播磨下里駅で月2回開催している、お絵描き会に遊びに来てくれた、オポナカちゃんとの絡みです。

 

オポナカちゃんとは、兵庫県の瀬戸内側にある播磨町の非公認キャラクターです。

 

オポナカちゃんツイッター

 

大中村(大中遺跡)を昔の言葉でオポナカムラと言ったそうで、そのオポナカ遺跡の妖精さんです。

今回は、「播磨」つながりで遊びに来てくださいました。

 

 

播磨下里駅の駅舎はレトロで描いてて楽しいです。

 

{74D0D9DB-6408-4104-988A-761BE6FE9F06}
{1A6A5AFC-6828-4C60-8756-1F96D0223B62}
{4E0B57B9-9921-4B97-B89A-49AB4E67422F}
{AF787B1D-B17C-4C34-9EB9-7B84C22BE7A4}
 

日没の播磨下里駅は、いい雰囲気ですね。

なんだかすごく寂しい感じがします。
{366B9AA5-F0CB-462B-83D9-3826274A614D}
 

 

駅ノートは2冊。

1冊は北条鉄道が設置したもの、もう1冊は播磨下里お絵描き会の時だけ公開するノートです。

 

{C756F098-DF91-4FF0-833E-5BC07E522FEE}

 

播磨下里お絵描き会は、月2回ほどやっていますので、是非描きに来て下さいね!