「僕の人生はアップダウンが激しくて、我ながら良いときと悪いときの両極端を経験しているなと思います。でも、苦しいことや悔しいことも含めて、全部自分なのです」
 
 
 
 
 
 
アップダウン…かぁ…
 
 
そして
こんなことも言っていた
 
 
ミスをすると、それを挽回するために最大級の力を出して巻き返すというジェットコースターのようなアップダウンを繰り返してきた
 
 
 
ここでもまた
アップダウン…
 
そして
ジェットコースター…
 
 
 
 
…自覚
…あるんだねw
 
 
 
 
 
 
昨日
ソチの映像を少し見返したりしていました
 
 
この大会内だけでも
まさにジェットコースター
 
そんなアップダウンの繰り返しでした
 
 
 
 
団体戦は
まるでこれからのSPを予感させるような…
 
そんな演技で…
 
 
今となってはあれですが…
この当時においてはものすごい高得点
 
 
 
 
からの
 
SP世界最高得点更新
 
 
 
 
完全に
流れは彼のもの
 
もしかするとこのまま
金メダルを獲るんじゃないか
 
 
 
そんな思いを抱いていた人は
きっと少なくなかったはず
 
 
 
 
が…
 
FPでは
思うような演技ができず…
 
 
 
 
 
あの
SPとの演技の差異に
 
“オリンピックのプレッシャー”というものを
素人ながらに切々と感じました
 
 
 
 
 
吹っ切るような笑い顔が
印象的だったな
 
 
 
 
 
 
それでも
欲するメダル
 
 
 
祈るように
 
 
“お願いお願い”と
 
 
 
 
 
 
その瞬間…
 
この顔は…
 
 
私には
勝利を逃したことを悟った表情に…見えるな
 
 
 
 
 
この驚きようが
それを物語っているw
 
 
ちっちゃく
『やった…!』って言ったんだよね
 
 
 
 
 
金メダルを確認するw
 
 
 
 
 
 
信じられないとw
 
 
 
 
 
 
ついに
 
登りつめた頂
 
 
 
 
誰もが
人生最高の瞬間だと
 
信じて疑わなかったでしょう
 
 
 
 
 
 
これを見るまでは
 
 
 
耳を疑うような言葉と
 
 
 
 
嬉し涙ではない
金メダリストの涙
 
 
 
 
 
 
無力感に苛まれる
19歳
 
 
 
 
 
 
それでも
 
全世界が注目する中で
 
 
ここがスタートと言い切った
 
 
 
これから先
見られてゆくことを覚悟しての発言
 
 
 
私には 
世界中の人が見ている中で
彼が自ら
十字架を背負った瞬間のように見えました
 
 
たった19歳の少年です
 
 
 
 
 
 
 
胸が痛みますが…どうでしょう?
 
このソチだけでも
ものすごいアップダウンの
ジェットコースターでしたね
 
彼の人生の有り様が
ここに集約されたような…
そんな大会だったと思います
 
 
 
 
 
そしてソチでは
この“悔しさ”
 
 
これが
その後の彼を左右するものとなります
 
 
 
 
 
やはり
オリンピックは特別
 
 
 
 
 
 
味わったことのない緊張
 
 
 
 
 
 
自分との闘い
 
 
 
これが
心に棲む“魔物”なのかも
 
 
 
 
 
勝利を手にしながらも…
 
 
 
 
自分に負けただなんて…
 
 
皮肉だけれど
 
これぞ
金メダリストの言葉
 
 
 
 
 
 
今もなお感じる
ソチで味わった悔しさ
 
 
 
 
 
抱く後悔の念
 
 
願わくば…の
切望
 
 
 
しかし現実は
 
 

突きつけられる
リアリティー
 
無情にも感じられる
厳しい現実
 
 
 
 
この顔は…
 
 
やっぱり、まだ
“当時に生きている” そんな顔に見える
 
もちろん いい意味でね
 
 
 
だからこそ
 
 
 
この
『二度と戻らない』という
 
巨大なプレッシャーを
背負いながら来ることができた
 
 
 
4年間
 
 
ここまで歩んでこられた
 
 
 
 
 
彼が話していた言葉で
印象的だったものがある
 
 
これ…もしかして、
自分自身のこと…なんじゃないのかって
 
 
19歳で勢いで取ってしまった
そんな感覚だったんじゃないのかって
 
 
 
 
だから、
次こそは
 
 
 
 


納得のいく演技ではないけれど
“金メダルとっちゃった”
 
ではなく
 
 
 
 
完璧な演技で
究極の勝ち方で
 
俺が1番強いんだということを
証明する勝利
 
 
 
 
それを
目指しているんだと
 
 
 
ソチから始まった
ピョンチャンへの道
 
 
 
 
 
 
決して平坦ではなかった
 
 
 
 
思い返せば
激しいアップダウンの連続で
 
 
 
 
 
息つく暇もないほど
 
 
 
 
 
と、
言うか…
 
 
時に
呼吸が止まってしまいそうな
 
 
 
息をするのも忘れてしまいそうな…
そんな感覚になることも多々
 
 
 
 
 
その涙に
言葉が見つからなかった
 
 
 
 
 
 
その歓喜に
テレビの前で叫んだ
 
 
 
 
 
 
魂が震え
 
 
人の涙を“結晶”と感じたのも
これが初めてだった
 
 
 
 
 
知らされる真実に
 
 
胸が抉られるような思いになり
 
 
 
 
 
もう、
ジェットコースターと言うよりは…
 
 
 
 
 
この惑星を
一気に飛び出してしまいそうな
 
 
 
もれなく乱気流ありの
 
 
宇宙船に乗っている感覚になる時もある
 
 
 

未知への旅路
 
 
 
 
 
 
 
静かなひとときに
酔いしれ
 
  
 
 
 
 
その世界観に
血が沸き立つような感覚を味わい
 
 
 
 
本当に
 
本当に
本当に
本当~にっ
 
 
(小声で)
ホッとはさせてくれない乗り心地ですがw
 
 
 
希望と光と愛に満ち溢れた
世界一の乗りものだと思います
 
 
 
 
 
アップダウンを繰り返し
 
その中で出会う試練や
自ら打ち立てた数々の壁を乗り越えながら
 
ここまできた
 
 
 
 
 
今季
涙を滲ませながら
 
 
 
“悔しさは収穫” そう語った
 
 
 
 
 
収穫したものは
腐らせることもできるし
 
そのまま放置することもできる
 
 
その調理法も摂取法も
人によりけり
 
 
 
できれば味わいたくはないのが
人の本音であるのに

彼の場合は
そこに感謝の念を抱きながら
 
 
 
 
丁寧に丁寧に咀嚼して
身に取り入れる
 
 
だから
血となり肉となる
 
 

『自分自身』となる






彼のこれまでを振り返っても
“悔しさ”と“喜び”を折り重ねながら
成長の道を登ってきたということがわかる
 
 
 
 
 
今度その場へ戻ってきた彼は
きっと見たこともないような光を放つ
 
私はそう信じて疑わない
 
 
 
 
すべては
彼の過去が語っているから
 
 
 
 
 
 
 
 
ポチッと…押してくださいますか?
 
↓↓↓
 


フィギュアスケートランキング

 

いつもありがとうございます✲*゚