【画像アリ】祝!脱ステ・ケトプロ食1ヵ月 | アトピーにやさしいごはん
新型コロナウイルスに関する情報について

アトピーにやさしいごはん

粗食(菜食)→肉食系糖質制限(糖質ゼロ目標)→ゆる低炭水化物食を実践中。4才と1才の子育てママ。いいとこどりしたレシピを更新中。


▽▽▽祝!脱ステ・ケトプロ食1ヵ月▽▽▽



今日は脱ステ1ヵ月の経過比較をするので、患部画像ありますが、アメンバー限定かけません。

文章の最後の注意事項をきちんと読んでくださるよう、お願いします!


これはアトピーで悩む人に、ケトプロ食の効果を確かめてもらって、お節介ながらも自身の食事を一考する機会になればという思いです。


しかし私から無理にケトプロ食を、オススメするつもりは毛頭ありません。

私も菜食・マクロビをしていたので、動物性食品が本当に安全なのか、不安がとても大きかったです。

そんな気持ち、一応わかるつもりです。



マクロビやビーガンの、「動物に負担をかけない食を」という想いはとても素晴らしいです。

自分が肉を食べることで生態系に負担がかかるのは、動物たちに想いを馳せるととても心痛いことでした。


でも、植物であれ動物であれ生き物は皆、命を“いただくこと”で生かされていると思います。

人間同士でも、私は父と母の命を削ってもらって育ててもらいました。

父と母は、一体どれだけの時間を私に割いてくれたのでしょう。

大人になった今でも、たくさん助けてもらってます。



だから「いただきます」と言って、感謝して肉を食べる決意をしました。

私のアトピーをここまで治してくれたのは、動物の命です。

しかも牧草を食べてる動物さんの肉ではなく、ふつうのスーパーの安いお肉です。

スーパーの肉は薬で育った動物さんだけど、私のアトピーはここまで鎮まってます。




いかに必要な栄養素を摂ることが大切なのかを痛感しています。

必要な栄養素が摂れると、甘いものがほしいという飢餓感がなくなります。

甘いものが、いかに体を傷つけていたのか痛感しています。

必要な栄養素がないと体は正常に働かないことを感じています。



私のアトピーはまだ治りきっていませんが、現段階の状態は、確実1ヵ月前より治っています。

私の経験から感じたことは、脱ステだけじゃかなり厳しかったんじゃないかと思います。

糖質を摂ってる限り正常な代謝にならないので、脱ステが長引いたり、治りきらなかったりするんじゃないかと仮説として考えています。



脱ステ+ケトプロ食だったからこそ、短期間でここまでこれたと思います。

厳密には、今日で脱ステ1ヵ月、ケトプロ食3週間(+移行期1ヵ月)です。



最初、腫れてゴワゴワでガサガサでした。
靴下&靴ははけませんでした。
毎日クロックスでした。

次第に汁が出て、ベタベタが気持ち悪くてサラシ巻きました。



今は、腫れはおさまり粉ふきもおさまりカサカサ、まだ痒いですが、しつこい痒みはありません。
汁もほぼ止まってます。

今なら靴が履けます。

お風呂で滲みていたのがありません。



今の食事は、
卵  3個
豚or牛肉  150g以上
鶏or魚介類  少々
チーズ  20~40g
牛乳  300~400ml
プロテイン  20gくらい
バター  200gの1/3
調理はラードを多めに使用







▼▼▼※※注意事項※※▼▼▼


文章は以上です。

脱ステ始めた頃や、MAXひどいときの画像もあります。

以下、画像掲載があることをご了解の上、読み進めてください。


なお、毎日アメンバー限定で経過画像をUPしています。
アメンバー申請はお気軽に♪





▽▽▽画像▽▽▽

ホーム画面に画像が出るのを防ぐために息子の写真(笑)



■足の甲


ピンぼけが悔やまれますが、脱ステ1週間~10日頃・ケトプロ食2~3日目
掻きむしって真っ白。腫れて浮腫んでます。


↓現在

粉ふきも少なく、腫れも浮腫みもありません。
小さいかさぶたがほんの少々。



■足の甲の側面

↑ボコボコで、ガッサガサでした。
時期は足の甲の最初の画像と同じ。


↓現在

踵がもうちょっとですが、ボコボコは平らになってます。




■膝裏

↑最初の頃

↑浸出液が増えた頃


↓現在

掻いても浸出液はでないのですが、知らないうちに多少出てるのか、かさぶたが少し、できては剥がれを繰り返しています。




ご覧いただきありがとうございました!