点

 

注意:

1、トイレについて

夜のオーロラ撮影はトイレがほとんどありません。

「野」でしていただくことになってしまいます。

夜は真っ暗で何も見えませんが日中は茂みを探して隠れるしか手がありません。使用後の紙は持ち帰らないといけません。

 

2、寒さについて

8月末の夜のトゥームストンは世界で一番紅葉が早い場所でこの時期ですでに夜は気温が一桁前半または霜が下りることもありますのでご自身の防寒具で耐えれる方。

 

3、熊について

トゥームストンとクルアニ熊が出てくる可能性ありますので撮影中は常に意識しててください。こちらは警備員ではありませんので常に熊さんを見てません。

 

4、車内

車の席は広い 狭いがありますので席は交代でお願いします。助手席は抽選で全員が旅中に一度は当たるようにします。

 

 

旅行主催:クロンダイクカヌーイングレンタル 

過去 北極海ツアーを手配いただいてた20年以上続くホワイトホースのツアーオペレーターです。

 

 

以上よくお読みいただいた方は 全て間違いなく記入の上申し込みください。 

4月19日 9時から先着順でこのページ下部にフォームが出ますのでそちらから入力ください。

一度の2名分(ご夫婦、お友達など)の申し込みOKです。

 

また本当に行きたい方の席を確保するため とりあえず的申し込みはされないように

行くかどうかよーく考えてから申し込みください。

 

時間前に申し込まれると残念ながら頑張って入力したにも関わらず無効になってしまいますので

フライング申し込みなされないようお願いします。

 

 

 

申し込みフォーム