昨日は、雨、風、雷と激しい春の嵐でした。今朝は一掃された空気、青空のもと、木々や花々がとても生き生きとしていましたね。人と犬や猫などの動物のために、心と体をケアするホリスティックケアスクール、湘南茅ケ崎アロマスペースニコの姫野純子です。

 

昨日の嵐の中、ニコでは「アニマルホリスティックケアセラピスト養成講座23期」の「最終回」を開講していました。

 

昨年、コロナ禍になり、スクールでの対面がなくなり、ようやく10月から立ち上げたオンライン講座。全23講座、57.5時間はとても長いように感じていましたが、始まると楽しい学びの時間はあっという間に半年が過ぎ、無事に修了を迎えました。お一人の方がご都合悪くて参加できなかったのは大変残念でした。

 

 

講師の皆様と「どのように伝えたらわかりやすく伝わるか」といろいろと工夫しながら、また私は、オンラインでもいつものニコの講座に近づきたいという願いがありましたので、心の交流ができるように、実習でリアルな体験もできるように、受講生同士も仲良くなれるように、オンライン交流会やLINEなども活用しました。

 

小さなトラブルはいくつかありました。生徒さんが急に消えてしまったり、講師も消えてしまったり、急な停電で予告もなくプツリと消えてしまったり。「どうするの~!」とはじめは焦りましたが、そのうちみんな慣れてしまい、いろいろな手段で復活!「おかえりなさい!」と笑顔でまた始まりました。

 

当日の午前は課題のホリスティックケア症例の発表。この講座では人の使い方の基本も学びますので、動物への症例だけでなく、自分にも、家族にも、友人へも行われた、細やかな素晴らしいケアのお話をお聴きすることができました。

 

 

ホリスティックケアは治療をするものではなく、気づいてあげて、その時に必要と思われる自然なケアをして、体を整えていきます。

 

結果として治癒のサポートになったり、病気にならない体づくりになったり、何よりも優しい思いやりが原動力になります。心と体のストレスの軽減のためにも暮らしの中で役立てて頂きたいですね。

 

さて、午後は恒例の夢地図の発表。すでに叶ったこととして伝えていきます。お聴きするほうも熱い気持ちになるくらい思いが伝わってきます。しっかりしたビジョンをお伝え頂いて、すでに夢地図は始動していることがわかりました。伝えるほうも聴くほうも、わくわくどんどん楽しくなります。

 

そして、修了証書授与。どうしたら、臨場感ある修了式を終えることができるだろうかと考え、サプライズで当日の午前中につくように修了証書をお送りしていました。見事に12時前に皆さんに荷物が到着。オンライン上ではこちらから差し出して、あちらで受け取るような感じにと思っていましたが、上手くいきました!とても喜んでもらえて、私もとても嬉しかったです。

 

 

そんなこんなで嵐の中、雷が近くに落ちて、つながっているみんながびっくりしたシーンもありましたが、楽しい最終回を終えました。画面が消えて、しばらくの間、無事に修了して頂いた嬉しさと門出を見送る家人のような寂しさを感じていました。お二人はこの後、最後の修了問題を出されて、アニマルホリスティックケアセラピストに認定されます。

 

受講生の皆様お疲れ様、おめでとうございます。熱心に学んで頂きありがとうございました。講師の皆様もお忙し中、講座を開講してくださりありがとうございました。

お陰様で初めてのオンライン講座無事に修了いたしました。

次回は少し間を開けて、24期生の募集を行う予定です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

梅が満開を迎え、開花を楽しみにしていた白い木連の蕾が開き始めてきました。

皆様、お元気ですか?人とペットのための心と体をケアするホリスティックケアスクール、湘南茅ケ崎アロマスペースニコの姫野純子です。

 

これは、私の家族の話です。夫の両親はすでに他界していますが、大変お世話になった叔父(90代)叔母(80代)がふる里にいます。昨年の9月に叔父が熱を出して入院、1か月後、そろそろ退院かなと思ったときに、お見舞いに行っていた叔母が病院の中で転倒し、2人揃って入院してしまいました。

 

 コロナでなければすぐに飛んでいって、私たちできることがやれたのですが、自粛中ということもあり、面会できたのは11月になってからでした。神奈川県から行くということで、警戒されるのはしょうがないですが、交渉の末、やっと10分という面会時間を頂き、そのために出かけて行きました。

 

 

入院するまではしっかりされていて、高齢でも2人でお過ごしになられていたのですが、病院生活が長引くにつれ、精神的なストレスがたまり、叔父の言動に良くない変化が出ていました。それから一度は、2人で家に戻られたのですが、結局、叔母に疲れが出てしまい入院、叔父は介護施設に入ることになってしまいました。

 

コロナ禍の半年の間に、2人で暮らすことができなくなってしまったのです。昨年の自粛中から、夫は毎日叔母に電話をかけるなどして、会えない寂しさをフォローしていました。

 

先日、その後の暮らし方のことを決めていかなくてはならなくなったときに、どうしたらお二人が穏やかな時間を過ごせるのかと、地元の介護の方や病院の先生方と電話でのやりとりが続きました。なかなか難しい問題があり、いろいろな調整のために行うべきことが沢山あり、夫は夜も寝れない日々が続き、はたから見ても多大のストレスを感じていることがわかりました。

 

そこで、私はバッチフラワーレメディのトリートメントボトルを夫と自分に作ることにしました。

 

 

夫に選んだレメディは、

エルム(一度にやってきた仕事を順々よく片づけていけるように)

インパチャンス(せかせか焦る気持ちを穏やかに)

ミムラス(この先がどうなるのだろうという不安を穏やかに)

オリーブ(心身の疲れを癒し、元気にする)

レッドチェストナット(肉親への心配を穏やかに)

ウォルナット(叔父叔母の急激な変化に順応する)

レスキュー(緊急時のレメディ)でした。 (人によって必要なレメディは違います)

 

バッチを私が学び仕事にして、もう十数年。初めの頃、夫は「そんなわからないものは飲めない」と言っていましたが、今では飲むと心が穏やかになることを理解しています。今回、飲んですぐに即効性がありました。その日からぐっすり眠れるようになり、顔つきも穏やかになっていきました。本人曰く、「体の芯がすごくカチカチだったんだけど、その芯が柔らかくなるような気がして、気持ちが楽になってきたのが分かったよ」と。役立ってよかった❤

 

それから直ぐに準備を始めて、マスクにフェイスシールドももって、ふる里に向かって行きました。いくつもの用事をこなし、向こうの方のご配慮で叔父や叔母とも会うことが出来ました。半年の間に叔父叔母の心身の状況はかなり変わりましたが、ご自分の意思はしっかりされているので、このままの状態を維持して頂ければと願っています。

 

バッチフラワーレメディは、このような時も心や感情をケア、サポートする植物療法です。私はプラクティショナーとして、いつもは他の方のご相談にあたりますが、自分や自分の家族のためにも必要に応じて使います。まだまだ先が見えない状況ではありますが、バッチフラワーレメディは、いつも寄り添い、サポートしてくれる植物のパワーです。お役立て頂けますと嬉しいです。

今年の冬は寒く、寒波の影響で雪の被害が出たり、コロナ禍でまだまだ先が見えない状態続いています。

明るく暖かい光に満ちた立春が待ち遠しいですね。

人と動物のための心と体をケアするホリスティックケアスクール、湘南茅ケ崎アロマスペースニコの姫野純子です。

 

今年の元旦に撮った海岸での写真です。1枚面白い写真が撮れました。お日様が可愛い2色の虹に✨

 

 

 

アロマスペースニコのスクールから植物や自然の恵みを活かした暮らしをご提案しているうちに、それらを役立てて頂きたくて化粧品を作りをしていました。2007年から製造し始めたNICOオーガニックシャンプーは、初めは皮膚の弱い愛犬のために開発、その後、人も赤ちゃんからご利用できる化粧品になりました。自然なものにこだわる皆様、犬や猫の飼い主様、トリミングサロン様、動物病院様などでもご利用頂いています。

 

NICOショップでは、シャンプーを探してこられた、皮膚が敏感な犬(人も)のご相談を受け、アドバイスをさせて頂く機会が多いです。

あるとき、北海道のお客様からご相談がありました。「NICOシャンプーすごくいいのですが、最近髪がまとまりにくく、静電気がおこりやすい

のです。何か良い方法ありますか?」もともと薄めて泡で洗うシャンプーなので、濃度を変えてみることや、プラス何かを入れるという、いくつかのご提案をしてみました。そして、お話をしているうちに、あることが思い浮かびました。

 

それは、「静電気!」でした。何年か前に、北海道の札幌にある響きの杜クリニック院長の西谷雅史氏と、恩師のクレイテラピーの第一人者、アロマフランスのドミニック先生の「静電気とクレイテラピー」の講座を受けに札幌に行ったことがありました。原因不明の体調不良で困っている方々の中には、家電や無線LAN、携帯電話、などから発せられる電磁波により、身体に静電気が過剰に帯電しために起こる「帯電障害」という状態になるということを学んでいました。クレイはそのようなときにも役立ちます。

 

お客様のお話から、空気が非常に乾燥し、お部屋の環境などから静電気が帯電しているのではと感じたので、響きの杜クリニックをご紹介しました。

 

後日、お客様からメールを頂きました。響きの杜クリニックに行かれて、帯電量の測定もしてもらい、静電気デトックスのためのアースシートも買われたそうで、体調もよろしいとのことでした。そして、飼い猫さんがず~とそのシートの上で気持ちよさそうに寝てるということでした。


シャンプーのご相談だったんですが、そこから健康に役立つことをお伝えできてよかったです。ちょっとした変化に気づくことは、結果として体のメンテナンスにつながりますね。

 

西谷雅史先生のご著書

 

 

2020年の大晦日、いかがお過ごしでしょうか?

人と動物のためのホリスティックケアスクール、湘南茅ケ崎アロマスペースニコの姫野純子です。

 

この1年はどなたにとっても、大きな変化を経験された年でしたね。

自分のこと、家庭のこと、仕事のこと、生き方そのものことを考え、できることを行動に移した1年。あ~という間の1年でした。

 

お疲れ様✨励まし、助け合った仲間、社会を支えてくださった皆様、また今も支えてくださっている皆様に、「ありがとう💛」を伝えたいです。そして、ここまで頑張って来た自分にも「ありがとう💛」の言葉を。

 

アロマスペースニコでは、10月よりオンライン講座を開講。アニマルホリスティックケアセラピスト養成講座、人と動物のためのクレイテラピー講座、AEAJアロマアドバイザー講習会など24講座、交流会5回を行いました。


初めてのオンライン講座だったので、やり始めると課題がいくつも出現。その都度、臨機応変の対応と工夫を重ねた3か月。


また関わってくださっている講師の皆様のご協力も得て、小さなアクシデントはありましたが、オンラインでもより心の温まる講座、より実習も楽しめる講座になるように取り組みました。伝える側も学ぶ側も、前向きに進んだ3か月でした。


対面講座でお会いできないことは、本当に残念ですが、遠方の方にも気軽に参加して頂けるなどのメリットも多く、時期がきて対面でお会いできる楽しみもできました。



 

 

 

 

 

 

 講座の中では、今必要な方に情報を届け、次のステップに進む足掛かりとして自然療法そのもの、考え方や捉え方のヒントをお伝え出来たこと、オンラインであってもサポートを必要とされている方に寄り添うことが出来たこと等々、ご縁を大切にすることができました。

 

 

 

 

 

 

交流会では懐かしいお顔にお会いできて、笑顔の再会となりました。皆さん、もともと植物好き、犬が好き、猫が好き、もちろん人も好きな方々なので、自然や植物の恵みのサポートを受け、いろいろな出来事を乗り越えながら、やっぱり前向きに進まれてるんですね!今までやってきたことを活かしてくださっていて、大変嬉しかったです。元気も頂きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いろいろなことを乗り越えながら進んだ2020年。

 2021年、もうひと踏ん張り頑張らなくてはいけないですね。

 希望の光に満ちた、穏やかな2021年になりますように!

 

 

 

皆様、お元気ですか?

先日の十五夜のお月様満月は透き通るように美しかったですね。

人とペットのための心と体をケアするホリスティックケアスクール、湘南茅ケ崎アロマスペースニコの姫野純子です。


15年続けてきたAroma Space Nicoの「アニマルホリスティッケアセラピスト養成講座」

この講座では、人の利用法の基礎をしっかり学びながら、犬や猫への利用法も学びます。

 

なにせSNSにも何とかついていっている私です。準備のためZOOMのセミナーを受け、実際に運営上のトラブルを予行演習しながら、昨日、いよいよ本番を迎え、オンライン講座が無事に開講しました!

 

午前は私のクレイテラピー講座、午後は開講した時からずっとお世話になっている、獣医師の古山範子先生の解剖生理講座でした。

アクシデントはやっぱりあったけど(^^;、クリアして、みんな笑顔で無事に終了しました。(10月中ですと遅れても若干名なら講座に参加できます。ご相談ください)

 

 

そして、こんなことも感じました。

「わぁ~!」と笑顔でみんなで手を振って終了したとき、気持ちはルンルン楽しい気分、充実感で満ち満ちていた。

ところが、その空気感が一瞬に消え去ってしまう、画面上の世界。すぐに切り替えられる世界。

対面であれば、1日を一緒に過ごし、生徒さんたちをお見送りした後の、誰もいなくなったあの教室の余韻がずっと続く。それが、とても好きだったな〜

 

でもでも、確かにオンラインでも、心が一つになって、一緒に笑い、考え、それぞれの空間で作業して、気遣い合って、

体は同じ場所にいなくても、心は繋がっていたよね!

 

オンラインであっても、アロマスペースニコらしく講座をおこないたいという思いで開講したオンライン講座。


ここに集いし皆さんは、ご縁があって、それぞれの人生の中のタイミングに合わせていらっしゃた大切な仲間たち。


臨機応変、柔軟性をもちながら、オンラインの良さも活かしいこうと思います。


これから半年間、ホリスティックケアの学びを深め、交流も楽しんでいきましょう。講師にとっても学びの多い時間となる思います。


いつもこの笑顔でラブラブ