2020年 山々杯 | Asuka Create <アスカクリエート>

Asuka Create <アスカクリエート>

純競技用RCカーブランドのSerpent 日本代理店 アスカクリエートのブログです。

アスカオリジナルアイテムや、その他Xceedなど多数の輸入RCカー用ブランドを取り扱っています。

山々杯にて4位となりました栄田選手より、

 

X20のセットアップシートとレポートを頂きました!

 

 

 

 

 

栄田です。

 

1月25、26日に愛知県名古屋市の

 

ラジコン天国名古屋店で開催された

 

『山山杯2020』に参加してきました。

 

自分にとってはX20で参加する

 

最初のビッグレースということで、

 

簡単にですがレポートします。

 

 

年末年始は地元のコースで走行し、

 

各セッティング項目の感触をつかむことにしました。

 

現地でのセッティングはレースの2週間前から、計4日間実施。

 

地元コースのセッティングでも安定した走行はできましたが、

 

ベストラップがなかなか向上しませんでした。

 

そこで、同じくX20に乗り換えて好調の野崎選手のセッティングを

 

参考にセッティングを変更し、徐々にタイムも向上していきました。

 

最終的には良いコンディションにて12.3を記録。

 

上位選手の記録を聞くと少々物足りませんが、

 

変化するコンディションへの対応の方が重要と考え、

 

セットの追い込みは程々にしておき本番に備えます。

 

 

予選は「3分間1周ベストラップ方式 予選9ラウンド中

 

有効5ラウンド」という特殊なルールで行われました。

 

レース中もテストということで、車のセットの微調整、

 

バッテリー、ギヤ比、ホイールとインナーを変えながら、

 

予選を走ります。

 

セットを外したラウンドもありましたが、最終的に5回の

 

トップ10ポイントを揃え、9番でなんとかAメインに残ることが

 

できました。

 

予選を通じてのベストラップは12秒5と、

 

Aメイン~Bメイン上位の中では最も遅いタイムですが、

 

コンディションが変わる中でも12秒5台を出せた回数が

 

多かったことでポイントを稼げたと考えています。

 

 

 

決勝Aメインは3回実施されました。

 

後方グリッドでしたが、スタート直後からグリップが

 

安定していたことと、混戦の中でも大きなミスを

 

しなかったことで、

 

3回とも順位を大きく上げることができました。

 

 

着順が5位、4位、4位の、総合4位にジャンプアップすることが

 

できました。

 

期待を大きく上回る総合4位ということで、

 

参加している選手のレベルを考えると本当に良い結果だったと

 

思います。

 

セッティングシートはこちらをクリック

 

添付のセッティングシートは、決勝2,3回目のものです。

 

少しコンディションが落ちると予想し、

 

少しかかりの良いインナーとホイールを選びました。

 

予選時(8回目)と決勝1回目はリアトーが2.2°、

 

インナーが039M、ホイールがTW-2512-2でした。

 

事前練習のグリップが良い場合、

 

予選の時からアッパーアームが前後とも0.5㎜高く、

 

フロントタイヤのショルダーに瞬間接着剤を塗って

 

余分な引っかかりを抑えました。

 

その他はほぼ同じです。

 

 

X20の練習からレースを通じての印象ですが、

 

グリップ感と安定感の高さ、セッティングの許容範囲の広さを

 

感じました。

 

 

一発の速さという課題は残っていますが、

 

路面コンディションが変わっても前週の練習から決勝まで

 

ほぼ同じセッティングで走れたことと、

 

決勝のように難しいコンディションでも安定して走れる

 

特性だったことが

 

今回の、特に決勝での好結果につながったと考えています。

 

 

 

 

最後に、おススメの改造を紹介します。

 

X20ではスパーギヤ・センタープーリーをCリングで固定する方法に

 

なっていますが、交換が面倒になってしまいました。

 

スパーギヤを交換する度にプーリーに傷をつけてしまいそうで

 

心も痛みます…

 

スパー交換でギヤ比を変えることもあると考え、

 

今回のレースに向けてCリングの代わりにダブルジョイント用の

 

クリップ(大きい方)で代用してみました。

 

 

組み立ては画像を参考にしてください。

 

 

注意点は、Cリング使用時よりも0.2mm厚めのシム

 

(純正スパー使用時であれば0.2㎜、ゼノンやアクソンスパーを

 

使う場合なら0.5㎜)を入れる事です。

 

フロントプーリーの位置が少しずれますが、

 

今のところ問題は無いです。

 

また、クリップを少し曲げると溝への収まりが良くなります。

 

組み立てる時は指で、分解する時は隙間にマイナスドライバーを

 

刺して持ち上げると簡単に外せます。

 

「プーリーに傷が付きそうで嫌だ!」「Cリングのつけ外しが面倒!」と感

 

じられている方は、ぜひ試してみてください。

 

 

以上、栄田選手からのレポートとセットアップ情報です。

 

是非、参考にしてください!

 

 

 

アスカクリエート