今日は歴史ネタで。
 
セントラルオークランドとウェストオークランドの中間にあるBlockhouse Bayというエリア。
このエリアの語源はなんだろうと以前から思っていましたが、ようやく調べることができました。
 
ニュージーランドに移住したヨーロピアンたちは、1860年代マオリ族との間で土地の利権をめぐって長い戦いの真っ只中。特にタラナキ地方やワイカト地方で何度も衝突がおこっていました。
 
オークランドエリアでは、マオリ族の人たちがボートを使いマヌカウ湾から侵入することを想定。
 
湾岸の前線基地として作られたのがBlockhouseでした。英語で言うところのMilitary shelterです。
 
配置されたのが、Otahuhu, Onehunga そしてBlockhouse Bayの3箇所でした。
 

 
兵士の宿舎や武器管理庫として使われていたこの建物ですが、結局マオリの襲来はなく役目を終えることとなりました。
 
その当時、Whauと呼ばれていたエリアが、Blockhouse Bayという名前に改定されました。
 
これが現存する唯一の写真。

 

 

そして、調べて驚いたのがOnehungaのBlockhouseは現存していました!

Jelicoe Parkという公園にその勇姿を見ることができます。当時のまんまの場所に立っています。

 

 

大木のせいで見難いですが、少し高台のこのエリアは向かって来る敵を見つけるには最適の場所でした。

 

ボランティアガイドの人が熱心にいろんなことを教えてくれました。

 

そしてマオリとニュージーランドの戦いの歴史を読んでみると、双方の言い分や都合があり、正義というもの解釈の違いがあることが分かりました。

歴史の浅い国とは言え、先住民族との戦いという視点で調べてみると、結構興味深い。

 

 

当時の兵士になったつもりで、 Blockhouse BayからManukau湾を見下ろしてみる。

 

やっぱり平和が一番。

 

ランキングにご協力お願いします!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
にほんブログ村

 

ARCのホームページは情報盛りだくさん。

大人の方は こちら

中高生の方は こちら!  体験プログラムもいっぱい載ってます。

この週末、所用でクライストチャーチに行ってきました。半日、時間があったので、車を出していただいて、ちょっと観光することができました。
 
ちょうどこの季節は、シャクナゲ( rhododendron )とツツジ( azalea )が花盛り。色とりどりの花が咲き誇る Ilam Gardensに連れていってもらいました。前日までは肌寒かったのですが、この日は快晴で、汗ばむほど。甘い花の香りが風に乗って漂い、心地良かったです。
カンタベリー大学に隣接するIlam Gardensは、それほど広くありませんが、隅々まできれいに手入れがされて、素晴らしいお庭でした。
 
 
 
どこを切り取っても、うっとりする美しさ。そして真っ青な空。小鳥たちが楽しそうにさえずっていました。
 
カモの一家。8羽のヒナがぎゅっと固まってお昼寝中でした。
 
町中は、相変わらず空き地が目立ちました。向こうに見えるのは、「紙の教会」です(骨組みに鉄骨が使われているので、本当は違うそうですが)。
 
ランキングにご協力お願いします!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
にほんブログ村

 

ARCのホームページは情報盛りだくさん。

大人の方は こちら

中高生の方は こちら!  体験プログラムもいっぱい載ってます。

嬉しいニュースです。

11月から留学生の受け入れが始まることが、発表されました。
まずは「大学院生250名」が対象です。

※2020年のビザを保有しながら、コロナのため入国出来なかった学生が対象。
※加えて自己負担の2週間隔離が必要。

上記の制限付きですが、ニュージーランドの教育業界にとっても嬉しい知らせです。

段階を踏んでいくことは想像していましたので、ようやく第一歩が始まったか、という印象です。
11月という微妙なタイミング、この大学院生たちが、来年の本格再開の試金石になるでしょう。
誰も感染者が出ないことを祈っています。

 

ニュースソース;

https://www.nzherald.co.nz/nz/new-zealand-opens-door-for-250-graduate-students-but-they-will-have-to-pay/K7OWPS2GOT7V2G6CMURYO6BXDM/

 

 

ランキングにご協力お願いします!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
にほんブログ村

 

ARCのホームページは情報盛りだくさん。

大人の方は こちら

中高生の方は こちら!  体験プログラムもいっぱい載ってます。

10月11日(日)日曜日。桜の名所Cornwall Parkを訪問。
強い風の日でしたが、桜の花びらは散ることなく、見頃を迎えていました。
 

以前なら、桜の木の下でシートを広げてピクニック、という光景が見られましたが、今は禁止。

なので、立って写真を撮っている人ばかり。

お弁当を楽しむなら、木の外側でシートを広げないといけません。

 

 

気がつくと、我が家の枇杷が色づき始めました。
Black Birdがついばんでいて、そのことに気づいて、慌ててカバーを開始。

 

 

 

 

とりあえずの収穫。

今年は例年以上に甘い!水不足が関係??

 
 
選挙は10月3日から17日までの間に投票。
政府を決める大事な選挙です。まだ投票してない人は、17日が最終日ですよ!
 
今年のreferendumは、「レクリエーション用マリファナ」と「安楽死」の合法化。
これについてもYesかNoか、投票することになります。
image
 
Farmersを訪れたら、もうクリスマス商戦が始まってました。
いやはや、時が経つのは早い。
コロナでもクリスマスはやってくる。
 

 

Retailerにとっては、1年で一番の稼ぎ時。
皆さん、どんどん財布のひもを緩めて、ニュージーランド経済を活性化してください。
 
 
 

ランキングにご協力お願いします!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
にほんブログ村

 

ARCのホームページは情報盛りだくさん。

大人の方は こちら

中高生の方は こちら!  体験プログラムもいっぱい載ってます。

 
 

 

LynfieldのManukau Domainに行くと、イースターのモアイを思いだすような、大きな石が立ってます。
 
これはいったいなんじゃらほい、と近づいてみると、プレートに作者の名前が記載されていました。
 
どうやら、これは日本の作家で、Hiroaki Uedaさんの作品のようです。

 

 

1971年?

随分前の作品が、なぜこんなところに?

 

とググってみたところ、以下が分かりました。

 

彫刻は、日本人アーティスト上田浩明によるOpened Stone (1971年)。
オークランドの100周年を祝う1971年の国際彫刻シンポジウムのために、ニュージーランド彫刻家協会から委託された環太平洋地域の芸術家による5つの作品の1つ。
作品は、35年以上にわたってオークランドアートギャラリーの庭に展示されていたが、2016年にこの地に移転されたそうです。

(ソース:2015年11月発行のNew Zealand Herald誌)

 

 

この上田さんに関してもググってみる。

 

1928(昭和3)年1月9日奈良市に生まれ、県立奈良中学校卒業後松山海軍航空隊に入隊、戦後の46年京都市立美術専門学校日本画科に入学、翌年彫刻科へ転じ、52年卒業と同時に同校彫刻科実習助手となる。55年日本美術院院友に推挙され、翌年の第41回展から43回展まで「蝙蝠」「松籟」「牛車」を出品する。57年京都市美術展で市長賞を受賞、以後同展で須田賞を受賞、審査員も歴任する。60年、洋画家、彫刻家、評論家からなるZEROの会の結成に参加し、研究会を行い毎年作品を発表する。70年、京都市立芸術大学助教授(美術学部彫刻科)となり、75年教授となる。この間、71年ニュージーランド国際彫刻シンポジュームに参加しオークランドへ赴き、73年の「花と彫刻展」(大阪エキスポランド)、74年神戸須磨離宮公園現代彫刻展に「開く石」を出品参加する。一貫して石彫を続け、花崗岩による作品を多く残す。78年没後、80年京都市美術館で遺作展が開催され、82年『上田弘明の石彫』が刊行された。

ソース:東京文化財研究所サイト

 

 

マヌカウ湾を見下ろす高台のこの場所で、春の心地よい風に吹かれながら、この堂々とした作品を見ていると、ココロがすっきりしたような気がしました。

 

 

 

 
 
Lynfield方面まで足を延ばすことがあれば、ぜひ。
 
 
 

ランキングにご協力お願いします!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
にほんブログ村

 

ARCのホームページは情報盛りだくさん。

大人の方は こちら

中高生の方は こちら!  体験プログラムもいっぱい載ってます。