今週から2回に分けてシドニーに留学している先輩 森表直哉さんの留学記をご紹介します。留学して感じたことを素直に言葉にしていて、留学した時の気持ちを疑似体験できる記事です。Enjoy!

 

-----

留学生活が始まって自分が思っていた以上に英語が世界共通語として機能していたことに驚いた。自分は交換留学で英語が話せるようになったらなという感じで渡豪してきたのだが、そのモチベーションで交換留学に臨んでいるのは日本からの学生だけだった。私の派遣先大学は留学生を積極的に受け入れていることもあり、インドを中心としたアジア系の人も多く多国籍なのだが、全員当たり前のように英語で会話している。違う国からの交換留学生も英語はできて当たり前、違う大学で学んでみたいから来ている、というスタンスで私たち日本人とは考え方がまるで違う。英語が話せる人にかっこいいなとかすごいなという憧れを抱くのが日本だが、他国では使えて話せて当たり前なことに感じ大きなギャップを感じた。

 

新入生の中には高校卒業したばかりの18歳の子がfull degree (学位を取ることを目的にした留学) で祖国を離れて学びに来ている人もいる。自分の高校時代も含めて、日本の大学受験のスタンスといい国内の大学に行くことが前提で、どこの大学が上とか下言うことばかりを気にして海外の大学に行くという発想はなかった。大学進学と言えば国内の大学が当たり前の発想であるこの状況に、日本が英語社会に置き去りにされている現状だと感じた。しかしインドの学生の話だが、中には国内で納得いく大学に行くことができなかったから外国の大学に来ているという人も何人かいた。日本ではみんなが納得のいく大学に行けるだけの大学の数と教育が提供されているということは、逆にほかの国の教育に頼らなくてよいという点で日本の教育も評価されるに値すると思う。

 

 

Full degreeを外国から取りに来ている学生の中には学費、生活費を稼ぐために授業に出ず仕事をする人もいるし、週7日全部仕事をしている人も珍しくない。(visaの関係上基本的には週24時間の労働しか許可されていないのだが、6月まではその制限がオーストラリア政府により解除されている。) 日本の大学生のバイトに明け暮れた日々とは訳が違う。彼らのこれからの人生を考えると、それだけの思いをしてでも学位や修士をとる必要があるのだという。私が大学時代は人生の夏休みということを信じ切って好きなこと存分にして楽しんでいた一方で、世界を見ると自分と同じ世代の若者が彼らの将来考え、必死に大学を卒業しようとしてることにやるせない気持ちをおぼえた。これからの世界を担っていくものとしての学ぶ姿勢といい、自分の人生への考え方について見直し考え直させられた。

 

 

 

大学主催のオリエンテーション。新入生歓迎会のような一週間にわたるイベント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アティーナの講座の中では学生さん同士が、英語で会話をする場面が多いのが特徴です。話すテーマが与えられている場合もあれば、自分たちでテーマを見つけて気軽な会話をする場合もあります。

 

その会話の中で”normal people"という言葉を時々耳にします。一般の人という意味で使われることが多いですが、ここで皆さんに質問です。

 

私たちにとってnormal ってなんでしょう?

 

何を持ってnormalと呼ぶのかは人によって違います。それは東京でいうところのnormalは沖縄では通用しない、ということもありますし、またもっと狭い範囲で言えば、結婚した夫婦の夫と妻のそれぞれの実家でいうnormalが異なる、ということもあります。

 

ということは文化や言葉の違う国家間ではその差はさらに大きく、日本で思うところのnormalは海外では通用しないということが起きるのは想像に易し、ですよね。

 

「健常者」「異性愛者」と言った言葉を使う状況でnormal peopleという言葉を使うとどうなるでしょうか?そのカテゴリーに属さない人は"abnormal"でしょうか?そうではないですよね。最近は誰も取り残さず、ダイバーシティーのある社会を喜んで受け入れよう、という風潮がようやく浸透してきました。日本にもその風が吹いているのをところどころで感じます。でも他の先進国に比べるとまだ少し遅れをとっているかな、と思います。私の肌感覚ですが。

 

言葉は力を持っています。言葉はweaponになることもあれば、oasisとなることもあります。英語を話す私たちはその意識を忘れず言葉を発していきたいですよね。

 

 

英語コミュニケーション講師

Mitsi

 

今日はインプットって大事だよっていう話です。

 

私はバラエティ番組が好きで、疲れてぼーっとしたい時に観て笑っています。この間「激

レアさんを連れてきた」という番組で、作家の赤松利市さんが紹介されていました。この

方、路上生活をしながら執筆し、賞をとって作家デビューを60代で成し遂げた人で、その

山あり谷ありの人生はかなり激しく面白いものでした。

 

赤松さんは子供の時から活字が大好きで、とにかくたくさんの本を読んでいたそうです。

路上生活になっても、手元にあった五千円を握りしめ、ブックオフで40冊の本を購入して

読んだりしたとのこと。多くの本を読んで、読んで、読みまくっていた赤松さんですが、

60歳を過ぎたある日、脳内に文章が湯水のように湧き出てきたそうです。本人曰く、原

稿用紙20枚分くらいは脳内にストックできるので、それをパソコンで文字起こしするんだ

とか。

 

赤松さんの話を聞いていて、ふと思い当たったのが、外国語学習でぜんぜんうまく話せな

い、聞いていることがわからないと思っていたら、ある日周りの言っていることが理解で

きたり、話ができるようになるということ。毎日、毎日英語のリスニングをやっているの

に、いつまで経っても変わらない、もうだめだ〜というのはよく耳にする話です。でも、

ある時から急に単なるBGMから意味のある言葉として英語を理解できるようになるのです

が、それって赤松さんと一緒じゃん!と思ったのです。

 

なにが?と思うかもしれませんね。つまり、赤松さんは大量の本を読んでいて、膨大なイ

ンプット量があったのではないでしょうか。それがある閾値を超えたときにアウトプット

という形で溢れてきたのでは。大量に英語を聞いて、読んで、たくさん勉強しているのに

、それが話したり、書いたりという形でなかなか実現しないと思っている人はたくさんい

ると思います。私もそうでしたから。でも、インプットが詰まっていたら、それはやがて

閾値を超えるとアウトプットとして出ていきます。閾値を超えるタイミングやきっかけは

人それぞれかもしれませんが。

 

インプットがなければ、出すものがなにもありません。それは語学だけじゃないですよね。

中身が空洞な人間の言葉には重みが感じられず、知識や経験の豊富な人の言葉は心を打

ちます。インプットしたものが自分のものになったとき、それは形を変えて自分からまた

出ていきます。言葉も知識も循環してる!アウトプットがまだって思う人は、腐らずにイ

ンプットを重ねていってください。必ず閾値を超える時はきます。

 

英語コミュニケーション講座 講師

Emma