伝統文化継承開発機構 狂言パフォーマンス
〜芸能はどのように伝承されてゆくのか〜
狂言編

狂言の伝統はどのようにして受け継がれていくのか?
小笠原匡と息子・弘晃が3歳からの道のりを映像資料を交えてお話し致します。
伝統文化の世界では門外不出となかなか語られない内容で、とても興味深い内容になる筈です!

今回は狂言「靭猿 うつぼざる」を解説付きで鑑賞いたします。

是非ご覧下さい‼︎ ↓


YouTubuでのライブ配信にもチャレンジします。
YouTubuをご覧頂ける方はこちらからお願い致します。↓

https://youtu.be/f1H5GRDs4DQ


皆さま、
この度YouTube エコール・オガ.チャンネルにて

『遐齢延年講座』開講致しました。

始めは『狂言』についてお話し致します。

今後は『日本の芸能史』や『世界の芸能史』『日本の仮面劇』『世界の仮面劇』、『東洋と西洋・芸能の源流を探る』『コンメディア・デッラルテからシェイクスピア・モリエールへ』『抱腹絶倒・新猿楽記の世界』等々、順次アップしてまいりますので乞うご期待下さい。

先ずはご視聴、ご登録の程
何卒よろしくお願い申し上げます‼︎

弥榮

チャンネル登録はこちらより!















いよいよ本日より京都ロームシアターにて「新猿楽記」公演撮影が始まります。

疫病退散と公演成功を祈願して蚕ノ社(木嶋坐天照御魂神社このしまにますあまてるみたまじんじゃ)
、広隆寺、大酒神社に参詣致しました。所縁の秦河勝は芸能神でもある荒神様です。

彌榮‼︎






新猿楽記公演撮影の為、本日より京都ロームシアター大ホールでの仕込みが始まりました。

明日ゲネプロで、2829日の2日間で公演撮影を致します。

この度「翁」の為に打ちました〝延命冠者〟面を娘・小笠原彩(彩乃)に預けて、疫病退散祈願の御祈祷をしてもらいました。

疫病退散を祈願して舞台を勤めさせて頂きます。

彌榮‼︎

面について「京都STEAM」 ツイッターにもアップされております‼︎
↓  ↓  ↓

https://mobile.twitter.com/kyoto_steam/status/1242950502712619008


https://mobile.twitter.com/kyoto_steam/status/1243070668515598336





「新猿楽記〜cirque de kyoto〜」稽古がいよいよ始まりました。
再編成の新メンバーは魅力的な方々ばかりです。

稽古終了後には嵐山まで皆でウォーキング致し、ン10年ぶりに渡月橋まで参りました。

素晴らしい作品になる事を祈ります。

彌榮‼︎







新猿楽記〜cirque de kyoko〜 公演は大変残念ながら、コロナウィルス影響の為、内容を一部変更して後日映像作品として公開する事とあいなりました。


ご存知の通りフランス国が渡航禁止宣言の為、フランス人アーティスト達も参加叶わず、息子・弘晃も出演致しません。

しかし19日からは映像作品に向けての稽古が始まります。再編成のメンバーですが、最高のパフォーマンスで29日に無観客上演して映像におさめます。

本面は今回考証復元する平安時代「翁」の為に、毎日疫病退散を祈念して、1週間で仕上げました。

本来は弘晃が着面する筈でしたが、今回は愛弟子・青山郁彦が代役を勤めます。

是非皆さま、乞うご期待下さい。

彌榮‼︎





「新猿楽記」公演にて使用する面の作成に取り掛かりました。
この数ヶ月は疫病退散の祈りを込めて面打ちに集中致します。

また写真は息子・弘晃が勤める、「新猿楽記」著書・藤原明衡の装束を着せて頂いたものです。

https://kyoto-steam.com/program/event08/


彌榮‼︎



3月29日(日)ロームシアター京都にて「新猿楽記〜cirque de kyoko〜」を上演致します。

平安時代京都にて人々を熱狂の渦に巻き込んだ〝猿楽〟はサーカス・舞踊・歌謡・人形劇・マジックイリュージョン・コントなど、あらゆる芸能の要素で充されておりました。

3か年にわたる「古典文学✖️伝統芸能✖️新技術によるパフォーマンス創成プロジェクト」として、公演致します。

私は芸能監修並びに、猿楽傀儡子集団の長・右衛門の尉役で平安時代創成期の「翁」を考証致し、勤めさせて頂きます。

演出家・高橋浩さんを一座の長として、フランスからも第一線で活躍中のアーティストを交え、各ジャンルの精鋭部隊での初公演です。

皆さま是非乞うご期待下さい。

彌榮‼︎

公演情報はこちら↓

https://kyoto-steam.com/program/event08/