こんにちは。先日、キャンパスの見学に行ってきました。伺った学校は、こちら

ACGグループには上記のような学校がありますが、この中の

 

Cut Above

New Zealand School of Tourism

Elite

 

を見学してきました。今日はCut Aboveについて、ご案内したいと思います。

 

Cut Aboveは、美容師、理容師、メイキャップアーティストになりたい方のための

学校と言えるでしょう。

 

現地学生も多く通うコースで、卒業後には、各業界で活躍されている方も多くいらっしゃるそうです。

 

コース詳細は、こちらからどうぞ

 

キャンパスの写真を撮ってきたので、ぜひご覧ください。

 

キャンパスに到着すると、キャラクターの濃いお兄さん?お姉さん

がお出迎え

 

 

 

 

 

 

 

充実した設備。スタッフさんや生徒さんも皆、フレンドリー!

 

 

最新の設備を導入し、実践に役立つ技術を習得できます。

 

 

定期的にオープンキャンパスも実施しているので、ご興味のある方は

まずは、わたくしにご連絡くださいませ。

 

真由美までお気軽にどうぞ

mayumi@arcnz.co.nz

 

 

 

ARCのホームページは情報盛りだくさん。

〇大人の方は こちら

〇中高生の方は こちら!  体験プログラムもいっぱい載ってます。

お待ちしております。お問い合わせはこちらからどうぞ!

 

そしてポチっとランキングにご協力お願いします!

   ↓

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
にほんブログ村

 
 
 

 

ビワを鳥から守れ!

10月に入り、Daylight Savingという夏時間が始まりました。
 
1日につき1時間プラスするだけで、あっという間に時間が経つような気がします。
 
まだまだ明るいのに、「あれ~、もう18時を回ってる~!」ということになり、時間がシュッと過ぎた気になるから不思議なものですね。
 
そして、ぐんぐん上昇する気温(の時もある)、色鮮やかな青い空、目にも楽しいカラフルな花たち。
 
ああ、もう春だね~、そうこうしているうちに夏だな~、バーベキューしたいな~、海に行きたいな~、はあ~~、とうっとりため息をつく季節。
 
 
そんな季節に育つのが我が家のビワたち!
 
2010年の暮れにAvondaleのマーケットで2本の苗を買い、それがぐんぐん伸びてこの3年ほどは立派な身をつけるようになりました。
 
ニュージーランドの人はビワを食べないので何とも思わないでしょうが、おいしそうに育った身が鳥に食べられてるのを発見した時は、「Oh, My God!!」と頭をかきむしることになります。
 
そうならないために用意したのが、ビワ専用のカバー!
 
 

 

妻が昨年帰省した際にコーナンで買ってきたそうです。

 

 

いざ、ビワ農家(偽)に変身し、はしごに上って取り付けました

 

 

 

 

 

100枚ぜーんぶ使いきりました。

 

 

ふふふ、これでもう2週間もするとおいしいビワが食べられるぞ!

 

 

 

と、思いきや、私は出張でしばらくニュージーランドを離れるので、ご相伴に預かるかとは出来ません。

 

 

残念!

 

 

 

ひとつぶだけ熟したものを食べてみました。

 

美味しかったですよ!~

 

 

 

 

 

 

 

ニュージーランドの国花 Kowhai  (コーファイ)

 

 

ラベンダーにはミツバチもやってくるようになりました!

 

 

 

桜も満開! テンションあがりますね。

 

そろそろ来年の留学を計画するシーズンですね。

ニュージーランド留学について詳しくお知りになりたい方は、弊社へお気軽にお問い合わせください。

 

ARCのホームページは情報盛りだくさん。

〇大人の方は こちら

〇中高生の方は こちら!  体験プログラムもいっぱい載ってます。

お待ちしております。お問い合わせはこちらからどうぞ!

 

そしてポチっとランキングにご協力お願いします!

   ↓

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
にほんブログ村

 
 
 

 

  

こんにちは。日々、英語と日本語のはざまで漂っている、翻訳担当のEikoです。

 

Duolingoという語学学習アプリをご存じでしょうか?

1日に5分ほど、質問に答えていくだけのお手軽さで、無料でいろいろな語学を学習することができます。広告や有料版の売り込みがありますが、Noを押せば大丈夫です。

 

私はこれで今、よく言えばコツコツ、正直に言うとノロノロとオランダ語を勉強中です。なぜオランダ語かというと、小学生のころからあこがれのアンネ・フランクの隠れ家にいつか行きたいからです。さらに、壁紙とか、陶器とか、花とか、絵画とか、なぜかオランダのデザインに心ひかれるのです。というか、「あ、いいな」と思ったら、オランダのものである、ということがひんぱんだったりします。

 

Duolingoで日本語から学べるのは、残念ながら今のところ、英語だけのようですが、無料で手軽に、PCでも、携帯からでもアクセスできて、ゲーム感覚で取り組めるのでお勧めです。また、英語からだと、特にオランダ語などのように起源が共通の言語は非常にスムーズに取り組めます。

 

 

英語の単語をオランダ語にする質問の答えは多少、オランダ語のスペルミスがあっても、AIが寛大に正解にしてくれます。反対に、オランダ語の意味をを英語で入力する場合は、三単現のSを忘れたり、前置詞が抜けたりすると、厳しく不正解になります。あと、私の場合、ぼーっとしていると、うっかりオランダ語を書くところで、英語の単語を混ぜたり、時にはドイツ語になったりして、そうすると当然ながら不正解で、その日の命を使い果たしてしまって、次へ進めません。とほほ。

 

ということで、こつこつ、じりじり、15分、続けています。そして、いつか、オランダへ、できればチューリップを見たいので5月に行きたいと思っております!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
にほんブログ村

 

ARCのホームページは情報盛りだくさん。

大人の方は こちら

中高生の方は こちら!  体験プログラムもいっぱい載ってます。

  

 

こんにちは!ARCのYOKOです。

 

皆さんは“マリーンレスキューのホバークラフト” 見たことがありますか?

 

実は、家の近くのビーチに訓練中のホバークラフトがよく来るんですよ。

そのビーチは対岸がエアーポート側になっています。エアポートは見えないのですが、飛行機は良く見えるんです。

 

マヌカウ湾は引き潮の時広い範囲にわたって下の土がむき出しになり、もし飛行機が着陸に失敗したり、マヌカウ湾に着陸したり、何かが起こった時に、海の水が無いので船やボートでは救助に向かう事が出来ません。

 

そこで、このホバークラフトの登場なんです。

 

↑は正面から

 

↑斜め前から

 

↑横から

 

 

かっこいいですよね!

レスキューの方達はいつもフィッシュアンドチップスをTake awayしビーチで食べながら休憩されてます。

忙しい仕事の中でも、少しの安らぎ(?)ですよね。

それでは又ドキドキ

 

そろそろ来年の留学を計画するシーズンですね。

ニュージーランド留学について詳しくお知りになりたい方は、弊社へお気軽にお問い合わせください。

 

ARCのホームページは情報盛りだくさん。

〇大人の方は こちら

〇中高生の方は こちら!  体験プログラムもいっぱい載ってます。

お待ちしております。お問い合わせはこちらからどうぞ!

 

そしてポチっとランキングにご協力お願いします!

   ↓

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
にほんブログ村

9月になって、ニュージーランドは正式に春を迎えました。(とは言っても、この1週間ほど寒くて仕方がないんだけど)

 

春といえば、まずはお花ですね。

 

マグノリア(木蓮)や梅や水仙や桜があちらこちで見かけられるようになってきました。

 

日本にいたときには興味がなかったけど、最近はマグノリアの美しさに見とれてしまいます。

 

 

そして、春といえばやっぱりこれ!

 

そう、羊の赤ちゃんたち。

 

 

 

 

 

 

 

8月中旬頃から出産ラッシュとなり、ファーム地帯に行くと超かわいい子羊ちゃんであふれかえります。

 

 

オークランドにあるCornwall Parkも子羊だらけなので、テンションが上がってしまいますね。⤴

 

 

 

 

私がニュージーランドにやってきた2001年頃は、「羊は人間の11倍」と言われてました。

 

国際的な羊毛の価格下落、そしてお得意様の中国への乳牛、肉牛の輸出ニーズアップに伴い、多くの農家が羊離れしてきていると聞いてましたが、ほんとのところ今は何頭いるんだ?

 

 

と、調べてみたところ農業統計の中に以下の数字を発見。

 

 

At 30 June 2016, the number of:  (2016年6月の集計)
dairy cattle was 6.6 million, up 133,000 from 30 June 2015 (乳牛 660万頭、対前年133,000頭アップ)
sheep was 27.6 million, 5 percent fewer than in 2015 (羊 2760万頭、対前年5%ダウン)
beef cattle was 3.5 million, relatively unchanged from 2015 (肉牛 350万頭 対前年横ばい)
deer decreased 7 percent, to 835,000. (鹿 対前年7%ダウンの835,000頭)

 

ソース

 

同年6月のニュージーランド人口が469万人なので、人口の約5.8倍ということなります。

 

おお!この15年でほぼ半分の割合になってしまったということか!

 

 

この先、目先の利益のために農家がどんどん牛に走ってしまうと、羊の数が更に減ってしまい、最後には「ニュージーランド=牛」というイメージにならないだろうか!

 

 

 

ということは特に考えないけど、調べてみてよかったです。

 

 

「ニュージーランドの羊は約2,760万頭!」と、お客様に知ったかぶりができる。

 

 

 

羊のことでもう1つ。

 

元来、羊には長い尻尾があります。

Image result for LAMB

しかし衛生的な理由からちょんぎってしまいます。

切り方は2種類あって、ちょきんとハサミで切るか、尻尾の根本にゴムを巻き血行を止めて自然に落とす。

日本語では断尾(だんび)って、英語では「Docking」っていうんですって。

 

切り方を説明したサイトも見つけてしまった。

http://www.sheep101.info/201/dockcastrate.html

 

 

 

 

「僕はまだです!」

と、力強く僕を見つめる子羊さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ来年の留学を計画するシーズンですね。

ニュージーランド留学について詳しくお知りになりたい方は、弊社へお気軽にお問い合わせください。

 

ARCのホームページは情報盛りだくさん。

〇大人の方は こちら

〇中高生の方は こちら!  体験プログラムもいっぱい載ってます。

お待ちしております。お問い合わせはこちらからどうぞ!

 

そしてポチっとランキングにご協力お願いします!

   ↓

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
にほんブログ村