わからないから放っておこ!

テーマ:
私は、難しい問題や

わからないことと出くわすと

それを調べたり

わかる人に聞いたり

理解できるまで食いつくという質が

ありませんでした。


わからなくても、困ることはない

と、判断し、調べたり聞いたりする

めんどくさいことからは、

サラリと逃げていました。



ですが、この

わからないことを放ったらかしにする癖


というのは、自分にとって

とんでもない悪癖だということを知りました。ガーンガーンガーンガーン


私は、なぜ


わからないことに出合ったとき

立ち向かうことが出来なかったのでしょうか?
ポーン

その原因は

本当は自分を愛していない

本当は自分を大切にしていない


という思いが、潜在意識に働きかけていることにありました。ショボーン

では、どのような思いが

原因を作るのでしょう?



それは、

自分を毛嫌いした履歴がある


ということにあったのです。えーん



自分をある部分認めていなかった

否定していた


そんな過去の自分の思いが

今の幸せを排除していたのです。チーン


潜在意識は、善悪の区別がつかないそうです。

自分を認めない!

という思いが潜在意識に入ると

ご主人さまの認めていない存在を

幸せにしてはいけないのだ!と判断します。


繰り返された感情があれば

更にそれは強くなります。

わからないことを知ってしまうと

自分が成長し、進化していきます。

知らないままでいることは、

成長や進化を阻むことに繋がります。



自分の人生が

なんだか思うように進まないのには

私の感じ方や

考え方に、それを阻む癖があったのです。

ですから

今は、自分の人生が

思うように運んでいく

考え方や感じ方とは、どのようなものか

成功している人は、

どう感じ、考えてきたのかを

一生懸命、勉強しています!


子どもが、わからないことに

出くわした時に、わかるまで

立ち向かう質を身につけて欲しいと

願うから…


子どもは親の真似をします。

先ずは、自分から

立ち向かう質を身につけたいと思いますおねがい


ダンナが変わった

テーマ:

私は、ソフトマクロビアンです。

 

きっちりがっちり、マクロビオティックを実行しているわけではありませんが

 

できるだけ、マクロビの理念に沿った政克を心がけています。

 

 

主人は、特にこだわりはありません。

 

ですので、私の出したものを口にするというスタイルで生活しています。

 

そんな私達の習慣で

 

朝の「梅醤番茶」があるのですが・・・

 

 

これを飲み始めた頃

 

主人は、酸っぱい顔をして、罰ゲームのように飲んでいました。

 

ですが、朝一杯の梅醤番茶が

 

血液浄化

電磁波対策

感染症対策

 

に最高の一杯であると信じてやまない私の思いを受取り

 

飲み続けていました。

 

ですが、毎日変な顔するもんですから

 

そんな顔して飲むくらいなら

 

彼の好きなコーヒーを出した方がいいかなぁと思い

 

コーヒーを淹れるようになったのです。

 

すると、主人の方から

 

「面倒だと思うけど、梅醤番茶 作って欲しい」

 

と言ってきたのです。

 

コーヒーはどこでも飲めるけど、梅醤番茶は

 

他では飲めないから・・・・という理由でした。

 

彼が自分から欲するようになったということは

 

それなりに、体調がよくなる効果が表れたということです。

 

お互いに、偏頭痛もちでしたが

 

症状がでる頻度が激減しました。

 

風邪をひくこともほとんどなくなりました。

 

 

夫婦って、パートナーは絶対にかわらない!みたいな

 

思い込みをギュッと握りしめて

 

それをひた隠しにして生活しているところが

 

ある気がしますが、

 

パートナーが自分の思いに賛同して

 

変化することもあるんだなぁと、

 

嬉しい発見を経験することができました。

 

毎日、すり鉢でゴリゴリするのは大変ですが

 

梅醤習慣、続けていこうと思います。

 

梅醤番茶の作り方

https://www.musubinewmacro.com/2016/01/08/%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AB%E6%A2%85%E9%86%A4%E3%82%A8%E3%82%AD%E3%82%B9%E4%BD%9C%E3%82%8A/

恐れが作る氷の世界

テーマ:
人は毎日考えていることによって

今ここに

天国か地獄を作り出すのです

(ジョセフ・マーフィー)


ガンになったら恐いな〜と思っている人は
ガンになる確率が高くなります。

子どもに落ち着きがなく、親が不安を抱き続けるとますます落ち着きがなくなります。

パートナーが、他の誰かに盗られるのではないかと恐れると、パートナーは去って行きます。

失敗を恐れると失敗を招きます。

私には、友達がいないので、というと1人ぼっちになります。

仕事がないんですよ〜と言うと、ずっと仕事を探す日々を過ごします。

お金がないことを恐れていると、ますます生活は苦しくなります。


人は、考えていることを

毎日現実化しているのです。
 
恐れから、自分や大事な人を守るには

恐れが沸き起こっても

自分を責めず、

ただただ、起こって欲しい夢を

求める訓練をすることです。


健康も、良い人間関係も

高級的な成功も

求める人にのみ与えられますラブ


何か悪いことが起こっても

落ち着いて、それをチャンスに変えて

人生を輝かせていきましょう(^。^)


{1DCD7683-F886-4836-8160-BE60B6F46E90}

どくだみの花が満開!

今年は初めてのかゆみどめ作りにチャレンジ

{4FE8A38A-A511-4051-9850-A2DBF38106AB}


生の花を洗ってホワイトリカーに漬けました

{081DBDB7-F0E6-4199-93AE-AE48C8AA0237}


こちらは、茎ごと干して

葉と花をホワイトリカーに漬けました^_^


虫刺されの季節に

携帯したいと思ってます。

効果は実証済み✨

かゆみがホントにピタリとやみます。

赤ちゃんなんかにオススメですよー

豊かな森の学校

{4DE31A14-2896-4DA3-B451-D9CAB1FF41CF}

おたまじゃくし

{6AF0FBE2-B52A-4AAB-8109-40752F5B1002}

カタツムリ


{9CFA5428-B336-4085-9AD0-4D2268E3A7BD}

ねこ


{4772C13F-DA50-482F-AC4A-6DF0E4EEF055}


そして、子供たち

{F82C996D-322B-4463-84AF-02AF01A2BD19}


2歳から、15歳までの時期

自分の意思で何をしていきたいのか

何をするのかを決めて、

進んでいく力を身につけていける

自然学校です。

{6F35675C-0752-4A26-8B5C-7B3470D1061D}


毎日の繰り返しの中で

自然と人の関わり

人と人の関わりが

深く深く根付いていきます。


自分らしく

生きられる選択肢が

ここにはあります…

汲んで使う

{8B9DE541-0955-4DD3-9F6E-78001D8F16A6}

どんぐり幼稚園では、お水は全て

汲んで使います。

外遊びで使ったおもちゃを洗うのも

汚れた足を洗うのも

全て、洗面器に汲んだ水を使います。

洗面器に入れる水は

バケツに溜めた水から汲みます。

蛇口から直接出た水を利用するのは

手を洗う時だけです。



歯磨きの水も

コップに汲んで、

うがいをしたら残った水で

歯ブラシを洗います。


私は、この一連の

水を汲んで使うという行動を見て

ハッとしました。
 
自分は、地球🌏を守ろうと

正義ぶっていたのに

こんなにも大切に水を利用しては

いませんでした。



水を無駄使いしない

資源を大切に使う

この徹底された繰り返しの行動で

こども達は、それが当たり前になっていきます。

親である私は、

徹底していない面も多々あり

恥ずかしくなりますが、

気づいた時から

気づく度に、真似して

改善するようにしています。


綺麗な水が

蛇口をひねれば

いくらでも使えることが

当たり前になっていて感謝の気持ちも

あまり抱かずにいます。


ですが、世界中からみて

こんなに素晴らしい環境があることは

非常に恵まれたことだと思います。


ありがたく

大切に使う心を

いつも忘れないでいたいなと思いました。





幼稚園の送迎 毎日60キロ

テーマ:

我が家から、娘の通う幼稚園までは

 

およそ11.5キロ

 

毎朝約20分ほどかけて、幼稚園まで送っていきます。




 

幼稚園は、小さいけれど豊かな森の中にあり

 

朝日の登る桜島を見ながら、駐車場から園までの徒歩3分ほど

 

娘と歩きます。

{7EAB3D63-A7A5-45C0-91F7-A56660EC45AF}

{15A6D005-8468-4005-AB4C-F57740666BBC}

{B46A4A93-5C42-4C7E-951C-51FB52AA3F9C}


 

娘はほぼ走っていますが・・・・

 

年少々クラスの2歳半から3歳の間は

 

ほぼ毎日、だっこしていましたが

 

年少クラスになり、自分の足で行くようになりました。

 

幼稚園につくと、新鮮な空気と

 

生き生きとした緑に癒されて、仕事に向かいます。

 

幼稚園から職場までは、約20キロ

 

1時間ほどかけて行きます。

 

帰りも20キロの道のりをのらりくらりと

 

お迎えに行き、そして、11.5キロかけて自宅へ帰ります。

 

毎日約60キロの、車の旅車

 

運転が好きな私は、

 

ドライブを楽しみながら通っています。

 

送り迎えをすることで

 

こどもとギリギリまでコミュニケーションがはかれ

 

先生から、直接毎日の様子を聞けるメリットもあります。

 

{DAA97AC3-B0B2-46E4-80E7-87E3D536A72A}

{EED4EE86-E3E0-4C40-AD70-6206DC6495E6}

相談事も、直接話ができるし、

 

他のお友達の様子も見られて

 

みんなが我が子のように思えるのも

 

毎日顔を合わせられることの大きなメリットだと思います。

 

バスが送り迎えしてくれる園が

 

増えてはいますが、この小さな積み重ねの日々が

 

子供にどのように反映してゆくのか・・・

 

未来が楽しみです。

 

{3EE3FFBB-FF56-417A-9DDF-B0F8F6C022CB}

 

 

 

 

 

 

 

{46D4F89F-5280-42B4-93A0-923C4F54FFFB}

{DA0ADFB0-C082-473B-82FF-E9969F38E85A}

20年後、30年後から見て

今をどのように過ごすか…




たった一度しかないこどもの幼児期に

親としてどのように接したらよいか

私は知りません。


だって、初めて母親になったんですもの。

食べ物に関しては

添加物を使わないようにしたり

その他にもいろいろと気をつけました。

ですが、

こどもがイヤイヤ言ったり

物を投げたり、自分を蹴ったり叩いたり

してきた時に

私は、どうしてよいのか

いつもわかりません。



そして、私は

イライラして、逃げ出したくなります。

私の癖は、

嫌なことがあると

立ち向かわず、逃げるということでした。


ですが、親として

そんな自分の悪癖を子供に見せ続けて

真似されては

困るし、なんだか悲しいことだなと思いました。



娘が通っているどんぐり幼稚園では

通う事で、親としての在り方を自分が

学ばせてもらっています。


最近、よくそう思うのです。


もちろん

大自然の中で

土や太陽や木や風や

虫や動物達との触れ合えることも

他では味わえない魅力ですが…

こどもの気持ちを一番に考えて

こどもが受け入れられるような声かけの仕方を

教えてくださることが

何よりも、私の支えとなっています。




痛い事をするときは

痛いからやめてね!と真剣に伝えます。

蹴ったりしたら

あなたの足でいるのが嫌になって

足さんが、お友達のとこに行っちゃうかもね!

そしたら、あなたは、足がないから

もぅ、何処へも行けなくなっちゃうね〜。

とか。


まるで、絵本の中のお話のようですが

こどもは、繰り返すうちに

腑に落ちる瞬間があるようで

少しずつ、嫌なことをしなくなっていきます。


先生方は、もっと想像力が豊かで

素敵にお話します。




我が家の場合は

3歳7カ月にして

まだ、嫌なことをすることもたくさんあります。

ですが、自分が

やたらとイライラしたり

どうしたらよいかわからないと思う回数が

減ってきたように思います。


子育ては、自分育てだなと


つくづく思います。


ですが、私は、20〜30年後

きっと

こどもとの幼児期の過ごし方について

後悔したりはしないと思います。


今は大変ですが、

こどもを育てるという

素敵な経験させてもらえて、

ありがたい日々です。

{957C096D-FB58-4ECA-BF34-EC74B2E25913}