長岡楽しく学ぶ会~新潟・長岡市で仮説実験授業やアドラー心理学等を楽しむ~ 

長岡楽しく学ぶ会~新潟・長岡市で仮説実験授業やアドラー心理学等を楽しむ~ 

わくわく科学教室(仮説実験授業)やアドラー心理学の講座などを企画、運営しています。あすなろ教育研究所http://atuikarashi.ken-shin.net/ 楽知ん研究所長岡 https://lin.ee/Qb3VAXX 

人の会話におしゃべりがあります。もちろん楽しければそれでいいです。

人を支援しようと思ったら相手の立場になって話を聴く必要があります。

 

傾聴は単なるおしゃべりではありません。

ある本には「傾聴は人と人をつなぐコミュニケーション」とあります。

傾聴をきちんと学ぶことが人への支援の第一歩だと思います。

 

8月25日14時から

三条東公民館 参加費3000円

講師 伊藤美幸さん(新潟)ラポール代表・産業カウンセラー

あすなろ教育研究所

atuikarashi.ken-shin.net

 

 

 

5月12日、もっと<ぶんっし>1講座を見附・ふぁみりあで行いました。参加者は4組8人。アルコールの分子について学びました。アルコールはメタノール・エタノール・グリセリンのことです。感想をいくつか紹介します。

 

5・・とてもたのしかった。5人   4・・たのしかった。3人  他なし 

 

Rさん(中3)

前のぶんしっしより複雑な形で作るが難しかったけれど、アルコールの仕組みがわかって面白かったです。

 

Mさん

 この年齢になると学べる機会がとても少ないのだと痛感しました。新しい学びと刺激がとても有意義でした。子供のおかげで、一緒に楽しめるすばらしい時間でした。ありがとうございました。

 

こんな感想を書いて貰って嬉しいです。

 

写真は参加者:齋藤さん提供

 

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

 

〇親子孫で<たのしい仮説実験>講座

  <磁石>

 身近な磁石から壮大な話に展開します。

 7月14日15日 三条市大崎会館  

 7月27日28日 長岡市中央公民館

 

〇カードゲーム&もっと<ぶんしっし>0講座

  8月18日 燕市中央公民館 

  9月22日 見附市ふぁみりあ

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

 

カードゲームを指南してくれたKさん親子は百均〇シールで分子模型を作っているそうです。

LINEで写真が送ってもらいました。

ここに紹介します。

 

 

結構立体的に見えて、よくできているなあと思います。

 

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

 

カードゲーム&もっと<ぶんしっし>0講座を4月29日、見附市ふぁみりあで行いました。山々、人々と同じように、たくさんの分子を、楽知ん研究所では、<ぶんしっし>とよんでいます。午前は空気の分子を学び、カードゲームで原子・分子に親しみました。午後は、ぶんしっし職人という発泡スチロールカッターを使って原子球を切り、ボンドでくっつけて5000万倍の分子模型を作りました。参加者は5組13人でした。皆さんの感想をいくつか紹介します。

 

Sさん(中3) 

遊びながら学べるところが良かった。やっていくうちに覚えられた。

 

Kさん

教えてくれる小学生のおかげでゲームがさくさく進みました。

彼がいなければこんなに楽しくゲームができなかったと思います。

 

Hさん(高3)

分子模型を作ると時に、実際の原子と同じ数の原子球を使ったのが、分子構成を覚えやすくて良かったです。

原子論の歴史も知ることができて興味が出てきま

した。とても楽しかったです。

 

<すべての物質は原子でできている>という科学のもっとも基本的なことを、親子でたのしく学んだ1日でした。

 

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

 

 

2024年4月10日、妻と義父(95歳)で桜を見に行きました。

越路河川公園の桜は初めて見ましたが見事でした。

近くに井上円了顕彰碑があります。

彼は東洋大学の創始者ですが、役人にはならず、著書の販売でのお金で哲学館を作り、在野で活躍しました。

今の長岡高校を卒業しました。

その在野精神に魅かれます。

 

悠久山公園の桜はもうすぐ満開です。

公園の中に小動物園があり楽しめます。

快晴で気持ちの良い一日でした。

 

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

 

 

 

二足の草鞋の科学入門の方では、自由に発言できる“場”を作るのが主催者の役割と強調されています。

この“場”については心理学でも大きな意味を持っています。

 

子どもがごみを拾いました。

それを見て、「ありがとう。」と言ってももちろんいいでしょう。

そうではなくて、

「ゴミ一つおちていなくてきれいで気持ちいいなあ。」と“場”に向かって言うとどうでしょうか。

子どもが聞いていたら、より貢献感を持つことでしょう。

直接、褒めたりお礼を言うより、より勇気づけになるかもしれません。

 

先日「不安や緊張の子どもとの関わり方」講座の後、数人で夕食会・懇親会を行いました。

同じ目的意識のある人達です。安心・安全で自由におしゃべりができて、大変有意義な“場”でした。

今度の講座でもやりたいと思います。

 

 

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/

 

2024年4月7日、カタクリが見られるというので越後丘陵公園・里山口へ行ってきました。

斜面一面カタクリの花が咲いていて圧巻でした。

カタクリは昔、片栗粉の原料だったそうな。

 

白い花も咲いていてグーグルカメラ検索では、Anemone caroliniana と出てましたが???

 

あすなろ教育研究所

http://atuikarashi.ken-shin.net/