長岡楽しく学ぶ会~新潟・長岡市で仮説実験授業やアドラー心理学等を楽しむ~ 

長岡楽しく学ぶ会~新潟・長岡市で仮説実験授業やアドラー心理学等を楽しむ~ 

わくわく科学教室(仮説実験授業)やアドラー心理学の講座などを企画、運営しています。あすなろ教育研究所http://atuikarashi.ken-shin.net/ 楽知ん研究所長岡 https://lin.ee/Qb3VAXX 

昨日(11月29日)は某小学校勤務でした。

面談は保護者と2件、その後児童観察、放課後に担任と面談しました。

2件だと時間的には余裕があります。

 

担任との面談後、担任から「こうしてお話して、また明日から頑張ってやろうと思えます。」とコメントを貰いました。

嬉しいですね。

 

アドラー心理学にはいつも根底に勇気づけがあります。

12月17日・「アドラー心理学勇気づけ実践講座」、16人の申し込みとなっています。

皆さんの参加のご検討をお願いします。

チラシは下記から

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

2022年11月23日・24日と旅行支援割を利用して妻と草津温泉に行ってきました。

こんなに、にぎやかな温泉街とは知りませんでした。

 

草津に着いて、まずは草津熱帯園へ。

カメがたくさんいました。他にもたくさんの熱帯動物たちがいました。

 

湯畑へ、煙がごうごうと。

 

宿はリーズナブルな伊藤園ホテル草津、

温泉街とはちょっと距離がありますが、いいホテルでした。

 

2日目は

熱乃湯の<湯もみ>、伝統です。

 

帰る途中に高山村のロックハート城へ

津川雅彦が誘致したとか。

 

はじめての草津温泉、一度はおいでよ~ 

いいところでした。また行きたいです。

 

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

 

 

11月19日、いいお天気で、柏崎・青海川の鮭の遡上を見に行ってきました。

迫力あるシーンはありませんでしたが、数匹の鮭が泳いでいました。
写真は柏崎さけのふるさと公園のガラス越しに見える鮭です。

 

ついでに松雲山荘庭園の紅葉を見てきました。
今が一番いいかな。
赤くなるのはアントシアニンという色素がでるからとか。

 

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

 

昨日(2022年10月13日)は新潟県十日町市・大地の芸術祭を妻と見学しました。最終日でした。

 

まずはメイン会場のキナーレ(美術館)、建物そのものが錯覚するもの、他面白いものがたくさんありました。

中庭の水面、底が深くなるかのように見えます。

 

次に松代地域の農舞台

ここにはカメラオブスキュラ(ピンホールカメラ)があります。

穴が空いているだけで外の景色の像が逆さに映るのです。

 

そして松之山地域の脱皮する家、古民家に彫刻をいれて芸術作品に。

 

星峠の棚田は有名です。

 

宿泊は旅行支援割を使って、松之山温泉の凌雲閣。

歴史があり国の有形文化財に指定されているとか。

夕食の純和食はおいしかったです。

 

初めて大地の芸術祭を観光しました。

3年後また来たいと思います。

 

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

 

 

 

某中学校で生徒会誌に載せる短文の原稿を頼まれました。

次のように書きました。

 

できているところに注目しよう!

自分にも他人にも。

勇気づけよう!

自分にも他人にも。

五十嵐SCより

 

相談に来る生徒は皆、けなげで必死に生きています。

一服の清涼剤になればいいなあと思っています。

 

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

長岡楽しく学ぶ会会員でもある渡辺千佳子さんがヨガインストラクターの資格を取りました。

お試しでヨガ教室を行います。

よかったら参加のご検討をお願いします。

 

12月18日(土)14:30~15:30

長岡市市民体育館 和室

500円

お問合せ・申込先:渡辺 千佳子        

メール chika.ratna.yoga@gmail.com

 

昨日(2022年11月8日)は月食・皆既月食でした。

ご覧になりましたか?

 

古代ギリシャの科学者はあの影は地球の影で、だから地球は丸いのだと考えたのです。
なんという叡智!

 

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

 

子どもの母親のカウンセリングが多くあります。

涙ながらに「子どものことが心配で心配で・・・」とおっしゃいます。

 

僕は「親だから心配なのは当然です。僕も親だからよくわかります。その心配を信頼に変えてみませんか。

心配メッセージを受け取るのと、信頼メッセージを受け取るのと、子どもにとってどちらがいいと思いますか?」

と話したりします。

 

実は心配というのは母親自身の課題なんです。

「心配を信頼に変える」・・僕のアドラー心理学の師匠:岩井俊憲さん(ヒューマン・ギルド代表)から教えて貰いました。

 

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

 

僕は64歳、今も尚、学習意欲は衰えないです。

コロナ禍のおかげで、zoomでたくさんの研修が受けられるようになりました。

今日の午後は「アドラー心理学 ジェンダー指針と役割モデル」を受講します。

 

僕のスクールカウンセラーとしての収入は決まっています。

すぐれたカウンセリングができたから収入が増えるわけではありません。

研修を受けるだけ、支出が多くなります。

それではなぜ研修をうけるのでしょうか?

 

自分の腕をあげることは、クライエントの支援につながるからです。

それは、クライエントのためと同時に、自分の貢献感を増すことでもあります。

貢献感は幸福感につながります。

 

僕が主催する講座に参加する人の多くは、おそらく僕と同じ動機だと思います。

12月17日「アドラー心理学勇気づけ実践講座」への申し込みは現在10人。

皆さんの参加のご検討をお願いします。

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

 

10月30日、楽知ん研究所提供「もっと<ぶんしっし>0講座」を行いました。

参加者は4組10人。

 

今回の参加者では父子(娘)が二組ありました。

母子の参加が多い中、父子の参加は僕としても嬉しく思いました。
作業しながらの父娘の会話が沢山あって、見ていて微笑ましいです。
僕も娘がいたのでわかるのですが、「お父さんはきっと幸せ気分だろうな。」と
思いました。
こうした<高級な学びの場>があること大事だと思います。

今回参加した方全員、次の<もっと1>受講を希望し、名札を預けていきました。

 


あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/