埼玉県高等学校柔道新人大会 女子団体で創部初の県3位入賞! | 春日部工業高校柔道部監督のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

春日部工業高校柔道部監督のブログ

春日部工業高校柔道部ならびに監督の柔道に関する活動を報告します♪

標記大会は11月15日~16日の2日間、埼玉県立武道館で行われ、本校女子は創部初の県3位入賞を果たしました。

 

東部地区優勝で第1シードの本校は3人戦を2人でエントリーしており、最初から不戦敗の1点を背負っての出場です。

 

本校は初戦で難敵・鷲宮高校と対戦し、2-1で勝って準々決勝に駒を進め、準々決勝では好選手をそろえるふじみ野高校に2-1で勝ち、準決勝進出を果たしました。

 

準決勝の相手・川口市立高校には2人が引き分けて0-1で敗退し、3位決定戦にまわります。3位決定戦では2人が頑張ってよく攻めて僅差勝ちして、2-1で嬉しい3位入賞となりました。

 

新垣さんと森林さんのふたりは、不戦敗の1点を背負いながらも2点得点し、よく頑張って県3位になりました。あらためて2人の頑張りに拍手を送りたいと思います。

 

一方、男子は、初戦で県立川越高校に4-1、3回戦で川越東高校に4-1で勝って準々決勝に進みます。準々決勝の相手は南部地区2位の実力校・武南高校です。ここでは堀越くん、江原くんが頑張って得点をあげましたが2-3で敗れ、県8強で終わりました。

 

9月の東部地区高等学校柔道新人大会が終わってから少しづつ新型コロナウイルスが落ち着いてきて、県立高校の部活動は週5日練習できるところまできました。

 

しかしながら他校との交流は慎重にならざるを得ず、出稽古はまったくやっていないまま県大会を迎えました。その間、本校に来て下さった高校や小・中学生、社会人のみなさんのおかげで今日の結果があると、私は思っています。これからも新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めながら、生徒たちと力を合わせて頑張ります。

 

今回の大会も無観客試合だったため、保護者の皆様、卒業生の皆様は、ご自宅から、あるいは職場からの応援だったことと思います。その応援に感謝するとともに、引き続き1月の埼玉県高等学校選手権大会への応援もいただければ幸いです。

 

選手のみなさん、応援のみなさん、今大会もたいへんおつかれさまでした。そして創部初の女子県3位入賞、おめでとうございます。このあとは文化祭、柔道部お楽しみ旅行とイベントが続きます。体調管理に気をつけて、思い切り楽しみましょう♪