エアコン全自動クリーニング♪ゴルフ5 VWゴルフGTI | 輸入車販売と整備のアライズ

輸入車販売と整備のアライズ

1930年創業(あと11年で創業100周年!です)の老舗自動車販売会社を母体に輸入車をメインで販売しております。
どうぞホームページを覗いてみてください。
http://www.arisenet.co.jp/home.html

こんばんは♪

アライズの高橋です。

 

本日の足立区は雨が降っており少しだけ肌寒く感じますが、

これからは気温も上がり、エアコンを使い始める季節となりますねニコニコ

 

そんなエアコンが最も重要な季節になるというのに、

愛車の「エアコン内部状態」を気にする方は・・・

ほとんどいないと思いますあせる

 

弊社でも他店でも・・・もちろん正規ディーラーでも、

通常の定期点検整備や車検整備の実施内容の中に、

「エアコンの『内部』点検」という項目は一切ありません。

 

快適なドライブをしたいから整備したのに・・・

「エアコンが壊れた」

「エアコンが効かない」

「エアコンの風がぬるい」

そんな症状が出てきても、定期点検整備の作業項目に入っていないのですから当たり前・・・あせる

 

真夏になってから室内が灼熱地獄にならないためにも、これからご紹介する「エアコン全自動クリーニング(エアコンリフレッシュ)」の施工をお勧めします音譜

 

それでは、快適メニュー「エアコン全自動クリーニング(エアコンシステムリフレッシュ)」を施工させて頂いたお車のご紹介をさせて頂きます。

★現在、一般ユーザー様の施工作業を最優先しているため、

業者様からのご依頼は一切お断りをさせて頂いております。

 

今回、エアコンリフレッシュ施工をさせて頂いたお車は、2009年VWゴルフGTI 走行距離31,000km です。

車両ご契約と一緒に施工ご依頼を頂きました音譜

弊社で行うエアコン全自動クリーニング(エアコンシステムリフレッシュ)は、既に注入されている古いエアコンガスの回収・再生そして真空引き、不足しているエアコンガス量を正確に追加充填とコンプレッサーオイル注入(弊社ではワコーズパワーエアコンPlus使用)の全てを全自動で行います。

特に重要な事ですが、不足しているエアコンガスを「正確に充填する」というのがポイントです。

 

エアコン修理費用の10分の1程度の費用で、コンプレッサーを含めたエアコンシステムの寿命を延ばし、且つ快適に乗れる、というコストパフォーマンスに優れたエアコンクリーニング(エアコンリフレッシュ)です。

 

ガソリンスタンドやカー用品店でも数千円程度の「エアコンクリーニング」はありますが、アマチュアスポーツとプロスポーツというくらい施工レベル(次元)が違いますプンプンプンプンプンプン

弊社は、お客様から代金を頂く=「プロ」として設備投資を行い本物の機器を使用しカーエアコンメンテナンスを実施する、至極当然の考えを持って快適メンテナンスを提供しております。

 

きちんと入っていなければならないフォルクスワーゲン指定のエアコンガス規定量は下の赤線にある「525g」ですビックリマーク

今回、回収した古いエアコンガス量は下の丸枠「430g」ビックリマーク

「95g(規定量から約20%ビックリマーク)」も減っておりました叫び

エアコンガス缶だと・・・約半分!!も減っておりました叫び叫び叫び叫び叫び叫び

ご購入と同時に施工して大正解でしたねニコニコ

 

これを見ても何も感じなかった方は、エアコンが壊れる(修理費用で十数万以上支払う現実を体験する)までエアコンクリーニング(エアコンリフレッシュ)は永遠にやらないとおもいます・・・汗

 

「現在進行形」で少しずつ減っているわけですから、今回施工をしなかったら、これからもエアコンガスが減り続けて・・・

この先エアコンがどうなっていくのか・・・

誰にでも想像はできますよねにひひ

 

エアコン全自動クリーニング(エアコンリフレッシュ)を一度も施工した事が無い方や夏も快適に乗りたいという方や愛車を大切にしているという方には、エアコンガスは減るという「良いお手本」になると思います。

ご自分の愛車の維持費を抑え快適に夏を迎えましょうニコニコ

VW指定量の「525g」と機械へ打ち込み、

正確なエアコンガス量を充填します。

同時進行で、不純物を取り除いた元々入っていたエアコンガスを再充填すると共に、不足分(95g)を補うため新しいエアコンガスとコンプレッサーオイル(ワコーズパワーエアコンPlus)をセットして充填完了です。

ワコーズパワーエアコンPlusを注入する事で、コンプレッサーが滑らかに回るため、負荷が減り長持ちします。

 

当然の事ですが、今回施工したVWのエアコンシステムは故障していませんビックリマーク

意外とご存じない方が多いのですが、新車時から自然と少しづつ(車種にもよりますが年平均10g前後程度)エアコンガスは抜けています。

冒頭で書いたように、通常の定期点検整備をしている方でも、エアコンのメンテナンスは全く行わず、エアコンが壊れるまでほったからし、という方が大多数だと思います。

 

低価格で夏を快適に過ごせ、修理費用と比較したらコストパフォーマンス(費用対効果)が非常に優れている施工なのですが、機械がとても高額なので、導入している整備工場や販売店が少ないので知らない方が多いというのが現状なんですあせる

 

足立区内で「足立区エアコン全自動クリーニング」「足立区エアコンリフレッシュ」「足立区カーエアコンクリーニング」と検索しても、弊社の施工ブログしか出てきません。

検索結果の99%が、家庭用のエアコンクリーニングしか出てきません汗

 

このブログを読んでいる方で、愛車のエアコンシステムを本格的な機械でクリーニングした事ありますかはてなマーク

夏になってエアコンを使おうと思ったら壊れていた・・・

故障したらエアコンクリーニングは出来ませんので、当然ですが手遅れ・・・ですビックリマーク

人間も予防接種があるようにエアコンにも予防整備をして健康を維持するのが良いと思います。

高額な修理費用になってから後悔しないようにしてくださいにひひ

 

低価格でエアコンシステムの寿命を延ばし快適にいつもでエアコンが使えるという本格的な機械を使用した全自動クリーニング(エアコンリフレッシュ)をどうぞお試しください音譜

*エアコンが故障していたり、エバポレーターを含め部品劣化によりエアコンガス漏れを起こしている車には施工しません(できません)。

 

ちなみに、エアコンクリーニング(エアコンリフレッシュ)と全く違いますが、エアコンの効きが悪かったりエアコンガスが少ない場合、ガソリンスタンドや一般的な整備工場も含め殆どのお店では、下記のアナログ式エアコンマニホールドで充填します。

本来ならば、真空引きを行ってから充填(チャージ)するのがセオリーなのですが、それすらせず、ただ単に充填するようなお店はお勧めしません。

アナログ式しか持っていない整備工場の場合・・・

当然ですが、不足しているエアコンガスの正確な量が分からないのでゲージ圧を見ながら「何となくこのくらいでいいか・・・」「とりあえず冷風が出るようになったからOK」という曖昧なエアコンガスの充填で終わってしまいます。

ガソリンスタンドでよく見る光景ですね・・・汗

実際、メーカーが定めている正確なエアコンガス量が充填されているのか、いないのか、ゲージだけが頼りなので充填している本人すら分かりません。

下手したらオーバーチャージ(過充填)って事にもなりかねませんビックリマーク

 

夏になってエアコンが壊れて慌てたくない方や高額なエアコン修理費用を出したくない方や愛車を大切にしている方やしっかりと正確に作業をしてほしいという方には、春夏秋冬関係なくエアコン全自動クリーニング施工はお勧めですウシシ

★ユーザー様の作業を最優先しておりますので、業者様の施工ご依頼はお断りしております。

施工ご依頼やご相談などこちらのホームページからお問合せ下さい♪