行田・上尾・御茶ノ水 ハーブ&アロマの資格 Aroma & Medical Herb 香草塾

 行田・上尾・御茶ノ水 ハーブ&アロマの資格 Aroma & Medical Herb 香草塾

<オンライン講座始めました>

(NPO法人)日本メディカルハーブ協会・ハーバルセラピスト認定教室
(公社)日本アロマ環境協会・アロマテラピーアドバイザー認定教室
ハンドセラピスト認定教室

<オンライン講座始めました>

★来年5月ハーバルセラピスト試験に向けて、
 今からゆっくりコース 募集しています。

日本アロマ環境協会 アロマテラピーアドバイザー
           アロマテラピーインストラクター
           アロマセラピスト
日本メディカルハーブ協会 ハーバルセラピスト
              ハーバルプラクティショナー
              ホリスティックハーバルプラクティショナー
ナードジャパン   アロマアドバイザー
日本漢方養生学協会 漢方養生指導士・漢方上級スタイリスト
医薬品登録販売者

アロマとハーブの資格講座や漢方入門講座などしています。
詳しくは、HPhttps://kousoujyuku.web.fc2.com/index.htmlを
ごらんください。
少し前に群馬県館林市で行った漢方入門講座の様子が
上毛新聞のミニ版に掲載されました。
(宣伝です)
 
地元で宣伝せずにどうする?と思いますが、
どこでも呼ばれれば喜んで(^^♪
担当者の話だと、とても好評だったそうです。
(良かった~)
 
私のHPはこちらです。
いろんなことやってるなと思われるかもしれませんが、
基本は同じなのです。
ホリスティックに、健康や美容に役立ててもらいたいのです。
漢方も特別でなく、アロマやハーブで活用できることをお伝えしたいのです。
 

 
塩ゆで落花生です。
丹精込めた畑で採れた落花生を戴いたので、作ってみました。
 
落花生は、
漢方では、肺を潤し身体の熱を冷まし、喉の腫れや痛みや、喉の渇きにも良い秋の食薬です。
血虚や便秘に。
甘味があるので気虚にも良いのではと思います。
ということは、女性にお薦めの食薬ですね(^^♪

土の中から現れる落花生。
けっこう泥んこです。
初めて知ったことは、水にぷかぷか浮かぶこと!
なので、茹でる時は落とし蓋をします。
30~40分。
 
自然のまま、選別もしてないので当たりはずれアリ(^◇^)
すっごく美味しい秋の味覚です。
いつもの食材を、漢方的視点から見るのは
新しい発見と、なるほどそうだよねと納得する面があって
何気なく過ごしている生活が面白くなります。
 
ハーブとアロマの融合した漢方入門講座やってます。
 
 
今月は、女子力上がりそうな色彩豊かな実習になりました。
八宝茶作りと白きくらげの試食です。
「八宝」とは「たくさんの」という意味です。
調べると氷砂糖を入れて甘くして飲むらしいのですが、それはちょっと避けたいので
甘い味になるハーブや食薬をいろいろと取り揃えてみました。
美味しくなければ八宝茶ではない。
香りと味、見た目。そして好みで。
 
試食用の白きくらげのサラダ。
緑、白、黄色、赤。
ドレッシングは市販の物に、薬膳酢をプラスすると
とっても美味しいのです。
白きくらげは、味がないのでどんな料理にも合います。
秋の乾燥対策に、食べるコラーゲン、ヒアルロン酸と言われる白きくらげは
お薦め食材ですよ。
 
次回は、11月28日(土)御茶ノ水。
また我家(香草塾)でも、順次行います。
詳細はのちほどアップします。
 
 
 
 
 
 
オンライン講座が主流になってきました。
資格講座は、お互いにテキストがあるし、そんなに大人数でもないので、
比較的やりやすいzoomでのオンライン講座です。
 
日本アロマ環境協会のセミナー(教室、スクール用)に参加した時は、
20分待っても入室できないことがあり、
人数が多いって大変なんだなと感じたことがあります。
主催者側ではないので、気持ちはラクでしたが、
忘れられた?と少し不安にも・・・・。
 
今回は、CNJ(キャンサーネットジャパン)のイベントがオンラインになり、
私たちの患者会も参加するのですが、なんだかいろいろ大変です。

どれだけの人が入室してくるのか未定、いつ入ってくるのか未定、

いろんな想定をして、タイムテーブルを作り、担当を決め、打ち合わせを数回。

 

私はアロマテラピー講座を担当です。

いつもだと

自分のresumeがあっても、その時の雰囲気で話がいろいろできるのですが、

今回は

きっちりスライドに合わせた話をすることを心がけます。

PCやスマホの向こうの参加者さんは、スライドを見て話を聴くわけですから、スライドに合わせて話せるように。

そうすると、意外に難しくて原稿を書き直すことも多々。

 

これがあるために、他の講座の準備などが、せわしなく落ち着かない日々でした。

無事にトラブルなくイベント終了できますようにピンクハート

 

 

 
綿の実。
やっと割れ目ができてきました。
綿の木から切り離して、干しています。
晴れた時は、外に。
肌寒い時は室内に。
過保護に見守り、やっとこの状態です(^^♪

 
切り離して物干しにぶら下げた綿の実。
綿ができるのは大変なんですね。
 
綿の花。
アオイ科らしい花です。
 
 
面白いことに咲きはじめはピンクです。
それが徐々白になります。
 
花が落ちるとアーモンドみたいな実になり、ここからが長い。
ずっとこのまま・・・・なので切り離して、物干しに干されてしまいました。
 
懐かしい綿の木。
梅雨の時期でしょうか。
ぐんぐん伸びている頃です。
あれから数か月、まだ綿は姿を隠しています。