さぁ、

ちょっとずつちょっとずつ~

 

 

ロシア大会までには

書きたいことをできるだけ書けるようにー!

 

 

 

ヘルシンキの間、

チェックだけ入れておいたネット記事

 

サァーっと今目を通してみて

保存しておきたいものだけ自分用に貼ります

 

 

やはりねー

各社表現の仕方や一問一答の順序など

違うんだわー

(どこの社がどうとか見る時間ないから見てないけど)

 

 

微妙に表記が違ったりね

 

こっちはゆづの言葉入ってるのに

こっちのは抜けてるーとかね

 

 

ゆづが喋った順序とはテレコになってたり

要約されていたりねー

 

 

 

これってやはり

発信社や記者さんによるのかなーと

漠然と思っています

(文字数制限や締切もあるんだろうねー。やはりマガジンさんのように完全書き起こしは特殊だったんだなぁと。)

 

 

まぁ私も

あの怒涛のビッグウェーブの中で

すべての記事をさらうなど無理すぎるのでww

 

 

とりあえず目に留まったものだけー!

 

 

 

そしてたくさん来たニュース映像

 

これもまたサーっと見て

ゆづの言葉の部分だけキャプを撮りました

 

ぴのさんがアップしてくださっているもの

一応すべてさらってみました

 

 

一緒に貼っておきますー

(キャプの無断転載は御遠慮くださいね!自ブログ用に撮っているので。当ブログのGIFや加工画も同じです~。すべてSNS、ブログ等への転載は御遠慮願います。)

 

 

 

んでは!

 

 

ゆづの言葉部分のみ抜き出し

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00382857-nksports-spo

 

「とりあえず、やりきれました。ジャンプがふらついたり、スピンもうまくできなかったりしましたが、まずは全部立てたということが大きいです。」

 

「一応成功とは言えるけど、加点がついてこそのジャンプなので、次はいいジャンプを跳べるように頑張りたいです。体操の内村さんも言っているが、最後しっかりと決めないといけない」

 

 

クワッドアクセルの練習について

 

オーサーコーチ

「トップシークレットだよ」と口を閉ざした

 

ジスランコーチ

「よくやっているよ」とニッコリ

 

 

 

 

 

4T3A世界初

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記者会見一問一答

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000144-dal-spo

 

-GP初戦は初勝利。(GPシリーズ初戦は2012年から6年連続2位で、10年のシニアデビューから8年連続のV逸中だった)

 

「まずGP初戦ではジュニアGPを除いて勝ててなかったので、勝てたことはまずよかったかなと思います」



-演技後半では世界初のコンビネーションとなる4回転トーループ-トリプルアクセルの連続ジャンプをなんとか着氷した


「自分としては挑戦的なジャンプだったし、練習も大変だった。自分としては(出来栄え点マイナス0・14点で)いい評価をもらえるジャンプじゃなかったのは残念」


-すべて世界最高得点

「もちろん得点も色んなこと言われると思うけど、まずSPで100点が目標だったので、それができてよかった。フリーも本当は200点を超えられるようにしたいと思ってる。ただ、演技として抜けがない、こけがなかったというのは大きいかなと思います」


-プルシェンコはトリプルアクセル-4回転トーループのコンビネーションをやっていたが、やる予定は?
 

「練習ではできてます。でも、最近はやってない。2、3年前にはやってました。今のルールの中で入れる必要性がない。それを練習するなら4アクセルを練習する方が有意義かな」


-今季からフリーが4分になったが

「他のスケーターに聞いても4分になって大変になったと話してる。ただ、大変になったけど、なにかを抜こうとは思ってない。このルールの中で最高の記録をとれるように頑張ろうと思ってる」


-クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)の状況

「オータムクラシックの前までは練習していたんですけど、オータムクラシックで、今はこんなことしてる場合じゃないなと、気付かされた。やはり試合に勝たなきゃ意味がない。今はSP、フリーをまず完ぺきにやらないといけないと思ってる」


-練習はする?


「とりあえず近々としては、再来週には試合(ロシア杯)があるし、それが終わると、ファイナルまで、また滑り込みをしないといけない。やれても全日本の後かなと思う」

 

 

 

4T3Aについて

 

 

 

 

 

 

 

 

「リンクについて」

「心の灯火に薪を入れられた」一問一答

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/11/04/kiji/20181105s00079000067000c.html

 

――滑り終えて
「やりきったと思います。でもアンダーローテーション(回転不足)とかフラついたジャンプとか多々あった集中しきれてなかった。(ジャンプで)まず全部立てたことは大きなステップになる」

――スピードを抑えていた?
「ここのリンクはエッジ系のジャンプが入らなくて苦戦していた。こっちに来る前はループもほとんど外さなかったので、ちょっとビックリした。朝、スピードを落とせば跳べるなとわかって、慎重に行きました」

――「勝たなきゃ意味がない」と言って、勝った
「1つ勝つだけじゃダメ。これ以上の出来、試合ができるようにしたい。心の灯火に薪を入れられた状況です」

――4回転トーループ―トリプルアクセルについて
「挑戦的なジャンプで練習も大変だったけれど、頑張りました。ただ加点がついてこその成功だと思っている。この試合で終わらせるつもりはない。いいジャンプができるように頑張ります」

――4回転アクセルの状況は
「今季中にやりたいとは思っています。オータム・クラシックの前までは練習していたけれど、オータムの結果を受けて、こんな練習をしている場合じゃないなと思った。試合で勝たないといけないので。再来週も試合があるので、(練習再開を)やれても全日本の後かなと考えています」 

 

 

 

 

 

「いい演技をします」一問一答

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110500027&g=spo

 

-結果を受けて。

とりあえず、やり切れた。GPシリーズ初戦で1位を取ることがジュニア時代を除いてできなかったので、まずはそれがうれしい。

 

-内容については。

ジャンプの回転不足はすごく悔しい。今後はきれいに決めたい。スピンの出来もうまくいっていないところがあった。いろんな課題はある。
 

-4回転-3回転半の連続技に挑んだ。

GOE(出来栄え点)が取れないと3回転半を入れる意味がないと感じている。今季のGOEの比重の大きさは、演技後に点数を見て感じた。しっかり全部決まったと言えるような演技がしたい。
 

-完成度を高めたいか。

GP初戦としてはいい出来だったと思うし、有意義な試合を過ごすことができた。課題も見つかり、心のともしびにまきが入れられた状態。しっかりこれからも練習し、いい演技をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆづの話し言葉に忠実かな?

(“いやぁ”とか“まぁ”とか)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110500027&g=spo

 

―高難度の構成を滑りきった。

「とりあえず、やりきれたなというふうに思います。アンダーローテーション(回転不足)とか、ふらついているジャンプも多々あって、スピンの出来も自分のなかではうまくいっていないものがいっぱいあって。そもそも、集中しきれていなかったり、いろんな課題が自分のなかでありますけど、全部(ジャンプを)立てたことは大きなステップになったと思います」

 

―冒頭の4回転ループは慎重に入った?

「終わったから言えることですけど、ここのリンクはなかなかエッジ系のジャンプが入らずに苦戦していました。こっちに来る前までの練習で、ループはほとんど外さないでこれていたんで。まあ、はっきり言って、ちょっと、こっちのリンクに来て跳べなくてびっくりしていたというところもあって、なかなか調整できなかったです。その分、最終的に今朝の練習で、あ、スピードを出さなきゃ跳べるなってことを思っちゃったので、ちょっとスピードを落として。ループは特に、エッジ系ジャンプは慎重に行きました」

 

―4回転トウループ―3回転半の連続技を着氷。

「いやあ、一応、成功っていうかたちにはなったと思うんですけど、アンダーもついていないですし。ただ、自分のなかでは加点をしっかりもらえてこその成功だと思っているので。この試合で終わらせるつもりはないですし、しっかりいいジャンプができるようにがんばります」

 

 

 

 

「試合は自分を成長させてくれる」

「糧になったのはオータムクラシック」

https://www.nikkansports.com/sports/news/201811050000015.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

 

-演技をふりかえって

とりあえずやりきれたなと思います。アンダーローテーションとか、ふらついているジャンプも多々あったり、スピンの出来も自分の中ではうまくいってないところがいっぱいあったり、そもそも集中していなかったり、いろんな課題はありますけれども、まずは全部立てたということは大きなステップになった。

 

-4回転トーループ、3回転半連続ジャンプを決めた

自分の中では加点をもらえてこその成功だと思っているので、この試合で終わらせるつもりはないですし、しっかりいいジャンプできるように頑張ります。

 

-過去にプルシェンコが3回転半-4回転トーループをやっていた。その可能性は

練習ではできています。今は練習はやっていなくて2、3年前です。今のルールの中で、後半に入れる必要性がない。コンスタントに入れることができないので、練習する必要がない。それを練習するなら4回転半を練習するほうが有意義かなと思う。

 

-4回転半への取り組みは

今季中にはやりたいと思っています。オータムクラシックまではすごい練習していて、終わってから「今こんなこと練習している場合じゃない」と気付かされた。試合で勝たないと意味ないというのが、大きなスケートをやる意味になった。いまはとにかくSP、フリーを完璧なクオリティーでやることが一番。再来週には試合があるので、その間は練習することはない。GPファイナルまで滑りこみをしっかりやらないといけないので、ちょっと無理かな。まぁやれても、全日本後かなと考えています。

 

-連続ジャンプにはトリプルアクセルアクセルへの思い入れがある

アクセルを、2本後半に入れたいというのはあった。でも、GOEを取れないとアクセルを入れる意味はないと自分の中では感じている。今季のGOEの比重の大きさを感じた。自分の中でもおりた、じゃなくて、きれいに決まったと言いきれるようにしないと。また自分のともしびに薪が入れられた状態だと思っている。しっかり、これから練習して、いい演技します。

 

-昨季と試合に臨む気持ちの違いは

この2つのプログラムをやっている時点で自分の中では、気持ちは楽にできている。SPの前は緊張していて、フリーの前はSPのアドバンテージがあるので、少し楽な気持ちでやれていた。やっぱり勝たなきゃ自分じゃない。負けていくのは絶対嫌なので。しっかり練習しないとと思っています。

 

-1戦目でこれだけの試合ができた

GP初戦としてはよかった。糧になったのはオータムクラシック。やっぱり、オータムクラシックで得たものは大きかった。試合は自分を成長させてくれる。この後1週間でつめることはたぶんできないと思うんですけど、またある意味、1週間あとに同じような演技ができる。それ以上の演技ができるというのは、ある意味、自分にとってもチャレンジ。挑戦しがいがある。楽しみたい。

 

ゆづらしいww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆづの言葉だけ抜き出し

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/figure/2018/11/05/post_28/

 

「ジュニアGPを除けば、これまでずっと取ることができなかったGPシリーズ初戦で1位を取ることができたのはうれしいです。もちろんアンダーローテーションやふらついているジャンプも多々あったり、スピンの出来も自分の中では(課題が)いっぱいありましたし、そもそも集中しきれなかったり、完璧な内容ではなかったかもしれないけど、ショート、フリーともに大きなミスはなくジャンプもとりあえず全部立てたというのは大きな収穫だったと思います。

 得点など、いろいろなことを言われると思いますけど、まずはショートで100点を超えられたことと、フリーで目標にしていた200点超えはできなかったですが、次へのステップとしてはジャンプの抜けがなかった、転倒がなかったというのはいいことかなと思います」

 

「ショートのアドバンテージがあるかなとも思い、(フリーは)気持ちとして少し楽にやれた」

 

「ここのリンクはエッジ系のジャンプがうまく入らなくて、苦戦していたんです。こっちへ来る前の練習では4回転ループもほとんど外さないで跳べていたので、このリンクに来てちょっとびっくりしたというところもあって、なかなか調整できなかった。でも最終的には、今朝の公式練習で『スピードを出さなければ跳べるな』ということを少し思って。だからエッジ系のジャンプとループは、とくにスピードを落として慎重にいきました」

 

「4回転トーループ+トリプルアクセルはアンダーローテーションもついていないので、一応成功にはなったんですが、自分では加点をしっかりもらえてこそ成功だと思っています。アクセルへの思い入れもあるし、後半にトリプルアクセルを2本入れたいという強い思いがあったので、このジャンプをやろうと思いましたけど、それでGOEを取れなければアクセルを入れた意味はないなと感じています。

 今シーズンのGOEの比重の大きさというのは、あらためて自分の演技後の点数を見て感じたところでもあります。『全部降りた』ではなく、『全部きれいに決まった』と言い切れるような演技をしなければいけないと思います」

 

「GPシリーズ初戦としてはかなりいい出来だったと思う」

 

「有意義に試合を過ごすことができたし、それに加えて課題も多く見つかった」

 

「この結果の糧になったのは、オータムクラシックだったと思います。あそこで得たものはすごく大きかったと思うし、やっぱり試合というのはものすごく自分を成長させてくれるんだなというのをあらためて感じました。オータムクラシックの前までは4回転アクセルの練習をしていましたけど、あの結果を受けて『今はこれを練習している場合じゃない』と気づかされたというのもありました。今シーズン中には4回転アクセルをやりたいと思いますけど、今はとにかくフリープログラムもショートプログラムも完ぺきな演技でやることが一番かなと思っています。やっぱり、試合で勝たなければいけないというのがスケートをやる大きな意味になっていますし、このプログラムをクリーンに滑り、そして勝つということが、ふたり(エフゲニー・プルシェンコとジョニー・ウィア)に対してのリスペクトの気持ちを形として捧げられることだと思う。昨日のショートをジョニーが見ていてくれたみたいなのですごくうれしかったですけど、パーフェクトな演技ではなかったので、早くこのプログラムで自分が憧れていたようなスケートができるように頑張りたいです」

 

「今回と同じような演技ができるか、あるいはそれ以上の演技ができるかは自分にとってのチャレンジであり、挑戦しがいのあること」

 

「ロシアへ向けては、それをまた楽しみたいですね」

 

 

 

 

そしてこれはエキシビ後

今出ているゆづの発言の中では最新かな?

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/11/06/kiji/20181105s00079000413000c.html

 

「4回転アクセルを諦めました。諦めることで自分にスイッチを入れました」

 

「4回転アクセルを諦めた以上はクリーンな演技をしろよ、と自分にプレッシャーをかけた」

 

「(決断は)簡単ではなかったけれど、いい演技ができると、ご褒美がある。練習を頑張って良かったと思う」

 

あらためて4Aについて

「今季中にはやりたいと思っています」

「やれても全日本の後」

 

完成度は

「5%ぐらい」

「20%ぐらいになったら、できるかな」

 

 

 

 

うんうん

 

うんうんうんうん

(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )うんうん

 

 

 

だいたいの流れわかったかなー?

 

こんな感じっていうのは伝わってきたよね!

 

 

ゆづの発言すべてを網羅するなど到底できませんが、それでも公に喋ってくれたことはなるべく忠実に知りたいと思うのがファン心

勝手なんだけどね(´ー`*)ウンウン

 

 

 

ってことで、

私的まとめはこれが今の限界w

 

 

 

 

そう、

4T3Aについてジュンファンがコメントを

 

して、

ミハルも

 

え?!ってな!!

 

わーお!!ってな!!

 

 

ゆづのビックリ顔がおもしろいーw

おめめ限界のかっぴらきかしら?

 

 

 

からの

羽生さんニンマリ顔ww

 

 

そっかー

後半に入れるのは

やはり鬼構成なんだな

 

 

して、

羽生さんww

 

言うよねー(﹡σ´∀`)σ~☆

簡単にゆわないでってなw

 

 

 

 

それからそれからー

 

修造さんとのインタ行く前の

このゆづの嬉しそうな顔

 

モモ叩いて喜んでるの

 

自分で拍手して

『すごい!』って言ってんの

 

めっちゃ嬉しそうで

 

『すげーっ!』ってまた言った

 

 

これ

なにかなー??と思ってたら…

 

 

たぶんこれが直前映像なんだ(別番組よりキャプ)

 

座ってカメラ見てて

優勝が決まった瞬間

 

 

嬉しそうに

なにを言うのかと思ったら…

 

 

めっちゃ笑顔に

 

 

そして

 

 

あー、

そうなんだなぁと

 

こんなこと言ってたんだなぁと

 

 

 

だから修造さんとのインタ

Originというか

新しい羽生さんがはじまったっていうくらい

 

優勝おめでとうございます

 

どんな思いでしょう?

 

 

の投げ掛けに

 

開口一番

この言葉を口にしたんだね

 

 

それは念願

 

 

ここに来るまでの

ある意味大きな壁だったのかもしれないね

 

 

五輪連覇を果たし

原点回帰したともいえる今季

 

幼い頃からの憧れの想いとリスペクトを込め

選んだOtoñal、Originで突破したGPS初戦の壁

 

 

ここに意味があるような気がします

 

 

 

やっとつかんだ

やっとやっと手に入れた勝利だったのだなぁと

 

とっても嬉しかったんだなぁと

 

ゆづの発言と表情を見ていて思いました

 

 

 

 

あらためて

 

ゆづ、優勝おめでとう!!

 

 

新たな門出だね!

(とっくにロシア大会に向け切り替えているだろうけどね~☆)

 

 

 

 

ポチッと…押してくださいますか?

 

↓↓↓

 


フィギュアスケートランキング

 

いつもありがとうございます✲*゚