中学生・高校生の留学 in ニュージーランド

10代からの海外留学に役立つ情報満載のブログ。

キレイな空気と美しい自然に溢れたニュージーランドで、
貴重な学生時代を過ごしてみませんか?

ニュージーランドの中学留学・高校留学に関するお問合せ、
どしどしお待ちしております!


テーマ:

こんにちは、オークランドの現役女子大生です黄色い花

 

なんとなんと、「アルファベット順にNZの高校留学に役立つ情報を書いていくシリーズ」(名前長い)、今回で最終回です!

いやあ、時が経つのは速いもので、シリーズ最初の投稿からすでに一年以上が過ぎ去りました。

長かったような、短かったような。

 

とにかくこれを終わらせないとARC社長が新連載を始められないというわけで、本日はX, Y, Zをいっぺんにやってしまいたいと思います。

なぜ最後のアルファベット3つまとめてかと言うと、とにかくこの3つ、思い当たる単語が少なすぎる。

そういう事情があるので、ご容赦くだされキョロキョロ

 

それでは、最初はXで始まるNZの高校関係のもの。

X?「紅だああああ」ってシャウトすればいいの??

 

そんな気分で考えていたXですが、そういえばニュージーランドのテストの採点の仕方、日本と違うんですよね。

昔日本に1ヶ月ほどの一時帰国をした時、体験入学した小学校で採点された宿題やテストを受け取った時、帰国子女らしく「Oh...?」と首を傾げたものです(そんなことしてない)。

 

日本では正解には○、不正解には✓ですが、ニュージーランドでは正解に✓、不正解に×

 

ちょっと混乱するんですけど、つまり正解は日本と逆なんです。

なんでこの話をしたかと言うと、X = ×(ばってん)。

 

こっちじゃ間違えたらXですよ〜みたいな...えー(無理やりすぎる)

 

 

さて気を取り直して、次はY

Yの言葉ってそれなりにありますが、私がまず考えたのはYou。またはYourself

 

新しい環境で、自分のアイデンティティを保つのって何気に難しい気がするんです。

周りは慣れているのと全然違う人たちだし、言語も違うし、家族も近くにいないし...

 

でも、自分と言う一人の「人」としてのアイデンティティを外国でも持っていてほしい、と私は思うんです。

様々な新しいものや人と触れ合って、価値観や考え方がいろいろ変わるかもしれませんが、元々の「自分」をキープしておくのも大事なんじゃないかな、と。

 

Be Yourself!

 

 

 

 

そして、最後にZ

マジでZはXと同じで単語が全然出てこなかったです。

Zoo、Zombie、Zumba...どれも高校に関係ないじゃないか!

 

Zapとかどうかな?

辞書で意味を調べると、"a sudden event that imparts energy or excitement, usually with a dramatic impact"- 「突然の刺激、活力、エネルギー」

 

新しい場所に行くのって新鮮で、そこで暮らすのは刺激的。

留学って、自分の価値観や考え方、暮らし方に激しいZAPをくれるものだと思います。

 

皆さまがたくさん、たくさん、新しいものと触れ合って、英語も上達して、いい刺激を受けて留学を終了できることを願っています。ハリネズミ

 

 

それでは、これにてこのシリーズは終了!

次回からはARC社長がめちゃくちゃ面白い新シリーズを始めてくださるそうなので、お楽しみください(ハードル上げとく)!!

長々とお付き合い、ありがとうございました星空

 

 

 

 

 

 

ARCのFacebookページもよろしくね!

⬇︎

ARCオークランド高校留学センターページ

オークランド留学センターページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、オークランドの現役女子大生です黄色い花

 

ニュージーランドはもう冬ですが、日本も夏に近付いているようですね。

ちなみに私が最後に日本の夏を体験したのはかなり小な時なので、今夏の日本に行けば暑くて溶ける自信があります。

だって35度余裕で超えるんでしょ?こわっ...ガーン

 

 

さて、本日はWで始まるニュージーランドの高校関係のこと。

 

Wってあるかなー、難しいなー、と思っていましたがよく考えたらあった。

5つも!

 

それは学校で習う5Ws(+H)です。

 

これは、

WHO = 誰

WHAT = 何

WHEN = いつ

WHERE = どこで

WHY = なぜ

 

HOW = どうやって

 

という、5つのWで始まる言葉と1つのHで始まる、文章を書いたりしゃべる時に意識して入れなければいけない情報のこと。

NZでは小学生から習うことなので、日本でも英語の授業で聞いたことがある方もいるかもしれません。

 

いつどこでなぜ、そしてどうやってやったのか。

 

 

たとえば、'I went on a date to Kyoto with my boyfriend on the weekend. It was my birthday, so we ate a lot of yudoufu'.

 

「週末に彼氏と京都でデートしたの。私の誕生日だったから、湯豆腐をたらふく食べたわ(海外ドラマの吹き替え調)」

 

なんだか腹が立つよくわからない例文ですが、この場合は:

Who = 私と彼氏

What = デートと湯豆腐

When = 週末

Where = 京都

Why = 誕生日

 

みたいな感じになります。Howを入れるには、「We went by Jinrikisha」でも入れたら良いんじゃないでしょうかね。

 

 

めちゃくちゃ初歩的なことですが、これを覚えておくと情報が相手に伝わりやすくなります。

小学校から高校まで、英語の授業では5Ws(あとなんかおまけっぽくなってるH)が必ず出てきますし、エッセイを書く時にも考えながら使うよう言われます。

 

英会話で覚えておくと役にたつかもキラキラ

 

 

それでは本日はここまで!

また次回、お会いしましょう星空

 

 

 

ARCのFacebookページもよろしくね!

⬇︎

ARCオークランド高校留学センターページ

オークランド留学センターページ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、オークランドの現役女子大生です黄色い花

 

そろそろ冬ですね。雨が降ると関節が痛くなってブルーです雨

 

本日はVで始まるニュージーランドの高校関係のこと。

だんだんこのシリーズの終わりが見えてきましたね!

 

 

Vocabulary(ボキャブラリー)、って言語で必要なものですよね。

ボキャブラリーが豊富なほど、現地の英語に近付けるし、しゃべることも多くなる!

 

単語を覚えるのは大変だけど、語彙力が高い方がなんとなく頭も良く聞こえますよね。

 

というわけで、本日は私的ボキャブラリーの増やし方を話します。

 

とりあえず私が一番に言えることは、知らない単語はそのままにしておかないこと

 

私は昔、日本でも英語でも知らない言葉に出会うと、首を傾げながらそのまま調べたりしませんでした。

本を読んでいて知らない単語を見てもそのまま読み進めるし、誰かが知らない言葉を言っても曖昧にうなずくだけで意味は聞かない。

こんなことを繰り返していると、自然に「見たこと・聞いたことあるけど意味は知らない」って言う単語が増えていきますよね。

 

こう言う意味が良くわからない単語って普段の会話では使えません。

どう使えばいいかわからないし、間違えて使ってしまったら恥ずかしい。

 

そんなあなたに...

 

テレレテッテレー♪

「じーしょー!」

 

またはグー○ル先生。

 

便利になったこの時代、知らないものはすぐに調べられるようになりました。

インターネットを使えば初めて聞いた言葉だって簡単に意味を知ることができます!

スペルがわからなくてもなんとなくで書いたら「もしかして:」ってオプションをくれるのが便利ですよね。

 

ありがとう、グーグ○先生!爆笑

 

あとは、誰かとの会話で知らない言葉が出てきたら、素直に「What does that mean?」って聞くのがベストです。

 

別に知らないことがあっても恥ずかしがる必要はありません。

誰だって知らないことはあるんですから。

 

「知らないのは恥ではない。
     知ろうとしないのが恥である。」

(澤柳政太郎)

 

と言うわけで、知らないことは検索、検索ぅ!

これで新しい知識を得て、ボキャブラリーをどんどん広げていってください。

 

 

それでは本日はここまで。

また次回、お会いしましょう星空

 

 

 

 

ARCのFacebookページもよろしくね!

⬇︎

ARCオークランド高校留学センターページ

オークランド留学センターページ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。