ARChのアイドル、ジョリーが数日前から発作が頻回していました。

預かりのマシュマロさんはご主人様と一緒にそんなジョリーにいつも熱心に向き合ってくれています。

マシュマロさんはマイナスな出来事も私達には気付かれないようにポジティブな発言をされる方。

でもここ数日は不安がよく伝わって来ました。

運悪くジョリーの主治医の協力病院は連休中。

病院にメールを送りながら、指示を待ちました。

発作はどんどん頻回し、心配な状況。



我家の冷蔵庫薬を見てもダイアップの発作止坐薬も切らしていて、私は急いで事務所へ。

在庫のダイアップと念の為のジアゼパムのアンプル、補液セットを持って、マシュマロさん宅へ。






そのうち、病院から指示が来て、次の発作のタイミングでダイアップを入れてくださいと言われました。

マシュマロさんに託し、私は自宅に戻りました。

ジョリーはかなりの高齢です。

心配な状況も多く、キャサリン様、サポートファミリー様、その他の多くの方々に支えていただき、マシュマロ家の手厚い介護によって穏やかに暮らさせていただいています。

正直、何が起こっても仕方ない年齢でもあるけど、辛さだけは取り除いてあげたいがスタッフの願いです。

なんだか寝付けない夜を過ごし、朝早くにLINEをしました。

少し落ち着いてきたようで、朝1番の受診にて診察を受けてもらう事に。


ああ、ジョリー。

大丈夫やろか。


先生とマシュマロさんが発作の話し合いをしています。


血圧や心臓の状況、そして血液検査。

CPKや白血球、CRPチェック。

心臓や内臓状態から来る発作ではなく、脳圧上昇、脳興奮から来る発作だと。

幸い、発作時間が秒単位だったので、最悪ケースは避けられましたが、この発作数です。

はっきりと重積発作だと言われました。

発作薬イーケプラの追加、抗不安薬等でコントロールする事になりました。


足取りもかなり弱りました。

でもとても一緒懸命に生きています。


ご支援でいただいているフカフカのドライブボックスに収まるジョリーくん。


ハイもハイ。

かなりのハイシニアなジョリーくんです。

見ているとちっぽけな悩みなど、馬鹿らしくなる仙人のようなジョリーくん。

たくさんの人々に支えていただき、今日もマシュマロ夫妻と頑張っています。


2月になりましたね。

来月は決算期。

いろいろと事務作業があります。


我々は各々担当するものを精算して、監査スタッフさんにチェックをしてもらいます。

複数スタッフでチェックしながら、収支報告も作っています。

皆さまのご寄付やご支援によって成り立つアーチです。

事務所ではこう言った作業もします。


ちっちゃなARChの事務所。

ご支援品もこちらで管理させていただいています。


山のような書類の処理。

頑張ります〜。

モネちゃん、おトイレは完璧です。

当初は食糞も多くて、見張りも大変でしたが、今ではあまりしなくなりました。

最初からおトイレが出来た訳ではありません。

我が家はワイドシーツ3枚分の大きさのみんなのトイレがあります。

シーツの認識ある子なら、教えなくともそこでしてくれるもあるんですが、なかなか思うようには行きません。

最初はオムツを使って、どこでするが多いかを観察して、徐々にトイレに近付いてくれるように誘導して行きます。

臆病な子は見てる前ではしてくれずに夜中に寝静まってから、コソコソとするが多いです。

見えない場所でするんですよね。


モネちゃんは家の中が1番落ち着ける子です。

逆にお外では全くと言っていいほど、排泄出来ない臆病さんです。


大きなお耳で様子を伺っています。

可愛い❤️。

今日はもうオネムのようです。


モネちゃんは2.4キロの小さなワンコですが、大きくてフワフワのベッドが大好き💕。


おやすみ、モネちゃん。

モネちゃんもウチでの生活もずいぶんと長くなって来ました💦。

モネちゃんはズバリ内弁慶。

家では威張っていますが、一歩外に出ると儚い薄幸の美少女の如く、動けなくなります。

食いしん坊のくせにオヤツすら、食べる事ができません。

元々、心臓が悪く心雑音のグレードも高めですが、お薬でのコントロールが順調で先日の定期検査では大きな問題はありませんでした。


ただ一つだけ悲しい事?が…


大事にしていた1本だけ残っていた歯が…

歯が…

抜けてしまいました。


歯無しとなりましたが、本人はむしろスッキリした模様です。


ゴハン後のクネクネダンス中のモネちゃん。

とっても可愛いんですよ。


そして鼻ぺちゃさん達と違って、律儀。

カコさん預かりのトイプードルミエルちゃん。

多頭引き取りで最初から心配いっぱいな子だった。

フィラリアは陽性。

お腹にはボコボコの悪性腫瘍達。

どこから手を出せばいいのか?と当時思案したものだ。

珍しい乳頭骨肉腫で摘出した後もカルボプラチンの抗がん剤治療をしてきた。

抗がん剤のせいか片目はダメになり、それでも心配な転移はしばらくなく、すっかりと落ち着いて生活を送ってきた。

久しぶりの定期チェック。

心配していた転移が発覚した。


残念ながら、肺転移だ。

膀胱にも転移のような腫瘍がある。


先生とカコさんと相談して、大学病院クラスでの難しい摘出手術の選択はしない事にした。

内科的治療にしてQOL重視にした。

ブラッキーくんの時も選択した化学療法だ。

メトロノミック療法とCOX-2阻害薬を併用して腫瘍の増長を防ぐものです。


私達の願いはただ穏やかに暮らせること。

痛みや苦しみを出来るだけ除いてあげること。

幸い、まだ症状は出ていません。

これから状態を注視して向き合います。


ミエルちゃん、大丈夫。

カコさんもあやちゃんもアーチのサポーターさんも付いている。


来期のサポファミのメンバー入りも検討いたします。

どうぞ皆様、ミエルちゃんの応援をよろしくお願いします。




ストーリーズなら、ブログと連動出来るのかな?

アプリでアップすればいいか。


うたちゃんは食いしん坊。


あれ?あのシーズーさんは誰?

正直、結構痴呆が進んで来ました。

ゴハン食べた事を忘れ、ずっとキッチンに向かい吠えたりしています。

午前中はぐっすり寝て、午後はグルグル🌀。

夕飯後に数時間ぐっすり寝て、23時頃から吠え続けます。

あまりにも興奮している時は頓服を使って、お薬で眠れるようにします。

大きな発作の時は何度も死んでしまうかもと思う事もありました。


でもね、これはごんちゃんの病気だもんね。

どう付き合って行くを考えてあげるが大切。

がんばれ、ごんごん。


ごんちゃんを応援支援くださる皆さま。

いつもいつも本当にありがとうございます。