Here There and Everywhere

Here There and Everywhere

旅行やバレーといった趣味のことや普段の事について語ります。
広くて浅いだけで素人の戯言ですが、お付き合いいただければ幸いです

いつもご訪問いただきありがとうございます。 

バレーボールや旅行、お気に入りの音楽、普段の生活など様々なことを広く浅く綴っていきます。


決して文才がある方ではないので、お見苦しい点もあるかと思いますがご容赦下さい!!


テーマ:
  
 
 
デンソー   3    (25-21 25-21 23-25 21-15 15-11)   2   JT
 
 
 
 
 
デンソーは NO. 3 ユイさん(朝日選手)が3試合連続のスタメンで、
 
ユイさんがキャッチに入ることで、
 
NO. 22 ミホさん(石田選手)が完全にオポジットの役回りに回る布陣でしたが、
 
試合の方は、試合開始早々に2連続タッチネットが出たりとJTにミスが多く、
 
ミハイロビッチもあまり気分が乗っていないようで、
 
JTの選手たちが今ひとつ試合に集中できていないような感じでデンソーペースで試合が進み、
 
終盤に点差が詰まりかけたところでの長いラリーをユイさんが決めて
 
デンソーがセットポイントを掴むと、
 
最後はピンチサーバーの兵頭選手のサーブがネットインエースとなって第1セットをデンソーが奪い、
 
第2セットもNO.18 ジャッキーの強打や連続サービスエースでデンソーがリードを広げ、
 
23点で足踏みするものの何とか逃げ切って2セット連取します。
 
 
 
デンソーのホームゲームイベントを挟んだため試合がいったん止まった後の第3セットは、
 
JTがミハイロビッチに代えてメグさん(栗原選手)を使ってきましたが、
 
このセットでデンソーがリードを奪えたのは最初の1点だけで、
 
メグさんのサーブにデンソーがサイドアウトを奪えず、
 
キャッチの時のリベロもセンさん(中川選手)で行ったりするもののなかなか流れは変わらず、
 
それでもJTのミスを起点にブレイクポイントを重ねて点差を詰めるものの
 
デンソーも追いつきかけたところでタッチネットが出たり、
 
20-20と追いついた直後にユイさんのアタックがアンテナに当たったり、
 
ミホさんのサーブがJTのチャレンジで判定が覆るほど際どかったもののサーブミスになったりと
 
最後まで再び追い越すことはできず、ちょっと嫌な感じで第3セットを落とすと
 
第4セットもJTのチャレンジが判定不能でデンソーのポイントになったり、JTのサーブミスなど、
 
デンソーにとってはラッキーな得点が重なりながらも
 
10-10からJTのアイカさん(芥川選手)のサーブにやられて5連続失点したのが響いて
 
完全にJTの流れでフルセットに突入し
 
2セット連取から逆転負けした昨シーズンの西尾での対戦と同じような気配になります。
 
 
最終セットはJTのサーブミスを起点にレイさん(鍋谷選手)のサーブで崩して
 
いきなり3-0からのスタートとなり
 
コートチェンジまでにJTが2回のタイムアウトを早々に使い切るという展開になりますが、
 
デンソーもチャンスボールを決められなかったり、
 
サービスエース献上してしまったりとリードを吐き出してしまい
 
一時は11-9と完全に雲行きが怪しくなりますが、
 
長いラリーとなったタイムアウト明けの1本をユイさんが切って何とかサイドアウトを奪って
 
何とか逃げ切ったデンソーが
 
ホームゲームの西尾大会としてはかなり久々の勝利を上げましたが、
 
JTさんもレギュラーラウンドの2位が確定していて少し緩んでいるようなところもあったので、
 
デンソーにとっては勝ち点3が取れた試合だったと思いますが、
 
1月の金沢の時よりは動きも良くなっていたように感じたのと、
 
個人的には久々にユイさんがスタメンで出た試合を観られて良かったです…
 
 
ピンチサーバーでワカちゃん(兵頭選手)と代わっただけなので実質5セットフル出場でしたが、
 
苦し紛れの2段トスも結構打たされていたので決定率はさほど高くなかったものの、
 
大学の頃のような勝負強さも出ていたし、
 
デンソーに入ってからは今がいちばん動けているような感じです。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス