東部地区高等学校柔道新人大会 3日目も男女団体戦で優勝! | 春日部工業高校柔道部監督のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

春日部工業高校柔道部監督のブログ

春日部工業高校柔道部ならびに監督の柔道に関する活動を報告します♪

今日は標記大会の3日目、男子団体・勝ち抜き戦と女子団体・体重別点取り戦が春日部市立市民武道館で行われ、男子は6年連続7回目の優勝、女子は2年連続2回目の優勝を果たしました。

 

先週の男女団体戦は11月の埼玉県高等学校柔道新人大会と翌年6月のインターハイ埼玉県予選会につながり、今回の男女団体戦は1月の埼玉県高等学校柔道選手権大会と3月の全国高等学校柔道選手権大会につながります。東部地区では、試合形式が異なるふたつの大会それぞれに地区大会を実施しています。

 

女子団体戦は先鋒52kg以下、中堅63kg以下、大将無差別で行われましたが、本校は先週の団体戦と同様に2年生の2人で3人戦に挑みました。

 

試合前に「失敗してもいいからとにかく頑張って攻めて、2人で2点取らないと優勝できないぞ」と話していましたが、2人はよく頑張り、鷲宮高校に2-0、花咲徳栄高校に2-1で勝って、2年連続2回目の優勝を果たしました。

 

男子団体戦は準決勝で春日部東高校に3人残し、決勝戦では久喜工業高校を相手に先鋒・堀越選手が3人を抜いて試合を優位に進め、最終的には2人残しで勝って優勝を果たしました。しかしながら勝ち抜き戦だけに途中で苦しい場面もあり、薄氷を踏む思いの優勝だったと思っています。

 

男子団体戦は、今日の優勝で東部地区大会20大会連続の優勝となりました。ここまで優勝を積み重ねてきた歴代の卒業生たちにあらためて感謝するとともに、今日、応援に来てくれた3年生、そして実際に戦った1・2年生の頑張りにも感謝しています。

 

私は「県大会でも勝てるチーム作り」を常に意識しているので、いろいろなところに出稽古に行って力をつけたいところですが、コロナ禍でそれもなかなかできません。校内での練習に工夫を凝らして頑張るしかないのですが、とにかくこれからも生徒たちと力を合わせて頑張ります。

 

大会のたびに毎回申し上げていますが、今回も無観客試合だったため、保護者の皆様、卒業生の皆様は、ご自宅や職場からの応援だったと思います。あらためてその応援に感謝を申し上げるとともに、引き続きのご支援をいただければ幸いです。

 

選手の皆さん、3年生を含めた応援の皆さん、今日もたいへんおつかれさまでした。今後は11月の埼玉県高等学校柔道新人大会を目標に頑張りましょう。男女団体戦優勝、おめでとうございました♪

 

男女団体戦 優勝おめでとうございます♪