939号目 今できることに目を向けて取り組んでいきます。 | 社長が不在でも自然と業績が伸びる組織づくりをマルゴト支援するあなたの心のパートナー

 

 

昨日は、株式会社あつまるさんの

東京本社にて行われる

ビジョン実践セミナーに、

今年入った社員を2人連れて参加しました。

 

 

 

 

1年半前に、有楽町で、

たまたま参加したセミナーからのご縁です。

 

 

株式会社あつまる、こんな会社を目指したい。

そう思い、機会があればスタッフを送り込み、

スタッフとともに体感しています。

 

 

経営計画と全従業員の夢が一致すれば、

社員が、最も輝かしい人生を歩める

のではないか。

 

 

そんな考えのもと、

ビジョンシートの作成を始め、

様々な取り組みにより

業務と関係ないスタッフのビジョンの実現を

スタッフ全員で応援している会社です。

 

 

 

 

どのようにすれば、

そこへ向かえるか思考錯誤しながら

9年間歩んできたという。

 

 

 

 

とはいうものの、

本質的な企業をつくりたい。

『頂いたお金に対して、

 それを超える価値を提供する。

 求められ続ける企業になる。』

という考えがあってのものです。

 

 

 

 

私達も、株式会社あつまるさんのような

ビジョンシートを軸に経営したく、

その手段の一つとして

先週、経営方針発表会を開催しました。

 

 

 

株式会社ツナガルの社名は、

株式会社あつまる が由来でもあります。

 

 

 

 

株式会社あつまるの石井社長から、

ビジョンシートのお話を聞くのは

今回が4回目になります。

 

 

 

何度お会いしても、社長や社員から

すばらしさを感じざるを得ません。

 

 

 

 

 

『分かる』と『できる』は、全く違います。

『できる』状態になるまで、何度でも聞きます。

 

 

 

社長からのお話は、毎回、

大きく変わりません。でも、

私の感じ方は毎回違います。

 

 

 

最初の頃の私は、こんな視点でした。

『どうやったら、

 株式会社できるのように、

 私達もできるのか?』

 

 

 

私からの、株式会社あつまるの社長や

スタッフへの質問も、ハウツーばかりでした。

 

 

 

実際のところ、自社でも、

ビジョンシートを導入してみると、

結構難しい。

『まず、書けない!』

『書けるようには、導けない!』

 

 

 

 

 

『石井社長だからできるんでしょ。』

そう感じざるを得ませんでした。

それも、間違ってはないと思います。

 

 

 

今回の訪問で、感じたのは、

『どうやって?』という手法ではなく、

『自分のあり方』しかない。

 

 

 

 

 

『どうやってするのか?』

なんて聞いても意味がない。

するのは自分ですから、

自分なりの手法しかない。

 

 

 

『何のためにするのか?』

『どうなっていたらいいのか?』

これらを問い続けるしかありません。

 

 

 

9年間積み上げてきた形を見て、

同じことをしようと思ってむ無駄です。

9年前は、できるところから始まったはずです。

 

 

私達も、今できること

目を向けて取り組んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/