いつも楽しい展示の案内を送ってくださるギャラリーさとうさん爆笑

次回の案内がポストに届いていました。
毎回、ひとこと添えて送ってくださるのです。


今回は『逢えば元気の出る竹内さん』って。
このことば、嬉しかったのです音符元気が出るって言ってもらえること、ほんとうに嬉しい。


元気とか気持ちって、循環してると私は考えてるんです。
誰かからもらった元気や気持ちは、もっと大きくして誰かに伝わればいいなぁと。
意識してそうするのでなく、自然にそういう人になれたらいいなぁと。

だからこのひとことは、ほんとうに嬉しかった爆笑


ちょっと体調悪かったりしてたけど、これじゃーダメだプンプンと奮い立ちましたキラキラ
もーっと元気で楽しい人になろうチュー




毎日気の重くなるニュースばっかやってますが、振り回されないように。
しっかりと日々を送っていきたいです爆笑

母の日赤薔薇に合わせて
ムスメが今年もおいしいものを届けてくれました爆笑
花より団子な私をよくわかってるチョイス口笛
母の日は母を思う日でもあり、母であることを考える日でもあったりするのです。私にとっては。
幼稚な母としっかり者のムスメ。視野を広く、どんどんたくさんのものに興味を持って生きてってほしいなぁ。などと勝手に思う。
そんなこと思わなくても、しっかりやってる人だけど。


季のものを食べてみたいと作った木の芽和え爆笑
うん、我ながら天才かと思ったチューめちゃうまー笑笑
たけのこも木の芽もいただきもの。ありがたや〜。



そんなこんなで季節は進みますね。
私も小走りに進んでかなきゃー爆笑すぐ夏がきちゃう。
今年もこの季節がやってきました爆笑爆笑爆笑




2021年も弾き唄ってみましたよー爆笑


去年はオンラインイベントに参加してみようかなーと作った動画でした。
今思えば、お三味線で、ひとりで、なにかしてみようと考えた始まりだったなぁと。



1年前は数か月stay homeでガマンすれば元の生活に戻るだろうと思ってたけど、そうではなくて。
それでも得た楽しみはたくさん。
おもしろいことはたくさん転がってるので、ついついいろんなボタンを押してしまう相変わらずの日々です爆笑
また来年もこいのぼり弾き唄いチャレンジできるよう健康でいないと、ですね爆笑

屋根より高い鯉のぼり〜カブト

って、岡山ではこんな路面電車が走ってるそうですびっくり




普段からほとんど出掛けない私ですが、ここのところさらに自宅警備係真顔

久しぶりにパッソちゃん(車)に乗って出かけようとしたら。



黄色くてかわいいパッソちゃん、BUCK-TICKと対面するの図爆笑



ポーンエンジンかからーん

ゲッソリエンジンどころか、メーターのランプさえ点かーん


あぁ、壊れたのかなぁ…連休中でディーラーも休みやのにチーン



結局JAFを呼びました。

バッテリー測定してもらったらZERO

なんで〜1月に交換したばっかやのに。やっぱりオルタネーターとか?うーえーん


JAFの方がチャージしてくれます。

エンジンかけてください!と言われON

バルーンと掛かりバレエパッソちゃん復活日本国旗


やったーと喜ぶ私を横目に、JAFの方が冷静に

「フロントのルームライト、点いてますね」と。



とほほん、やってしまった。

そういえば最後に乗った日、降りる時に荷物を探すのに点けたんだった。

発電状態もチェックしてもらって、結局ただの放電でしょう…ということに。



結論、入っててよかったJAFキラキラ

そして、しっかりしてよ〜私チーンウッカリが増えて自分に対して不安しかないチーン


そんなことしないだろうけど、みなさんもお気をつけくださーーーーいもやもや



まずはーインタビューを観た話爆笑
昨日のNHK Eテレ SWITCHインタビュー爆笑私の好きなふたりが対談でした。

ヒロシと敦司

 

始まる前はワクワクだったけど、観終わったら心がシーンとして。

あぁ、やっぱりこのふたり好きやなぁ…心の温度というか、感覚というか。そういうところにひかれる。

まぁ、櫻井敦司さんは私にとっての宇宙なのでちゅーキモー


観てない方、再放送ありますよっ!

5月1日(土)0時〜 Eテレ  ぜひ、ぜひっ爆笑


と、惚けた話はここまで…



次はインタビューを受けた話爆笑

先日「おとぼけCHANNEL」玉さんに受けたインタビューが公開されました爆笑


あとで気づいたのですが、質問されたことは普段からみんなで話してるようなこと。

でも改めて答えるとなると、どんな言葉にして伝えようって考えますね。

2021年春の私は、こんなこと考えてお三味線を弾いていたっていう記録を作ってくれました照れ

ありがとうございます爆笑



またなかなかに思いどおりにならない日々となってますが、もともと引きこもりの私真顔

変わらずお三味線を弾いてお茶点てる、でやってこうと思ってます爆笑今楽しめることを楽しみたいキラキラ


花から青葉へと移り変わる時期。

華やかな桜のお道具もまた来年会いましょう、やなぁーと思いながらのお茶のお稽古でした。惜春や爆笑


「透木釜」五徳を使わずに炉壇に乗せた木に釜が乗っています。

このお釜も初めて見たときは衝撃で目 UFOが着陸しとる!と思ったことを覚えてますアセアセ

炭点前をさせてもらったら、お釜の重さに驚愕びっくりたっぷりお湯が入ると、ふぬっムキーッと力を込めないと上がらないという。



今、きれいなお点前になるよう徹底的に直してもらっています。

もう身についてしまったクセは、なかなか一度では直らないガーン

ぐぅぅ…あかんなぁ…という気持ちも、お菓子を見たらパァキラキラっと晴れる爆笑



そら豆のお干菓子ラブまぁ、よくできてる。

ほんと見た目はそら豆そのもの。もちろんしょっぱくはなく、甘かった 笑



来月からは風炉の時期。スルッとお点前できるかどうかもやもや

青葉の季節の爽やかなお道具に会えるのが楽しみです。季節がすぎるのは早いアセアセがんばろー!







遅れて来た花冷え?ひんやりした日が続く@岡山桜
今年見た桜桜の記録口笛

岡山後楽園の対岸「さくらみち」

車道沿いに1㎞ほど桜並木が続くのです爆笑
よく通る道で、私にとっては
季節の移ろいを感じられる場所。

旭川と空の青さ、桜の白さがきれい。

でも今年は八分咲きしか見れなかったなぁ。
桜のトンネルのようになる満開の時期は
逃してしまった笑い泣き

玉福さんと配信した場所の桜爆笑

ここは満開桜
うわぁーと声が出るくらいの絶景でした。
あの日はけっこうバタバタ笑い泣き必死だった…
もっと桜も見とけばよかったなぁ。

いちばん好きな桜爆笑

今年も見に行けた桜
やっぱり少し早くて八分咲き。
広い場所にゆったりと枝を広げる桜、
幻想的なのです。


毎年思うし言ってるけど、桜は特別桜心湧き立ちワクワクする。
なんでなんだろうって思うけど。枝先がほんのり桜色になる頃からワクワク爆笑
もうすでに来年の桜が待ち遠しいですチュー



先日の紀尾井ホールへおのぼりさん爆笑


ホールのホームページでアクセスを調べると、どこの駅からでも同じくらいの時間でした。

私は銀座線に乗ってたので、赤坂見附駅から歩けばいいかーとGoogleMapでナビしながらテクテクランニング



八重桜が咲く華やかな通りを、おのぼりさんらしく真顔キョロキョロ楽しみながら歩きますラブ

へぇーテラス席のカフェ、賑わってるなぁ。さすが都会はオシャレやなぁ。とか。

自撮り棒でええ顔ニヤニヤの写真を撮るおじさんとすれ違い、ふふふっと笑ったり、とか。




関係ないけど、東京で食べたオシャレランチデレデレ

盛り付け勉強になるなぁ。




話は戻ります。

交差点にさしかかり、GoogleMapの指示する方に視線を向けるとポーンゲッソリ滝汗

なんやぁ〜ポーンこの坂は〜ゲッソリ嘘やろ滝汗こんな突然、坂あるかー笑い泣き

着物で来たことを後悔ガーン草履脱げてしまいそう…



ね、玉さん!盛ってないでしょ。かなりな坂でしょ!笑笑



会場でお弟子仲間と合流し、どんな坂だったか語りましたチュー

会う人、会う人に語るたび「さっきより坂が急になってますよ」と玉さんに言われたけれど爆笑ほんま急だったんですえー



国立劇場に行った時の三宅坂、うなぎの会に行った時の神楽坂も、けっこうな坂だったなぁ笑い泣き

岡山では車移動が当たり前の私は、東京の坂に出会うたびにびっくりしてます。


今回も帰ってきてから調べたら「紀尾井坂」という表示があった…そういえば赤坂も「坂」やな。

帰りはみんなと四ツ谷駅へ帰ったら、全然しんどくなかったしえーん覚えとこ。紀尾井ホールは四ツ谷駅から!


とりとめのない、おのぼりさんの坂道紀行でした口笛


初の松永会翌日は、人生二度目の長唄の会へ爆笑



入門した翌年の夏、師匠がされる会ってどんなやろ〜と聴きに行って以来びっくり

今よりもなにもわからなかった頃、ただ興味本位で行ったのに衝撃すぎてポーンいまだに演目も忘れてない。藤娘、傾城、島の千歳、綱館。

それから約6年、あの時vol.10だった長唄の会も、今回でvol.32を迎えています拍手


ビルの間に突如現れる和の空間、お江戸日本橋亭音符音符毎回こちらが会場です。


この曲順、とっても楽しかった爆笑
考えられた師匠の策略にまんまとはまった(言い方ガーン)ということやなぁ。
蓬莱の半田昌恵先生のお唄にうっとりラブ身悶えするくらいうっとりラブ
この曲好きになりましたラブ弾けるようになりたいなぁ。


いちばん驚いたのが独吟の鞍馬山びっくり
お唄もひとり、お三味線の本手がひとり、上調子がひとり、もちろんお囃子さんも1人ずつ。
舞台に乗る人全員がひとりずつ別のことをするって、おもしろいんじゃない?とこの編成を考えた、と鉄九郎師匠がトークで言われていました。
年齢を重ねてこそ表現できる鞍馬山にある若々しさ。それがあるんです、と師匠。
お話ではピンとはこなかったけど、演奏を聴いて納得爆笑
ああいうふうに弾くんやー!ええっ!そうなんですか!と衝撃。その内容を伝えられない語彙のなさ 笑笑


二日間でたくさんの長唄を聴いて、たくさんの刺激を受けて、まだ頭の中の整理ができてませんチュー
とにかくお三味線がんばる筋肉筋肉長唄をもっと知りたい爆笑


次回は9月5日(日)とのこと。
師匠のホームページ のライブ情報でも告知が出るはずです。チェックしてください爆笑

ずっとずっと来てみたかった東京の松永会爆笑

念願叶い今年は来ることができました照れ



お家元の演奏を聴かせていただけるラブそして流派の演奏をたくさん聴かせていただく機会ラブ

楽しみすぎてワクワク桜キラキラ足早に会場の紀尾井ホールへ向かいました。




おひらき雛鶴三番叟からお家元の助六、忠三郎さんの二人椀久まで、あっという間。

えぇ、もっと聴きたい、もう一回聴きたい…と思いながら会場をあとに。



おひらきからチームテツクロの先輩が大勢活躍される姿を見て、とっても誇らしく音符


鉄六さんと鉄七さん、おふたりで演奏された巽八景。めっちゃ楽しみにしていました。

幕が上がった瞬間、ぱぁキラキラと舞台が明るくなった爆笑

う、う、美しい…表情も姿も美しい。もちろん演奏も美しいラブ


「雨の四季」では鉄駒さんがラブ

流派の大先輩方と並んで演奏するって、どんなに大変だろう。

かっこいいなぁ。素敵やなぁ。


入門以来ずっと、ずっと、憧れてた先輩たち。今も変わらず憧れの存在です。

ヨチヨチでも背中を追いかけていきたいサーフィンそう改めて思いました。



長唄を生で聴ける機会が減ってしまったこの一年。

きちんと勉強するつもりで聴こうプンプンと意気込んだけれど、始まると楽しすぎて完全に鑑賞モードでした爆笑

とにかく楽しかった。長唄って、ほんとに素敵。


また来年も来れたらいいなぁ。来たいなぁ。