この1週間でベスの腎不全が急激に進んでしまった。

まだハイシニアの域でもないし、クッシング、腎不全とあるがもっと穏やかに長く暮らして欲しいと思い、サポファミメンバーにも入れた。

クッシングはいろいろな病気を誘発し、進行させる。

腎不全も急激に進行させてきた。

静脈点滴で対処したけど、あまり思わしくはない。

数値はとにかくとても悪く、心配。

預かりのyokoさんもなんとか食べてもらいたくて、日々頑張ってくれています。

 

預かりスタッフをしていて、一番嫌なのはきっと「食べない」ことです。

吠えようが噛もうがイタズラしようがそれは人間の工夫でちょっとは何とかなる。

食べてくれないが一番辛い。

 

思えば、ベスは去年3月の多頭の引取りだった。

確か50頭以上だった。

50頭以上の第一陣の引取りとして、ベスはセンターに入った。

引取りのボランティア団体がどんどん引取り犬を決めて行く中、多分この一団の高齢域であるベスは案の定残った。

ポツンとセンターの廊下に繋がれ一匹残った彼女をカコさんが引き取って欲しいと私に言ってきた。

断る理由は無かった。

そしてミクが亡くなった後にしばらくは病気の心配もしないで済むような子をyokoさんに預けたいと思い、カコさん宅から移動してもらった。

それなのに移動間もなく病気になってしまった。

yokoさんは自分の家の子アラPも介護している・・・。

そんな中、ベスまでもと申し訳無い気持ちになった。

「ウチでゆっくりさせたいんや・・・」

そう言ってくれるyokoさんだった。

それが一番ベスにはいい。

 

3日前、病院にいるベスに最初の仮ママのカコさんがお見舞いにきた。

カコさんは病院からハサミとコームを借りてベスの顔周りを切ってあげていた。

私が「頑張ってベス」と話しかけると

「頑張ってって言わないで。今もすごく頑張っているんだから」

カコさんはベスを抱きしめて、少し泣いていた。

 

その通りだ。

頑張っているベスに頑張ってなんて言ってはいけない。

 

ただ穏やかに少しでも楽になるように。

 

「yokoさんがもうすぐ迎えに来るよ」

 

そう言うとベスの顔が明るくなったように見えた。

 

どうぞ皆さま、ベスとyokoさんを見守りください。

 

アリエルも調子がよくない・・・。

預かりママは本当に頑張っている。

すごく頑張っているから、頑張ってとは言えない。

 

今年に入って、いろいろ不調箇所が出ているショパンです。

1日おきの輸液でここ数ヶ月は好調を保っていました。

先月の受診ではBUNもクレアチニンの数値も落ち着いていて、しばらくは穏やかに暮らせると思っていました。

1週間程前から、食欲が無くなり、元気がありません。

ボーっとしている時間も多くなってきました。

病院で詳しく見て頂きました。

 

腎臓数値は上昇していてよくはありませんが、それが不調原因では無さそうです。

何より食べていないのに顕著に体重が増加しているが、怪しい。

コレステロール値も上がっていますし、T4TSHの検査を受けるように言われました。

これは甲状腺機能低下症の検査です。

本来はT4が1.3以上、TSHが0.5以下でないと正常値では無いそうです。

検査結果はどちらも基準値を外れていて、甲状腺機能低下症と診断されました。

アリエル、ベス(甲状腺機能亢進症)は反対の方ですね・・・。

自分を病気から守る仕組みが、間違って自分自身を攻撃してしまう・・・なんとも厄介な病気です。

チラージン投与を始めました。

この病気を知るになんとなく思い当たる節はありました。

「年のせいかな?最近元気が無くて暗いな・・・」

そう思うことが時々ありました。

あまり食べて無いのに体重増加する事も気になっていました。

でも原因がわかって良かった。

症状が落ち着いてごはんが食べられますように。

 

 

 

 

 

月に数度、会計担当スタッフさんに銀行振り込み寄付のご報告ともらいます。

毎月ご支援くださる皆さま、そしてそっと黙ってご寄付くださる皆さま、心から御礼申し上げます。

そしてイベントにご寄付をご持参くださる皆さま、心から御礼申し上げます。

ご支援品を送ってくださる皆さま、心より御礼申し上げます。

皆さまもお気持ちをいつもありがたく感謝しています。

私たちが活動していけるは皆さまがあってこそです。

 

special thanks

 

 

 

 

 

サポートファミリーが今回も皆さまにご応募頂き、30分で希望口数が満了となりました。

温かなお気持ちに胸がいっぱいになります。

本当にありがとうございます。

 

サポファミの新メンバー入りしたアリエルとベスが先週今週と体調を崩しています。

でも皆さまの応援は届いています。

命とは儚くも強いものと思います。

どうであれ、今のあの子達を見守って行きます。

預かりママ達も献身的にお世話を頑張ってくれています。

どうぞ、今まで通り見守って頂けたらと思います。

改めて、皆さまにお礼申し上げます。


私の中のイメージで(あくまでもイメージ)チワワ(プラトンはポメmixかもですが)のオスってあんまり男の人に懐かないって言うか、家族の中でも一人だけをリーダーとして懐くワンオーナー的なイメージがあったんです。

現に我が家に滞在していたチワワ組は夫に懐くなんて事はあんまり無かったんですよね。

でもプラトンは家族は誰でも大好き。

来客も大好き。

とてもピースフルなワンコさんなのです。

モットーはLOVE&PEACEです。

ワンコとも仲良く出来ます(相性もありますが)。

そんなプラトンくん、里親様募集中です。