イザナギTAROの日々是好日

イザナギTAROの日々是好日

シンガーソングライターTAROのブログです!

■ライブ&コンサート情報は ↑のボタンよりお願いします ■
●公式TAGクリエーターになっています。
$TaROのデイリープラネット!
●2010「JFNみちのくフォトプロジェクト」にて写真の最優秀賞を戴きました。

昭和54年の歌です。

 

海や空 そしてメロディもフィットした 実に

開放感のある 明るく清々しいメロディの歌で 好きな曲の1つです。

 

聴いたことありますか?

 

 

海の黄昏は
私の心に いつかどこかで
出逢ったような 白い小舟を繋ぐ
遠い世界へと 白い帆を広げて

 

これは 松崎しげるさんがCMソングでも歌っていた歌で 

後に倍賞千恵子さんもカバーしたとか。

松崎さんは 体中で歌う 迫力のある 今では 希な歌手ですね。

この歌 歌声を逃げない とても難しい歌の部類です。

 

城ケ崎海岸 むこうに見えるのは初島。

 

今年は梅雨が 早そうですね。

ということは 暑い夏も 長くなるかもしれません。

大雨や 洪水がきませんように。

 

 

昨日、今日と伊豆におりました。

 

長男が来たのでいろいろと案内し伊豆のホテルに一泊です。

もうりっぱな 大人なので 

今の仕事とか・・いろいろコミュニケーションですねえ=。

 

男の子の場合 ほとんど ショッピングもしないし

あれもこれもと 連れまわさずに、

 

 

まずは 腹ごしらえ。

小田原の 漁港の駅で 

たっぷりの刺身どんぶりを食べ 小田原の地球博物館へ。

結構大きな自然史博物館です。 ※コロナなので完全予約要です。

 

 

動きだしそうな 剥製たち。

 

 

とか いろいろと勉強した後は、伊豆高原の 

コッテージ型のホテルです。

 

 

今日は 大室山、城ケ崎海岸などへ。  ドライブ。

大室山は 僕は3回目ですが

晴れたのは なかなかないので とても山頂からの眺めはとても 

よかったです。

 

とか

 

写真だと傾斜が分かりにくいですね=

 

 

 

川奈の ステンドグラス館へ・・・

 

ここは 僕の 「扉を開けて」」CDジャケットを

開けたら見える部分に 使っていますよ。

 

 

美術館ですが 中に教会で2つあって 

パイプオルガンなど・・聴きました。 AVeMaria、アメイジンググレイス、

カノンなどなど イベントで歌っているような曲ばかりでした。

 

 

 

城ケ崎海岸。

 

丸2日、楽しんでくれたかなと思います。 

JR湯河原駅を後にし 帰っていきました。

 

ホテルが

なかなか良く 大浴場温泉もあるんですが 部屋の中にも

温泉が・・・ ありました。

 

 

イイ湯だな・・・。♨

 

2日 バッチリ晴れてくれて お天道様 本当にありがとうございました。

 

明日から仕事、

そして イベント、26日は 興風会館での 講義コンサートです。

 

 

お気に入りの歌、

 

 

以前も この BlogでUpした ミュージカルの

ジキハイ(ジキルとハイド)Jekyll & Hyde 

 

その中の 歌   

 

新しい人生 A New Life

 

ミュージカル ソングと言うのは、

筋書きの中で歌われるセリフ=歌だけれど

それだけでは勿体ないという 歌も多いものです。

 

特に海外の有名な曲は 沢山あります。

 

レミゼラブル、ミスサイゴン、ウエストサイド物語、有名なサウンドオブミュージック

などなど・・沢山ありますね。 ほとんどは欧米作品です。

 

Jekyll & Hyde の中から 僕が よく歌う歌は下の3つで

とても 希望の溢れる いい歌なのです。

ジーキル博士とハイド氏

同じ作曲家だと思いますので イメージはよくにていきます

和音進行とか。

 

新しい人生  A NEW LIFE 

 

 

今がその時 THIS IS THE MOMENT

何かスタートする時とても元気になれる歌です。

これは ライブ録音が悪いので 歌いなおし、

録りなおしをして またUpしようと思います。

 

そして 次の歌ですが これは ミュージカルでは Jekyll & Hydeに翻弄される

女性が歌い上げる 歌なのです。↓ 

 

もし あんな貴方(ひと)が SOMEONE LIKE YOU

 

出世街道 は いかがでしたでしょうか。

聴いていない方は この日記の1つ前の日記にあります。

コメント下さいね。

 

いつだったか ↓の歌を イオンノアさんで歌っていたら、

 

ネッラファンタジア

 

あなたのこの歌だけで 僕 1万4千円だしてもいい といって

ステージに来てくれた男性がいらっしゃいました。

何故 1万4千円 なんだろうって ?

・・なのでよく覚えています。 

 

でも とっても嬉しかったな。

 

 

それでは 口直し・・・ いえいえ 耳直し で この歌も

出世街道の 後に録画 全部は長いので3番だけUpします。

 

Nella Fantasia(ネッラ・ファンタジア)

~私の心のなかでは~

私の心のなかには、友達のように
街から街へ吹きぬける 暖かいそよ風がある
私は、常に自由な心を夢見る
空の雲のように自由な 人間味に溢れた心を 

 

 

そして こちらは 少し前Upした歌ですが続けて聴くといい感じです。 

いっしょに 続けて聴いてくださいね。

 

 

興風会館の講義は 「癒しの音楽とトーク」という題なんですが、

これまでは 講義に発生の基本とかその方法という内容に

結構な時間を 割いていたんですが

歌を是非 という要望が多く 前回ぐらいから かなりの時間をあてるように

なってきているんです。 10分講義 45分 歌とか・・。

 

発声方法で ジャンルごとに 実際に歌ってみせて 皆さんに講義してゆく

スタイル。 今回は皆さん一緒に歌ってもらうことはコロナでできませんね。

オペラ ミュージカル ポップス シャンソン 演歌 歌謡曲 ・・・

そのために 手本となる歌をと物色してゆきます。

出世街道 

 

演歌というべきか・・・ 1962年の畠山みどりさんが

歌った歌で大ヒットした名曲。

 

この歌のカバー、男性は ほとんどしていないようですが

歌詞の登場人物は男性で 浪花節的な要素がつよい。

日本人ならではの う~~んと うなずける 詞の内容です。

水前寺清子さん や 美空ひばりさんに通じる歌ですね。

作詞家が星野哲郎さんですから。

 

昨夜この歌 ちゃんと聴いていたら しみじみ いい歌詞だあとか、

日本がまっしぐらに 成長をしていた 時代の歌だなあ

とか 思いめぐらしていました。 

歌いたくなって、さっそく着手して録音録画しました。

 

 

欧米の歌からは一線を画す まだまだ 浪曲が演歌へ変わっていく

過程のジャンルと言ってもいいのではと 個人的には思います。

 

この歌は 軽い声で歌っては 人生が薄くなってしまうので

浪曲や民謡出身の歌い手は こういうのは ドンピシャだと思います。

 

僕のは基本的には 西欧の流れの歌が多いけれど

こうした 歌を唄ってみると 硬派な演歌?も合うかなあと思ったりします。

演歌の寄り道~~ と題して。

 

今月 千葉 野田市の興風会館で 講師として 歌を 唄いますが、

演歌(浪曲からの)の 1つとして この歌も1つ取り上げてみたい曲です。

 

 

次の日記は 翌0:00 頃にUp予定です。

雲がどんよりしてきました。

今週は 金曜土曜は晴れてほしいのです。

 

そういえば最近 どこからか 

コバエが発生していて 駆除をして、原因探りを しています。

 

森が 近く 虫の出入りは致し方ありませんが

コバエはうっとうしいものですね。

 

湯河原、熱海の森は 長野のような大きな山々の懐に

あるような 森林~~~といった感覚がありません。

マイナスイオンを わ~~っと吸い込む感覚がありません。

伊豆は 富士火山帯の上にある 山々です。

 

 

こういうの 好きです。 山梨・・・南アルプス だったかな。

森林というと こんな ところを僕はイメージしています。

 

 

とか、

 

 

とか、

 

いいと 思いませんか。

今日は 夕食をとった後、帰り道を歩き

夜のライトアップをされている

万葉公園 と 熊野神社を参詣をしてみました。

 

夜のせいか だ~~れも いません 一人じめ でした。

(湯河原は熱海と全く違い 

ひっそりとした 佇まいの湯治、癒しの温泉ですから

お饅頭屋さんとか お土産さんっていうのは ありません、

温泉にゆっくりろとつかりたい方々向きの温泉町ですよ)

 

熊野神社といっても

神奈川県足柄下郡湯河原町宮上の神社さん。

御祭神は、

天照皇大神 ( あまてらすすめおおみかみ )、

伊弉諾神 ( いざなぎのかみ )、

伊弉冊神 ( いざなみのかみ )

 

そうそうたるメンバーの神様たち。

 

万葉公園内にあり この公園は再造成をして

湯河原町の 以前から観光名所で ほたる祭りなど開催し

全国から観光客が来ていたところです。

 

万葉公園 入口

 

公園は すべて完成すれば

1時間ほどかければ十分みられるところです。

千歳川が中に流れ 見ごたえのある滝が2つあります。

 

 

まずは 洞窟のようなトンネルが 公演エントランスにあり

なかなか いい 敷地デザインです。

 

 

 

コロナで観光客も途絶え今はひっそりとしていますが

つい先だって、 一部オープンとなっていますが 見ごたえあります。

 

 

夜の道を通り抜け

 

 

そして お詣りをします。

だいたい どこの 神社でも僕は こう祈ります。

 

熊野神社の神々よ 諸天善神よ

遥か昔より この地に住まい 加護をしていただきまして 

いつもありがとうございます。

世界を日本をいつも安泰に 護っていただきありがとうございます。

そして このように元気に 詣でることができたこと を 感謝いたします。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

 

と 目を閉じ 祈ります。

 

その後、

人生において 世の為人の為、そして家族が、

すべての 袖触れ合う人々が 幸せに元気でいきられますように

わが人生において、

輝きと癒しが届きますよう ご加護いただければ嬉しく存じます。

 

最後に

叶うならば わが人生も 有意義で最高の輝く時間が送れますよう、

ご加護下さい。

 

と祈願しています。

 

 

万葉公園へつく少しの前に 

前にもブログに書いた

1度は泊まりたい 旅館があります。

一泊5万円ぐらいかな。高いですね。

 

富士や旅館さんです。

 

敷地迄入っていくと 旅館の方がでてこられました。

 

不審者と思われないように 声をかけました。

「こちらの 旅館さんはとても 綺麗で趣きがございますね」

「素敵です」 「古い旅館さんですよね」 って。

「スマホで写真撮らせていただいています」

 

すると

「ありがとうございます、どうぞまた お泊り下さい」

って・・・

 

 

広い敷地に

 

 

昭和と 大正 と 明治 江戸まで・・・

 

 

 

 

 

ワーク・ライフ・バランスとは

「働くすべての方々が、『仕事』と育児や介護、

趣味や学習、休養、

地域活動といった『仕事以外の生活』との調和をとり、

その両方を充実させる働き方・生き方」のこと。

 

 

最近はこの言葉が 企業に定着した。

僕が社会人になった時 160時間という残業も

厭わずに 仕事をしていたので

大きく 労働環境はよくなったし

人の人生を尊重した労働にシフトしているのが分かる。

 

しかし かつて、

 

日本 AS NO.1

 

の時代があったのだ。

特にアジア諸国は 日本を目指したのだ。

 

我々 男子なる者 夜となく昼となく働いたのだ。

今 男子が 弱くなっているのじゃなかろうか。

 

コンピュータも自動車も家電も 強いぞニッポンを

した走りに 半導体は産業のコメと 言っていた。

電子立国だったのだ。

 

それがどうだ この20年間で

日本人の収入は 変化がほとんどなくなって

その間に 日本は中国に完全に抜かれ、

中国は 約5倍になり

米国は 約2倍になってる事を ご存じだろうか。

 

20年 日本は環境、エコを唱えてばかりで

基幹の産業を育成し応援してこなかったのだ。

 

ITは 米国と中国に とってかわられ、

今 脱炭素とか言われて 日本の大手自動車メーカーは

先行き不透明になってきているのだ。

脱炭素 をすべきは 中国と米国なのだ。

日本は世界の炭素の数%にしかすぎない。

 

米国は グーグル アマゾン フェイスブック アップルなどなど

ITの世界に君臨しているし

中国だって あのファーウエイをはじめ ITの部品やスマホの

製品などなど 、市場を席捲している。 

VR製品でも 中国のメーカーばかりなのである。

 

SONY 東芝 日立・・どこへ行ってしまったのかと思うほどである。

 

 いまや、日本の優秀な人材は海外に出稼ぎに行く時代になったという。

「米住宅都市開発省の調査では、サンフランシスコでは
年収1400万円の4人家族を『低所得者』に分類した。
厚生労働省によると、日本の2017年の世帯年収の平均は約550万円、
1000万円を超える世帯は10%強に過ぎない」

   つまり、もはや日本人のほとんどが米国では「貧困層」に

 入るほど落ちぶれてしまったといわんばかりの論調だった。

 

ワークライフ・バランス とばかり いっていたら

次第に 日本人は 貧民になっていくことも考えられる。

 

日本の 行く末は 政府の大きな 民間投資や

100年の計をもった、 舵取りにかかっているのだ。

 

 

スマホが登場して現在、道行く人、電車を待つ人、

どこもかしも スマホをみている人だらけの世の中になった。

 

ひどい人は1日に5時間とか通算すると眺めて触っているとか

寝ている時間を引くとほぼ6,7割をスマホを触っている。

かくいう僕も 触るけれど 30分ぐらいかなと・・・ 

メールとニュースで。

 

しかしながら 就寝する時に あの小さな画面でドラマとか

映画とかみることも多いので それを入れると

2時間弱はみているのかもしれない。

 

 

 

 

そういった 映画ドラマではない 情報 SNSとか ニュースとか FBや

インスタとか・・ 没入している人は もはや そういったSNS

スマホの しもべに なっているそうだ。

目と耳と 脳をそれに 費やすことになる。

そうならないために、かつて スティーブジョブズでさえ 

スマホは1日1時間といって いた。

 

人生の貴重な時間、

創造的な活動に 時間を費やしていくことが重要だと。

 

最近の休日での傾向。

 

Youtube ユーチューバー(利益を稼ぐ)でもないのに 

歌を録画しようと決めたら ほぼ半日以上は 

部屋に閉じこもっています。 

 

聴いたことがあるぐらいの曲だと

歌を覚え、練習してPCで

ACID(ミキシングソフト)とAdobeのPremieeで 撮影、

動画録音し 作成して YoutubeにUpするのに 

1本あたり3時間~4時間かかります。 

 

しゃべっているだけの動画と違い 音楽は歌や楽器をを録音録画し、

ミキシングして、 その後 歌声と伴奏のバランスを調整する作業もいるので

時間がかかります。 僕の場合いろんな背景動画も 

完成動画にミックスするので そういった素材も探すわけです。 

 

ほぼ体力勝負なので

気力が切れかけることも 多々ありますが、

今のところは ファンが喜んでくれるかなと

楽しく歌のレパを広げるのにいいし、趣味の様にやっています。

皆さん こんにちは。 今日は土曜。

 

2013年米西海岸太平洋洋上 

サンタ・カタリナ島付近より撮影。

 

昨日のブログに書きました通り 昨日はテノール歌唱で 

こちらはヘッドボイス(ファルセットボイス)歌唱での

 

自由の大地♪  です。

 

同じく 壮大感のあるオケですが ヘッドボイスになると趣が少し

変わって 自然の深遠さ、神秘さが加わりますね、

昨日のBlog版と聞き比べてみてください。  

※音楽の調もかわります。

 

1987年から1992年まで TBSにて放送された番組 新世界紀行の

楽曲に 歌詞をつけたものらしいです。

 

 

緊急事態や まん延防止また はじまりましたね。

昨年まで 東京オリンピックは開催してほしいと思っていましたが

今この発令を連発する状況での オリンピックを敢行するっていうのですから

いったい・・・ よくわかりません。

 

外国人も昨年の下旬から 数万人も 今もいれちゃっていますが 報道すら

していませんし、もう 何がなんだか。

コロナより先に 飲食業界が死滅するとう方もいます。

そして 昨今 都が緊急事態発令するなら うちの県でもしなくちゃ・・といった 

ように 発令しているかにも みえます。

日本の悪いところこういうのも横並びで 何かあっても

責任を回避する口実にできます。

 

またこれまでも 日本の場合 何か制度をはじめたら 

それを 止めることが できない国。

(先の東北の震災でマンションなどの節電がはじまったのですが

未だに マンションの電球を1つおきに灯すようなことしていたりするんですから

それでいて マンション設備費は 同じまま とっていく)

なので 日本が変わるのは 外圧しかありません、きっと動けないのでしょう。

黒船しかり 太平洋戦争しかり・・ 後は 米の動きに右へ習えするのでしょうね。

 

といいながら 1国民として 選挙投票以外 何もできませんから

自己の人生をみなおすことに 致しましょう。

 

音楽はいい。  ウソのない 純粋な精神活動だからなあ。

そして 大自然もね。

 

2013年米西海岸太平洋洋上 カーニバルインスピレーション出航前 

船上にて撮影 この頃のなんと自由な世界だったかと思います。