アルテミスステークス2017予想。レース傾向とデータ分析のブログ

アルテミスステークス(G32017 東京11R 【 2歳オープン
1,600 (芝) (牝) 】 レースの傾向や、過去のデータを分析して予想してます。


テーマ:

10/28(土)東京11R・芝1600mにて
《アルテミスステークス》が開催されます。

 

 




2歳牝馬によるマイル重賞。


今年で第6回と歴はまだ浅いが、
阪神JF、そして来年のクラシックを
占う上でも見逃せない一戦だ。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

=============
アルテミスSはの出走馬
=============


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ハイヒール 54.0 内田博幸
2 2 ラテュロス 54.0 秋山真一郎
2 3 ミスマンマミーア 54.0 宮崎光行
3 4 タイドオーバー 54.0 柴田大知
3 5 ダノングレース 54.0 蛯名正義
4 6 サヤカチャン 54.0 松岡正海
4 7 ウラヌスチャーム 54.0 戸崎圭太
5 8 トロワゼトワル 54.0 福永祐一
5 9 スカーレットカラー 54.0 太宰啓介
6 10 シンデレラメイク 54.0 中谷雄太
6 11 グランドピルエット 54.0 田辺裕信
7 12 シスターフラッグ 54.0 北村宏司
7 13 ラッキーライラック 54.0 石橋脩
8 14 トーセンブレス 54.0 C.ルメール
8 15 パッセ 54.0 岩部純二


以上、出走馬15頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


トーセンブレス

中山新馬戦で圧巻Vを飾った。

最後方16番手から3コーナー手前で
一気に加速し豪快に突き抜けた。

素質は相当なものがありそうで、
東京でもその末脚は存分に生かせるはず。

鞍上は新コンビを組むルメール。

無傷の2連勝で重賞制覇なるか注目。


ウラヌスチャーム

菊花賞を制したキセキと同じ
ルーラーシップ産駒。

新潟新馬戦を上がり32.0秒で快勝。

2着に負かしたカーボナードが
2戦目を圧勝し、サウジアラビアRCでも3着に
好走したことで同馬の評価がより高まった。

広々と走れる東京マイルなら
持ち味の末脚も最大限活かせるはず。

前走のような激走の再現を期待したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


グランドピルエット

中山で新馬戦を勝利。

好位4番手から抜け出すセンス抜群の
競馬で快勝した好素材。

また、父は新種牡馬ロードカナロアで
母は京成杯AHを勝ったザレマという良血。

非凡な素質を秘めていることは確かで、
デビュー戦を1度使われて上積みも十分。

ここでも結果を残してクラシックの
有力候補として名乗りあげたい。


ラッキーライラック

オルフェーヴルの初年度産駒。

8月新潟の新馬戦では、直線半ばで
好位から抜け出す横綱相撲で快勝。

高いレースセンスを感じる競馬だった。

ペース次第では大幅な時計短縮も可能で
重賞でも遜色のない競馬ができそうだ。

調教も抜群なので期待したい。


ダノングレース

札幌で新馬戦を勝利。

直線で馬群の間から抜け出す
鮮やかな差し切り勝ちだった。

父はディープインパクトで、
母はイタリアで10戦8勝、2着2回
重賞も2勝している良血馬。

瞬発力が生かせる東京・芝への
コース替わりは歓迎材料で、
あっさり勝っても不思議はない。

ここは今後の活躍を占う意味でも
重要な一戦になりそうだ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去5年のデータ考察
============


まずは過去5年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【2-2-0-1】
2番人気【1-1-0-3】
3番人気【0-0-0-5】
4番人気【0-1-0-4】
5番人気【0-0-2-3】
6番人気【0-1-1-3】
7~9番人気【1-0-1-13】
10番人気以下【1-0-1-39】


1番人気が連を外したのは一度のみ。

その一方で、3着に入った馬は
すべて5番人気以下なので、
今年も人気薄の大駆けに注意したい。

ヒモ荒れ狙いで馬券を構築するのがベターか。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-0-0-8】
2枠【0-2-1-7】
3枠【1-0-1-8】
4枠【0-1-0-8】
5枠【0-0-1-9】
6枠【0-1-1-8】
7枠【0-0-1-13】
8枠【3-1-0-10】


枠による有利不利はほぼ無く
基本的にフラットなコース。

データでは8枠が3勝と好成績。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-1-0-4】
先行【1-0-3-12】
差し【3-3-2-26】
追込【1-1-0-19】


先行・差しが中心。

長い直線と途中の急坂の影響で
上がり勝負になる事が多い。

その為、特に差し馬が決まりやすい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==========
予想情報局の総括
==========

 

暮れの阪神JFをはじめ、
来春の桜花賞などG1を目指す牝馬たちの
戦いが本格化するこのレース。


まだ創設から6回目という事もあり
確固たる傾向はないが、

頂上を狙う馬たちが根幹距離となる
マイルで戦うという点に
ある程度の要点がみられる。


まず、スピードだけでは乗り切れない。


府中の1600m重賞で上位に来るためには、
少なくともマイル以上の距離実績が求められる。


昨年も従来どおりマイル以上を
勝っている馬で決着がついた。


ちなみに、前走で1400以下を走った5頭は
最上位が8着という結果だった。


もっとも、この辺りの事情は
競馬ファンもよくわかっているためか
この5頭は全く人気がなかった。


また、昨年はキャリア2戦馬のワンツーで
3着には新馬勝ちからの参戦馬が入っている。

あまりキャリアにこだわる必要はなさそう。

キャリアよりも内容重視にすべきか。


そして、気になるのはやはり雨予報だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
重馬場の適正も加味して予想したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【グランドピルエット
=============

中山マイルの新馬戦で先行勢の
直後につけて楽に追走。

直線入り口では余力十分で
2番手に並んだ。

内の馬が賢明に粘りこみを図るところ
200過ぎに馬体が合うと競り落とし、

ゴール前は追い込んできた馬を
尻目に抑える余裕の勝利。

これなら2戦目で上昇が期待できるし
府中でも問題なし。


対抗は【トーセンブレス
===========

こちらも稍重の中山マイルで新馬勝ち。

ゲートはあまり上手くなかったが
その分後ろで脚をため、
一気に加速し豪快に突き抜けた。

2戦目で更に良くなりそうだ。
    

そして【ハイヒール
=========

勝った札幌の新馬が雨の重馬場だった。

距離はマイルに100足りないが、
札幌のこのコースはマイルの代用的存在。

レース振りからは府中のマイルの方が
この馬には走りやすそうだ。


以上を加味した馬券戦略は

◎11.グランドピルエット
○14.トーセンブレス
▲ 1.ハイヒール
☆12.シスターフラッグ



なにぶん、2歳牝馬の戦いだけに
4頭どれが来てもOKの馬連ボックスで勝負。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSで

最新の競馬ニュースをリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i


こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(_ _)m

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。