家計簿とか付けた事が無い私…。

でも皆さまからの大切なご寄付で賄う医療費はみっちり管理しています。


この活動を始めた頃、持ち出しばかりの生活でした。

それを覚悟でやっていたけど、こんなんじゃ長続きしないなとも思っていました。

保護犬猫だからって、医療面に格差をつけるも嫌でした。

だって引き取った以上は大切な家族ですから。

アーチはきっと、そんな団体なんだと思います。

私も含め、スタッフさんは声高らかに啓蒙は出来ない。

でも目の前にいる子には出来る事をしてあけたいと。

団体にはいろいろと特色があっていいんだと最近思えるようになって来ました。



これ、ここ数ヶ月の医療明細です。


病院のスケジュールと照合します。

パソコンにはスタッフさんが医療報告をフォームで送ってくれて、薬や次回の診察とかの管理をしています。


つくづく…


みなさまに助けられているアーチだと思います。

どうか私共が今のような保護活動が出来るよう、応援ください。

もう8月…。

実は8月が一番忙しかったりします。

後半のイベントの打ち合わせがいっせいに始まります。

まず、今月末のサポートファミリー。

そしてカレンダー。

そして、そして卒オフ。

そして、そして、そして秋以降の里親会。

そして、そして、そして、そして出来たらフリマ。


私達は完全ボランティアの任意団体です。

法人格を有していない、権利なき団体です。

言わば個人団体。

スタッフ一人一人が完全ボランティアにて活動しています。

いつも応援、支援くださる皆様に犬猫達の医療費はご寄付で賄っています。

たまに企業様から「アーチに寄付をしたら、税制面での優遇は受けられますか?」と言うお問合せをいただきますが、それは出来ないです。

私達は一人一人が責任を持って、犬猫を預かっています。

そう言う主旨の団体なだけです。

法人格を有して、企業のような団体もありかと思います。個人で活動もありと思います。

そんな風に多彩な団体があってこそ、保護事業は発展して行くのだと思っています。


そんな中、収支報告も先月分まで完成いたしました(ホームページアップは只今作成中です)。

いつもご支援、ご寄付くださる皆さまには感じばかりです。


日曜日の度にリーダースタッフさんが打ち合わせに来てくださいます。


四つ葉ちゃんも今月末のサポートファミリーの打ち合わせに参加中〜。

咳を楽にさせてあげたい。

パラソルちゃんをお迎えに協力病院へ。

この日は院長がお休みなので、別の先生からの申し送りで退院です。


さて、術後には術痕をガードする為にエリザベスカラーが有効ですね。
10年位前はこれが主流でしたね。
でも近年は術後服と言うものが主流です。
ストレスも最小限に出来ますから、重宝しています。
アーチのスタッフさんも一家に1枚は持っています。


臍ヘルニアがあったので、術痕が少し大きいですが、無事に終わりました。

後は副腎の病理検査待ちとなります。

これは来週半ば以降にわかると思います。

そうしたら、プロフアップします。

今日はパラソルちゃんの医療措置の日です。

前日避妊他措置のポポちゃんのお迎えと合わせて、まめっちさんと協力病院へ。


パラソルちゃんは引き取り時の検査にて大きな臍ヘルニア(腹壁から腸が出てしまう、いわゆる脱腸)と副腎の大きさが左右対照でなく、片側が11.5ミリと大きく、クッシングを疑う所見が出ました。

その後、ACTH刺激検査をしました。

ACTH刺激試験とは脳の下垂体から出る副腎皮質刺激ホルモンを薬剤によって放出させ、副腎に人工的に刺激を与えてコルチゾールを生成させる検査です。

で、この結果はグレーです。

グレーって一番困りますよね💦。

避妊手術の際に麻酔をかけますので、副腎の穿刺吸引細胞診を提案されました。

外部機関への病理検査です。

まどんかさん預かりのシーズーアンドレアちゃんと全く同じパターンです。

心配な点は消去法で潰して行く方針です。


そして、大きな臍ヘルニアも整復します。


ピンポン玉くらいかな。

ひどい時は野球の球くらい大きく出てしまいます。これを整復手術します。

そして避妊手術。

歯も悪い歯は抜糸して、後はスケーリングとなります。

大掛かりな手術となりますが、午後8時に無事に終わり、覚醒したと連絡が入りました。

がんばったね、パラソルちゃん。

協力病院の先生、スタッフさん達もありがとうございました。


こうやって適切な手術や医療措置を受けられるもご支援くださる皆さまのお陰です。

感謝します。


明日お迎えになります。



昨日までは少し涼しかったけど、今日は暑い😵。

今日はヒートで延期になっていた小型ミックスの女の子のポポちゃんの避妊手術です。

お仕事に行く前に預かりのまめっちさんがウチに連れてきてくれました。


ガッチリとシートベルトをして、出発です。


ポポちゃん、仮ママさんと離れて少し不安そう。

大丈夫!明日には帰れます。


午後4時に無事終了のお知らせが入りました。

明日にまめっちさんがお迎えに行きます。

むふー、毎日暑いですね。

朝5時でも玄関開けるとモワっとした湿った空気がまとわりつきます。

陽があまり昇ってこないウチにお散歩に出発です。


ごんちゃんは近くの公園まではスリングで行きます。


こんな感じで公園に行きます。


出だしにて体調が良くわかります。

こんな風にスタスタ自ら歩き出す時は体調がいい時です。




15メートルくらい好きなようにして、ウンチもすますともう動かなくなります。

いいんです。

それがごんちゃんですから。


今度はカートに入って、他の子の散歩を高みの見物。


朝の風や音を感じています。


さあ、他の子の散歩も終わったから、帰宅します。


帰宅して、ゴハンとお着替え、薬といつもくうちゃんママ様がごんちゃんにとご支援くださるアガリスクバイオを済ませて、涼しいお部屋でおねんねタイム。

ごんちゃんの朝はこうやってのんびりと過ぎて行きます。


ありがとう、みなさん。ごんより。

我家にプチご滞在の白ペキさんのお名前を決めました。

「パラソル」です。

寛いでいる姿が海辺の白いパラソルのように見えたからです。

うう、わたしってロマンチック( ^^)。

 


ウチに滞在して6日目。

少しずつ落ち着きも出てきました。


まだチンピラ姐さん気質はありますが、対犬は相性次第と思いますし、一人っ子でも大丈夫そうです。

ペキ特有のくねくねダンスも披露してくれました。




パラソル姐さんなんて、失礼だわ!

渚の白いパラソルのように可憐なレディになるんだから!

 

みなさま こんばんは。

今日は涼しいくらいで、久しぶりに口癖のような「あちー」を言う事がありませんでした。

もう立秋なのに。

 

さて、明日からは2023年度のARChカレンダーの写真募集開始が始まります。

今年は節目の10年目。

どうぞどしどしお写真を送ってください。

ARCh卒業の子であれば、応募条件をクリアしています。

もう数えるほどとは思いますが、前身団体の子でもARChスタッフが仮ママであるなら、どうぞお送りください。

(おーい、ハハロフ見てるか?肺水腫から何度も復活しているパブロフ君のお写真送ってね)

パブロフ君はまだ元気に生きています(^^)。

亡くなってしまった子も大切なARChっ子です。

是非にお写真を送っていただいて、思い出をみなさんと共有しましょう。

カレンダーの売り上げは大切なARChっ子の医療費となります。

どうぞその意味も含めて、皆さまの応募をお待ちしています。

 

では、カレンダーの担当者を紹介しましょう。」

カレンダー制作、デザイン担当 れいらさん

(言わずと知れた、ARChスタッフのクールビューティ ARChのSNSのFacebook、twitterの担当者でもあります)

カレンダー統括 責任者 あーやさん

(昭和のいい女、あーやさん。スリムな体型を小梅に疎まれている。ARCh卒業犬にひゅーのママでもある)

カレンダーショップ、ブログ、発信担当 もなかさん

(難しい案件もすんなりクリアするクレバーガール、本気で化粧すると別人になる)

カレンダーの萬スタッフ あんなさん 小梅

(更年期と闘い、日々ここが痛い、あっちの加減が悪いと嘆くおばば)

 

今年もこのメンバーでカレンダー担当、がんばります(^^)。

 

是非、是非、お写真を送ってください。

そして、お買い上げをお願いします!

それが次に繋がります。

どうぞよろしくお願いします。

 

↓クリックして、応募ページにどうぞ!

 

ARCh卒業・前身団体卒業の犬・猫さん

顔出しOKの卒業犬・猫ご家族さま大歓迎!

同居犬・猫さんも一緒に写っていればOKです

第一次募集締切:8月28日(日)

応募

▲ご応募はこちらから▲

※第一次募集で定数に達した場合
 第二次募集はございません。

ぜひ早めのご応募を!お待ちしています。

 

モネちゃんの最近です。

去年の夏の引き取りから、1年経とうとしています。

モネちゃんは心臓が薬を飲むほどでは無いが、少し雑音があると言われていました。

3ヶ月毎に追うように言われていたのですが、少し進行が認められて、強心薬を最低容量で飲む事になりました。

心臓の検査は異常血流の有無や心房・心室の拡大の有無、心臓壁や弁膜の形状、大きさなど、さまざまなことが分かります。

レントゲンでは心臓の大きさや形、気管支の圧迫が分かります。

それらを総合的に判断して、僧帽弁閉鎖不全症の重症度を5段階(A・B1 ・B2・C・D)で評価します。

今回モネちゃんはB1のB2の中間点と評価されました。

専門的な話をするとB2の診断をする基準は、心雑音が6段階の3以上、VHS(椎骨心臓サイズ)と呼ばれる心臓の大きさが10.5以上、LVIDDN(左室拡大末期内径)と呼ばれる左室が大きくなりすぎていないかの指標が1.7以上、左心房と大動脈の大きさの割合を示すLA/LOが1.6以上です。

まだ微量のオーバーですが、悪化させないようにお薬が始まりました。


カラードプラ法の超音波検査では、血液の流れや速さを色分けして映すことができるので、私たちでも視覚的に理解しやすくなりましたね。

まだ初期ですが、今のうちから注視して行けば、悪化も防げると思います。


モネちゃんはとても内弁慶で家ではとっても元気ですが、いざ知らない場所に行くと緊張でオヤツさえ、口にすることも出来ません。


でも、とても人懐っこいいい子なんです。

トイレもトレーニングでほぼ完璧です。

クレートトレーニングもすんなりとクリアしました。

チワワさんですが、家族であれば懐きます。

私の夫ともとても仲良しです。

ゴハンも低脂肪食ですが、いつも美味しく食べてくれます。




最近、おもちゃで少し遊ぶようにもなりました。


この半被は703△さまを通じて、ご支援者の方が送ってくださったもの。

とても良く似合っていますね。

スムースさんなので、鼻ぺちゃの多い我が家ではお洋服を来て、温度調節しています。

寝る時はお気に入りのベッドでスヤスヤ寝ています。


とても飼いやすい子と思います。

小さな子ですが、慣れていらっしゃるなら60歳以上の方でも飼えますね(もちろん条件が合っている)。

なかなか時間が取れなくて、アピールと出来なかったけど、とてもいい子なので、卒業してもっと幸せになって欲しいと思っています。



モネちゃん、絶賛里親様募集中です。


モネちゃん、いい子。

卒業ささてあげたい。


ドゥさん、rorieさんがリブログしていたので、松戸市にあるARChとしても拡散協力します。

この暑さ、どうか一刻も早く見つかりますように。

 

松戸市平賀と言えば、有名なのはあじさいの本土寺。

JRの北小金駅の近くです。