「家は、空調。」セカンドチャンネル
「家は、空調。」メインチャンネルはこちらです(・∀・)

これまでに注文住宅を四軒建てた経験をブログで発信しております。
一軒目は中規模ハウスメーカーの低気密低断熱住宅、二軒目は地場工務店によるQ1住宅、三軒目は一条工務店i-cube(さらぽか空調)、四軒目は一条工務店のi-smartⅡの平屋です。

申し訳ございませんが、現在のんびりと1人でやっております。
でも、このブログを誰かが読んでくれて何かの役にたてばいいなーと思ってます(笑)
  • 14Mar
    • 狭小住宅のQ値とUA値は比例しないの画像

      狭小住宅のQ値とUA値は比例しない

      計画中の床面積が6畳の小屋の性能を計算してみました。ホームセンターなどで簡単に手に入る材料だけで建築するコンセプトですが、天井 H16KGW 200mm(桁上断熱)壁  H16KGW 89mm床  H16KGW 200mm(付加断熱)換気 ロスナイ(74%熱交換)窓  木製単板ガラス+ツインカーボ二重内窓計算結果を見て、UAに比べて、Q値が悪すぎると思われた方が多いのではないでしょうか?平屋で床面積が小さいということは外皮量がMAXなのでUA値は当てにならないことを知っている人は多いと思います。どんなに小さい家でも天井高さはだいだい同じであり、そうなると床面積に対する外壁量は狭小住宅ほど多くなります。そうなると、狭小住宅より大きな家の方が省エネだと誤解する人がいると思いますが、そうではありません。家が広い分、冷暖房エネルギーは増えます。では、平屋の場合はQ値を基準に考えるべきかというとそうでもありません。床面積が小さいと例えフェノールフォームの200mm断熱にしてもQ値はそんなに下がりません。家が小さい時は、Q値やUA値をみると意味がわからなくなります。家が小さければQ値が悪くても冷暖房エネルギーの総額は少ないということを忘れてはなりません。平屋の場合はUA値に囚われずにQ値を使おうという話は一般的な床面積の住宅では理解できますが、狭小住宅では当てはまらないこともあります。家の性能数値は重要ですが、短い家作りの期間でその使い方まで理解するのは難しいでしょう。UA値やQ値は色々な住宅を比較する時の数値であって特殊な建物には当てはまりません。そういった場合は基本に戻って、冷暖房エネルギーの総額で考えましょう。私の小屋では1℃室温を上げるために23W必要であると計算されますから、(室温22℃ ー 外気温▲5℃)×23W=391W319Wの暖房エネルギーなら小型の薪ストーブで足りると思います。▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D エー・アンド・デイ AD-5687 温湿度計 みはりん坊W [デジタル][AD5687]2,400円▼私の楽天ROOMです。面白いものありますよ!▼メインブログです! エアコン1台全館冷房に興味ある方はご覧ください。▼インスタもやってます!フエッピー (@fueppi4649) • Instagram photos and videos2,528 Followers, 0 Following, 385 Posts - See Instagram photos and videos from フエッピー (@fueppi4649)www.instagram.com

    • ハイブリット国家感・ハイブリッド経済政策の画像

      ハイブリット国家感・ハイブリッド経済政策

      本日は政府の経済政策について連れずれなるままに書きます。我が国の不透明な住宅市場を再生するためには実は政府の経済政策とマスコミの話は避けて通れないと私は思っています。私の発信する情報は家作りの核心に遠ざかるようで近づくものだと考えています。さて、政府の経済政策については、伝統的な税収以内で予算を編成する緊縮財政理論と、金融緩和を重視するリフレ派、財政出動を重視するMMT理論とあります。ただ、緊縮財政は実際にデフレを招いているため主流派の経済理論には欠陥があることは間違いないと思いますが、それでは何が正しいのか意見が分かれるところです。どうして、こんなに意見が分かれるのか?つまるところ、人は白か黒かしか理解できないのではないかと思うのです。複数の理論を状況に応じて組み合わせることは難しいのか。根本は国家感の問題でしょう。失業者や企業倒産を当然だと捉える自己責任の自由経済を重視するのか、失業率や企業倒産を抑制する政府を求めるのかの違いでしょう。皆さんは民間にできることは民間にやらせようという「小さな政府」と何でも間でも政府が推進する「大きな政府」のどちらを期待しますか?私は状況に応じて両方の使い分けを期待します。つまり、各政党の経済政策におけるマニュフェストは状況に応じて政策が変わることまでを事前に宣言すべきです。私は民間の経済が拡大しているときは失業や倒産を許容する自由主義で、民間の経済が縮小している時は、政府が公共工事を行い失業や倒産を抑制すべきだと思っています。つまり、私は可変経済理論が正しいと思います(こんな言葉はないと思います)。状況に応じて政策が白になったり黒になったりすることが出来れば国民がもっと幸せになれると思いますが現実的には秀才と言われる人にはこれが理解できないようです。まさに、天才と馬鹿は紙一重ではあるものの、日本を支える秀才たちは個々にガラパゴスな話は得意でも、全体を統合するハイブリッドな話は苦手なのだと思います。・各個人の国家感の違いが議論をややこしくしています。一般的には以下のように、結局は小さな政府(自由経済)か大きな政府(社会経済)を好むかの違いでしょう。リフレ派とMMT理論は金融緩和までは認識が一致していますが、国家感が違うと感じます。極端にいうと以下のような分類になるでしょう。リフレ派 → 小さな政府、自由経済、公平、自己責任、資本主義、民主主義MMT理論 → 大きな政府、統制経済、平等、連帯責任、共産主義、独裁主義資本主義は自由な反面、行き過ぎれば失業者が増えて自殺率の増加しても見殺しにします。一方で共産主義は自由経済が発展しずらく、独裁者による虐殺が発生しやすいです。状況に応じて、資本主義と共産主義を切り替える若しくは、両方を使うというハイブリット国家感やハイブリッド経済政策というものが一般に認知されれば良いと思います。昨今の自動車だって、ガソリンでエンジンを動かしたり電力でモーターを動かしたりと、状況に応じてハイブリッドになっているものはありますよね。家作りでも、コストを含めてデザインや性能のどちらを取るかなんて視野の狭い話がありますが、ハイブリッド化して両立させるという発想をする人が多くないのかもしれません。環境変化に応じて万能なものは世の中には少ないと思いますので、どんな状況にも対応できるハイブリッド化は色々な分野で必要だと思います。経済政策はもしかしたら非常に簡単なのかもしれませんが、日本を支える秀才と言われる人達にはこれが理解できないのだと思います。白か黒かという二元論の方が分かりやすい、ということでしょうね。経済政策の目的は失業率の低下なのか、どうかで意見は分かれますが、私は国家は状況に応じて政策を可変させるべきだと思っています。アクセル(インフレをさせる) 公共投資 → 民間経済が冷え切っているとき(失業率上昇を抑制する) 金融緩和 → 民間経済が冷え切っていないとき(失業率上昇を抑制しない)ブレーキ(インフレを抑える) 個別増税 → バブルになっている分野だけの税金を上げる(土地や株式など) 消費税  → 経済全体を冷え込ませるため消費税はゼロが望ましい若干のインフレが正しい経済政策であることは間違いないですし、無税国家はインフレ率が上がり過ぎるためこれもまたないでしょう。公共投資=悪といった誤解は公共投資にムダ使いが多かったからで、民間経済が落ち込んだ時にすら公共投資を増やせないというおかしな現象が起きています。子供(民間経済)が疲弊している時に親(政府)が資金援助(公共投資・大きな政府・連帯責任)しない方が良いと言っているような話です。親に頼ると子供は自立できなくなるという話は理解できるものの、子供が餓死してまで親は支援しないのであれば、国家や家族は意味をなさなくなります。このような話が小学生や中学生の授業で教えられると良いなと思いますが、状況に応じて政策を変動させることを含めた教育ができるのか?難しいとことです。財政規律の指標をプライマリーバランスからインフレターゲットに変更すれば、ハイブリット経済政策に近づくことができると思います。ただ、どの程度のインフレ率や民間の生産力になったら政策を変えるのか計算が明確にできないため、主流派の経済学はMMT理論やリフレ派を否定しています。これについては学問的な正しさと目の前の実務を担当する人では正解が違うからでしょう。そして、何が正解だと思うかは各個人の国家感の問題だと言えます。・MMT理論の誤解として、政府は貨幣を無限に発行できるとありますが、これは事実誤認です。インフレターゲット(2%程度)まで発行できるということが正しい理解でしょう。無制限にお金を発行するということを防止するには、政府の財政規律がプライマリーバランスから、インフレターゲットに変更する必要があります。つまり、インフレターゲットを設定して、民間需要が増えれば金融緩和を行い、民間需要が伸びない場合は公共投資などの財政出動を行うということです。そして、バブルが発生した場合は、バブルが発生した分野の税率を引き上げてインフレを抑制する。決して消費税のように経済全体に課税して景気を冷え込ましてはならない。ただ、消費税は徴税しやすいため財務省が消費税を増やしたい気持ちはわかります。本来は所得に応じた所得税の課税で調整することが望ましいですが所得税は脱税をする人が多いため消費税を増やさざる得ないのでしょう。マイナンバーの利用が普及して個人の所得などが明確になれば消費税は必要なくなって、所得税を累進課税でしっかり徴収すれば公平な世の中に近づくと思います。・ただ、マイナンバーの利用拡大を好まない人は多いです。自分の個人情報が漏れる事を極端に嫌がる人が増えていますが、私はもう情報化社会で個人情報をクローズする方が無理だと思っています。そして、個人が所得税を誤魔化す限り、消費税が増税されて経済全体が冷え込むという現象の繰り返しは避けられません。消費税は必要ない。ただし、それには個人のお金の出入りについての情報の開示が必要だと思います。▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D エー・アンド・デイ AD-5687 温湿度計 みはりん坊W [デジタル][AD5687]2,400円▼私の楽天ROOMです。面白いものありますよ!▼メインブログです! エアコン1台全館冷房に興味ある方はご覧ください。▼インスタもやってます!フエッピー (@fueppi4649) • Instagram photos and videos2,528 Followers, 0 Following, 385 Posts - See Instagram photos and videos from フエッピー (@fueppi4649)www.instagram.com

  • 08Mar
    • 小屋の空調について悩むの画像

      小屋の空調について悩む

      忘れてしまいそうなので、小屋の換気装置を備忘録として書いておきます。山の中の小屋なんだから、空調なんて窓を開けて換気をすればいいじゃないかいう声が聞こえて来そうですが、クマが出る可能性があるので窓開け換気は無理(; ・`д・´)クマがでなくても、サルや鹿などは良く見るので、食べ物目当てで進撃されてくる可能性があります。(出典:環境省)大自然の中では、「家は、要塞。」です。虫などが家の中にいるなんで、都市部では笑い話で済みますが、スズメバチの巣窟の中に家を建てるようなものなので、家に隙間があると困るのです。そうだ、これまでの家作りで空調で出来なかったことを全部やろう!冬にやりたい事・薪ストーブを設置するため一種か二種換気とする・外壁に黒い金属板を設置して、集熱装置を作る夏にやりたい事・ファンを使わない温度差でのパッシブ換気・カビの発生を抑制するために湿度をどうするか?えー、1つの小屋で冬と夏にやりたいことを両立させようとすると、すごい難しいです。▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D エー・アンド・デイ AD-5687 温湿度計 みはりん坊W [デジタル][AD5687]2,400円▼私の楽天ROOMです。面白いものありますよ!▼メインブログです! エアコン1台全館冷房に興味ある方はご覧ください。▼インスタもやってます!フエッピー (@fueppi4649) • Instagram photos and videos2,528 Followers, 0 Following, 385 Posts - See Instagram photos and videos from フエッピー (@fueppi4649)www.instagram.com

  • 07Mar
    • 小屋作りに悩むの画像

      小屋作りに悩む

      今日は確定申告の作業から現実逃避するためのポエムです。確定申告の閉め切りが3月から「申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限を令和3年4月 15 日(木)まで延長します」とのことでさらに現実逃避しています。テーマは妄想中の小屋作りです。もう、寝ても覚めても小屋の事で頭がいっぱいでござる。私は田舎の山の中に安い土地を購入しています。現在は送電線工事のために貸し出していますが、土地が帰ってきたら小屋を建てようと思っています。自然素材が好きな建築家はとかく量産の工業製品を否定しますが、私は性能の良い家を量産するには工業製品がなければ不可能だと思っています。だから自然素材推しが強すぎる建築のプロの情報を見ると、この人は国民全体のことを考えておらず、自分の商売や嗜好しか考えていないと思えてしまうのです。ただ、自然素材の経年劣化や味わいなど経験してみないとわからないこともあるので、小屋作りでは徹底的に内外装は自然素材に拘りたいと思います。現状で叶えたい項目は以下の感じです。・2名の宿泊生活ができること・10m2以下の小さな小屋(6畳サイズ)・ツーバイフォー工法・屋根は透湿ルーフィング二重張り・防腐と防蟻にはこだわる(加圧注入材とホウ酸処理の併用)・内外装は基本的に自然素材(無垢材、しっくいなど)・建物と窓の配置は日射熱と景観を両立させる・できれば窓は開けたくない(花粉やホコリ対策)・夏は24時間除湿したい・オフグリッド(太陽光パネルでの自家発電のみ)・薪ストーブを設置(料理ができるロケットストーブでかつペレットでも使える)・太陽熱を利用する暖房(OMソーラー的な)・太陽熱温水器を設置する・井戸を掘る・お風呂は外に露天風呂・トイレはバイオトイレ・生分解性プラスチック製の食器や生ごみ回収袋を採用・防犯性を備える(田舎でも高額な機材は盗まれる)・断熱性能はG1程度・気密は徹底的にやる(気密測定はしたい)建設地は都市計画区域外にあり地目は山林なので10m2以下であれば建築確認申請は不要です。そして、今回のコンセプトは極力「ノーコンクリート」・「材料ノーカット」です。将来、息子に迷惑を掛けないように建物を簡単に解体できる作りにしておきたいのです。そして、可能な限り材料をカットしない超簡単な建て方を模索します。その中で、高気密高断熱住宅かつ、デザインと景観に優れたローコスト小屋をどう建築するのかという無理ゲーです。ノーコンクリートで困っているのは建物の基礎です。素人なのでコンクリートを流し込まずに建物の水平を出せる気がしません。そして、建物の不同沈下。どんな基礎にしようか。断熱気密だけでなく、シロアリ対策や床下水浸も考えなければなりません。現状では建築基準法に適合してない気がしますが、二案で迷っています。・全面土間床+基礎断熱(水浸が怖い)・コンクリート束石+床断熱(建物の水平が取れるのか)床断熱が有力ですが、最初から沈下や傾きが発生する想定で単管のジャッキベースに建物を乗せてしまおうかと考えています。そして次の悩みは建物の大きさと高さ。ホームセンターで売っている建材はサブロクといって3尺✕6尺(910✕1820)が基本です。このサイズを中心に建物を設計しないと材料のカットが発生してしまいます。ツーバイ材は3尺(910)・6尺(1820)・12尺(3640)が基本なので、この組み合わせで10m2の床面積の間取りを考えると、以下となるでしょう。・床は9尺✕12尺(2730✕3640)の9.9m2・軒の高さは1820か2730か3640軒の高さが3640だと高すぎて工事が怖いので、1820か2730が妥当でしょう。ただ、軒の高さを1820にした場合は屋根断熱にして天井勾配にしないと天井高さも1820になってしまうため、私は頭を天井にぶつけてしまいます。そうなると2730天井が最適な気もしますが、工事の手間が1.5倍に増えます。具体的には一条工務店の合理的な工法を参考に1820✕910のパネルを足場の良い自宅のガレージでまとめて作って現地に運んで組み立てていこうと思っています。軒が1820の高さだと屋根の小屋組みだけすれば良いので楽そうですが、屋根断熱で天井の懐がないため、空調設備の設置が難しくなります。軒の高さ1820+910のパネルを組み合わせて2730とすれば、天井高さを2100確保して屋根断熱ではなく天井断熱となり工事が楽ですし、天井ふところの630が断熱や空調の配管空間として利用可能になります。室内は防湿シートを貼るべきか透湿シートを貼るべきか、どの位置に断熱ラインと気密ラインをもってくるか悩みは尽きません。小屋に常時人がいる訳でもないため、夏は除湿をしないと換気扇を回しているだけでは部屋中がカビやダニだらけになるでしょうから、エアコンの24時間稼働は必要でしょう。山の中で電気もないから窓を開けて換気をするだけで夏を過ごすという考え方もあります。一年中、花粉が飛び散っている山の中なので、花粉症を発症したらアウトです。ただ、6畳の部屋に6畳用のエアコンを設置して24時間稼働すれば、寒いしうるさいし不快にな空間になることは間違いないでしょう。ただ、問題なのはオフグリッドの太陽光発電+市販の充電池だけで24時間エアコンを運転することができるのかという点です。車のバッテリーは容量は小さいです。家庭用のエアコンでは6畳用より小さいサイズはなく、スポットクーラーでも200W程度の消費電力のものしかありません。一日に必要な消費電力を計算するとエアコンに必要な電気=24時間×200W=4.8kWhうーん、中古でリーフだと30kWhぐらいの蓄電容量があるそうですが、V2Hで電気を家庭用に取り出すのに70万円ぐらいの装置が必要そうなのでコスパが、、という感じで、確定申告の作業から逃げるために小屋LIFEの妄想をしています( ノД`)▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D エー・アンド・デイ AD-5687 温湿度計 みはりん坊W [デジタル][AD5687]2,400円▼私の楽天ROOMです。面白いものありますよ!▼メインブログです! エアコン1台全館冷房に興味ある方はご覧ください。▼インスタもやってます!フエッピー (@fueppi4649) • Instagram photos and videos2,528 Followers, 0 Following, 385 Posts - See Instagram photos and videos from フエッピー (@fueppi4649)www.instagram.com

  • 17Feb
    • うっせぇうっせぇうっせぇわの画像

      うっせぇうっせぇうっせぇわ

      こんばんは!本日は話題のAdoさんの曲「うっせぇわ」の歌詞について考察いたします。とても面白い曲であり、まだこんな会社あるのかなと思わされる曲でした。私も若い頃は相当に尖っていました。周りの仕事のできない年寄りはさっさと仕事を辞めろと思ってました。しかし、何年も管理職をやって考えは変わりました。なぜなら、その人達を含めて自分が面倒をみなくてはならない立場になったからです。そして、若い人は会社員は社畜というような固定観念を持っている人が多いと思いますが、私は年功序列ではなく能力主義で組織を運営しています。珍しいのかな??なので、日々のあいさつや飲み会の参加などどうでも良くて、逆にアウトプットが継続的に足りなければ遠慮なく降格させます。機会の平等は必要ですが、結果は平等ではありません。ビビッて部下全員に平均的評価を付ける上司もいますが、それは頑張った人への背任行為だと私は思っています。そして、がむしゃらに頑張ってもアウトプットは出ないので、どれだけ工夫して頑張るかが重要ですね。さて、この手の歌は若さゆえの感覚であって、実際に自分が管理職になるとまったく物の見え方がかわると思います。それでは、若い時に尖りまくっていた私の現在の心境を踏まえて歌詞を見てみたいと思います。 最新さいしんの流行りゅうこうは当然とうぜんの把握はあく 経済けいざいの動向どうこうも通勤つうきん時じチェック 純情じゅんじょうな精神せいしんで入社にゅうしゃしワーク 社会人しゃかいじんじゃ当然とうぜんのルールです私は上場企業の管理職ですが、新聞はまったく読みません。はっきりいって新聞はでたらめだらけなので読む気もしません。そして、テレビをみるとアホになると思ってます。 つっても私わたし模範もはん人間にんげん 殴なぐったりするのはノーセンキュー だったら言葉ことばの銃口じゅうこうを私の会社ではハラスメントは大問題になるので殴るなんてありえませんし、言葉の暴力もありません。逆に言えば仕事ができない人は何も指導もしてもらえず降格処分になるだけです。簡単にいうと、ハラスメントが強調される時代であるため、正面から注意してもらえず、暗殺される時代なのです。昔みたいに良くも悪くも指導してくれる上司や先輩なんていない時代です。自分が成長するかしないかは自己責任です。ホワイト企業化には弊害がたくさんあって、他人に無関心になるのです。 クソだりぃな 酒さけが空あいたグラスあれば直すぐに注そそぎなさい 皆みながつまみ易やすいように串くし外はずしなさい 会計かいけいや注文ちゅうもんは先陣せんじんを切きる 不文律ふぶんりつ最低限さいていげんのマナーです私は自分のお酒は自分で注ぎますし、各自が好きなお酒を自分のペースで飲めばよいと思います。会計やサラダの取り分けも私がしますね。こんなことは若い人にはさせませんよ。逆に言えば仕事の成果しか評価されないので、宴会でなにかしても人事評価と関係ありません。しばしば好き嫌いで人事評価されているなんてことを言う人がいますが、本当に能力のある人は誰が上司でも評価されます。自分が評価されない理由を作りたいだけでしょう。本日はAdoさんの曲の歌詞を拝見しましたが、はっきり申し上げると私にとってはステレオタイプの昭和の古い話だと感じます。ただ、まだこのような会社はあるかもしれません。昔なら上司の太鼓持ちをしていれば評価された人も実力評価の時代ではむしろ困ってしまうと思います。そして、私は部下が窮地に陥る前に割って入るようにしていますし、部下の失敗を含めて仕事の責任は私に全部あります。これを親分肌と思う人もいると思いますが、役職者の当然の責務であり、時代に関わらずリーダーに必要な資質だと思います。しかし、部下と派閥を作るようなことには興味がないので、完全な実力評価をしています。私が管理職になって一番驚いたのは、部下が他のスタッフへのひがみや妬みを沢山いうということです。私はポストが空いてしまった関係から早くから管理職に抜擢されたため、人の出世をひがむとか良く分からないのですが多くの部下は他人の昇格をねたむようです。若い修行時代や出世の遅れている人は会社の仕組みがおかしいと思うようです。いえいえ、自分が実力不足なだけですよ。でもね、そういう人達の気持ちも大事です。これがいまの私の心境です。▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D エー・アンド・デイ AD-5687 温湿度計 みはりん坊W [デジタル][AD5687]2,400円▼私の楽天ROOMです。面白いものありますよ!▼メインブログです! エアコン1台全館冷房に興味ある方はご覧ください。▼インスタもやってます!フエッピー (@fueppi4649) • Instagram photos and videos2,528 Followers, 0 Following, 385 Posts - See Instagram photos and videos from フエッピー (@fueppi4649)www.instagram.com

  • 07Jan
    • 国の財政健全化の理由は憲法9条なのか?の画像

      国の財政健全化の理由は憲法9条なのか?

      今日は家作りではなく、国の借金についてです。このまま、借金(国債の発行増加)が増えれば日本は破産すると財務省は言いますが、景気を失速させてまで消費税を上げる理由が私にはわかりませんでした。ただ、最近しっくりくる理由が私の中で見つかったのです。それは、財務省が日本に戦争を起こさせないために、国の国債発行を抑制しているという考えです。つまり、憲法9条の精神に則って、財政規律があるのではないかという話です。そして、先進国の中でGDP比で国債(国の借金)が多いことについては、各国の状況によって経済を政府が主導しているか民間が主導しているかの違いでしかないと思います。重要なのは、国債の残高ではなく、デフレを起こさず、過度なインフレを招いていないかということだけでしょう。国の借金は実は無いという話があります。これは我が国の資本主義の経済を回す上で、経済を安定させ続ければ借金はないと言えますし、安定させるしかないのです。経済システムが安定しなかった場合にどうするのかという経済学者がいますが、そもそもこれは降りることができない安定させなければならないゲームだという前提に立たないと、意味のない話になると思います。ここで貨幣の正体について私の見解を少し書きます。日本では政府が直接貨幣を刷らずに日本銀行が貨幣を発行しています。日銀が国債を引き受けるとなると、最終的な会計の仕分けは以下のようになります。政府   政府小切手/国債日銀   国債    /日銀券政府と日銀は本来は国家として一体ですから、国債を相殺すると以下になります。政府小切手(つまりお金)/日銀券(つまりお金)日銀は本来政府から直接国債を引き受けられませんが、市場からは購入できます。では、なぜ日銀が必要かというと政府に国債を必要以上に発行してインフレを起こさせないためです。理論的には政府は過度なインフレーションを起こさない限り無限にお金を発行することができるのです。なぜなら、政府と日銀は本来は1つだからです。我々国民は税収から政府が財政支出(公共工事など)をしていると誤解していますが、税収がなくてもお金を刷ってしまえば良いのです。ただし、国の経済規模を超える量のお金を刷ってしまうと過度なインフォメーションが起きてしまうため、上限はあるわけです。一方、銀行もお金を発行できます。我々は銀行とは預金者から預かったお金を貸し出していると誤解しています。実は信用創造といって無から有が生み出されているのです。え?無からお金が生み出されるなんておかしいと思うでしょうけど、では皆さんがお持ちの貨幣(日銀券)の正体は、なんなのでしょうか?日銀券は兌換通貨(金などに交換できる)ではない、信用貨幣とは一体何なのかということがわかったようでわからないのです。私たちの貨幣に対する誤解は金本位制などの兌換通貨と現在のお金である信用通貨をごちゃ混ぜに考えているからでしょう。ビットコインなどの電子マネーがなぜ生まれるのか?それはその通貨で何かを買いたい(決済したい)という需要があればお金は価値を持つのです(お金が生まれる)。これは、我々個人にも言えることであり、自分が必要とされれば価値が付くということと全く同じで、これがお金に価値が付くことの正体でしょう。そして、お金の多くは現金ではなく、銀行の通帳上で動きます。つまり、世の中のお金とはもともと銀行預金という電子マネーが大半なのです。その電子マネーはいつ発行されているかというと民間の銀行から誰かがお金を借りた瞬間と、政府が公共事業を行った瞬間にお金が生まれているのです。つまり、需要(お金を借りたい)を表すものの正体がお金だったのです。民間からお金を借りたいという需要があって貸し倒れが多発しない限り、銀行が無限にお金を生み出せるのです。民間から発生する需要が銀行借り入れであり、政府から発生する需要が公共投資です。日銀券として出回る現金は少なく大半は電子マネーである銀行預金です。では通貨量とはそもそも何なのか?これは国の経済規模を表しているに過ぎません。経済規模が大きくなればお金の量が増えるというだけでしょう。国の経済規模よりお金の量が少なければお金を貸す側は金利を高くします。一方、お金の量が多ければ沢山の人に貸せるため、金利は安くなります。さて、ここでインフレーションとデフレーションについて書きます。デフレーション(物価下落)が起きれば、仕事を失う人が発生します。国家として国民を自殺に追い込むことなどあってはならないため、デフレーションは間違いなく悪です。一方、過度なインフレーションが起きれば日銀券での決済が円滑に行われなくなるため、経済取引が混乱して、これもまた国民の生活を脅かします。つまり、資本主義において、デフレーションは悪で過度なインフレーションも悪であるのなら、緩やかなインフレーションしか正解はないわけです。現在、政府と日銀ではインフレターゲット2%を掲げていますが、この水準に達するまで、民間需要増加もしくは政府の公共投資などを行うのは当然です。ただ、無限に政府がお金を刷って財政出動すれば過度なインフレーションを起こすため、逆に言えば過度なインフレーションを起こさなければ無限に公共工事はできます。我々は税収から公共投資などをしていると思っていますが、これがそもそも半分間違いで、お金が刷れる政府は税収がなくても公共投資できるのです。ただ、公共工事は将来の経済成長につながらないムダも生まれやすく、民間側で需要が起こる方が望ましいため、需要不足を公共工事で賄うことは少ない方が良いでしょう。そして、税収とは社会の経済格差を埋めるためにお金を再配分しているだけで、極端に言えば本来は国の予算とは関係のないものだとも言えます。国の予算は税収の中から賄うべきだと我々は教育されていて、税収が不足した場合に発行する国債は良くないといわれますが、そもそもそれが半分間違いなんです。ムダな公共工事は将来に経済規模を拡大させませんが、道路などの老朽化対策はどんどんやるべきだと私は思います。この辺りは、MMT理論という話があり、理解してしまえば当たり前のことだと思いますが、この理論を理解するには自分が客観的なのか主観的なので解釈が違うと思います。現代貨幣理論 - Wikipediaja.wikipedia.org例えば、主観的に住宅ローンを組む人は借金を返済し続けられるように努力すると考えますが、客観的に住宅ローンを組む人は借金を返せなくなったらどうするんだと考えるでしょう。住宅を買うかどうかは個人の問題なので良いですが、政府の財政出動はそれとは異なります。経済が安定しなければそもそも国民が不幸になるからです。国の借金問題を私たちの住宅ローンや家計の借金などと同じだと考えている時点でそもそも間違っているのです。これは財務省が印象操作しています。そして、自国通貨である円で発行する国債は政府がインフレーションを起こさない限り無限に刷れるため、国債は国債を発行して返済できることから返す必要がない借金です。よって、私は国債の正体は負債ではなく資本であり、国の経済規模がそれだけ大きくなったことを現わしているのだと思います。都合よくお金を刷っているのではなくて、経済の量を表しているものがお金というだけなので、お金の量は適正かつ、若干のインフレに誘導する量でなくてはなりません。簿記をやったことが分かる人は返す必要のある借金を負債、返す必要のない出資を資本と習うはずです。簡単にいうと仕分けは以下になります。現金/資本金(返さなくて良いお金)どうですか?無からお金が生まれているでしょう。国家には通貨発行権があり、貨幣は国の経済規模が大きくなったということを数値的に表しているだけです。そんな馬鹿な無からお金なんて生まれないよと思う人は目の前にある一万円札をみて無だと思いませんか?実は無ではくて国の生産力を表しているのがお金の量というだけなのです。政府は国の経済規模が大きくなるように、事前にお金を刷る訳です。そして、そのお金で色々な公共工事などが行われ将来の経済規模が拡大します。つまり、国の借金の残高は気にしなくて良いのです。経済がデフレーションを起こさず、過度なインフレーションを起こさない範囲で経済を操作した結果でしかありません。では、なぜ財務省は過度インフレーションどころかデフレーションを起こしてまで、国に借金をさせないのでしょうか?これが長年、私が疑問に思っていたことでした。最近、ある動画を見てピンとくることがありました。この答えは日本が借金(国債を発行)をして軍備を拡大しないように財務省が引き締めているというのです。それが戦後の大蔵省(財務省)の大きな役割であるというのです。こちらの動画の1:07:30秒あたりからその話があります。国の借金1100兆円の大嘘|山本太郎×三橋貴明【総集編】動画をご覧いただきありがとうございます!ぜひ、チャンネル登録、高評価、コメントをお願いします。チャンネル登録はコチラ▶︎http://dpweb.jp/38YouTube* * * * * * * * * * *れいわ新選組代表の山本太郎氏と三橋貴明がお届けする特別対談動画。政府の新型コロナ感染症に対する政策に対...youtu.beインフレターゲットまで政府はお金を刷って社会保障に使えば、消費増税をする必要はないのに、なぜそんなことをするのか、経済的にはまったくおかしな話です。世の中おかしな話が沢山あるなと思っているのですが、戦争を二度と起こさないための制御装置(財務省)が機能不全を起こしているのだと納得したのでした。では、なぜ財務省を変革できなのか?配下に国税庁を持っているので、政治家をすぐに脱税などのスキャンダルで更迭できるからと言われています。戦争を起こさないためには、政府の借金を増やさせずに経済が失速して自殺者や不幸な人を増やしてもやむを得ないのか。このシステムは果たして良いのか悪いのか。。そして、新聞やテレビを見ていると馬鹿になると言われるのは、メディアも国税局を配下に持つ財務省の意向には逆らえないからだと言われています。ただ、YoutubeなどのSNSの登場によって、我々はその中から真実を知る機会が生まれたとも言えます。もちろん、SNSの中にも間違いは沢山あるでしょう。情報を見る時に重要なことは情報を見る立場です。長期的な思想の机上の経済学なのが短期的に現実社会に対応する経済学なのかで答えは大きく変わるでしょう。財政として長期的に正しくても短期的に自殺者を増加してしまうような経済学は国家の経済学と言えるのか?私はこれには多いに疑問を覚えます。一方で戦争という大量の死者の発生を防止するために、地方を錆びさせ少数の国民を犠牲にしつづける経済学をまったく理解ができないわけではありません。本日はフエッピー式の経済学でした。恐らく、国債を資本だと言っている人はいないと思いますし、私は経済の専門家ではございませんので間違った解釈もあるかと思いますが、皆さんはお金の正体とは何かということについて、どう思われましたか?▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D エー・アンド・デイ AD-5687 温湿度計 みはりん坊W [デジタル][AD5687]2,400円▼私の楽天ROOMです。面白いものありますよ!▼メインブログです! エアコン1台全館冷房に興味ある方はご覧ください。▼インスタもやってます!フエッピー (@fueppi4649) • Instagram photos and videos2,528 Followers, 0 Following, 385 Posts - See Instagram photos and videos from フエッピー (@fueppi4649)www.instagram.com

  • 25Dec
    • 「いいね!」という安易な脳内麻薬の乱用による弊害の画像

      「いいね!」という安易な脳内麻薬の乱用による弊害

      本日は「共感」の害についてです。SNSでも「いいね」ボタンがありますが、それを得る事を気にしすぎると自分を見失うかも知れませんね。共感は重要ですが共感がないと凹むという状態になっては逆効果ですね。もちろん、共感で救われたという事はあるでしょう。ただ、麻酔と麻薬は紙一重です。痛み止めとして一時の共感の利用は良いと思いますが常用すれば依存してしまうでしょう。さて、若者を中心にメンタルが弱い人が昔より多いなと思います。共通して言えることは「モチベーションが上がらない」と言う人が職場で増えているということです。そのような特徴のある人と色々と話していると特徴があります。いい人を演じてしまい、相手の不当な要求がきても意見がいえず、自分で抱え込んでモチベーションが下がっているという現象です。そうなると仕事を抱え込んで処理ができず成功経験も積み上げることも出来ないため、仕事を回す能力が向上せず、理想の自分になれずに悩んでしまうのです。もっと失敗したらいいのにと私は思います。失敗しないと経験値が積みあがらないことを知らないのかも知れません。経験値がないと決断力が身に付きません。良い人を演じてしまうため、関係者とのガチンコの調整ができないんですね。調整能力が高くないと難しい仕事は任せられないと上司は考えると思います。決断力や調整力が弱い人は自分だけで完結する資格の勉強などに力を入れるケースがありますがいくら資格を取っても大きな仕事を任されることはないでしょう。勉強すれば大きな仕事が任されるという前向きなようで前向きではない発想に陥り勝ちですが、足りないのは知識ではなく、決断力の元となる経験値と調整能力なのです。この仕組みに気が付かない人はチャンスを貰えないのは環境が悪いのだと誤解してしまうと思います。でも、この発想のままではどこにいっても成功しにくいと思います。好きなことをすれば良いというトレンドもあります。それでうまく行く人はいいですが、世の中の大半の人は好きなことが生業となる人なんて少数でしょう。なぜ、こんな簡単な仕組みに気が付かないのか?このような人物はどうやって作られていくのか?どうしたら救えるのか?ということを私は考え続けてきました。この原因は近年マズロー法則という説を部分的に切り取って、共感やいいねといった承認が重要であるという言葉が独り歩きしている社会に問題があるのかなと思います。何もマズローの法則だけが絶対的な人間の要求ではないにも関わらず絶対視する傾向があると思います。特に他者を褒めるという部分だけが切り抜かれていると思います。最近の企業では従業員満足度を上げるために褒める文化を導入している場合が多いのかなと思いますが、これがうつ病などの病人を増やしていると私は思っています。褒める文化は兎に角、打たれ弱い人が増えてしまうのです。失敗を極度に恐れ経験値が増えない人が量産化されてしまうため、逆に失敗しやすい状態に追い込まれています。過去には部下が仕事で貢献した際に認めてあげられない上司が多すぎて、部下を認めようという教育自体は悪くないのですが、これを部下にまで共有してしまったことが問題です。日本企業の愚かなところは、上司教育と部下教育を分離せずに、上司と部下の両方に情報共有した方が良いだろうと考えてしまったことです。部下を認めるということについては上司に教育するだけでよかったのに、部下にまで同じ情報を流してしまったことが、病人を増やした元凶だと私は思います。それによって、認められない・褒められないとモチベーションが上がらないという心の弱い部下を大量に生み出してしまったのです。さらに、失敗したくないという完璧主義者が増加して、挑戦をしなくなるため仕事のコツがつかめないまま失敗を繰り返す状態に追い込まれています。脳内麻薬という概念がありますが、まさに「共感・いいね」という麻薬を打たないとモチベーションが上がらない部下が大量に発生しました。過去に部下の仕事をしっかり認めて口に出せなかった上司が多いから、過剰に褒めたり共感を口にする文化を作ってしまったのだと思います。しかし、過剰な他者承認は安易な麻薬であり、部下の精神を破壊していきます。共感疲れや共感を強要するハラスメントなどという言葉も出てきていますが、共感やいいねを強要する文化に終止符を打たないと若い人は壊れてしまうでしょう。会社で言えば部下を過剰に認める必要はなく、正しく認めれば良いのです。一方で部下は周囲から褒められなくても、行動する自分を目指すと良いと思います。自宅でも同様に夫婦ではパートナーをそのまま認めてあげれば良いのですが、たまの労いの言葉もなく、認めるということができない人が多いのなんのという状態でしょう。ただ、最近では過剰な共感に対する弊害も認識されてきているようです。「承認欲求」の呪縛 (新潮新書)Amazon(アマゾン)323〜3,518円余りにも、他人を褒めない社会を是正させるために、社会全体で過剰に褒めたり共感する文化をトレンドとして作ってしまった結果が現状だと思います。なぜ、人間は副作用のない適正な量で人を承認できないのか?人間はそんなに器用ではないということだと私は思います。そして、商業的にトレンドは生み出されます。ただそれに翻弄される消費者のことを考えると、トレンドはとても良いものとは思えません。型に嵌った常識的な発想をする人が多いから、常識を打破しようとして定期的にトレンドという反対の流行を作り出してしまうのだと思いますが、反動が大きい手段だと思います。いつまで、人類はこの愚かな数年置きに起きるトレンドという左右の文化の振り戻しによって精神破壊をされる病人を出し続けなければならないのでしょうか。何事も、トレンドに流されず、地面に足を付けてじっくり考えるということが必要なのではないでしょうか。奇をてらった、自由な発想をしようなんて甘い言葉は危険だと思います。その自由とは現状が右側に寄っているなら、今度は左に寄ろうといっているだけで、両方を見ようとは言っていないと思うからです。家作りにおいても、デザインか性能かというトレンドのような捉え方ではなく、デザインも性能もどちらも重要という腰を据えた発想が必要だと思います。ただ、良くも悪くも現代は他人の心にズカズカ入らないマイルドな考えの方が好まれるかも知れません。これがこの時代なんだと言われればそうなのかも知れません。つまり、この時代は結果的に心の弱い病人を増やすことがトレンドなんでしょうか。▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D エー・アンド・デイ AD-5687 温湿度計 みはりん坊W [デジタル][AD5687]2,400円▼私の楽天ROOMです。面白いものありますよ!▼メインブログです! エアコン1台全館冷房に興味ある方はご覧ください。▼インスタもやってます!フエッピー (@fueppi4649) • Instagram photos and videos2,528 Followers, 0 Following, 385 Posts - See Instagram photos and videos from フエッピー (@fueppi4649)www.instagram.com

  • 12Dec
    • 【ポエム】管理職の悩み その2の画像

      【ポエム】管理職の悩み その2

      今回は組織の戦略・戦術についての話をします。経営資源(人・物・金)が潤沢なら誰も組織運営に悩みません。そして、通常の会社の組織では経営資源が潤沢ではない場合が圧倒的に多いと思います。会社の方針や上司の方針があまり良くない場合もあって、中間管理職は両手を縛られながら組織を運営するということの方が多いでしょう。多くの管理職は戦略の自由度がない立場にいるにも関わらず戦略で対応しようとしますが、戦略の自由度が少ない場合はまずは戦術(やりくり)で対応すべきです。これに気が付かない管理職はやれシステム化だとかAIだとか言いますが、そんなことをしなくても業務改善をすれば大半の問題は解決することを知らないからでしょう。小人数の組織において業務が俗人化しているとかブラックボックスになっているとかいう話をする管理職は業務を把握できない自分をどう思っているのか不思議に思います。しかし、正常系の教育では経営資源が不足している場合の対処方法は教えてくれません。現実には経営資源の不足している異常な状態が企業では普通なのです。これを理解しないまま、正常系の組織運営をしている管理職は成果が出ません。役員や部長など上級の管理職に個性の強い変わった人が多い理由がここにあると思います。実務能力が低い管理職には低い業務レベルで組織を安定させるしかないと思います。スタッフに寄り添いみんなが大変なんだという共感を得るという方法です。誰でもできるようにしようという言葉を誤解して、できない人に合わせた仕事を構築し始め、難しい問題は予算も無いのにシステム化だとかAIだとか実現しない夢を語りだします。夢を語る管理職は予算も無いのに、現行業務も説明できず、要件定義もできないのにどうやってシステム化をするというのか。自分たちのせいではないと考える管理職は多いです。この組織運営は外部からみるとお客様や関連部署に迷惑を掛けるばかりか、システム化の予算も取れず問題は先送りになって、さらに部下が成長する機会を奪います。あり勝ちなのが、不満のガス抜きに食事や飲み会を繰り返している上司です。正直、まったくの解決策が見えていない管理職は多いと思います。一方、高いレベルで組織を安定させるのは大変です。業務のマニュアル化やシステム化などに潤沢な体制と予算が組めるのかどうかがポイントになってきます。製造業には図面や規格というものがあってそれも参考になります。ただ、製造業のような図面などがなく規格が決まっていないホワイトカラーの業務は特に生産性向上が困難です。チームのメンバーのレベルが全体的に高くない場合は、どうしたらよいのでしょうか?経験値の浅い同世代や自分1人で考えているより、答えは歴史の中にあると思います。経営資源の乏しい状態の人間の行動という点で言えば戦争がまさに該当します。戦争を美化するものではありませんが、戦争は経営資源の乏しい究極の組織活動と言えますから、学ぶべき法則がたくさんあります。古代ローマ時代にカルタゴの名将ハンニバルが行ったカンナエの戦いが基本的な戦術のモデルだと思いますが、中央に配置した歩兵が敵主力を受け止めている間に騎兵が背後から敵の後ろに回り込み最終的には包囲殲滅するといった作戦です。これを企業の組織に当てはめてみれば、組織の中から柔軟な仕事ができる人を抜擢して騎兵とし、ルーティンワークをする人を歩兵と見なします。人を引き抜かれたルーティンワーク担当は一時的に苦しくなりますが、業務改善担当が業務を立て直すまで我慢してもらいます。併せて、お局さんのようになって組織の裏ボスになっているような人は、担当替えをします。ここは反発もあるため管理職の覚悟が必要です。このようにして、騎兵となる組織のNo2である業務改善担当とルーティンワークを頑張る人達に組織を分けて運営することで生産性は向上していきます。頑張って業務を支えていたルーティンワーク担当の人は業務改善が進むことでようやく苦しい体制から開放されるのです。ただ、ルーティンワーク担当からすればNo2だけ優遇していると受け取られる可能性があることからNo2には苦しい仕事を与えます。そしてNo2には高い処遇を与え、次世代の管理職に抜擢して自分の後継者とすれば、権力の移譲はスムースに行えます。人事評価において部下へのフィードバックを恐れる上司は部下にほぼ一律の評価をつけたりしますが、これでは能力の高い人は離職してしまうため、元もこうもありません。私は成果を多く出した人に優先的に高い評価をつけ、その結果として貢献度が低かった人の評価が下がってもまったく意に介しません。それが管理職としての責務だと思うからです。管理職は全員から好かれる必要はなくても信頼されなくてはなりません。そして、全員に信頼される必要はなく組織に害をなす人には毅然とした対応も必要です。上記は経営資源が不足する組織において高い成果を出す方法の1つだと思いますが、このようなことができない管理職は成果が出せずに苦戦すると思います。特にコロナ禍において在宅勤務をしている組織は管理職の力量が問われるでしょう。トランプを配るように仕事を部下にばらまいているだけの管理職はもはや必要ないと思います。管理職なりたての人は組織運営に悩むと思います。大抵の人は同世代の人に相談したり、自分1人で考えてしまうと思いますが、天才でもあるまいしそんな簡単には解決しないでしょう。そんな時は歴史に学んでみてはと思います。人間の営みは何千年もあります。インターネットが発達して環境が変わったとしても、まだまだ過去の歴史は有意義だと思います。自分が悩んでいることは過去に沢山同じように悩んだ人がいる。それに気が付けば悩みを解決する糸口を見つけることができるのかも知れませんね。ドイツの鉄血宰相と言われるビスマルクは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言っています。先人の知恵をぜひとも学び、現代に応用していきたいものです。自分1人で考えたり、同世代の人と話しても問題はなかなか解決しないと私は思っています。▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D エー・アンド・デイ AD-5687 温湿度計 みはりん坊W [デジタル][AD5687]2,400円▼私の楽天ROOMです。面白いものありますよ!▼メインブログです! エアコン1台全館冷房に興味ある方はご覧ください。▼インスタもやってます!フエッピー (@fueppi4649) • Instagram photos and videos2,528 Followers, 0 Following, 385 Posts - See Instagram photos and videos from フエッピー (@fueppi4649)www.instagram.com

  • 07Nov
    • 【ポエム】管理職の悩み その1の画像

      【ポエム】管理職の悩み その1

      えー、今回は家作りの話ではないので興味の無い方はスルーしてください。家作りでは20代・30代の若い人が多いですが、私はそこそこな年齢なので、家作り以外にも皆さんの参考になる知識を持っているのではないかなと思っています。今日は仕事でこれから管理者になる人に話す内容を適当にメモしたものなので、なぶり書きであり、内容が精査されていないことをご容赦ください。また、話が長くなるので数回にわけます。「組織の状況に応じた評価処遇方法と管理運営方法について」考えてみたいと思いますが、これはあくまで私の習得した知識と経験に基づくものです。ただ、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」というビスマルクの言葉の通り、同時代の自分たちだけで問題を考えるより歴史や成功者の経験に学んだ方が良いと思います。いま我々が悩んでいるような事は歴史の中で多くの人がとっくに悩んでいます。歴史は繰り返すというとおり、人間の根幹の営みはどの時代でも共通点が多いと思います。上場企業を例にとると、早い人で30台前半、通常で40歳前後で課長になるようです。営業部門の方が比較的出世は早い傾向にあるかもしれませんね。でも、この年齢になっても、やりたいことや管理の方法をほとんどの人が見つかっていないのです。管理職になった瞬間に力が出なくなる人が後を絶ちません。特に担当者時代に専門性や実務能力で活躍してきた人が管理職になった場合は、名選手名監督にならずという現象が良く起きます。ただ、仕事がうまくいかないとか管理職になって悩むなんてことは何千年も前から先人が考えていることなので、答えは歴史の中にあると私は思っています。そして、独立して起業しても取引の大半を得意先に依存していたり、子会社の社長の場合は実質的に中間管理職だと言えますから、世の中には中間管理職だらけなんです。私は組織の中で管理職の仕事やプロジェクトがうまく行かない現象を多数目の当たりにしてきましたが、この問題を考え解決していくことをライフワークのように思っています。まぁ、炎上しているプロジェクトや組織の立て直しを何回かやったことがあるので、この現象は何なのか? なぜ、管理職は出口のない悩みを抱えるのか? と、疑問に思いました。うまく行く仕事とうまく行かない仕事の差はなんなのか?これは職場や組織の状況と管理職の思考方法や習慣の組み合わせで決まると私は考えていて、私を含めて器用に思考方法や管理方法を切り替えられる人はほとんどいません。つまり、このことに気が付かなければ一生、悩みから抜けられないと思うのです。システムの開発でいうと定型業務はウォーターフォール型が合っているけど、要件の変化が大きいプロジェクトはアジャイルを取り入れないとほぼ失敗すると思って良いでしょう。アジャイル開発って流行りの言葉のように思われ勝ちですが、昔から存在していて、小さく試して行けそうか確認してみるというだけのことで、どんな仕事でも使える考えです。一方でウォーターフォール型の開発は机上の要件定義から開発に入るため、出来上がったものが使えなかったなんてことがプロジェクトの後半に判明して大炎上を招きます。さて、そんな管理職の姿をみて、管理職は責任が重たいとか割に合わないという考える人もいますが、管理職になってみないと本当のことはわからないと思いますよ。課長になると残業代が付かないから給料が安くなるというのは残業が青天井だった昔の話で、まだそんな事を言っているのは管理職にならない人が流す都市伝説だと思います。残業規制がされる昨今の状況では管理職になった方が圧倒的に給与は多いですし、課長より上になればもっと給与は上がります。私は管理職になって仕事の自由度が増したので良かったと思ってます。予算と決裁権が自分にあればある程度のことは会社に決裁を仰がずに自由に仕事ができるからです。会社や社会が悪いとずっと文句を言っていても自分がダメになっていくだけですから、目的を達成するために出世して権限を手に入れることは悪くないと思います。何のために仕事をするのかという事についても、もう何も悩まなくなりました。社会と会社そして従業員に貢献できればそれでいいと、あえて単細胞になることで気が楽になりました。管理職になって責任が増えることが怖いという人は臨機応変に発想して対応をすることが苦手な人なのだと思います。担当者時代は論理思考だけでやっていけたかも知れませんが、管理職はスピードが問われるので、考えている時間がなければ水平思考でアイデアをパクって使えばいいのですよ。さて、管理職になって悩む人についてですが、過去の成功経験やマニュアル通りのワンパターンな仕事をしている管理職は環境が変化すると仕事がうまくいかないと思います。平和な時代はワンパターンな組織運営で何となく回せても、人材の評価処遇や組織の運営方法を1つのパターンしか持っていない管理職はコロナなどの環境変化に弱いと思います。まとめて処理する(バッチ処理)ことが効率的と考える人が多いと思いますが、トヨタのカンバン方式のように、都度必要な数だけ生産した方がムダが出ないというものもあります。似たようなことで言うと、資料が全部完成してから上司に提出した方が修正が少ないのか、ある程度できた段階で上司に相談した方が修正する労力が少ないのかの違いです。私は歴史や成功者の経験を学ぶことが好きですし、長年の管理職経験の中で、人事評価や組織運営にはある種の法則があると感じていますし、世の中にはその普遍的なことに気が付いて書物などにした人もいますが、世間では環境変化やトレンドなどに流されて本質的な話がなされていないと感じています。余談が長くなってしまいました、ここからが本題の「組織の状況に応じた評価処遇方法と管理運営方法について」です。まず、私の考える組織運営方法と人材の評価処遇方法は業態によって違います。ファーストフードやコンビニのようにアルバイトや契約社員が主力で短期的な雇用の業態はとにかく、組織が強固なピラミッドになっていなければなりません。マクドナルドの組織運営は米国陸軍の組織体の諸原則を参考にしていると言われています。・1人の指揮者が管理可能な直属の部下の数を6ー7名とした。・組織を店舗運営のラインと本社スタッフの活動を明確に分けた。・ラインの業務のマニュアル化そして、接客業ではお客様からの評価というものがあるため、スタッフも自分の失敗に気が付く機会が多いため、スタッフが上司に心を開けば組織はまとまっていきます。つまり、認めて褒めることで全員のやる気を起こさせることが重要だと思います。言い方が悪いですが、どうせ短期で辞める人が多いため褒めまくってステージに乗せる方法です。この組織の運営方法はウソではなく組織の状態に合わせた手段なのです。人が短期的に入れ替わる組織において短期的に成果を出すには、全員にある種の美しい誤解をさせる必要があります。美しい誤解だとしてもそこで働いた人が何かの達成感を得られたのであれば、それはそれでウソではなく、組織の1つの統治方法だと私は思います。目的はお客様と従業員を満足させることであり、目的を忘れて自分の好きな管理手段に拘るよりも、目的の達成に拘って自分を変えていった方がみんなが幸せになるでしょう。一方、接客業ではないバックオフィスの様な事務方の職場ではお客様からの評価という絶対的な指標がないため、社員がマイペースな仕事に陥り勝ちです。この様な組織では、褒めて育てると褒められないと満足しない社員が増えるため、感謝は伝えるものの過剰に褒めることは厳禁です。またバックオフィスは人事評価が難しくフラットな評価になりやすいため、褒めた分だけ人事評価で差をつけることが難しいですが、フラットな仕事配分と人事評価は組織の終わりの始まりだと思います。フラットな評価を継続すると優秀層は離職し、中堅層は安心して勉強をしなくなるので生産性は落ちます。私は組織の中に騎兵や歩兵といった役割があって良いと思っていて、全員を歩兵にしてしまってはスピード感のある仕事ができないと思っています。戦争を美化するものではありませんが、日本では軍隊を語ることはタブーだと思われています。ただ、究極の集団行動という意味で軍隊に学ぶことは非常に多いです。バックオフィスでは優秀な人は次世代のリーダーとして抜擢人事を行い重い仕事を担わせ、中堅どころは数年置きに異動させて汎用性を高める事が重要だと思っています。つまり、バックオフィスは男女ともに管理職以外に権力を持つお局さんを作ったらはダメなんです。組織内に陰湿ないじめが横行します。権力を持って良いのは次世代の管理職になる人です。そうすることで、自分が組織を明け渡すときに次世代の人がやりやすい状態を作ることができるでしょう。バックオフィスの管理職はコイツはと思った優秀層に高い処遇と重たい仕事を担わせ、ルーティンワークから基本的にはずして業務改善やプロジェクトをさせ、中堅層は定期的に異動をさせて汎用性を高めて能力向上させるとともに同一業務を長期間行うことで権力を持たせないようにすることが本人の将来の成長にもつながるでしょう。次に状況に応じた組織の運用方法(陣形)を書こうかと思ったのですが、長くなってしまうので次回につづきます。▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D エー・アンド・デイ AD-5687 温湿度計 みはりん坊W [デジタル][AD5687]2,400円▼私の楽天ROOMです▼メインブログです! エアコン1台全館冷房に興味ある方はご覧ください。▼インスタもやってます! たまに家作りについてのライブもしてます(・∀・)フエッピー (@fueppi4649) • Instagram photos and videos2,528 Followers, 0 Following, 385 Posts - See Instagram photos and videos from フエッピー (@fueppi4649)www.instagram.com

  • 06Nov
    • ハウスメーカーと工務店の利益率について

      こんばんは!同じ一条施主の中村さん?タッチさん?が面白い記事を書いていたので補足したいと思います。ハウスメーカーは利益率が高いという話はナンセンス目次 1 ハウスメーカーは暴利で、工務店は薄利のウソ2 利益率を理解して考えよう。3 ハウスメーカーの利益率は…4 売上高総利益率について考えてみよう。5 プラモデルに例えてみましょう。6 利益率(売上高総利益率)が意味するものは?7 利益iiie777.comハウスメーカーの粗利率は高くて、地場工務店の粗利率が低いからハウスメーカーが暴利を取っていると世間では想像されているかもしれないという話ですね。まず、ハウスメーカー(製造業)と工務店(建設業)では業態が違います。製造業と建設業ですから、決算において計上する利益区分がそもそも違うと思います。私を含め製造業で働いたことがある人は決算書の中に製造原価明細書があることをしっていると思います。これを知らずに売上総利益(粗利)の比較をしても意味がありません。つまり、工場でかかったコストは人件費だろうがすべて売上原価に計上されます。販売管理費は本社費という位置づけですから、工務店と損益計算書の構造自体が違います。<製造業>売上高売上原価(工場のコスト管理=製造原価明細書)  材料費  人件費  経費売上総利益 販売管理費(本社や支店の経費)営業利益 経常損益経常利益 特別損益税前利益 法人税等当期純利益<製造業以外>売上高売上原価(材料費や外注費のみ)売上総利益 販売管理費(社員の人件費や経費)営業利益 経常損益経常利益 特別損益税前利益 法人税等当期純利益つまり、工場を持つハウスメーカーは本来、売上原価の割合が工務店より多いはずなのですが、そうではないということは、ハウスメーカーは販売価格が高いのです。一方で工務店は粗利率は低いですが、販売管理費(人件費と経費)が少ないという状態です。これは広告などの経費をかけていないということと、人件費が少ないからです。損益計算書の構造自体が違いますから、製造業と建設業を粗利(売上総利益)で比較することは無理があります。正直、当期純利益でみた方が良いと思います。なぜ、当期純利益でみるかと言えば、特に粉飾決算をしている中小企業は当期純利益が100万円というような怪しい数字になっているからです。利益が出ていないと銀行融資が受けられないので、若干の当期純利益しか継続して出ていない会社は粉飾決算をしていると思って間違いないと思います。また、以前にブログに書きましたが、ハローワークの求人票で工務店の休日が労働基準法の最低である105日で掲載されているケースを紹介しました。工務店で残業代をしっかり払っているところがどれだけあるのかと思います。何とか手当という形で固定額の残業代になっている工務店は多いと思います。工務店が利益率が少ないからいい家が建つというのであれば、人件費を不当に削っているからだと私は思っています。また、家族経営の場合は社長やその奥さんなどは株主でもありますから人件費ではなく配当金を出しているなら損益計算書には計上されず利益処分として貸借対照表の話になります。さて、私は健全な工務店を見分ける方法は2つだと思っています。・従業員や協力企業に残業代などの労働対価をしっかり支払っているか・工事代金の入金を必要以上に急がせないか(キャッシュフローが大丈夫か)私の二軒目の家を建てて頂いた工務店さんは代金は完成後に一括で構わないという方針であったため、キャッシュフローが健全であることが分かりました。通常はハウスメーカーでも工事の進行状況に応じて3回に分けて施主は入金すると思いますが、予定以上に入金を急がせる住宅会社は経営が危ないと思って間違いないと思います。つまり、当期純利益が極端に少なく、入金を急がせる地場工務店は危ないということです。一方でスーパー工務店にしろ設計事務所にしろ、社員や協力企業や社員にしっかり人件費分を支払っている会社はそれなりの高価格帯になるはずです。工務店は安くて良質な家を作るというのは間違いではないかもしれません。ただ、それは家族経営と社員の人件費手当を削り、人件費が抑えられるというだけのことかもしれません。一方で規模の大きなハウスメーカーは大量仕入れによって材料費を下げるということができますから、例えば性能の低いアルミ樹脂複合サッシを使っているなんてボッタクリだと思います。もちろん、これはハウスメーカーの社員が悪い訳ではなく、経営者の問題です。全ての企業ではありませんが、凄い失礼な表現をすれば、ボッタクリ企業 対 ブラック企業 の利益率の比較に何の意味もないと思います。決算書の数値は操作できますし、施主が確認すべきは従業員や外注さんにちゃんと対価を払っているか、キャッシュフローが回っているかだと思います。ただ、ボッタクリはブランドの現れですから企業価値が高くないとできないとも言えますので、一概に悪いとは言えません。価値とは満足なので感じ方は人それぞれです。大手ハウスメーカーの価格が高いとか広告費が多いなんてことはどうでも良い話ですが、消費者も家作りを勉強する人が増えていますから、そろそろ性能数値を開示しないとブランド価値が持たなくなっていくでしょう。工務店もハウスメーカーも決算書と商品をみればおかしなことは沢山あるので、利益率の比較なんてほとんど意味がないと私も思います。まとめると、社員と協力会社を大事にする工務店の価格は安くはないはず。そして、ハウスメーカーは大量仕入れを生かして良い建材を使っていなければおかしいということです。そして予算の少ない施主はローコスト系の住宅会社をパートナーとして選んで、自分で相当に動き回らないとまともな家は建たない可能性があります。こんな住宅市場は何かがおかしいと思いませんか? 家作りにおいて、「何を選ぶかは価値観の問題だ」という錯覚を消費者はさせられていますが、建築基準法が最低限の法規であるため住宅市場に偏った商品が溢れてしまうからこんな話になるのです。▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D エー・アンド・デイ AD-5687 温湿度計 みはりん坊W [デジタル][AD5687]2,400円

  • 05Nov
    • 【ポエム】仕事で悩んでる人への画像

      【ポエム】仕事で悩んでる人へ

      おはようございます( ・∀・)今日は家ネタではないので興味のない方はスルーしてください。ちょっと中堅社員の前で話す機会があるので皆さんの何かの参考になるかなと思ってブログに下書きをポエムしてみました。1 完璧主義をやめよう完璧主義のひとは完璧に出来ないと思うとやらないか投げ出すので結果は完璧にならない。最善主義でいいから失敗してもいいからやらなければチャンスも成功もない。数をこなさなければ経験値が高まらないので成長できない。すぐやる、いまやるが大事ですが、100点をとりにいかないこと。仕事はたまにとる100点より70点を連発する人の方が上司は仕事を任せやすいからです。社内で経験値の少ないペーパードライバーのようになってしまったら自分が満足できる仕事はまかせられず作業を任せられるだけです。完璧主義だと思う人は自分の仕事がうまくいかなくて精神的に追い込まれて不幸になる理由を考えてみよう。2 自分を認めるのは自分自分が否定されると反射的に言い返したり、褒められないとやる気が起きない理由は、他人に自分の評価を委ねているから。自分を動かす燃料を他人からもらっているから。自分がどこまでやれたかしっかり認める事ができれば人から燃料をもらう必要はなくなる。他者承認要求は麻薬のようなものでずっと使うと精神が壊れる。使うなら辛いときに痛み止めとして麻酔程度に。大事なのは自分の気持の上がり下がりが大きい燃料ではなく自分の心が安定する燃料です。心が不安定になる燃費の悪い燃料の利用は卒業しよう。1つでも良いからなりたい自分になるという自己実現を1度味わってそれを広げていけばいい。燃料(モチベーション)は他者からもらわない。自分を認め良い習慣を続けることが安定した無限の燃料になる。そうなると燃料(モチベーション)の存在を忘れる事ができます。3 覚悟と手段のない方針は実現しない素晴らしい戦略を建てたり、きれいな資料をつくっても、それをやる覚悟と手段がなければ実現しない。資料は可能な限り少なくてよい。しかし、計画を実行する覚悟と手段はたくさん必要です。総花的なプランよくない。全部やりますは全部やれないと言っているのと同じ。上司や仲間とよく話し合って体制が整うまで諦めるものは諦めること。戦略と戦術は分離してはいけない。覚悟なき戦略や手段なき戦略は失敗する。戦略がうまくないときは戦術でカバーしよう。短期的ならアイデアで状況は打開できる。ただし、長期的に戦略なき状態では現場は持たない。そして勝ちすぎてはいけない。ほどよいところで体制を立て直して次の活動に移ること。メチャメチャ偉そうに書いてますが、実際は丁寧にはなしますよ。最近の中堅社員の悩みは全員ではないですが、パターンがあるなーとおもっています。これは時代や環境が要因なんでしょうけど若い人も含めて日本人は見捨てたもんじゃないですよ。これ、直属の上司に言われたら聞く耳もてないでしょうから脇から私が言ってみようと思うんです。ちょっと、内容がストレートすぎるかな( ;∀;)▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D エー・アンド・デイ AD-5687 温湿度計 みはりん坊W [デジタル][AD5687]2,400円▼私の楽天ROOMです。面白いものありますよ!▼メインブログです! エアコン1台全館冷房に興味ある方はご覧ください。▼インスタもやってます!フエッピー (@fueppi4649) • Instagram photos and videos2,528 Followers, 0 Following, 385 Posts - See Instagram photos and videos from フエッピー (@fueppi4649)www.instagram.com

  • 02Nov
    • トリプルサッシの温度を計算してみたの画像

      トリプルサッシの温度を計算してみた

      おはようございます!今日は朝起きたらトリプルサッシであるあるの窓の外側が結露していたので、何となく窓の温度を計算してみました。まだ、暖房入れてませんが朝方は室温が20℃を切るようになってきました。寒冷地なので今朝の外気温はこれでも暖かい方です。先日は氷点下になった日もあり、そろそろ建物の蓄熱量が無くなるので暖房を入れる時期ですね。日射が窓に当たる前に計算しないとなりませんが、まず、室内は19.5℃の49%、外気は7.8℃の87%でしたので、それを私の作った結露計算シートの窓のシートに入力します。計算ツールF式(私ことフエッピー式)の各計算ツールは無償でドドーンとご提供します。その代わりサポートはございませんので自己責任でご利用ください。また、告知なく修正しますので、ご利用の際は最新版をダウンロードしてご利用ください。ダウンロードを行うと、Diiie296.com計算結果(水色の部分)はハニカムシェードを閉めた場合のトリプルサッシの室内側の表面は14.2℃であり、窓の室外側は部分結露と判定されています。果たして結果は!トリプルサッシの室内側は14.3℃となかなか計算と近い数字でした窓も下半分のガラスが結露していましたので計算通りです実は温度の計算をするのはそんなに難しくなくて、湿度の移動を計算する方が難しいです。実際には通気量から水蒸気の移動を透湿抵抗で計算しています。壁や天井などを含めた結露計算をする無料ツールは断熱材のメーカーなどが無料提供していますので、私の計算ツールはそれを使いやすくしたものです。地場工務店で建てた私の二軒目の家は内窓を付けた二重窓だったので、どうやって窓の結露計算をするのか悩みましたが、その知識が一条工務店の施主になってからハニカムシェードの影響で窓がどの程度の温湿度で結露するかを計算するのに役に立ちました。恐らく、家の温熱性能における数値面で皆さんが悩むことのほとんどは私の計算ツールで解決すると思いますよ。特にローコスト系の高性能住宅では計算や空調の考慮は施主の手弁当になる場合が多いと思いますので参考になれば幸いです。皆さんの悩みは先輩施主が大体悩んでいるのでそれを参考に考えると楽だと思います。かくいう私も10年前に禿げるほど悩みました北側の風の当たる窓などは少し結露する条件が厳しいですが、どれだけ加湿すると窓が結露するか私の計算ツールでおおよそ分かりますよ。▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D エー・アンド・デイ AD-5687 温湿度計 みはりん坊W [デジタル][AD5687]2,400円▼私の楽天ROOMです▼メインブログです! エアコン1台全館冷房に興味ある方はご覧ください。▼インスタもやってます! たまに家作りについてのライブもしてます(・∀・)フエッピー (@fueppi4649) • Instagram photos and videos2,528 Followers, 0 Following, 385 Posts - See Instagram photos and videos from フエッピー (@fueppi4649)www.instagram.com

  • 01Nov
    • 行き過ぎた住宅の差別化は良くない?の画像

      行き過ぎた住宅の差別化は良くない?

      こんにちは!住宅の差別化は必要だと思いますが、行き過ぎた性能の差別化は逆に良くないなと思っています。例えば、気密性を示すC値の比較においては床断熱の住宅のC値と基礎断熱の住宅のC値を単純比較しているケースがあり、床断熱は気密が取りにくい反面、シロアリリスクが減ります。一方、基礎断熱はシロアリリスクが高くなる反面、気密が取りやすいためC値が良くなりやすいです。どちらが優れた家なのか判断が悩ましいですね。そして、基礎断熱にすると熱損失量と気積(空気の量)が増えるため光熱費が増えます。C値0.1で基礎断熱の家と、C値が0.5で床断熱の家では光熱費はほぼ同じと計算されます。床下エアコンを採用しない限り、シロアリリスクを増やしてまで私は基礎断熱にはしないでしょう。こういった事が理解されないままC値だけが独り歩きしていると感じますさて、本日の本題は耐震性の構造計算における許容応力度計算が必要かという話です。最近、大手ハウスメーカーは型式適合認定であり、許容応力度計算がされていないから地場工務店の方が耐震性が良いといった話があります。耐震性の検討すらされていない住宅が多い中で、これは行き過ぎた性能の差別化だと思います。そして、地場工務店では耐震性に関して実台実験をしていないではないですか。ちなみに、一条工務店ではKIZUKURIという構造計算ソフトで許容応力度計算がされていました。耐震等級3には種類があり、品確法と構造計算では耐震性が異なります。構造塾の佐藤さんの情報によれば構造計算の耐震等級2は品確法の3と同じレベルとのことです。ただ、2016年の熊本地震において震度7が二回発生した益城町の事例をみても、木造住宅では耐震等級が3であった16棟は14棟が無被害、2棟が軽微又は小破の被害であり、ここでいう耐震等級3とは許容応力度計算された建物だけではないとのことです。私は一定基準以上の性能が表示されている住宅であればどちらでも良いと思います。ベタ基礎が良くて布基礎が良くないなんて話も間違いですよね。耐震性において問題なのは木造四号特例を利用して構造計算を回避をしている住宅会社であり、そういった住宅会社や設計者は考えを改めて欲しいと思います。さて、大手ハウスメーカーを叩くという風潮が最近あるように感じますが、これは貧乏人のひがみであったり行き過ぎた性能比較が原因ではないかと思うときがあります。たしかに大手ハウスメーカーの家は価格の割に温熱性能は良くないです。ある程度の断熱性能がある場合でも気密測定をしていないため大手ハウスメーカーに落ち度はあります。ただ、耐震性の向上については実台実験を繰り返してきた大手ハウスメーカーが業界をけん引してきたと思います。行き過ぎた住宅性能の差別化は住宅市場を間違った方向に誘導するのではないかと私は思っていますが、だからと言って性能を表示しない住宅会社は良くないです。住宅会社は自分ができることをアピールします。逆に言えば自分ができないことは価値観や優先順位などの問題だと言って話をすり替えようとします。数値が良いか悪いかではなく、計算しない・測定しないということが住宅業界を不透明にしていると考えますから、まずはそこを優先的に問題だと捉えるべきでしょう。戦後の復興を優先して建築基準法を最低限の基準としてしまった日本では、その反動がいまもなお続いています。消費者が家の性能を心配しなければないらない現状の住宅市場は異常であり、消費者がそんな心配をしなくても楽しい家作りができるようになってほしいものです。まずは、家の日当たりの考慮とUA値0.6W以下、C値1.0以下、耐震等級3、長期優良住宅適合が普及版の高性能住宅ではないかと私は思います。予算の問題はあるものの、それらの基本性能を満たしてから、住宅はデザインや間取り、気密断熱などの価値観を実現するという状態になって欲しいと思います。住宅市場の健全化を期待するのであれば、問題を解決する優先順位があると思いますが、この順番を間違えると住宅市場の健全化が遠のくと私は考えています。先ずは性能の可視化、その次にコスパを含めたハイレベルな競争という順番だと思います。本日、申し上げたかったことは許容応力度計算をしていない家は良くないといった、セールストークに踊らされる必要はないということです。もちろん、コストが許せば家の性能は良いに越したことはないので、許容応力度計算による耐震性の確保を否定するものではありません。▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D エー・アンド・デイ AD-5687 温湿度計 みはりん坊W [デジタル][AD5687]2,400円▼私の楽天ROOMです▼メインブログです! エアコン1台全館冷房に興味ある方はご覧ください。▼インスタもやってますフエッピー (@fueppi4649) • Instagram photos and videos2,528 Followers, 0 Following, 385 Posts - See Instagram photos and videos from フエッピー (@fueppi4649)www.instagram.com

  • 27Oct
    • 数値の計算をしてみませんか?

      こんにちは!本日は大半の人はやらないだろうなと思いますけど、数値計算の勧めについてです。家作りはUA値などの数値に捉われると良い家が建たないと言われますが、数値の計算を理解している人はそんなことは言わないだろうと思います。UA値は換気の熱損失や日射熱の取得などは含まれません。しばしば、UA値は万能ではないのだから数値に捉われない家作りをしようといった話の展開がされてしまいます。私にはなぜこんな展開になるのかと不思議に感じます。だって、換気の熱損失まで考慮したいならQ値がありますし、日射熱の考慮であればηA値があります。本来は家の最終的な燃費計算が作り手から提供されれば良いのですがそれが提供されない現状では、その手前となるUA値などの数値の扱いに消費者は戸惑うのでしょう。そのため、一般的な数値に捉われるなというUA値の議論はお医者さんで言うと、外科の先生は内科のことがわからないからやぶ医者だと言っているようなものになってしまいます。もちろん、UA値至上主義のような話し方をされるとUA値がそれほどでもない家の人は反発はしたくなるという面もあると思います。さて、私が思うバランス感覚とは数値などで測れる定量面とデザインなどの数値で測れない定性面がともに考慮された状態です。世間のいうところの家作りに完璧はないとかバランス感覚という言葉は私には食わず嫌いをもっともらしく言っているように聞こえます。そもそも、いま家を建てる人が高気密高断熱住宅について疑問に思っていることは、過去に家を建てた人がとっくに悩んでいます。新住協の鎌田先生が80年代に構築した新在来木造工法の確立以来、高気密高断熱住宅の歴史は40年近くが経過しようとしています。ネットをしらべれば自分で考えるより有益な先人の知恵がたくさんあります。同じようなことを疑問に思い悩んだ人は過去にたくさんいます。しかし、大半の施主は一生に一度しか注文住宅を建てることが出来ないので、歴史の連続性を認識することが難しいのだと思います。私は2000年に初めて注文住宅を建てて以来、たまたま四回家を建てる機会があったため、家作りの歴史を意識することができました。もちろん、家の快適性の捉え方は人それぞれですし、住宅の歴史や計算なんて面倒なことは知りたくもない人もいるでしょう。ただ、数値を計算したことがない人が数値を語ると、誤解が多いので、一回数値を計算してみたらいいのにと思う時があります。ちょっとハードルが高い話ですよね。でも、例えると建物の登記などを自分でやってみるようなことと同じレベルの話なんですよ。少しがんばって取り組めばできることなんです。数値の計算は専門家の領域だと考えるかも知れませんが、私の提供している計算ツールはプログラムの保護などしておりませんので、計算過程が全部見れます。https://iiie296.com/?page_id=68#toc1とある、計算ソフトをひも解いて、Excelで再構築したものですから、数値の精度については高いと言われます。当たり前ですけどね。UA値やQ値には個性があるので、個性を理解して使い分けないと、数値は使えないと誤解をしてしまうでしょう。計算の過程を見れば、これまで分からなかったことが見えてきます。数値は答えを導くだけでなく計算過程を知ることが重要だと私は思います。まぁ、興味のある人はUA値やQ値、そしてηA値などを計算してみてください。色々と分かることがありますよ。数値を知れば家作りのデザインの可能性が広がると思います。そして、数値については分からないというのは良いけど、必要ないと言うのは違うのかなと思います。ただ、これも全く必要ないと言っているではないと思いますけどね。さて、我々素人は住宅市場が透明なら数値なんて知らなくても良いのですが、問題は住宅業界でご飯を食べている人達でしょうね。国土交通省の情報によると設計士でも半分ぐらいの人はUA値が計算できないそうです。まぁ、建築確認申請の代行をやっている設計士さんも多いですし、ある意味、これだけ食わず嫌いのプロがいるということです。温熱の計算をしてみて、温熱は不要だと思うのなら良いのですが、そもそも計算すらしようとしないプロは評価されない時代になっていると思います。だって、素人の私ですら計算できるのですから家作りは多様の要素があってどれも重要。100点はないとはいえ、ある分野の考慮が大きく抜け落ちている家作りは良くないですね。大手のハウスメーカーをひとくくりにするつもりはありませんが、ZEHが標準で通らないハウスメーカーはちょっと考慮が足りていないと思いますね。空間デザインは重要だと思いますが、消費者の知識が向上しているこれからの時代は数値が理解できないプロは生き残れないと私は思います。空間デザインと性能の両方詳しいプロはごく少数ですがいます。これからはその人たちを中心に家作りの話が展開されていくでしょう。Youtubeなどでも温熱の話題が大きく取り上げられているので、もう後戻りはできないですし、高気密高断熱住宅は長い歴史があるので、これは流行りではないと私は思います。性能とデザインはコストを除けば矛盾しない。そして、コストダウンしながら両方を大事にしている設計者や工務店はあります。プロでも得意不得意があるし、コストの問題もあるので、全部が完璧である必要なんてないのですよ。ただ、性能に関しては苦手とか不得意と言ってられない時代だと思います。同じように空間デザインが苦手なんて言ってられないですよね。少しずつで良いのでより良い家作りになって欲しいなと思います。少し前までは、性能重視派と感性重視派といった対立構造のような話が多かったですが、今はどっちも重視派が増えていると思います。モチのロンで私はどっちも重視派です。まぁ、こんな話も過去に沢山されていて、家の性能のことを任せられるプロを探して、施主は楽しい家作りをすればいいと私は思います。▼私のおすすめです▼Amazon(アマゾン)一条工務店に日本の家作りを託す1,000円Amazon(アマゾン)高性能住宅を小さく建てて豊かに暮らす1,000円Amazon(アマゾン)A&D みはりん坊ダブル AD-56872,527〜4,519円楽天市場A&D くらし環境温湿度計 みはりん坊ダブル AD-5687 《納期約3週間》2,480円

  • 21Oct
    • 住宅市場の健全化についての画像

      住宅市場の健全化について

      こんにちは! 本日は住宅の時事ネタについてちょっと触れてみます。新潟オーガニックスタジオの相模さんが実名を出さない施主ブログの8割方のブログには価値がありませんと書いていました。まぁそうかも知れません。『家づくり系のブログに思うこと』最近、家づくり系のブログが増えてきている印象がします。そのほとんどが、実際に家を建てた方。つまりは「素人」が運営しているようです。(ブログ村の住まいブログラン…ameblo.jp私もそのブロガーの中のひとりであり、実名も出せません。相模さんの言うように実名を出している業界の中で評価の高い実務者の情報にはとても及びません。しかし、住宅市場は価格や品質が不透明な状態であるため、消費者サイドから施工や技術面を含めて改善要望をしなければまともな家が建たないケースがあることも事実です。余計なことを書くと、すいぶんと新潟オーガニックスタジオも偉くなったなと感じます。私が二軒目の家を建てていた2010年当時は小屋裏エアコンを自力で成功させていた私からみると頑張ってはいるけど空調のレベルがまだまだの工務店だなと思っていました。相模さんは営業出身なので設計士の免許を持って無さそう(なくても良いと思いますが)ですし、同じ新潟で博士号まで持つオーブルデザインの浅間先生とは比べるべくもないと思いますが、それでもここ最近はレベルが凄いあがったと思います。新潟オーガニックスタジオの全館冷房はオリジナルではなく松尾式を採用しているようですし、相模さんは設計者ではないので西方先生や浅間先生のような神々のレベルの人ではないけれど、良い家を作っているなと感じますね。ただ、1つだけ覚えていてほしいのは松尾式の小屋裏エアコンにしろ、ソーラーサーキットの施主達の努力の上にあるのではないかということです。施主達(消費者)がイノベーションを起こしたという家作りの歴史をプロでも知らない人は多いと思います。とはいえ、新潟オーガニックスタジオの相模さんも住宅業界を何とかしたいと思っている志士であることは間違いないでしょう。さて、もう1つの時事ネタについてはクオホームの本田さんが工務店・設計事務所を紹介するポータルサイトを立ち上げたいという話です。志の高い話だなと思いました。それを表向きは淡々と語る本田さん。この人は志士ですね。現在、住宅会社の一括カタログ請求や間取り一括相談といった無料サービスはありますが、結局は家の価格の3%なり5%なりの紹介手数料を消費者が負担することになります。本田さんはこの手数料をカットしてそのお金を工務店を健全経営するための利益の確保やよりよい家作りに充当したいという想いのようです。そのためのサイトを立ち上げる資金をクラウドファンディングで集めるそうで、参加する設計事務所と工務店の条件次第ですが、私もクラウドファンディングに参加したいと思いました。私の考える参加する住宅業者の条件として最低、長期優良住宅の申請経験がある、許容応力度計算による構造計算をしている、平均のUA値は0.6W以下、気密測定を全棟実施していることが条件だと思います。住宅がハイスペックかどうかではなく住宅の根幹となる基本的な項目の品質を明示することが住宅市場の健全化の第一歩だと私は考えています。そのうえで家作りは自由に楽しくあってほしいと思います。家作りはデザインも性能も両立するはず。それを作り手も消費者も最初から諦めている悲しい住宅市場からはやく脱却するには、まずは作り手は価格と品質を開示すること。特にプロの方はデザインと性能については家作りの優先順位や価値観の問題なんて簡単に言わないで、最後まで両立することを諦めないで欲しいと思います。そして、デザインと性能の両立を実現するには、広告費などの経費を削ると共に、ある程度の規格化によって建材の大量生産によるコストダウンを狙うしかないと思います。一例で言えばトリプルサッシの値段はさがりました。大開口で断熱性能の高い窓も消費者が望めば実現できるのです。今すぐは無理でも消費者が諦めないことが重要だと思います。さて、良い家を作る地場の設計事務所と工務店はありますが、施主からすると見つけることが難しいですし、有名は会社はコストが高くて依頼できない現状です。そして、私は地場工務店で二軒目の家を建てています。大手のハウスメーカーの施主に比べて、地場工務店の施主の情報発信力が低いことは嫌というほど味わっています。地場の住宅会社とその施主達は集団化が難しいからです。構造塾の佐藤さんもある程度の性能を満たしていると思われる業者の名簿を開示していますが、このような流れが加速すると良いですね。私は地場工務店で高性能な家を建てた後にたまたま次に家を建てるチャンスがありましたが、その際に取った行動は全国規模のハウスメーカーを選択するというものでした。何でもありの設計は難しいですが、あえて一条工務店を選んだ理由は、誰かが地場工務店と全国規模のハウスメーカーの橋渡しをしなければ住宅市場は健全化しないと思ったからです。もちろん、一条工務店のような全国規模のハウスメーカーの施主達は多様です。家の性能がどうこうということには興味があまりなく、冬の床暖房が目当てという人も多いです。本田さんは家を建てる側の立場なので住宅業界の健全化と仰っていますが、私は住宅市場が不透明で歪んでいるから、業者と消費者がその歪んだ空間に引きずられていると思っています。志の高い地場の設計事務所や工務店の経営者とその施主達が集団化して、性能の高い家を作るハウスメーカーの施主達と手をたずさえていく。それにより、住宅会社が価格と品質を開示する必要性に迫られることで住宅市場は透明になっていくと思います。大手ハウスメーカーにもぜひ頑張ってほしい。そんな未来が来てくれないかと願い、私は一条工務店の施主になりました。家作りが良くわからければ一条工務店で家を建てるのは良いと思います。そして、興味がある人は一条工務店と高性能な地場工務店の両方で住宅を建てた私のブログをご覧ください。それにしても一条工務店で家を建てて家の快適さももちろん良いのですが、商品や価格の分かりやすさのみならず、工法や生産技術の合理的さには驚きましたね。これは地場工務店にもみならってほしいと思います。百聞は一見に如かずとはこのことです。価格や品質が不透明な住宅市場。建築基準法や省エネ法などの整備不足が原因で施主が情報を仕入れて学ばなければなかなか良い家が建たないという不幸な市場です。ただ、中古車市場などはかつての品質が分らないがために価格が不透明であった市場の状態から脱却しつつりますから住宅市場にもできるはず。あと10年で何とかならんものか。家作り情報には既に家を建てた方に配慮した情報と未来に家を建てる人に向けた情報と両方あります。前者に配慮した場合は難しい話を避けないと争いが起きますし、後者に配慮すれば情報の内容は前者にとって悲しいものとなります。私は会社でも悪い風習があるのなら自分たちの世代で終わりにしようと言っておりますが、それにより現状を否定されたと感じたり既得権を失いたくない人がいることも事実です。施主の情報発信はマウントだとかポジショントークなどと言われますが、まぁ難しいことは考えずに、どんなこともで自分たちの子供の世代を少しでも良い社会にしたいということで良いのではないかと私は思っています。

  • 18Oct
    • ハザードマップの危険区域内を選ぶのはやめたほうがいい?の画像

      ハザードマップの危険区域内を選ぶのはやめたほうがいい?

      こんにちは!一条工務店の耐水害住宅がテレビでも話題だそうですね。これは7月に改訂された宅地建物取引業法施行規則により水防法のハザードマップについても不動産取引において重要事項として説明義務となったためでしょう。これまでのハザードマップの重要説明事項は以下のようです。これに水防法の規定に基づき作成された水害ハザードマップが追加されるのです。(出典:全国宅地建物取引業保証協会)今回、洪水のほか、内水(雨水出水)・高潮が重要説明事項の対象となるわけです。このような話題が出た時に、これまで家作りでは高気密高断熱住宅は必須ではないと言っていたのに、ハザードマップ内での家作りはやめようと発信している人がいます。このような人は家作りにおける考え方の軸が弱いと感じます。私は耐震等級3とある程度の高気密高断熱(UA値0.6以下、C値1.0以下)は必要であり、可能であればハザードマップの中への建物の建築は避けるべきであると考えています。高気密高断熱住宅が必須ではないと言う人の中には既に高気密高断熱住宅ではない家に入居している人への配慮として言っている人もいます。できれば高気密高断熱住宅の方が良いと分かっている人もいますし、高気密高断熱住宅は窓のサイズを含めた開放感とも関係ないと理解している人もいます。なのに、今回洪水等のハザードマップが不動産取引の重要説明事項に加わったからといって、ハザードマップ内に家を建てるなと言い始める人がいます。こういう人は家作りの価値観がしっかりしていないなと感じます。ただ、知らなかっただけという可能性もありますけど。都市部を中心にハザードマップの中に住んでいる人は大量にいますし、これからもハザードマップを避けて家作りをすることが難しい人もたくさんいるでしょう。首都圏なんて、洪水と高潮でハザードマップを表示すると以下のようになり、赤やオレンジの色のついた場所が警戒地域です。法律に定められたら重視すべきだと言い始めて、法律に定められないと何を採用するかは価値観の問題であると言うのであれば価値のある情報とは言えないでしょう。そして、法律に定められるまで洪水や津波でどれだけの人が日本全国で死んだと思っているか。高気密高断熱は必須と言うと高気密高断熱住宅に住んでいない人を傷つけるから言わない方が良いというならハザードマップについても言うなと言いたい。どれだけハザードマップの警戒区域の中に住んでいる人がいると思っているのか。ただ、過去や現在でなく未来に家を建てる人に向けて情報を発信をするのであれば、必要以上に現在の人を傷つける必要はないけれども私は本当のことを言うべきだと思っています。できれば高気密高断熱住宅が良い、できればハザードマップの警戒区域の外が良い。ただ、個人の都合によってそうならない時もあるよねということだと思います。予算の問題を除けば、高気密高断熱住宅とデザインや庭造りなどはほとんど関係のないことなので、このあたりを混同しなければ良いのかなと思います。高気密高断熱住宅とハザードマップについては全然次元の違うものだと考える人もいると思いますが、私はこれは想像力の問題だと思います。さて、個人のブログやSNSも収益化ができる時代ですから、フォロワーなどのスポンサーに配慮した情報発信は当然だと思いますが、現在の人達を基準にビジネスの燃料とするのであれば、視聴者が傷つく本当のことは言わない方が良いですからハザードマップについては触れない方が良いでしょう。もちろん、ビジネスや注目を集めたいとかではなくて、情報が正しいとしても誰かを傷つけたくないからハザードマップのような情報は発信しないという人もいると思います。また、どんなネタでも間取り相談やカタログ一括請求などのアフィリエイト収入につなげる人は商魂たくましいと逆に思いますけどね。そして、未来に家を建てる人に向けて情報発信をしたいなら儲けにはならないですが、ハザードマップを含めて本当の事を言った方がいいと私は思っています。これは人それぞれの考えです。

  • 16Oct
    • アメブロ復活! このろくでもない気が付かなければ幸せな世界

      こんにちは!最近はワードプレスの個人ブログでしっかりした記事を書くのが面倒になってきて、インスタグラムでつぶやいていました。しかし、インスタグラムの使い方とは趣旨がずれるため、二年前に終了したアメブロを復活させることにしました。ワードプレスの個人ブログについてはしっかりした内容の記事を書く時は利用しようと思います。そろそろ正体がバレそうなので身バレすることはあまり書きたくないのですが、他の方の参考になる私が持っている知識というと、注文住宅を四軒建てた経験に基づく家作りのことと、仕事でもそれなりの経験値から得た仕事術や思考方法なのかなと思っています。そして、アメブロ復活第一弾の本日はSF映画のような話をします私はたくさんの家作りや仕事の経験を通じてあることに気が付いてしまったのです。それは、私たちの生活する世界は現実世界と仮想世界から出来ているということです多くの人が存在を意識しない市場や常識などという存在は1つの仮想空間なのではないかと私は考えています。例えば家を建てる際に住宅市場という形のない仮想空間の存在を意識する人は少ないと思います。それよりも、どのハウスメーカーが良いかなどというリアルに存在する企業や商品に目が向くと思います。住宅市場という仮想空間に設定された建築基準法などのパラメータから生み出される商品に対して、その中から何を選ぶかが個人ごとの価値観であると思うようになり、パラメータ自体の設定がおかしいと考える人はまずいないでしょう。ただ、住宅市場は建築基準法が自ら最低限の法規と記載しているようにパラメータの設定が良くないため、耐震性かデザインのどちらを取るのかといったような争いが起きる空間設定になってしまいっています。同じような話では高気密高断熱住宅が必要かといった話も建築基準法や省エネ法などの設定が良くないから起きることですが、だれも空間に設定してあるパラメータを疑わずに、何を選ぶかは個人の価値観の問題だと考えるようになってしまいます。一度、この仮想空間ができあがってしまうと、その中で生活する人は空間自体の存在に気が付かなくなってしまいます。そして、仮想空間の存在自体を疑うこと自体をおかしなことだと思うようになります。例えば、オバケは存在しないという空間設定ではオバケを見たと言っても誰も信じないということと同じです。視野を広く持つという意味についても、その空間のなかにある沢山の商品知識などを持つという意味であって、仮想空間自体の存在や設定を疑う人はほぼいないと思います。エアコン市場を仮想空間として考えると無断熱住宅を基準に設定された6畳用の能力のエアコンは、高性能住宅では60畳用として使えると言っても、「そんな簡単には出来ない」という形で仮想空間の呪縛から開放されない人が大半なのです。一方でエアコン市場の中でどの機種が良いかなどという検討は盛んに行われますが、エアコンの畳数設定の前提条件についての考察はほとんどされません。住宅やエアコン以外でも市場や常識などという仮想空間はいくらでも皆さんの周りに存在します。その存在に気が付いたときに今までの悩みや思い込みから開放される可能性がある反面、知らなければ幸せだったと感じることもあるでしょう。少ない予算や少ないリソースで現実問題をより良くしたいなら、この仮想空間の設定を超える発想や行為をすれば不可能は可能となるのです。そして、本来は仮想空間の存在などを意識しなくても、仮想空間の設定パラメータが最適化されていれば、誰でも豊かな生活を送れるわけです。家作りでも職場でも家庭でも、もしあなたが苦しい状況に置かれている場合、その仮想空間の外に別の世界があるということに気が付くことができれば、もっと楽にもっと豊かな生活を送れる可能性があります。以上、このろくでもない気が付かなければ幸せな世界に私たちは生きているのですの巻きでした(・∀・)

  • 10Oct
    • 本当にアメブロ終了のお知らせ

      こんばんは(・∀・)インスタグラムとワードプレス側に主戦場を移す関係から、こちらのサイトの更新とすべての受付を停止させて頂きます。つまり過去データ表示用になります。アメブロ自体を消そうかと思ったのですが、まだ参考になる記事も残っていると思いますし、新しいまとめサイト側に全て移植できていないことから、アメブロは残しておきます。振り返れば2016年2月に一条工務店の展示場にて仮契約を行い、アメブロに家作りのブログを立ち上げました。その後、2017年4月には三代目に入居、2017年9月には二代目を売却、2018年10月には四代目に入居という目まぐるしい三年間でした。私の人生において、こんなに濃厚な時間はもうないかもしれません。そして、これからは本当の健康住宅の普及に向けて情報発信をしてまいります。以上、これまでありがとうございましたの巻でした(・∀・)

  • 08Oct
    • 内覧会スタート

      こんばんは(・∀・)まだ、四代目にいてまとめサイトのブログを書いてました。明日から会社なので三代目に今から車で帰ります。内覧会♯01 住宅概要説明内覧会♯02 フローリング我が内覧会ではこれから一条施主の悩みを全部解決します。なんてね(;^ω^)いやー、今週は疲れ果てました。何かに燃えるって良いですね。以上、あと半年は内覧会は続くかもの巻きでした(・∀・)

  • 03Oct
    • 四代目引き渡しカウントダウン

      おはようございます(・∀・)まとめサイトに四代目の工事とかの模様をようやくアップし始めました。といってもまだ全部投稿できてないので、ボチボチ投稿してまいります。家は三軒建てないと満足しないの本当のところ四代目の基礎工事10月5日の引き渡しに備えて、買い物とか多くて、てんやわんやでブログの更新作業が滞っています。四代目に入居して落ち着いたらアメブロの更新は止めて、まとめサイトとインスタグラムに主戦場を移します。以上、Majiで引き渡しの5秒前の巻でした(・∀・)