今日、練習着写真集発売日だっけ?(気づくの遅っ)


今、自分でもよくわからないけど物欲がめちゃくちゃ落ちてて^^;何も欲さない周期(?)みたいなのに入ってるんだよね^^;何なんだろう?^^;


予約はしてないけど、写真集は気になるので本屋に偵察に行くかも~!

この大好きなアンダーアーマーが表紙なんだよね?♡
…思ったけど…これキツくなってるのかな?体がおっきくなったから、UAが丈短になったり着用感も違ったりするのかな?ってふと思った
(サイズってずっと同じかな?それとも買い替えてるのかな?…誰も答えられない質問ww)


ゆづは今日もUAを着て練習しているのだろうか…(足良くなったかな)

 

私、ゆづのコメントですごく印象に残っている言葉があって

 

ワールド一夜明け一問一答

「ただ、この限界だなって思うかもしれない時期をどうやって乗り越えていくか。まあシーズンオフの状況の中でアクセルを練習していくことになると思うんですね。アクセルを練習していく中で、ああ跳べないなとか絶望感をまた味わった時にどうやって乗り越えていくか。どうやって自分に頑張っているっていう報酬与えてあげるか。」

 

 

これを聞いた時に、ひとりSMすごいなって思ったのΣ(゚д゚;)


本気でΣ(゚д゚;)


 

そうそう

羽生さん自身は自分のことをドMだと思っているのかもだけど…



私はやっぱり基本ドS(時に極S)だと思っているんだよw

 

 

だって、絶望を味わった時にその乗り越え方として『どういう報酬を自分に与えて“あげるか”』って言ってるんだよ


与えて“もらうか”じゃないの


“あげるか”なの


主体がしてやる方だよね


ゆづが基本どっち側にいてどっちの視点で物事を見て考えているかがわかる言葉


そして、『与えて“やるか”』とか『与えて“いくか”』というキツイ言い方ではなく、わりとソフトな“あげるか”という言い方をしているので、ゆづは優しくソフトなタイプなんだなと思った(意味深)



こういう思考ってアスリートには必要なものなんだろうなと、私は思っていて


内村選手も同じようなことを言っていたんだよね

「練習見ててドMだと思いました?違うんですよ。僕、自分にドSなんです。ハハハッ」

 

命の危機を感じるほどに練習では自分を追い込んで追い込んで…としていくと

(さすがに32歳の今はメリハリをつけてやっていると言っていたけどね)


危機を感じながらも、それでもいいやと思いながら自らを追い込んでいくと


内村選手自身もドSと言っているけれどwきっと常の視点が“与える方”だよね



でも多分、SでもMでもどちらの視点も気持ちも持っているんだと思うんですよね

(SとかMとか繰り返しておかしなブログじゃんww)


両方になれて、両方の視点や気持ちを理解できるのが、トップオブトップ…トップアスリートの資質でもあるのかなと感じています



ゆづも内村選手もドSだがドMにもなれる…ということでしょうか。(-□д□-)✧

 

うんうん

そゆとこも似ているんだと思う

(勝手に結論付ける)


 


それにしても、ゆづの『報酬』という言葉がめちゃくちゃ印象的で…


聞いた時にすごく記憶に刻まれたんですよね


すごい言葉使うなって、独特のすごい表現するなって…私にはない考え方…出てこない言葉だなぁと思いながら聞いていました


だって、喜びとか楽しみとか幸せとか快楽とかそういうんじゃなくて、『報酬』だもんなぁ

(だからと言って金銭的なものでもないよね)


ちょっと違うかもだけど、馬の前にニンジンぶら下げて走らす…みたいなイメージも浮かんでしまった^^;


半ば強制的に自分を動かしていく手段…みたく感じたんだなぁ


自分に対するドS視線…厳しい目を感じるというか…そのための俯瞰的な視点もあるなと思う


すごくゆづを感じるというか…ああ…ゆづはこうやって自らを調教して(あえてこう言ってます)、羽生結弦を作り上げてきた…確立してきたんだなぁと思いました


ゆづらしいと言えばそうなのかもしれない^^*



内村選手も食いついた『報酬』w


(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )うんうん


私もおやつとか買い物じゃないと思うww


 

ゆづのこの言葉を聞いた時に、パッと頭に浮かんだのが『人に見られること』『人の反応(評価)を味わうこと』なんじゃないかなって思ったんですよね


だから…アイスショーや試合なんじゃないかなって思ったの


そして、もしかしたら公開練習もあるかもしれないなと



アイスショーについてはSOIがあったけれど、早々と終わってしまったのでシーズンオフの乗り越え方としては早すぎるのかなぁと


と、思っていたら…DOIあんじゃん!Σ(゚д゚;)


時期的にも刺激になりそうなタイミングだなぁと個人的には思ったのですが(((;°▽°))



どうだろう?DOI出演あるかな?|ω•。 ))


新SPお披露目あるかな?ないかな?

 


まあ、アイスショーがなかったとしたら、公開練習的なものもありかな?とか妄想したり^^;

 

あとは…昨年出られなかった試合に来シーズンは出ていこうという気持ちも強いのかなって感じたり



何にせよ、ゆづは人に見られてその反応やそこに生まれる思いを自らのエネルギーにしていくところがある人だと私は思っているので


印象的な『報酬』、こういう言い方も国別でしてたんだよ

「(ワールドの)結果について『おめでとうございます』とは言ってもらえなかったですけど、それでも『演技を見て勇気をもらいました』とか、『これから頑張れます』とかそういった声をいただけたことが、何より自分へのご褒美というか報酬だったので。」

 

自分の演技や姿に対する他者の声や反応や思いが報酬になっている

 


逆に言うと、昨年は壁にぶち当たった時に報酬がなかった、自分に与えてあげられなかったということがあるから、負のスパイラルに入っていったというのも一因としてあるかもしれないよね


それがわかっているから、「絶望感をまた味わった時にどうやって乗り越えていくか。どうやって自分に頑張っているっていう報酬与えてあげるか」という言い方になるんだろうなと


ここに考えがしっかり及んでいるというだけでも、来シーズンは過ごし方や乗り越え方が変わっていくだろうと思っています



自分がやっていることがすごく無駄に思える…ひとりだけただただ暗闇の底に落ちていく感覚になる…


そうならないために、自分に必要なこと…なんだろうなぁと





さて、あれこれ想像はするけれど、ゆづにとっての『報酬』とは何なんだろう?^^*



 

ポチッと…押してくださいますか?


↓↓↓



フィギュアスケートランキング


いつもありがとうございます✲*゚