小梅ロマンチカ

動物保護団体【ARCh】スタッフ小梅のブログです。
メンバー60名ほどで千葉県動物愛護センターを中心に保健所に収容された犬猫をレスキューする活動をしています。

◆今後の里親会の予定第46回ARCh里親会 平成29年7月23日(日)南流山しろいぬカフェ3階ドッグラン

第48回ARCh里親会 平成29年10月21日(土)浅草エリール3階
第49回ARCh里親会 平成29年11月23日(祝日木)南流山しろいぬカフェ3階ドッグラン
第50回ARCh里親会 平成29年12月16日(土)浅草エリール3階
第48回ARCh里親会

10月21日(土)11:00~14:00
浅草 エリール3F ホームページ

東京都台東区浅草4-5-3

東京メトロ 東京スカイツリーライン
浅草駅下車徒歩10分

里親会

皆さまのご来場をお待ちしております。

ARCh卒業犬オフ会 情報ブログ
ARCh卒業犬オフ会アルバム

Instagram ←小梅のインスタグラムです。
うふふ・・・小梅のARCh活動や私生活を覗いちゃおうって方はクリックお願いします!
ついでにフォローもお待ちしています。

過去に開催した卒業犬オフ会の
ウェブアルバムを公開しています。

ほぼ毎日更新中?。

テーマ:

なるべくシニアのワンコさんも引き取りを頑張ろうと思っているARChです。

もちろん、目的は再譲渡ですが、シニアのワンコさんにはご縁はなかなか難しいケースでもあり、ARChの保護犬として預かりスタッフさんの家で最期を迎える子も多くいます。

若い子であっても病気は予測不可能で何が起こっても対処して行かないとなりません。

会を始める時にいろいろなケースも想定しました。

自分や慣れているスタッフさんには死と向き合って欲しいとは言えます。

何頭も見送っているスタッフさんでも強烈に悲しみ、精神的にも肉体的にも参ってしまいます。

死には慣れはありません。

当会は預かりスタッフが自宅で自分の時間を割いて、犬達のお世話をするのです。

家族同様にお世話をするのです。

頭ではわかっていても直面する事は並大抵の事では無いと思っています。

 

毎日のようにLINEには病状、治療の相談が入ります。

治療が難しいケースの時はQOL重視で辛くないようにしてもらっています。

回復を諦めた訳ではありませんが、死と向き合ってあげる事もARChスタッフとしては大切な事でもあるのです。

まどんかさん預かりのおくちゃんが今まさにその状態にあります。

おそらくの脳腫瘍は発作として、彼女の体力を奪って行きました。

まどんかさんは寝る間も無く、おくちゃんと向き合ってくれています。

「覚悟はしています」

ちょっと寂しそうにでも凜としてまどんかさんは私にそう言っていました。

もうこれ以上の治療は出来ないと思います。

ただ今は残る彼女の時間を穏やかにするべく、まどんかさんご家族、協力病院の先生も頑張ってくださっています。

 

こちらはアーロン君。

不調が続き、お薬が効かない状態にあります。

肺に陰が見つかったそうです。

食べ物もほとんど入らず、体力も落ちてしまいました。

カコさんもどうにか少しでも食べてくれたらと頑張ってくださっています。

 

看取りと言うのか?

言葉にするは簡単ですが、希望と諦めの狭間での心情はどんなにか大変なのかと思っています。

生かす事と逝かす事。

前にななこさんに言われた言葉を思い出します。

我々の活動はまさにその言葉通りなのだと思っています。

先日もファン君やチーズ君が亡くなったばかりでした。

死と向き合う・・・

そんな経験をしているから、私たちはみなさまと一緒に頑張れるのです。

強くいられるのです。

 

捨てるような人間、虐待するような人間には出来ないこの経験。

決して特別な事でも無駄な事でも無いと思っています。

そしてそれを応援支援してくださる皆様がいて、我々は前に進む事が出来ます。

本当にありがとうございます。

 

 

AD

テーマ:

先日引き取ったトイプーmixのシェリちゃん。

病院での医療措置も終え、プチのあず母さんがお迎えに来てくださいました。

数日後、新規スタッフのcyakoさん宅へ一緒にお届けに行ってきましたの。

すてきなカフェのようなお宅でワンコ仕様で羨ましい。

私はマンション派なのですが、こんなステキなお宅なら一戸建てもいいな。

お庭はドッグランになっていて、外構は逃走防止策も万全です。

広いお庭でご機嫌なシェリちゃん。

早速預かりママにキスキス。

先住さん達もどうぞよろしくお願いします。

 

そんな訳でトイプードルmix♀シェリちゃん推定2歳。

里親募集開始しました。

プロフはこちら↓

http://arch2013.org/dog-cat/171025-75.html


預かりブログはこちら↓

https://ameblo.jp/kuroinulove/

(あず母さんの代理投稿です)

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

ススムへのご支援、ご寄付とたくさんの方々からお気持ちを頂戴しました。

いったん、ススムに関してはご寄付ご支援と終わらせて頂きます。

お陰様にて、防護服や車椅子、フードや日常生活に必要なものは十分なものになりました。

みなしゃま!ありがとうございます!

 

改めてススムはこんなにも応援支援してくださる方々がいて、決してかわいそうなワンコでは無いと思い知りました。

さあ、ススム君。頑張って未来に進もうね。

里親募集も開始しました。

ハンデは個性。

ススムは魅力的なワンコです。

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

またブログ更新が空いてしまいました(T_T)。

すみません。

季節外れの台風や前日の雨・・・

会場のコンデションはあまり良くなく、ガタリンピック状態でしたが、無事に開催出来ました。

ご参加頂いたみなさま!

本当にありがとうございます。

ご寄付やカレンダー購入、支援品をお持ち頂いたり、感謝です。

前日から会場コンデションが心配で一睡も出来ず、シャイな私は余計シャイになりご迷惑をお掛けしました。

みなさまに再び会う事が出来、うれしく楽しいひとときでございました。

バタバタしており、カメラには数枚の写真のみだった(T_T)。

もっと撮ったつもりだったのに・・・

 

卒オフ主要スタッフのみなさまの頑張りはとても大変でした。

みなさまに楽しんで頂けるよう、また事故等など絶対に無いようにと安全対策、内容の計画準備実行。

13人の卒オフグループLINEはディスカッションの嵐。

数ヶ月前から時間を掛けて準備しました。

みな、あずかりっ子がいたり、家族のお世話があったり、仕事が忙しかったりの中、本当にお疲れ様でした。

 

来年もまた元気にお会いしましょう~。

アディオス!

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

残念ながら、ススム君の後ろ脚は不随との診断でした。

詳しくはあんなさんのブログにて。

なんとかしてあげたかったけど、もう腰椎頸椎の棘突起骨折は再起は出来ないと言われてしましました。

かなりの日数が経っているそうです。

 

私たちは保護犬の前の生活がわかりません。

だからセンターや協力病院の先生方とよく相談して、前を想像します。

病状ひとつでその前を想像するのです。

状態ひとつでどんな飼い方をしていたか想像するのです。

ススム君の鼠径部には潜在精巣2カ所を摘出した痕がありました。

手術痕です。

そこまでするのに、この脚は放っておかれたのでしょうか?

そもそも外から強い圧が掛からないとこの骨折にはならないそうです。

思い切り横から蹴り上げられたか、踏みつけられたか、堅いもので殴られたか、重いものが落ちてきたか・・・

引取当初は臍部から肛門まで爛れていて、膿んでいました。

夏だったら、それこそ蛆が沸く状態だったはずです。

いったい何が彼の身の上にあったのでしょうか。

 

ススム君はもう4本脚で歩き回るは不可能ですが、発達した前脚でよく動いています。

フカフカのベッドが大好きであんなさん宅でも一番寝心地のいいベッドに乗っているようです。

まずはご支援で頂いてある車椅子を試し、フィットしなければ新たにオーダーしようと思います。

でも室内ではあまり車椅子は上手く使えません。

 

 

以下のものを購入して、室内でも歩けるようにしてあげたいと思います。

 

 

 

 

高額な商品です。

購入費用の一部でもご寄付頂けると幸いです。

こちらからお問い合わせください

 

ススムは未来に向け、進むのです。

どうかご理解あるパパママが見つかるよう、応援ください。

 


テーマ:

10月30日 まめっちさん預かりのMダックス♀みやびちゃんのおちりが腫れているとのことで、朝一でまめっちさんが我が家に連れてきてくれました。

私が代わりに病院へ。

まめっちさんにはチーズ君の後にすぐにみやびちゃんの預かりを引き受けてくださり、感謝です。

みやびちゃんについて、少しお話しましょう。

みやびちゃんをARChが引き取ったは9月28日なのですが、彼女がセンターに収容されたは5月の終わりです。

私は彼女の存在をしばらく知りませんでした。

どうしてか?

収容時、みやびちゃんの目、口腔内、臀部、膣内には蛆が沸き、センターが治療をかけていたのです。

蛆が沸くって・・・。

何度も蛆が沸いている子を見た事があります。

この現代に蛆が沸くって想像も出来ません。

当初は痛みからかお口が出る事もあったそうです。

処分にしないで、治療をしてくださったセンターに感謝です。

 

彼女は甘えん坊のとてもいい子ですもの。

そして、フィラリアは陽性でした。

ARChは即刻ビブラマイシン治療を掛けますから、これは1年もすれば陰性になると思います。

幸い心臓にはダメージが入っていません。

右目は重度の角膜潰瘍の為、小眼球になっています。

腫瘍化を防ぐ為に今後時期を見て摘出を予定しています。

小さくて可愛いお嬢さん。

なでているとすぐにごろんしちゃいます。

人のそばに居られるだけで大満足のようです。

乳腺腫瘍もありました。

これも摘出しています。

 

いつも思うのです。

みやびちゃんを捨てた人間はどんなつもりで彼女と生活していたのでしょう。

フィラリアが陽性ってことは外やベランダで飼っていたのでしょうか?

みやびちゃんはちょっとシニアですが、とても飼いやすい子と思います。

まめっちさん宅で幸せさんを待っています。

どうか優しいパパママが出来ますように。

 

間もなく、里親募集開始です。詳しくはここをチェックチェック。

 

で、おちりの腫れは肛門線が溜まってしまっていた為でした。

夜にはまめっちさんが迎えに来てくれました。


テーマ:

ちょうど1週間前、あんなさんとカコさんでチャームちゃんを送ってきました。

たくさんの皆様のチャームちゃんへのお気持ちに感謝します。

お骨は我が家で供養させて頂きます。

お花を送ってくださった

ももねぇ様

るいにゃんふぁんど様

モコノアママ様

スタッフsumika様

ありがとうございます。

彼女は可愛いお花に囲まれ、喜んでいることでしょう。

 

あんなさんのブログにもありましたが、今回チャームには皆様からのご寄付をたくさん使ってしまいました。

でもこれが出来たのも皆様のお陰です。

私たちにチャームを引き出す勇気をくださり、本当にありがとうございました。

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

毎日、あっち行ったり、こっち行ったりの小梅です。

LINEの未読は200件over。

緊急事態のメールにはすぐにお返事しますから、ご安心くださいね。

さて、今週の金曜日は第5回卒オフ&ファミリー交流会です。

え?もう5回目なんだ。

最初の年お台場でしたね。

それからバンガードさんのドッグランに2回お世話になり、去年からは江戸川区の篠崎緑地になっています。

200名を超す参加者&参加犬なので、場所探しから大変なのですよ。

駐車場とかね。

それでも瀧山さまはじめ、卒オフスタッフさん達は頑張っています。

皆様に楽しんで頂けるようにいろいろ準備して企画しています。

今年も楽しいイベントになることでしょう。

あとはお天気ですね。

スタッフ一同、皆様にお会い出来ることを楽しみにしています。

 

卒オフでは来年度のカレンダーを先行販売します。

1部1500円。

お得な8部セットは10,000円です。

 

お宅のお部屋に1部ずつ各部屋に飾ってくださいね。

私は保管用に1冊。

後は各部屋に貼っていますの。

ちょこっと表紙だけ見せちゃおう(^o^)。

 

ああ、ウチのすぴちゃんが表紙にいる・・・(T_T)。

カレンダー制作委員会が私に秘密でデザインしてくれました。

すぴちゃん、お母さん泣けてくるよ。

 

今年1年の集大成でもある来年度カレンダー。

是非にお買い上げのご協力をお願いします。

ネットでの販売は11月4日からになります。


 |  リブログ(0)

テーマ:

グレース改めくれあちゃん。

2週間のトライアルも無事に終え、晴れて埼玉県のO様ご夫妻のお家に正式譲渡となりました。

毎日大好きなふかふかさんにくるまれ、ぬくぬくとバタバタと元気に過ごしているようです。

里親様からは「可愛くて可愛くて・・・(^_^)」て毎日LINEが届きましたのよ。

くれあちゃんのお家はお庭が脱走できないようにグルっと逃走対策を設置してくださいました。

こりゃ、逃げられないね!

里親様の逃走対策もバッチリです。

あら?入浴風景(^o^)。

体が温まるように温浴してもらって、その後にアロマオイルでマッサージしてるんですって。

お風呂上がりはバスロープですね!

セレブやね~。

里親様はくれあちゃんの心臓のこと、皮膚のこと、脚のこと、すべてご理解して受け入れてくださいました。

くれあちゃん、元気で長生きするんだよ。

Oさま、くれあちゃんをどうぞよろしくお願いします。

私の好物のお土産もありがとうございます~。

 

くれあちゃんにはのすけママさんから、プレゼントも頂きました。

お嫁入りに持たせました!

里親様もとっても喜んでいました。

この場にて御礼申し上げます。

 

 


テーマ:

この子が収容された時から、相談が来た。

詳細はあんなさんのブログで。

状態が悪いので、一刻の猶予も無いとのことだった。

センターの許可が下りてから、すぐに迎えに行ったけど、見た瞬間にこれは・・・とも思った。

 

センターの所長が「どうしてこの状態で捨てられるのか」と呟いた。

皆がこの子を救うべき、奔走しました。

センターの先生方も私たちの協力病院の先生も。

命を救うべき、緊急手術に踏み切ったが、肝臓への転移が大きく、貧血はどんどん進んで行った。

協力病院の愛犬シンバから血をもらい、なんとか助かって欲しいと願いました。

朝に先生から、呼吸が弱くなってきたので、酸素室に入ったと連絡をもらった。

別件で卒業犬の里親様と病院で待ち合わせをしていたので、すぐにあんなさんと向かいました。

「なんとか助けたいです」先生も頑張っていた。

でも・・・午後2時に呼吸が止まったと連絡が来た。

私はすぐに協力病院へ向かいました。

蘇生措置が始まっていた。

「戻っておいで!」

先生、看護師さん達も必死だった。

輸血協力してくれたシンバも心配そうにこの子に寄り添っていた。

体が冷えないように、硬直が始まらないように、皆でマッサージをした。

 

でも・・・

彼女はもう戻ってきませんでした。

 

先生方に御礼を言い、私は彼女を抱いて病院を出た。

駐車場に先生が来て、「悔しいです」と呟いた。

 

捨てられた命は何人もの人間が救うべく、尽力した。

たった一人の人間の無責任を何人もの人間が嘆いた。

痛かっただろうに。寂しかっただろうに。

彼女の亡骸は見ず知らずの私の家に帰った。

どんなにか飼い主を恋しがったことだろう。

捨てるような飼い主でもこの子はすがっていたのだろう。

魂だけでも、飼い主の元に戻れたのだろうか?

 

この子を捨てた飼い主に一言だけ言いたい。

もう二度と動物を飼うな・・・と。

 

たった数日のARChっ子。

お名前はチャームと名付けました。

 

明日荼毘に付します。

チャームちゃんのこと、皆様だけはせめて覚えていてあげてください。

 

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。