品川区、湘南の税理士、会計事務所 お客様と共に成長、成功する事務所です。共感してくれる人を毎年一人採用するために。。。

 

給付金報道をみて、

 

ずーっと、課税所得にすれば良いのにと思っていました。

 

法人は、持続化給付金は、課税の対象です。

 

持続化給付金も赤字にならずに、黒字の会社なら課税されています。

 

赤字の会社なら、その赤字に補填されて、課税はされません。

 

 

個人も、一律もしくは、既に管理できている世帯に支給して、

 

雑所得として課税すれば、

 

印刷費、郵送費、公務員の残業代など、

 

無駄な経費を無くせるのにと思うのですが。。。

 

本当に困っている住民税非課税世帯などなら、

 

一定額の所得控除金額があるので、

 

雑所得としても課税されません。

 

 

本来、給付金が必要でない十分に稼げている世帯では、

 

最高55%の税金が課税(殆ど存在しませんが)され、

 

国、地方自治体に納税という形で返金されます。

 

例えば、給与収入が960万円の人は、

 

限界税率33%(所得税23%+住民税10%)の人が多いでしょうから、

 

10万円給付して、3.3万円納税で返金して貰います。

 

 

一律もしくは、既に管理できている世帯に支給して、

 

納税で返金してもらう、これが、一番無駄がなく、

 

必要と思われる人に給付できると思います。

 

 

現政権は、ベーシックインカムの議論に繋がってしまうので、

 

嫌なのでしょうか???

 

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

品川区、湘南の税理士、会計事務所 お客様と共に成長、成功する事務所です。共感してくれる人を毎年一人採用するために。。。

 

 

今回の衆議院選挙公約をみていると、

 

コロナで、今も苦しんでいる人を救おう。

 

と、どの政党も主張している。

 

それは、現在、苦しんでいるならその人達を支援すべきでしょう。

 

今の日本に無くなってしまった、政治、会社、家庭に無くなってしまった、

 

根本原因を発信する人が、極めて少なくなってしまった。

 

バブル崩壊、リーマンショック、そして、新型コロナのパンデミック、

 

同じとを繰り返している。

 

 

生き方、考え方は、自由だが、

 

一定の支援をした後は、最低限のセーフティネットがある前提で、

 

自己責任にしなければ、誰も真面目に働かない。

 

 

確率であり、すべてが駄目ではないだろうが、

 

先日、お手伝いした相続で、女性の相続人が、

 

若いときに結婚をして、子供に恵まれて、

 

しかし、結婚した旦那が、同じ職場に長く馴染めず転職を繰り返し、

 

失業して、結局、離婚をし、

 

シングルマザーで子供を育ててきた亊を涙ながらに話してもらった。

 

そして、自身の娘には、

 

きちんとした仕事をもった人と結婚して欲しという亊を、

 

小さいときから言い聞かせていたようである。

 

私より一回り以上、年齢が上の人生の先輩の話である。

 

 

クドいようだが、今、苦しんでいる人は助けなければならない。

 

しかし、その延長に、その人の視野の狭さや考え方をきちんと教える体制が間違いなく必要。

 

それが、ないから、日本はバブル崩壊後、実質賃金が上昇していない唯一の先進国なのだろう。

 

このままでは、日本がいつまで先進国と言えるのかわからない。

 

ちなみに、燃料費があがり、電気代などいろいろ値段があがって、生活が大変になっているのは、

 

原油の価格が上がったのは事実であるが、日本が国際競争力を失っているからも事実。

 

このままでは、今の当たり前が、一年後の当たり前では無くなってしまう。

 

 

私は、事務所内では一年に一度くらいは全員に発信しているが、

 

アフリカの貧しい地域に、今、食料支援をするのは非常に大事

 

だか、それだけでは駄目、彼らに、農業支援をしなければ意味が無い。

 

現地の心ある人達は、農業支援の方を圧倒的に求めているだろう。

 

ある意味、農業支援をせず、食料支援を繰り返しているのは、

 

永遠には続かないはずなのではあるが、

 

安い労働力を永遠に供給してもらうための先進諸国の不都合な真実だろう。

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

品川区、湘南の税理士、会計事務所 お客様と共に成長、成功する事務所です。共感してくれる人を毎年一人採用するために。。。

 

弊社の目標は、『お客様の経済的豊かさの追求』できれば、

 

心の豊かさも追求したい。

 

私が出会った、心が豊かだと思う人は、経済的に苦しんでいる人は誰もいない。

 

だから、ある程度の経済的豊かさを求めるのは必須だと考えている。


経済的な豊かさ、心の豊かさを得るには、

 

納税し、資産を貯蓄し、その資産を運用させる事が大事です。
 

30年くらい前までは、富裕層が利用する、信託銀行がそれをになっていた唯一の組織だったのでしょう。

 

しかし、バブル崩壊後、どこもできなくなった。

 

自分で、勉強して、情報を集めなければならない。

 

これは、大抵の人には無理な事です。

 

お客様に経済的豊さを追求するための情報提供ができるのは、

 

税理士法がある限り、法律的には、税理士事務所しかできません。
 

銀行も、証券会社も、不動産会社も、コンサル会社も、税の話を抜きで、資産運用の話はできませんので、

 

彼らが、お客様の経済的豊かさを追求する事はできないでしょう。


しかし、税理士事務所で、お客様の経済的豊かさを求めている事務所は、ほぼ存在しません。

 

申告業務、税理士事務所の自己満足業務で満足しています。
 

つまり、我々は、『お客様の経済的豊かさの追求』を行う、

 

唯一無二の事務所を追い求めます。

 

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

品川区、湘南の税理士、会計事務所 お客様と共に成長、成功する事務所です。共感してくれる人を毎年一人採用するために。。。

 

 

人は嘘をつくと人相が悪くなる。

 

嘘つきは泥棒の始まり、と言われる。

 

泥棒は、犯罪である。

 

 

31日は、総選挙です。

 

この国のリーダー、総理大臣を決める選挙です。

 

総理大臣候補である、各党の党首の多くは、

 

もしも、総理大臣になっても出来ない事を分かっていて、

 

どうせ多くの国民は分からないだろうからと、

 

国民を欺くような選挙宣伝をしている。

 

 

党首、党幹部になるくらいだから、

 

本当は正義感は強い方なのだろう。

 

しかし、それが、

 

裏目にでている党首、党幹部の人が数人いるように感じる。

 

本当は、正しい事、正義を貫きたいけれど、

 

議席を獲得し、党勢を増やすためなら多少の嘘をついても、

 

どうせ与党には、なれないのだから、今回の選挙はテキトウな事を言っても関係ない。

 

という本音が、顔にでている人がいると感じる。

 

10年前のご自身の顔と、今の顔を見比べて、本当の事を伝えて、信念をもって選挙に臨んで貰いたい。

 

犯罪者のような顔になっていませんか?

 

まぁ、平気で嘘をつけるよりは、マシなのかもしれませんが。。。

 

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

品川区、湘南の税理士、会計事務所 お客様と共に成長、成功する事務所です。共感してくれる人を毎年一人採用するために。。。

 

 

私が独立する前、本物の人脈を作っておくことをいろいろな方から言われました。

 

本当の人脈の名刺が500枚あれば、十分、起業して、一定の成功はできるでしょう。

 

しかし、単に名刺の数が500枚、1000枚では、起業しても直ぐにフェードアウト。

 

簡単な事ですが、意外と知らない。

 

自分評価が甘いというのが、人間という生き物なのでしょう。

 

本日、新たな出会いを頂きました。

 

絶対そうできる約束はできませんが、

 

私は、サラリーマン時代から、

 

先ずは、『give』だという事を教わったし、実践してきて今があると思っているので、

 

今回も、なるべく早く、私から、弊社から情報の提供ができればと思います。

 

先ずは『give』、人生成功の法則の一つである事は間違いない。

 

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

品川区、湘南の税理士、会計事務所 お客様と共に成長、成功する事務所です。共感してくれる人を毎年一人採用するために。。。

 

 

先日、税理士会の支部からの案内の中に、

 

『税理士法に関する改正要望』アンケートにようなものが入っていたので、

 

税理士制度が少しでも良くなるように、アンケートに答えさせてもらいました。

 

一刻でも対処して欲しいことは、

 

受験資格要件を撤廃して欲しい。

 

想いある中学生、高校生が、

 

税理士科目合格者になれる日がくるといい。

 

専門学校は、あまり大々的に発表していないが、

 

5科目合格を目指すなら、

 

一般的には働きながらとなるので10年近くかかる資格。

 

働きながら、受験してって、とても大変。

 

私は、最後の1科目、相続税法は、働きながら合格したが、

 

ゼロから学ぶ科目ではなかった。

 

人間、受かっても成功できるかどうかわからない時代、かつ、そもそも合格できる保証もないのに、

 

自分の人生をかけられないだろう。

 

少なくとも過去の受験制度では、

 

仕事も中途半端、

 

プライベートも中途半端、

 

受験も中途半端、

 

という会計人をたくさん作り出してしまったのではと思う。

 

35歳、40歳で会計業界10年以上という人で、

 

正しい仕訳がきれない人が、どれほど多いことか。

 

環境(どこで働いていたか)も人生に大きな影響を及ぼす。

 

私の事務所では、

 

上記のような中途半端が、人生がもったいないよ。

 

と言い続けている。

 

だから、

 

長く働いてくれる者もたくさんいるが、

 

すぐに辞める者もたくさんいた。

 

私は、若い彼らが40歳のときに、充実していて

 

65歳、70歳になったときに、経済的に困らないような人生設計ができるように、

 

事務所も本人も時代に合わせて変わっていくことを望んでいるだけである。

 

 

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

品川区、湘南の税理士、会計事務所 お客様と共に成長、成功する事務所です。共感してくれる人を毎年一人採用するために。。。

 

 

世界中でワクチン争奪戦となっておりますが、

 

ワクチンより特効薬だろうと思う。

 

特効薬は簡単ではないでしょうが、

 

『軽症者が重症化しない薬』の存在が必用なると思う。

 

何故、そんな方向へ、報道等もならないのか不思議。

 

 

そもそもワクチンができました。

 

と言って、人類が率先して接種するのだろうか。

 

先日、ロシアで世界で一番早く、みたな報道がありましたが、

 

世界は、大した関心を示していない。

 

ワクチンって、感染前に接種するのだから、

 

安全性が確認されていないリスクのあるワクチンを誰が接種するのでしょうか。

 

報道では、医療関係者に優先的に接種とありますが、

 

医学の知識のある人ほど、接種しないだろうと思います。

 

強制力をもった人体実験をするつもりなら別ですが。。。

 

ウィルスが変異して、感染したら致死率が20%以上となったら、

 

安全性が確保されていないワクチンでも接種するだろうけれど。

 

今の致死率なら、世界中、税金の無駄遣いに終わるのではと思います。

 

 

 

相続専門、相続、遺言の事でお困りはありませんか。

 

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

品川区、湘南の税理士、会計事務所 お客様と共に成長、成功する事務所です。共感してくれる人を毎年一人採用するために。。。

 

 

今日は、税理士試験の初日です。

 

弊社入居のビルが、試験会場になりました。

 

頑張れ受験生。

 

 

私が、勉強していた頃と今では、

 

合格後の税理士に求められる能力が全く違うものになっていますが、

 

私はその変化に対応する事ができた部類でしょう。

 

税理士として活躍できれば、こんなに面白い商売はないと思います。

 

充実した人生を送れると思います。

 

プレッシャーは、半端ないと思いますが。

 

 

相続専門、相続、遺言の事でお困りはありませんか。

 

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

品川区、湘南の税理士、会計事務所 お客様と共に成長、成功する事務所です。共感してくれる人を毎年一人採用するために。。。

 

 

昨日は、健康診断。

 

採血されるのは苦手なので、

 

針を射されるときから、右を向いて、見ないようにしています。

 

すると、その右を向いた所に、

 

この採血で、抗体検査ができます。

 

3,000円+TAX

 

という文字の記載のあるチラシを見ていると、

 

看護師さんが、間髪入れずに、いかがですか?

 

と言ったので、

 

『はい』やります。

 

と、私は二つ返事です。

 

もしも、私が、過去感染していたら、

 

私の周りで感染者がゼロはないでしょうから、

 

抗体はありませんでした、

 

と診断結果が届くのだと思いますが、

 

どんな感じなのかと思って、

 

これも勉強と思って、お願いしました。

 

 

 

 

相続専門、相続、遺言の事でお困りはありませんか。

 

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

品川区、湘南の税理士、会計事務所 お客様と共に成長、成功する事務所です。共感してくれる人を毎年一人採用するために。。。

 

 

昨日、一昨日の記者会見等をみていて、迫力が無い。

 

なんか、他人事!のように聞こえる。

 

オーバーシュートになっても私は注意喚起をしていたよね、

 

それに応じなかった都民が悪い。

 

と今から想定しているように見える。

 

 

もっと、感情むき出しくらいの会見が良いと思う。

 

都民、県民の生命、命を預かる身として、

 

真剣に、不要不急の活動を具体的にあげながら、

 

メッセージを送るべきだと思う。

 

所詮、アナウンサー、芸能人くずれなのでしょう。

 

 

比較したら、メルケル首相に失礼ですが、

 

彼女が、3/16に国民に向かって、出したメッセージは心に響きます。

 

https://japan.diplo.de/ja-ja/themen/politik/-/2318804

 

だからでしょうか、

 

感染者数は、とても多い数ですが、死者は圧倒的に少ない。

 

検査数の多さと、早期発見がそうさせているのだろう。

 

 

 

まぁ、平和な日本で非常時に首長ができる人がどれだけいるか???

 

という問題もありますが。。。

 

北海道知事は、あの若さで凄いなぁ~と感じていました。

 

危機状態だった夕張市長の経験しているからなのだろう。

 

もともとは、東京都の職員だったと知って残念ではあるが、

 

夕張に行かなければ、今の彼も存在しないのも事実なんだろう、

 

北海道のために更に頑張って欲しいと思う。

 

 

 

相続専門、相続、遺言の事でお困りはありませんか。

 

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村