痛風を自分で治す


あさひクリニックのブログ

自分で痛風は簡単に治せます。

はじめに痛風とは?

高尿酸血症を原因とした関節炎を来す疾患。

たんぱく質に含まれるN(窒素)は、有害なアンモニアがつくられ、尿素回路により尿素として排泄されます。

硬骨魚類はアンモニア

哺乳類は尿素

鳥類、爬虫類は尿酸の形で排泄されます。


尿素は水に溶けやすいのですが、尿酸は飽和度が低くすぐに結晶となります。

それが痛風結節です。

人類は、本来捨てるはずの尿酸を再吸収しています。


尿酸は抗酸化作用が強い物質です。


他に抗酸化作用があるビタミンCを人類は合成できないため、
尿酸を利用しているのです。


痛風の予防として、プリン体制限を謳っていますが、Nは常に排泄されているので、
制限の意義は小さいと思います。


それよりも、痛風の要因として、ストレスが挙げられていますが、

ストレスを緩和するために、ビタミンCを消費し、

さらに足らなくなり、代わりに尿酸を再吸収して利用しているのです。

そこで、ビタミンCを補充することで、尿酸値は自然に下がります。

逆に、薬で尿酸の生成を抑制したり、排せつ促進したりすると、
活性酸素を処理できないため、生体にはよくないと考えます。







あさひクリニックのブログ

わかさ出版から届きました。

九州に住んでるので、私の場合は電話とメールのやり取りなのですが、

私がいつも、患者さんに話していることが、
牧田先生、溝口先生も書いてくれています。

牧田先生は久留米大学の教授でした。

溝口先生は、ホリスティック医学会で、お呼びして
何度かお話を聞きました。

さらに健康栄養評価センターの柿野先生まで
項目は違いますけど、”エラスチン”についてお出になっています。


5月号のわかさ買ってください。

1冊丸ごと大特集 糖尿病・高血糖・怖い合併症もメタボ・狭窄症さえ急改善!医師も続々行い奇跡を呼ぶ食事法糖質制限食で治った!やせた[大成功の新虎の巻]

急告!糖尿病はカロリー制限だけ続けても悪化の一途で血糖値を上げる真犯人糖質を減らさないと失明・脳卒中が多発!
欧米では糖尿病の標準治療と認める糖質制限食に取り組む医師が日本にも増え治療の常識が180度大転換しだした!
糖質制限食を始めれば初日から血糖値がほぼ100%下がり糖尿病が劇的改善して薬も減った驚いた
10年来の糖尿病を克服!25㌔やせヘモグロビン値も正常!医師5人が激白!「糖質制限食で私はこう救われた」
腎症・網膜症など糖尿病の合併症を防ぐには血管や内蔵を傷める糖化物質AGE減らしも肝心で焦げめをさけて緑茶を多く飲め
糖質制限食ならメタボ・高脂血・脂肪肝やボケなど日本人の健康不安の大半は解消し肌荒れ・薄毛の改善例も多い
「糖質は脳の唯一の栄養」は誤解で糖質過多だと逆に脳が傷んでウツ・不眠・頭痛が増えるが糖質制限食で治る人続出
整形外科がすすめる糖質制限食で椎間板ヘルニア・変形性膝関節症・脊柱管狭窄症の痛みやしびれが消えた驚嘆報告
疲労・ぜんそく・アトピーさえ糖質制限食で治る人が多いと医師・栄養士もみな太鼓判!
ご飯を我慢できずに食べても食後血糖値が低く保てる糖質制限の裏ワザは[食前のグレープフルーツ・チャーハン・ふりかけ飯]
糖尿病を招く問題体質インスリン抵抗性を改善して高血糖も合併症も防ぐと実証の1/4タマネギ
糖質制限食を大成功に導く切り札、豆腐・チーズ・卵の簡単!美味な低糖質レシピ[初公開」
高血糖・高脂血が正常化し足の切断も免れ救われた!大学教授も驚く幻の血糖降下ハーブ発見

 先日の土曜日、38度の発熱で来院された患者さんの話です。

 昨年一度、外傷で来られたことがあり

活発な方だったような覚えがありましたので、

診察室に入ってこられて、一目見たときに、

決して高熱が原因ではなく意欲の低下を感じました。


何かの向精神薬を飲まれているようでした。

 私のホームページを見てこられた方と勝手に思いこみ、
うつの相談ですか?と問いかけると、驚かれたようで



“とにかくきつくて、やる気が出ない。夜も眠れない。
土曜日の午後、開いているのは先生のとこだけだったので、
とにかく、点滴をしてほしい”
と、物憂げにいわれました。

 インフルエンザも流行っていましたので、検査をして
結果の出るまでの15分間お話ししましょうということで、

付添いの奥様も交えてお話ししました。

今年の1月から単身赴任で寮生活、
朝は9時から夜10時過ぎまで仕事で忙しい毎日の中

だんだん眠れなくなり、昼間は虚ろな表情を
周りからも指摘されたそうです。



心療内科に通って、お薬を飲んでいるが
あまり良くならないとのことで、週末こちらに帰ってこられました。

ソラナック【ベンゾジアゼピン系の緩和精神安定剤、抗不安薬】
フルトラゼパム【ベンゾジアゼピン系薬剤、鎮静、抗不安、抗痙攣および筋弛         緩作用】

 その心療内科では血液の検査をしたか?聞くと、
していないとのことでした。


 私の頭の中では、もうノンオペレーティング ダンピング症候群
の可能性が浮かんでいましたので、食事の質問をしました。




 すると、朝はコンビニでおにぎりとお茶、
お昼は会社の食堂、数分で済ます程度、
 夜は10時くらいになり、寮は食事がついているが、
帰り着くころには冷めていて、温めるのが面倒なためコンビニでお弁当


会社の好意で、缶コーヒーや缶ジュースは飲み放題。
おなかがすくと、1日5~6本飲んでいたそうです。

 この時点で、私の中では疑いから確信に近づきつつあります。
 
 ”あなたの状態は、砂糖やご飯の糖質が1時的に血糖値を上げ、
インシュリンの分泌を促進します。
 そのため
逆に、低血糖を起こしている状態です




体は、血糖値を再び上げるために、交感神経を興奮させ、
動悸や発汗、感情失禁やパニック、など更年期障害のような症状を起こします。”
と説明すると、

 ”まさにその通りの症状がありました!”と驚かれました。

 そこで、点滴をしてる間に薬は中止してもらい、
夕食はご飯を食べず、おかずだけ食べることを指導して、
笠原先生のマッサージを軽く行って返しました。

月曜日に再診された時には、自分から話す元気もあり、
食欲は出てきて、睡眠薬は使わなくても、
不完全ではあるが眠れるまで改善。


少し、ダンピング症候群の話をして、
食事と日光浴で昼寝を奨めて低炭水化物ダイエットを指導しました。


水曜日に来られた時は、目線もしっかりしており、
体のきつさもなく、食欲もあり、食べ物がおいしいと感じられ、
夜も眠れるそうでした。



もっと、ノンオペレーティング ダンピング症候群の
ことを教えてくださいと積極的に話をされるようになりました。



ノンオペレーティング ダンピング症候群とは、
機能性低血糖症のことで、・・・

あとは、私のホームページを見てください。